隊長のブログ

中国上海に2003年12月から2008年1月まで駐在。趣味はヒップホップダンス、ジャズダンス、旅行、映画、スポーツ観戦。

「食の文京ブランド100選 洋菓子部門」 記事一覧

2021年05月31日 | 食の文京

隊長の地元:東京都文京区内のおいしいお店を選考して紹介しているのが、「食の文京ブランド」です。


「食の文京ブランド」に選出された101店舗は、文京区観光協会発行の「文京グルメマップ 2020-2022」に掲載されています。

 

 
「文京グルメマップ 2020-2022」の “洋菓子” 部門に登録されているお店は、4軒です。(「食の文京ブランド 2019」までは、 和・洋菓子部門でしたが、和菓子と洋菓子が別々になりました)


「隊長のブログ」では、4店舗の内、これまでに4軒全てを紹介しています。詳細は、下記一覧をご参照下さい。

 


==「食の文京ブランド100選 洋菓子部門」 記事一覧 ==

1. 『オザワ洋菓子店』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4dba062ff8aab32fa252f470299780c9

2. 『マミーズ・アン・スリール本店』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e6f22148c3ac49eddb0840367601c8c9

3. 『LITZ(リスト)』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ad71912342c41d924828f2269924e98f

4. 『手作り洋菓子 ル・ボン・ヴィヴァン』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4d391acbec1a10d7d75d8c1b4537f7b1

 

コメント

テレビ Vol.396 『ドラマ 「ドラゴン桜」』

2021年05月30日 | テレビ番組

隊長が観賞した「テレビ番組」を紹介するシリーズの第396回は、『ドラマ 「ドラゴン桜(ざくら)」』をお送りします。

 

 


4月から始まった民放各局の連続TVドラマ(連ドラ)は、20数作品があるかと思います。その中で隊長が観始めたのは、11本です。


その “春の連ドラ” を批評するコーナーの一作目は、『イチケイのカラス』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/dc16335f397adaf8cb35913a912b418e


二作目が、『珈琲いかがでしょう』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2aa0f134bfbc0dc0d3e5405159c0faa3


三作目は、『最高のオバハン 中島ハルコ』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6fab7112d6ebfc73b0a4d7c792eff16c


四作目が、『ネメシス』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/047dc4249bbc00a74290a8654da867db


五作目は、『大豆田とわ子と三人の元夫』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5727c50492d4fa5678fb3a1c1078459a


六作目が、『恋はDeepに』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/74fd4e671ad9454b2beefa970040d4a3


七作目は、『リコカツ』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b221da31b1342850d047ae331b3f5f3a


八作目が、『着飾る恋には理由があって』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8446c63faf36dbe9d5cd548ee72c53ec


九作目は、『ソロ活女子のススメ』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b206da671086e53699bc8bf75e6b49ba


十作目が、『コントが始まる』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0cafc81bec0bc129062e5bba96f8d7bc でした。

 

今日ご紹介する、最後の十一作品目の『ドラゴン桜』は、TBS系列「日曜ドラマ」枠で、4月25日から放送開始されました。放送時間は、毎週日曜日の21時~21時54分。


尚、「日曜ドラマ」の前作は、 『天国と地獄 ~サイコな2人~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3b3e331507ff1a7c12ae5400c9e7fa6f です。


本作は、2005年に放送され人気を博した前作の15年後を描いた続編です。


原作は、三田紀房(のりふさ)の漫画「ドラゴン桜2」。


脚本:オークラ、李正美、小山正太。


演出:福澤克雄、石井康晴、青山貴洋。


主演は、前作と同じ阿部寛。                    


阿部寛さんの出演作品は、『下町ロケット』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/01a38af83c7665f0cbe0864729965562 などを、取り上げています。


共演者: 長澤まさみ、江口のりこ、及川光博、佐野勇斗、早霧せいな、南沙良、髙橋海人(King & Prince)、平手友梨奈、ほか。

 


長澤まさみさんが出演する作品を、これで12本を紹介したことになります。詳細は、こちらをご参照下さい  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7d5cbe15d39aa5a488d88db24c0697dd

 

第1話のあらすじ:かつて、落ちこぼれだった龍山高校から東京大学合格者を輩出し、一躍時の人となった元暴走族の弁護士・桜木建二(阿部寛)。その後法律事務所を設立し、学校再建のエキスパートとして順風満帆な弁護士人生を歩んでいました。


時は移り、令和。偏差値32で経営破綻寸前の龍海学園で、教頭・高原浩之(及川光博)が桜木による再建案を提案します。しかし、自由な校風を理想に掲げる理事長・龍野久美子(江口のりこ)は、進学校化に反対し、意見が割れていました。果たして桜木、そして彼の元教え子であり法律事務所で一緒に働く弁護士の水野直美(長澤まさみ)は、東大合格者を出し、学園を再建できるのでしょうか。。。


そして、彼らを待ち受けるのは姉思いだが将来に不安を抱え、姉と二人で両親が残したラーメン屋を手伝う瀬戸輝(髙橋海人)、何をやっても長続きしない今どき女子高生の早瀬菜緒(南沙良)、バドミントンのトップ選手の岩崎楓(平手友梨奈)など、それぞれの悩みや問題を抱えた龍海の生徒たち。桜木や水野と出会うことで、彼らの運命は大きく動き出そうとしていました。

 

第5話までの感想:ジャンルで言うと、学園ドラマなのですが、典型的な学園ものではなく、異端のドラマです。前作に引き続き、とにかく阿部寛演じる桜木が、ハチャメチャです。


漫画が原作なので面白いのは、当たり前なのですが、キャスト・スタッフの熱情が画面越しに伝わってくるドラマになっています。ヒット作品を連発してきた「日曜ドラマ」枠、プレッシャーがあったでしょうが、それを見事に克服しています。


ただ残念なのは、「日曜ドラマ」伝統の男くさい物語展開で、恋愛ドラマの要素が全くないこと。


キャストでは、江口のりこさんに注目しています。『ソロ活女子のススメ』では、初主演を務めているし、このドラマでも、バイプレーヤー魂を発揮しています。


桜木と龍野が、お互いに恋愛感情を抱くシーンを挿入したら、もっと面白くなるのでは、ないでしょうか。


尚、『ドラゴン桜』次回・第6話は、今日・5月30日(日)午後9時から放送予定です。
  

 

 


==「テレビ番組」 バックナンバー ==
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/17de26ad35859fd865f52645aba1b27d

Vol.1~380 省略。

Vol.381 2021/4/19 『中国ドラマ「紳士探偵L~魔都・上海の事件録~」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/81c55c9bac9e61b3c97e61be31438af9

Vol.382 2021/4/23 『ドラマ「エアガール」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a427e7574f3514ad95576fb72b674fab

Vol.383 2021/4/26 『ドラマ「イチケイのカラス」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/dc16335f397adaf8cb35913a912b418e

Vol.384 2021/4/28 『ドラマ「珈琲いかがでしょう」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2aa0f134bfbc0dc0d3e5405159c0faa3

Vol.385 2021/4/30 『ドラマ「最高のオバハン 中島ハルコ」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6fab7112d6ebfc73b0a4d7c792eff16c

Vol.386 2021/5/2  『朝ドラ「あぐり」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/49c3d8489d6f27f5daf15b9e26091e18

Vol.387 2021/5/4  『ドラマ「ネメシス」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/047dc4249bbc00a74290a8654da867db

Vol.388 2021/5/8  『にっぽん縦断 こころ旅「2021年春の旅」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/27b8e45fb48477fcd20765c929f79da9

Vol.389 2021/5/10 『ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5727c50492d4fa5678fb3a1c1078459a

Vol.390 2021/5/12 『ドラマ「恋はDeepに」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/74fd4e671ad9454b2beefa970040d4a3

Vol.391 2021/5/14 『ドラマ「リコカツ」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b221da31b1342850d047ae331b3f5f3a

Vol.392 2021/5/18 『ドラマ「着飾る恋には理由があって」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8446c63faf36dbe9d5cd548ee72c53ec

Vol.393 2021/5/20 『ドラマ「ソロ活女子のススメ」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b206da671086e53699bc8bf75e6b49ba

Vol.394 2021/5/26 『ファミリーヒストーリー「福山雅治」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7bd141d149fed992dd1f854d4388d521

Vol.395 2021/5/28 『ドラマ「コントが始まる」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0cafc81bec0bc129062e5bba96f8d7bc

 

コメント

映画 Film230 『最高の人生の見つけ方 (2019年)』

2021年05月29日 | 映画

隊長が、これまでに鑑賞した「映画」を紹介するシリーズの第230作品目は、『最高の人生の見つけ方 (2019年) 』をお送りします。

 

 


『最高の人生の見つけ方』は、2019年10月11日に公開された日本映画です。制作会社:プロダクション・キノ、シネバザール。配給:ワーナー・ブラザース映画。上映時間:115分。


本作品は、2008年5月に日本公開された、同名のアメリカ映画のリメーク作品になります。


原案:ジャスティン・ザッカム(Justin Zackham)著「最高の人生の見つけ方」。


監督は、犬童一心(いぬどう いっしん)。


脚本:浅野妙子、小岩井宏悦、犬童一心。


主演は、吉永小百合と、天海祐希。


尚、「隊長のブログ」では、吉永小百合さんが出演する作品を、これで九本を紹介したことになります。詳細は、こちらをご参照下さい  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/be74994215eaeaa73e5f416e53993157


天海祐希さん出演ドラマは、『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/62daeb0d02b848a2f0035c46535bd3f2 その他を、取り上げています。


共演者:ムロツヨシ、満島ひかり、賀来賢人、前川清、鈴木梨央、駒木根隆介、ももいろクローバーZ、ほか。

 

 


主題歌は、竹内まりやが書き下ろした「旅のつづき」。

 

あらすじ:家庭のために生きてきた〈大真面目な主婦・幸枝(吉永小百合)〉と、会社のために生きてきた〈大金持ちの女社長・マ子(天海祐希)〉。たまたま同じ病院の、幸枝は一番安い大部屋、マ子は最高級の個室に入院していたのでしだが、マ子が病室で禁止されている喫煙をしたことから、スプリンクラーが作動し、部屋がずぶ濡れになり、二人部屋で同室となりました。


デキる秘書の高田(ムロツヨシ)にかしずかれ、かなり年下の夫で副社長の輝男(賀来賢人)が颯爽と見舞いに現れ、どこから見てもセレブなマ子でしたが、幸枝は輝夫が病院の前で若い女と落ち合うのを見てしまいます。


一方の幸枝は見舞いに来たしっかり者の娘の美春(満島ひかり)に、頼りにならない夫の孝道(前川清)と息子の一慶(駒木根隆介)に代わって、「もしもの時」のことを頼もうとして拒まれます。どこかワケありの二人は、互いの唯一の共通点が、余命宣告を受けたことだと知ります。


その後、一時退院した二人。そこに幸枝から電話が入ります。残りの人生にやりたいことなど何もないことに気づいた幸枝は、病院で出会った12歳の少女(鈴木梨央)が落としていった、人生を力いっぱい楽しみたいという夢が詰まった〈死ぬまでにやりたいことリスト〉を、「やってみようと思うんです」と。


最初は呆れていたマ子でしたが、「自分のためです」という幸枝の弾んだ声に動かされ、気づいた時には「それ、私も乗るわ」と宣言していました。「スカイダイビングをする」、「ももクロ(ももいろクローバーZ)のライブに行く」、「好きな人に告白する」、など。今までの自分なら思いつきもしないことを、出会った大勢の人々を巻き込んで、次々と成し遂げていく幸枝とマ子でしたが。。。

 

感想:既にヒットしたハリウッド映画のリメーク作品、吉永小百合と天海祐希の二大スターの共演、さらに若者に人気のももクロが出演する、など。話題に事欠かないプレッシャーがかかる中、制作陣も、キャストも、見事期待に応えた映画に仕上げました。


原案がハリウッド映画ということで、日本映画には珍しいスケールの大きい作品になっています。例えば、幸枝とマ子がプライベートジェットで世界を飛び回ったり、実際に行われた横浜アリーナでのももクロのライブの真っ最中に映画のシーンを撮影したり、幸枝・マ子・高田の三人が、上空からスカイダイビングをしたりとか。でも、撮影時に74歳の大女優・吉永小百合さんが本当にスカイダイビングをしたのでしょうか。あのシーンは、VFXだったりして。


また、ロードムービー映画の要素もあり、京都、長崎、五島、静岡、茨城と全国各地でロケを行った美しい景色も素敵です。ということは、エジプトでのシーンも、VFXかな?


一方、ハリウッド的スケールの大きい映画ながら、日本人の細やかな感情を表した場面が随所に見られました。ラスト近く、満開の桜の花の下、亡くなったマ子を偲ぶ幸枝のシーンは、日本人の死生観を示唆していると思いました。


竹内まりやさんの歌う「旅のつづき」も、映画の雰囲気にピッタリです。

 

 


==「映画」バックナンバー ==
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/226e9f0193a60e6a012384176360666f

Film1~215  省略

Film216 2021/2/15 『アバウト・ア・ボーイ』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0c4d2465df98ff3511121b2d498a5f3e

Film217 2021/2/18 『鉄道員(ぽっぽや)』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/53bae22a1fd2ccef683631e2e798a64f

Film218 2021/2/21 『めぐり逢えたら』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6b26f42da5adf7adef1b85ece821310f

Film219 2021/2/25 『潮騒(昭和50年)』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f3c8d63c5e51ce19e3aeb37a97c6af77

Film220 2021/2/28 『華麗なるギャツビー(2013年)』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e26a00c53142e1548ae556237e124f15

Film221 2021/3/4  『花のあと』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fe69be2ee008e2d2b944addabba4e456

Film222 2021/3/11 『運び屋』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cd22b4af80f787dcc0e5194fa5a1b5f4

Film223 2021/3/29 『ラヴソング』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/176b734afd085edf4aaf9b17b7402706

番外編  2021/4/3  『訃報:田中邦衛さん』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/73b0d70119548332b84b8d17e642ae33

Film224 2021/4/6  『ラ・ラ・ランド』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/84b88c17f4e245519021e30abd3926fd

Film225 2021/4/13 『万引き家族』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e2a466602a7c4fcb375265b8d371102a

Film226 2021/4/18 『少林サッカー』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3d7cadbe8320324f6f76c92f3055fdb9

Film227 2021/5/3  『ダーティーハリー2』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8f9b1e1d7c73831ed6bd802308f3e633

Film228 2021/5/11 『記憶にございません!』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/dbe589226c7d8c59c68739e909441512

Film229 2021/5/19 『海洋天堂』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/417011bf38b8475d306a2c9e9165963a

コメント

テレビ Vol.395 『ドラマ 「コントが始まる」』

2021年05月28日 | テレビ番組

隊長が観賞した「テレビ番組」を紹介するシリーズの第395回は、『ドラマ 「コントが始まる」』をお送りします。

 

 


4月から始まった民放各局の連続TVドラマ(連ドラ)は、20数作品があるかと思います。その中で隊長が観始めたのは、11本です。


その “春の連ドラ” を批評するコーナーの一作目は、『イチケイのカラス』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/dc16335f397adaf8cb35913a912b418e


二作目が、『珈琲いかがでしょう』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2aa0f134bfbc0dc0d3e5405159c0faa3


三作目は、『最高のオバハン 中島ハルコ』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6fab7112d6ebfc73b0a4d7c792eff16c


四作目が、『ネメシス』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/047dc4249bbc00a74290a8654da867db


五作目は、『大豆田とわ子と三人の元夫』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5727c50492d4fa5678fb3a1c1078459a


六作目が、『恋はDeepに』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/74fd4e671ad9454b2beefa970040d4a3


七作目は、『リコカツ』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b221da31b1342850d047ae331b3f5f3a


八作目が、『着飾る恋には理由があって』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8446c63faf36dbe9d5cd548ee72c53ec


九作目は、『ソロ活女子のススメ』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b206da671086e53699bc8bf75e6b49ba でした。

 

今日ご紹介する『コントが始まる』は、日本テレビ系列「土曜ドラマ」枠で、4月17日から放送開始されました。放送時間は、毎週土曜日の22時~22時54分。


尚、「土曜ドラマ」の前々作は、 『35歳の少女』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8ac539adbba74d3d4cb9ae5f26613ea6 です。


脚本は、金子茂樹のオリジナル作品。


金子茂樹さん脚本ドラマは、同じ「土曜ドラマ」枠の『俺の話は長い』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/262b9de3b7d992af1ad5da2408eb8350 を、取り上げています。


演出:猪股隆一、金井紘(こう)。


主題歌:あいみょん 「愛を知るまでは」。                      


主要登場人物を演じるのは、菅田将暉、有村架純、仲野太賀、古川琴音、神木隆之介。


有村架純さんが出演する作品を、これで五本を紹介したことになります。詳細は、こちらをご参照下さい  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/82a6e12d4d155189c2a4a8d8d0f7ca18


共演者: 伊武雅刀、鈴木浩介、芳根京子、松田ゆう姫、明日海りお、米倉えいあ、小野莉奈、ほか。

 

 


芳根京子さんが出演する作品を、これで六本を取り上げたことになります。詳細は、こちらを覧下さい  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a9d90bcc93041966f3c2d8bfdc5ac3b6

 

第1話のあらすじ:売れないお笑いトリオ「マクベス」でツッコミを担当する春斗(菅田将暉)は、結成10年を前に、ある決断を迫られていました。一方、1年半前に訳あって会社を辞めた里穂子(有村架純)は、今では妹のつむぎ(古川琴音)と同居しながらファミレスでウェイトレスをしているフリーターです。


常連客のマクベスの三人、春斗・瞬太(神木隆之介)・潤平(仲野太賀)がネタ作りに励む姿を見るうちに隠れファンとして活動を追うようになっていました。しかしその日、初めてマクベスのライブを訪れた里穂子を待っていたのは、トリオ解散という重大発表!


呆然と帰路についた里穂子は、突然春斗から声をかけられて。。。失敗が許されない世の中で、「大失敗」の人生を送る若者たち。この出会いが、彼らの人生に灯る新たな希望の始まりでした。。。

 

第6話までの感想:毎話、「マクベスに」よるとりとめのないコントの“前フリ”から物語がスタートします。第1話の“前フリ”を観た時は、菅田将暉を始めとした若手人気俳優のコメディドラマかと思いました。


ところが、ストーリーが進む毎に、このドラマに引き込まれていきます。映像も含め映画仕立てなストーリー展開で、シリアスな浅春群像劇に仕上がっています。ドラマの登場人物とは、かなりかけ離れた年ながら、ストーリーやセリフに“胸キュン”となり、登場人物に感情移入してしまいます。

 

春斗と里穂子、瞬太とつむぎ、潤平と芳根京子演じる奈津美の“恋の行方”も気になります。何とか、ハッピーエンドで最終回を終えて欲しいものです。


“前フリ”や、その後の情景などを、後半でしっかりと伏線回収をしている脚本の構成には感心します。


主要登場人物五人のうち、1996年生まれの古川琴音を除き、菅田将暉、有村架純、仲野太賀、神木隆之介の四人が“華の93年組”とも呼ばれる同じ1993年生まれ。この五人に、24歳の芳根京子が加わり、ほぼ実年齢に近い役を演じています。


人気だけでなく実力もある彼らが、お互いの演技を意識しながら、切磋琢磨しているのも、キャスティングが良かったからでしょう。


あいみょんの主題歌 「愛を知るまでは」も、物悲しくて、ドラマの雰囲気にピッタリです。


隊長が観始めた “春の連ドラ”11本の中では、ベストワンの作品です。

 

尚、『コントが始まる』次回・第7話は、5月29日(土)午後10時から放送予定です。

 

 


  

==「テレビ番組」 バックナンバー ==
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/17de26ad35859fd865f52645aba1b27d

Vol.1~380 省略。

Vol.381 2021/4/19 『中国ドラマ「紳士探偵L~魔都・上海の事件録~」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/81c55c9bac9e61b3c97e61be31438af9

Vol.382 2021/4/23 『ドラマ「エアガール」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a427e7574f3514ad95576fb72b674fab

Vol.383 2021/4/26 『ドラマ「イチケイのカラス」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/dc16335f397adaf8cb35913a912b418e

Vol.384 2021/4/28 『ドラマ「珈琲いかがでしょう」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2aa0f134bfbc0dc0d3e5405159c0faa3

Vol.385 2021/4/30 『ドラマ「最高のオバハン 中島ハルコ」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6fab7112d6ebfc73b0a4d7c792eff16c

Vol.386 2021/5/2  『朝ドラ「あぐり」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/49c3d8489d6f27f5daf15b9e26091e18

Vol.387 2021/5/4  『ドラマ「ネメシス」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/047dc4249bbc00a74290a8654da867db

Vol.388 2021/5/8  『にっぽん縦断 こころ旅「2021年春の旅」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/27b8e45fb48477fcd20765c929f79da9

Vol.389 2021/5/10 『ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5727c50492d4fa5678fb3a1c1078459a

Vol.390 2021/5/12 『ドラマ「恋はDeepに」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/74fd4e671ad9454b2beefa970040d4a3

Vol.391 2021/5/14 『ドラマ「リコカツ」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b221da31b1342850d047ae331b3f5f3a

Vol.392 2021/5/18 『ドラマ「着飾る恋には理由があって」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8446c63faf36dbe9d5cd548ee72c53ec

Vol.393 2021/5/20 『ドラマ「ソロ活女子のススメ」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b206da671086e53699bc8bf75e6b49ba

Vol.394 2021/5/26 『ファミリーヒストーリー「福山雅治」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7bd141d149fed992dd1f854d4388d521

コメント

スポーツ No.214 『照ノ富士 連覇で綱取りへ』

2021年05月27日 | スポーツ

隊長が体験や観戦した「スポーツ」を紹介するシリーズの第214回は、『照ノ富士 連覇で綱取りへ』をお送りします。

 


東京・両国国技館で開かれていた大相撲夏場所は、5月23日(日)に千秋楽を迎えました。


結びの一番で21場所ぶりに大関に返り咲いた照ノ富士(伊勢ケ浜部屋)が、大関・貴景勝(常盤山部屋)に敗れたましたが、優勝決定戦では貴景勝を下し、二場所連続四度目の優勝を飾りました。大関としては自身初の優勝です。これで、照ノ富士は来場所、綱取りへ挑戦することになります。


今場所の照ノ富士、序盤から危なげない取り口で、十日目まで白星を重ねました。相撲では、立合いと同時に一気に寄って出て、そのまま土俵外にもっていくこと「電車道」と言います。まさに、「電車道」の勢いで、全勝でぶっちぎりの優勝かと思われていました。


ところが、好事魔多しの如く、11日目の前頭・妙義龍との一戦で、軍配は照ノ富士に上がりましたが、「物言い」が付きました。協議の結果、照ノ富士が妙義龍の髷(まげ)を掴んでいたとのことで、反則負け。この一番、隊長はテレビ観戦をしていましたが、故意に髷を掴んだのではなく、流れの中で髷に手がかかったように見え、反則負けは酷に思いました。


この取り組み、五人いる勝負審判のうち、最終的に判断を下す審判長は、師匠の伊勢ケ浜親方(赤矢印)でした。通常では、反則負けにならないケースでも、弟子に甘い判定をする訳にはいかなかったのでしょう。

 


勝てば優勝という14日目の前頭・遠藤との取り組みでも、軍配は照ノ富士に上がりましたが、物言いが付きました。ビデオでは、照ノ富士の腕が一瞬早く土俵に落ちましたが、遠藤の体が反転していて、所謂「死に体」で照ノ富士が勝ったと思いました。


運命のいたずらとでも言いましょうか、この一番の審判長は、またも勢ケ浜親方。結果は、軍配差し違えで、遠藤の勝ちとなり、優勝は千秋楽まで縺れ込みました。


それでも、優勝表彰式では、伊勢ケ浜審判部長から優勝旗を直接受け取った照ノ富士。二人は、顔には出しませんでしたが、師匠と弟子にしか分からない、心の会話があったのでしょう。

 

 

さて、場所前に上げた照ノ富士以外の注目力士 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8852ece0b1929946cd27cb13329dc201 の結果です;


東前頭筆頭の若隆景(わかたかかげ)は、序盤に正代、朝乃山、の二大関を破り、9勝6敗の成績で技能賞を獲得しました。これで、若隆景は明生(めいせい)と共に、来場所の初の三役(小結)が内定しています。

 
自己最高位の前頭二枚目で今場所を迎えた翔猿(とびざる)は、序盤の上位陣との戦いで勝つことが出来ずに、5勝10敗と負け越してしまいました。来場所以降の巻き返しを期待します。


照ノ富士の綱取りがかかった名古屋場所は、7月4日から行われる予定です。コロナが一段落して、ぜひ多くの観客を入れた綱取りの場所を、観たいものです。

 

尚、「隊長のブログ」では、大相撲に関する記事を、これで92回アップしたことになります。 詳細は、こちらをご参照下さい  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/615cf67ca9eddf698c48f249b5c368e3

 

 


==「スポーツ」バックナンバー ==
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/6f101d6b0ec3426d0116ade60659fbd5

No.1~200 省略

No.201 2020/11/20 『異例ずくめのプロ野球日本シリーズ』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4224f86fd48354f99f4dc21a5836b32c

No.202 2020/11/24 『貴景勝が大関初優勝 綱取りへ』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c39a9ef2294d2dd04f748c49663443ef

No.203 2020/12/7  『第91回都市対抗野球大会 ホンダ11年ぶりの優勝』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f434fc0ac9b51a6649216a83eb5e12f6

No.204 2021/1/10  『令和三年初場所の注目力士は』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/566c138d600651f06bc4c00812b181f6

No.205 2021/1/18  『今年の「ラグビー大学選手権決勝戦」も、行きそこねたけど。。。』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6b12d8812f198f486b2893956b082aee

No.206 2021/1/26  『大栄翔 突き押しで初優勝』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a73da2b623c19ad196e02b06b104cd3b

No.207 2021/3/14  『令和三年春場所の注目力士は』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e3211d61d2e871da9a26cab3cc0242ca

No.208 2021/3/25  『Swallows CREW 2021 入会記念品』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c4c1df1de053338ed9c33733d407099e

No.209 2021/3/30  『照ノ富士 三度目の優勝で大関復帰へ』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/63838d4e5d8dbe6c394e0545b402dd8b

No.210 2021/5/5   『再びの無観客開催』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f5dd181061abb35e1435d21796cff3cc

No.211 2021/5/9   『令和三年夏場所の注目力士は』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8852ece0b1929946cd27cb13329dc201

No.212 2021/5/15  『有観客開催が再開』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d153f17de5ffc960ca233eb2bed73133

No.213 2021/5/24  『ラグビー日本選手権 福岡選手 有終の美を飾る』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b1a03c0bcea80bc7d5fd1bf1a09dde0b

コメント