隊長のブログ

中国上海に2003年12月から2008年1月まで駐在。趣味はヒップホップダンス、ジャズダンス、旅行、映画、スポーツ観戦。

映画 番外編 『訃報:樹木希林さん』

2018年09月17日 | 映画

隊長が、これまでに観た「映画」を紹介するシリーズの番外編は、『訃報:樹木希林さん』をお送りします。


女優の樹木希林(きき・きりん、本名・内田啓子)さんが9月15日に、亡くなられました。享年、75歳。


樹木希林さんと言えば、旧芸名・悠木千帆で出演したTBSドラマ「時間ですよ」での「松の湯」の従業員、1974年に放送されたTBSの「寺内貫太郎一家」でのお婆さんなど、そのコミカルな演技も忘れれらません。


晩年は、演技派女優として出演した映画で、数々の賞を受賞されています。隊長が観た中では、2015年に公開された「あん」⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/859faf62079f34ba7fd011956cf4d5e7 での徳江役が強く印象に残っています。


私生活では、内田裕也さんとの長年に亘る別居生活など、話題を振りまきましたね。でも、最後は家族に見守られ、静かに息を引き取ったそうです。


樹木希林さんのご冥福を、お祈りいたします。

 


===「映画」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/226e9f0193a60e6a012384176360666f

Film1~115  省略

Film116 2017/11/7 『バリー・シール/アメリカをはめた男』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ee83a3aab9fb7a6854b1080794857de3

Film117 2017/11/13『キャストアウェイ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/48eee46263ceed4d067b4674d472bd50

Film118 2017/11/20『あん』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/859faf62079f34ba7fd011956cf4d5e7

Film119 2017/11/25『レインマン』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8dfa58ec59fb5db95581bfb98b3efebd

Film120 2017/12/23『幸福の黄色いハンカチ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3f73270c48bb92bd8eea1bb9bb652705

Film121 2018/1/23 『トッツィー』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/65dd7e0a5da164f301f44c980bed7519

Film122 2018/2/14 『ALWAYS 三丁目の夕日』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bfdd3cbb4b66440b781da88024774d28

Film123 2018/3/11 『空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bbc62234017de250316fad2d85d1f3df

Film124 2018/3/25 『ユー・ガット・メール』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d44f396ca54984022a2045cb0fce87ee

Film125 2018/4/9  『テルマエ・ロマエ』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4b4e7feb067db9bd82c810b06964865c

Film126 2018/5/1  『旅情』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/63567689611394d28e77b8558c7b3e3a

Film127 2018/7/25 『007 トゥモロー・ネバー・ダイ』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e5b3fd4cc6a58b0c3cdbd587ac89adc2

Film128 2018/8/10 『天使の涙』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/53b2632e5c12c2ff9c9bd33358705577

Film129 2018/8/16 『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/337626c8d78938a7031f30becb62726b

Film130 2018/8/21 『大空港』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4ef4d3694a07eb12707a6a119c497e44

Film131 2018/9/4  『言えない秘密』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7014b29800d3006fd9f0aeac6830c3b3

Film132 2018/9/13 『TAXi2』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/34f2ce7bd636a0e7125bed1df53f5dd0 

コメント

映画 Film132 『TAXi2』

2018年09月13日 | 映画

隊長が、これまでに観た「映画」を紹介するシリーズの第132回は、『TAXi2』をお送りします。


『TAXi2』は、2000年に公開されたフランス映画「TAXiシリーズ」の第二作です。


製作・脚本は、リュック・ベッソン(Luc Besson)。監督は、ジェラール・クラヴジック(Gerard Krawczyk)。


主演が、サミー・ナセリ(Samy Naceri)と、フレデリック・ディーファンタル(Frédéric Diefenthal)。第一作と同じ名(迷?)コンビです。


他の出演者は、マリオン・コティヤール、エマ・シェーベルイ、ジャン=クリストフ・ブーヴェ、など。


「TAXiシリーズ」は、これまでに;

1998年公開の『TAXi』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/09e5ca5b8146ef381ffe72c29b850d50

2003年公開『TAXi3』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5e06b004c92e9c9bb25c715bfe220fc3

の、二作品を紹介しています。


あらすじ:フランス・マルセイユのタクシー運転手・ダニエル(サミー・ナセリ)は、恋人リリー(マリオン・コティヤール)の父親ベルティーノ将軍(ジャン=クリストフ・ブーヴェ)に気に入られ、マルセイユ警察のマフィア対策を視察しに訪仏した日本の防衛庁長官を、VIP警護用特殊カー“コブラ”でパリまで送り届けるよう、依頼されます。

マルセイユ警察は“コブラ”の性能を長官にアピールしようと偽の襲撃隊を用意し、エミリアン刑事(フレデリック・ディーファンタル)とペトラ刑事(エマ・シェーベルイ)にその指揮を任せていたが、突如現れた謎の日本人グループに長官とペトラが連れ去られてしまいます。

ダニエルは、長官のSPとして日本から派遣された諜報部員ユリやエミリアンと共に、拉致された二人の救出に愛車のタクシーで空からパリへと向かいました。。。


この映画を初めて観たのは、2000年8月の日本公開時です。最初の画像が、その時のチケットです。前売り券が1,600円です。現在の映画の料金は、18年前とそれほど変わらないですね。


その後も、テレビ放映や、DVDで何回も観ています。前にも書きましたが、映画に登場するダニエルが運転するPeugeot406のタクシーがかっこ良く見えて、隊長も同じPeugeot406のステーションワゴン“ブレーク”を新車で購入してしまった程ですから。


前作では、“敵役”は、フランスの隣国ドイツの銀行強盗団。そして、ドイツを象徴する「メルセデス・ベンツ」が登場します。今回は、敵役でもあり味方でもあるのは、遠い異国「ジャパン」。


何度観ても、「TAXiシリーズ」は、ツッコミどころ満点の映画ですね。今作でも、オープニングシーンで、山岳レース中のレーサーをダニエルが運転するタクシーが追い抜いたり。


三菱ランサーが日本のナンバープレートを付けたままマルセイユやパリの公道を走ったり。パリ上空の輸送機からタクシーがパラシュウートをつけて降下したり。線路の上を走りながらのカーチェイスしたり。


日本の防衛長官を救出するのが、“ニンジャ作戦”で、ペトラとユリが黒装束のニンジャと空手で戦ったり。


最後は、戦車まで登場し、あり得ないシーンの連続です。


それでも、これほどかというくらい多数のカークラッシュがあっても、マシンガンの連射があっても、バズーカ砲が飛び出しても、死者が一人も出ないし、残酷なシーンもないし、チョコっとお色気シーンもあり、肩ひじはらずに観られる映画です。

 

 

 

 

===「映画」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/226e9f0193a60e6a012384176360666f

Film1~115  省略

Film116 2017/11/7 『バリー・シール/アメリカをはめた男』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ee83a3aab9fb7a6854b1080794857de3

Film117 2017/11/13『キャストアウェイ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/48eee46263ceed4d067b4674d472bd50

Film118 2017/11/20『あん』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/859faf62079f34ba7fd011956cf4d5e7

Film119 2017/11/25『レインマン』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8dfa58ec59fb5db95581bfb98b3efebd

Film120 2017/12/23『幸福の黄色いハンカチ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3f73270c48bb92bd8eea1bb9bb652705

Film121 2018/1/23 『トッツィー』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/65dd7e0a5da164f301f44c980bed7519

Film122 2018/2/14 『ALWAYS 三丁目の夕日』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bfdd3cbb4b66440b781da88024774d28

Film123 2018/3/11 『空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bbc62234017de250316fad2d85d1f3df

Film124 2018/3/25 『ユー・ガット・メール』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d44f396ca54984022a2045cb0fce87ee

Film125 2018/4/9  『テルマエ・ロマエ』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4b4e7feb067db9bd82c810b06964865c

Film126 2018/5/1  『旅情』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/63567689611394d28e77b8558c7b3e3a

Film127 2018/7/25 『007 トゥモロー・ネバー・ダイ』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e5b3fd4cc6a58b0c3cdbd587ac89adc2

Film128 2018/8/10 『天使の涙』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/53b2632e5c12c2ff9c9bd33358705577

Film129 2018/8/16 『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/337626c8d78938a7031f30becb62726b

Film130 2018/8/21 『大空港』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4ef4d3694a07eb12707a6a119c497e44

Film131 2018/9/4  『言えない秘密』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7014b29800d3006fd9f0aeac6830c3b3 

コメント

映画 Film131 『言えない秘密』

2018年09月03日 | 映画

隊長が、これまでに観た「映画」を紹介するシリーズの第131回は、『言えない秘密』をお送りします。


『言えない秘密』(原題:不能説的・秘密)は、2007年8月に公開された台湾映画です。日本での公開は、翌年の2008年8月。


監督は、台湾出身の歌手・俳優 ジェイ・チョウ(繁体字表記:周杰倫、英語名:Jay Chou)。ジェイ・チョウは、この映画で、主演のシャンルン役を演じるだけでなく、脚本、主題歌、作曲まで務めています。


共演は、グイ・ルンメイ(桂綸鎂)、アンソニー・ウォン(黄秋生)、アリス・ツェン(曾愷玹)、など。


あらすじ:父親(アンソニー・ウォン)が教師として勤務している淡江音楽学校のピアノ科に転校してきたシャンルン(ジェイ・チョウ)は、取り壊しが近い旧校舎のピアノ室で、美しい旋律を奏でるシャオユー(グイ・ルンメイ)と出会います。今までに耳にしたことのない美しい旋律に強く惹かれたシャンルンはシャオユーに曲名を尋ねるが、「それは誰にも“言えない秘密”よ」と耳元で優しく囁くだけでした。


一瞬で惹かれ合う二人。シャンルンは、学校の帰り道で、一緒に雨宿りをし、自転車で彼女を家まで送っていくことに。きずなを深めていく2人でしたが、シャオユーは持病のぜんそくのせいで学校も休みがちになります。しばらくして、体調が戻り学校にやって来たシャオユーと放課後にピアノ室で会う約束をします。しかし、そこに現れたのは、クラスメートのチンイー(アリス・ツォン)でした。シャンルンに同じく想いを寄せるチンイーは彼にキスをしますが、その現場をピアノ室に現われたシャオユーに目撃されてしまい、彼女は逃げる様に走り去ってしまいました。。。


この映画を初めて観たのは、深夜、なにげにテレビのチャンネルを回している時でした。叙情的なストーリーと音楽に惹かれ最後まで観てしまいました。しかし、途中から観たので、タイトルの『言えない秘密』の理由が分からず、その後、DVDをレンタルして、再び観ました。


自転車の二人乗り、ダンスパーティー、校内でラグビーの試合、など“青春映画”そのもののシーンが続きます。そして、台湾のベニスと呼ばれている海に面した「淡水」の美しい光景をバックにした、二人の“淡い恋”。それが、一転して、ミステリアスな展開になり、そして、最後に“悲恋物語”だと分かりました。


父親とシャンルンが、親子でタンゴを踊るシーンなど、音楽が効果的に使われています。監督・脚本も務めたジェイ・チョウのたぐいまれな才能が、この映画からうかがえます。


ネタばれになってしまいますが、この映画は、1979年と1999年、そしてピアノと楽譜が物語のキーになっています。


『言えない秘密』は、隊長がこれまで観てきた「青春・純愛映画」の中で、ヒロインの美しさとストーリーの秀逸さで;

1953年のアメリカ映画『ローマの休日』(ヒロイン:オードリー・ヘプバーン)⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0c3c4c2db8ae25498a19232f24fff4fe

1967年のアメリカ映画『卒業』(同:キャサリン・ロス)⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f81709c1e39bc493c6e9d385cfddc2e0

1999年の中国映画『初恋のきた道』(同:チャン・ツィイー)⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d9520ff4c27be54f59cab8a2c353a7db

と並び、ベスト4に入る作品です。

 

 


===「映画」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/226e9f0193a60e6a012384176360666f

Film1~115  省略

Film116 2017/11/7 『バリー・シール/アメリカをはめた男』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ee83a3aab9fb7a6854b1080794857de3

Film117 2017/11/13『キャストアウェイ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/48eee46263ceed4d067b4674d472bd50

Film118 2017/11/20『あん』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/859faf62079f34ba7fd011956cf4d5e7

Film119 2017/11/25『レインマン』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8dfa58ec59fb5db95581bfb98b3efebd

Film120 2017/12/23『幸福の黄色いハンカチ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3f73270c48bb92bd8eea1bb9bb652705

Film121 2018/1/23 『トッツィー』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/65dd7e0a5da164f301f44c980bed7519

Film122 2018/2/14 『ALWAYS 三丁目の夕日』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bfdd3cbb4b66440b781da88024774d28

Film123 2018/3/11 『空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bbc62234017de250316fad2d85d1f3df

Film124 2018/3/25 『ユー・ガット・メール』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d44f396ca54984022a2045cb0fce87ee

Film125 2018/4/9  『テルマエ・ロマエ』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4b4e7feb067db9bd82c810b06964865c

Film126 2018/5/1  『旅情』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/63567689611394d28e77b8558c7b3e3a

Film127 2018/7/25 『007 トゥモロー・ネバー・ダイ』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e5b3fd4cc6a58b0c3cdbd587ac89adc2

Film128 2018/8/10 『天使の涙』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/53b2632e5c12c2ff9c9bd33358705577

Film129 2018/8/16 『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/337626c8d78938a7031f30becb62726b

Film130 2018/8/21 『大空港』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4ef4d3694a07eb12707a6a119c497e44 

コメント

映画 Film130 『大空港』

2018年08月21日 | 映画

隊長が、これまでに観た「映画」を紹介するシリーズの第130回は、『大空港』をお送りします。


『大空港』(原題:Airport)は、1970年に公開されたアメリカ映画です。


原作は、イギリス人のアーサー・ヘイリーによる同名の小説。監督・脚本は、ジョージ・シートン。音楽は、アルフレッド・ニューマン。


主なキャストは、バート・ランカスター、ディーン・マーティン、ジーン・セバーグ、ジャクリーン・ビセット、ヴァン・ヘフリン、と当時の“スター”が並びます。


あらすじ:アメリカ中西部地方を襲った強烈な吹雪のため、シカゴのリンカーン国際空港(架空)は空港機能がマヒ状態になっていました。


空港のジェネラル・マネージャーのベーカースフェルド(バート・ランカスター)は、トランス・グローバル航空地上係のタニア(ジーン・セバーグ)などと協力し、空港の機能回復のため奔走しています。


そんな中、既に離陸したローマ行きの旅客機内に、爆弾が持ち込まれているという情報が入ります。機長(ディーン・マーティン)と主任スチュワーデス(ジャクリーン・ビセット)は、爆弾の入ったアタッシュ・ケースを確保しようとしますが、犯人(ヴァン・ヘフリン)はトイレに逃げ込み、爆弾もろとも自殺してしまいました。


爆発の衝撃で、機体が損傷し、空中分解の危機が訪れます。急きょ、同機はケネディ空港へ戻ることにしますが、空港は猛吹雪のため着陸には、大きな支障がありました。。。


航空パニック映画の元祖とも言える本作ですが、恐怖を感じさせるシーンより、人間ドラマの要素が強い作品です。


あまりパニック度を感じなかったのは、今ならCGでしょうが、飛んでいる飛行機は明らかに模型だと分かるし、機内のセットはちゃちです。


それでも、登場人物のそれぞれが何らかの問題を抱えているバックグラウンドを見事に描き切っています。


映画から、当時の時代背景を知ることも出来ます。例えば、登場する飛行機は、ボーイング707ですが、コックピットの中は、機長、副操縦士、航空機関士の三人乗務体制でした。


そのコックピットの中に簡単に第3者を入れてしまいます。スチュワーデスはまだしも、密航者まで招き入れるとは、セキュリティの観念が全くありません。


また、滑走路内の障害物となっていた雪の中に突っ込んでしまった機を移動させようとするベテラン整備士が、葉巻を銜えながらエンジンをフルパワーさせるとは、今では考えられませんよね。


飛行機、空港ものは、好きなジャンルで、アメリカ映画では、『ターミナル 』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/339394a576d6e936f964c467e4b18446 を、


日本映画では、『ハッピーフライト』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/745f74b65f96ee76b05025b039942bfb を取り上げています。

 

 

 

 

 

 


===「映画」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/226e9f0193a60e6a012384176360666f

Film1~115  省略

Film116 2017/11/7 『バリー・シール/アメリカをはめた男』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ee83a3aab9fb7a6854b1080794857de3

Film117 2017/11/13『キャストアウェイ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/48eee46263ceed4d067b4674d472bd50

Film118 2017/11/20『あん』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/859faf62079f34ba7fd011956cf4d5e7

Film119 2017/11/25『レインマン』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8dfa58ec59fb5db95581bfb98b3efebd

Film120 2017/12/23『幸福の黄色いハンカチ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3f73270c48bb92bd8eea1bb9bb652705

Film121 2018/1/23 『トッツィー』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/65dd7e0a5da164f301f44c980bed7519

Film122 2018/2/14 『ALWAYS 三丁目の夕日』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bfdd3cbb4b66440b781da88024774d28

Film123 2018/3/11 『空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bbc62234017de250316fad2d85d1f3df

Film124 2018/3/25 『ユー・ガット・メール』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d44f396ca54984022a2045cb0fce87ee

Film125 2018/4/9  『テルマエ・ロマエ』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4b4e7feb067db9bd82c810b06964865c

Film126 2018/5/1  『旅情』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/63567689611394d28e77b8558c7b3e3a

Film127 2018/7/25 『007 トゥモロー・ネバー・ダイ』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e5b3fd4cc6a58b0c3cdbd587ac89adc2

Film128 2018/8/10 『天使の涙』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/53b2632e5c12c2ff9c9bd33358705577

Film129 2018/8/16 『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/337626c8d78938a7031f30becb62726b

コメント

映画 Film129 『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』

2018年08月16日 | 映画

隊長が、これまでに観た「映画」を紹介するシリーズの第129回は、『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』をお送りします。


『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(原題:Mission: Impossible – Fallout)は、8月3日から公開されているトム・クルーズ(Tom Cruise)主演「ミッション:インポ­ッシブル(MI)」シリーズの第5弾。タイトルの“Fallout”は、放射性物質の拡散・降下の意味で使っているのでしょうね。


監督・製作・脚本は、前作『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』同様、クリストファー・マッカリー(Christopher McQuarrie)。マッカリーは、トム・クルーズ主演、2012年公開の『アウトロー』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/93f7c56a91462e52265681f5deaff34e でも、監督・脚本を務めているほか、2008年公開の『ワルキューレ』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/49158945e29a971db425340c10598198 では、脚本を担当しています。


共演は、レベッカ・ファーガソン(Rebecca Ferguson)、サイモン・ペッグ(Simon Pegg)、ヴィング・レイムス(Ving Rhames)、アレック・ボールドウィン(Alec Baldwin)、ショーン・ハリス(Sean Harris)、ヴァネッサ・カービー(Vanessa Kirby) 、ヘンリー・カヴィル(Henry Cavill)、アンジェラ・バセット(Angela Bassett)。


ファーガソンは、「ローグ・ネイション」と同じイルサ・ファウスト役を、ペッグも前作・前々作のベンジー役を、ハリスは前作と同じソロモン・レーンを演じています。レイムスは、MIシリーズでは馴染みの俳優さんですよね。


これまでのMIシリーズ;

1996年公開の『ミッション:インポ­ッシブル』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b22817899715062c5bab9c895e540502

2000年の『ミッション:インポッシブル2』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/83a60b796c68b01ba41499a55179f7c0

2006年の『ミッション:インポッシブル3』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2a02bb5636cfae5555879647557e754b

2011年の『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/87ef886e7b880176bc1c3c237c82bee4

2015年の『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7f3c9579571c8575167aa827e5a7d057

と、5作全てを観ています。


今回、『フォールアウト』を観たのは、昨年11月に上野御徒町「上野フロンティアタワー」にオープンした「TOHOシネマズ上野」⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/25b4cbd841b64332831a5f967807c748 お盆休みだからでしょうか。館内は、混雑しています。


同館で映画を観るのは、今年3月の『空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎』⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bbc62234017de250316fad2d85d1f3df 以来です。『フォールアウト』は、座席数250の“スクリーン2”で上映中。

この日は、朝9時の初回以外の3回は、満席・売り切れでした。場内は意外にも若い人が多かった。中には、第1作『ミッション:インポ­ッシブル』公開時には生まれていなかったと思われる若者も。


あらすじ:IMF(Impossible Mission Force、不可能作戦部隊)のエージェント“イーサン・ハント(トム・クルーズ)”と彼のチームは、盗まれた3つのプルトニウムの回収を目前にしていました。

だが、突如現れた何者かの策略で仲間の命が危険にさらされ、その最中にプルトニウムを奪われてしまいます。イーサンとIMFチームは、プルトニウムを再び奪い返し、複数の都市の“同時核爆発を未然に防ぐ新たなミッション”を受けとります。

この事件の裏側には、シンジケートの生き残り勢力が結成したアポストル(神の使徒)が関連しており、手がかりは“ジョン・ラーク”という正体不明の男の名前と彼が接触する“ホワイト・ウィドウ(ヴァネッサ・カービー)”と呼ばれる謎めいた女の存在のみです。

しかし、今回のミッションに対しイーサンの動きを不服とするCIAは、敏腕エージェントのウォーカーを(ヘンリー・カヴィル)監視役に同行させることを条件としました。

イーサンはホワイト・ウィドウの信頼を得るため、やむなく収監中の敵“ソロモン・レーン(ショーン・ハリス)”の脱走に手を貸すが、その影響で味方の女スパイ“イルサ(レベッカ・ファーガソン)”と対立してしまいます。一方、同行するウォーカーはイーサンへの疑惑を深め、二人はやがて対決の時を迎えますが。。。


感想:MIシリーズ、回を重ねるごとに、アクションシーンが、スケールアップされていて、観ていて“アッ”と声を上げてしまったり、真夏なのに手には汗をかいていました。誰が敵で、誰が味方か、頭の体操になるかも。


パリ編では、カーチェイスとバイクチェイスが迫力がありました。ただ、フランスなのに、プジョーではなく、BMWが多く登場します。これは、同社がMIシリーズに協力しているからです。どちらの車もオーナーだったことのある隊長には、たまにはMIシリーズでプジョーの走る姿を観てみたいものです。トム・クルーズがノーヘルで、凱旋門周辺を走り回るアクションシーンでは、冷や冷やして観ていました。


ロンドン編では、とにかくトム・クルーズが走る・走る、そして飛ぶ! ビルからビルへジャンプするシーンの撮影では、実際に骨折したそうです。


カシミール編では、ヘリコプターチェイスが。ヘリコプターから吊るされたロープをよじ登り、機内に突入するシーンでは、高所恐怖症の隊長は、思わす目をつぶりそうになりました。それにしても、操縦経験がないイーサン・ハントがヘリコプターを操るとは、映画でしかあり得ませんよね。このシーンを観ていて、高倉健主演の『君よ憤怒の河を渉れ』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5dc3a91965d9abd9160ccb433defe98e で、健さん演じる杜丘が、操縦したことのないセスナ機で北海道から本州に飛ぶシーンを思い出しました。


ラストの、落下するヘリコプター内でのアクションシーンも凄すぎます。今回、ルーサー、イルサ、ベンジー、とチーム全員が生き残ったので、次回作ありですね。トム・クルーズの主演作、来年は、『トップガン: マーヴェリック』の公開が決定しているので、MIシリーズの次回作は、2020~2022年の公開と予想します。還暦を過ぎた、トム・クルーズはどんなアクションを見せてくれるのでしょうか。


尚、「隊長のブログ」では、トム・クルーズが出演する映画を、これまでに21本紹介しています。


詳細はこちらの記事一覧をご参照下さい⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/15c12e324db3ac428f8166936149a976

 

 

 


===「映画」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/226e9f0193a60e6a012384176360666f

Film1~115  省略

Film116 2017/11/7 『バリー・シール/アメリカをはめた男』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ee83a3aab9fb7a6854b1080794857de3

Film117 2017/11/13『キャストアウェイ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/48eee46263ceed4d067b4674d472bd50

Film118 2017/11/20『あん』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/859faf62079f34ba7fd011956cf4d5e7

Film119 2017/11/25『レインマン』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8dfa58ec59fb5db95581bfb98b3efebd

Film120 2017/12/23『幸福の黄色いハンカチ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3f73270c48bb92bd8eea1bb9bb652705

Film121 2018/1/23 『トッツィー』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/65dd7e0a5da164f301f44c980bed7519

Film122 2018/2/14 『ALWAYS 三丁目の夕日』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bfdd3cbb4b66440b781da88024774d28

Film123 2018/3/11 『空海―KU-KAI― 美しき王妃の謎』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bbc62234017de250316fad2d85d1f3df

Film124 2018/3/25 『ユー・ガット・メール』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d44f396ca54984022a2045cb0fce87ee

Film125 2018/4/9  『テルマエ・ロマエ』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4b4e7feb067db9bd82c810b06964865c

Film126 2018/5/1  『旅情』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/63567689611394d28e77b8558c7b3e3a

Film127 2018/7/25 『007 トゥモロー・ネバー・ダイ』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e5b3fd4cc6a58b0c3cdbd587ac89adc2

Film128 2018/8/10 『天使の涙』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/53b2632e5c12c2ff9c9bd33358705577

コメント