隊長のブログ

元商社マン。趣味:ヒップホップダンス、ジャズダンス、日舞(新舞踊)、旅行、映画、スポーツ観戦。阪神タイガースのファン。

「朝ドラ」 記事一覧

2022年11月30日 | テレビ番組

「連続テレビ小説」(通称:朝ドラ)は、NHKテレビで、1961年から始まったドラマシリーズです。

 

 


第1作の『娘と私』から、最新作『舞いあがれ!』まで、107作品が放送されています。

 

「隊長のブログ」では、朝ドラを、これまでに28本を紹介しています。


詳細は下記の記事一覧をご参照下さい。  

 

==「朝ドラ」 記事一覧 (放送年度、題名、主演)==

1.  1979年度前期 『マ-姉ちゃん』 熊谷真実   

2.  1981年度後期 『本日も晴天なり』 原日出子

3.  1983年度 『おしん』 小林綾子、田中裕子、音羽信子  

4.   1985年度前期 『澪つくし』 沢口靖子 

5.  1986年度前期 『はね駒(こんま)』 斉藤由貴  

6.  1997年度前期 『あぐり』 田中美里  

7.  2003年度前期『こころ』  中越典子  

8.  2006年度後期 『芋たこなんきん』 藤山直美  

9.  2007年度前期『どんど晴れ』  比嘉愛未

10.  2013年度前期『あまちゃん』 能年玲奈

11.  2014年度前期『花子とアン』 吉高由里子

12.  2014年度後期『マッサン』 玉山鉄二、シャーロット・ケイト・フォックス

13.  2015年度前期『まれ』 土屋太鳳

14.  2015年度後期『あさが来た』 波瑠

15.  2016年度前期『とと姉ちゃん』 高畑充希

16.  2016年度後期『べっぴんさん』 芳根京子

17.  2017年度前期『ひよっこ』 有村架純

18.  2017年度後期『わろてんか』 葵わかな

19.  2018年度前期『半分、青い。』 永野芽郁

20. 2018年度後期『まんぷく』 安藤サクラ 

21.  2019年度前期『なつぞら』 広瀬すず

22.  2019年度後期『スカーレット』 戸田恵梨香  

23.  2020年度前期 『エール』 窪田正孝  

24.  2020年度後期 『おちょやん』 杉咲花  

25.  2021年度前期 『おかえりモネ』 清原果耶  

26.  2021年度後期 『カムカムエヴリバディ』 上白石萌音、深津絵里、川栄李奈  

27.  2022年度前期 『ちむどんどん』 黒島結菜  

28.  2022年度後期 『舞いあがれ!』 福原遥  

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「中井貴一 出演作品・番組」 記事一覧

2022年11月30日 | 映画

俳優・歌手の 中井 貴一 (きいち)《本名同じ》は、昭和のスター俳優・佐田啓二の長男(姉は女優の中井貴惠)として、昭和36年 (1961) 9月18日に生まれました。東京都世田谷区出身。2022年12月現在、61歳です。

 

 


3歳の誕生日を目前にして、交通事故で父を亡くします。成蹊中学校・高等学校に進学し、成蹊大学経済学部を卒業。


1981年公開、松林監督の東宝映画「連合艦隊」で芸能界デビュー。同作品で、日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。


大ヒットドラマ「ふぞろいの林檎たち」シリーズ(1983~97)で、お茶の間の人気者に。

 

(上段左から、柳沢慎吾、手塚理美、時任三郎。下段:石原真理子、中井貴一、中島唱子)

 

1988年度NHK大河ドラマ「武田信玄」では、主演を務めました。


以後、国内の映画・ドラマ・舞台出演だけではなく、2003年には中国で撮影された米中合作「ヘブン・アンド・アース 天地英雄」に出演。その経験を生かして全編中国語で臨んだ2006年の主演作「鳳凰 わが愛」では、プロデュースも手がけました。


日本アカデミー賞を始めてとして、国内各映画祭での受賞歴多数。重厚な役からコミカルな役まで、幅広い演技が魅力的な俳優です。

 

また、歌手としても、活動を行っています。最近では、テレビのバラエティー番組や、音楽番組にも積極的に出演しています。


そんな中井貴一さんが出演する作品・番組を、「隊長のブログ」では、10本を紹介しています。


詳細は、下記の記事一覧をご参照下さい。

 

 

==「中井貴一 出演作品・番組」 記事一覧 ==

1.  2001年5月公開 映画 『ホタル』

2.  2006年1月公開映画  『単騎、千里を走る。』

3.  2010年6月公開映画  『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』

4.  2016年10月公開映画 『グッドモーニングショー』

5.  2019年9月公開映画  『記憶にございません!』

6.  2020年10月期ドラマ 『共演NG』

7.  2021年6月バラエティー番組 『ぴったんこカン☆カン』 

8.  2022年2月 音楽番組  『MUSIC FAIR』

9.  2022年5月トーク番組  『A-Studio+』 

10.  2022年10月期ドラマ  『ザ・トラベルナース』

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

相撲 115番 『阿炎 逆転で初優勝』

2022年11月30日 | 相撲

隊長が好きな「相撲」を紹介するシリーズの第115番(回)は、『阿炎(あび) 逆転で初優勝』をお送りします。

 

 


11月13日から「福岡国際センター」で開催されていた、一年納めの大相撲九州場所は、27日(日)に千秋楽を迎えました。


前頭筆頭・高安と同九枚目の阿炎との一戦、十四日目まで12勝2敗の高安は、勝てば初優勝。結果は、阿炎が突き倒しで高安を破り、12勝3敗で並びます。さらに、結びの一番で、大関・貴景勝が関脇・若隆景を下し、同じく12勝3敗となりました。


そこで、三力士による、平成6年(1994)春場所以来、28年ぶりのともえ戦へ。阿炎が、最初の相手・高安をはたき込み、次に貴景勝を押し出しでと、二連勝で、見事初優勝を果たしました。

 

 


前は、土俵外の言動で、阿炎は好きではありませんでした。しかし、一昨年にコロナ対策の規則違反で、出場停止処分を受け幕下まで転落した後には、見違えるように稽古に打ち込むようになったと聞いていました。


公私ともどもの努力が、初優勝に導いたでしょうね。おめでとうございます。


ところで、今年は、初場所の御嶽海に始まり、春場所の若隆景、夏場所は照ノ富士、名古屋が逸ノ城、秋場所は玉鷲と、年六場所全て異なる力士が優勝したことになります。これは、平成3年(1991)以来、31年ぶりの珍事だそうです。


45回の優勝を重ねた、第69代横綱・白鵬(現・宮城野親方) が、いかに偉大だったか分かりますね。

 

さて、場所前に隊長が注目した力士の成績を見てみましょう。


一人目の小結・玉鷲(たまわし)。 先場所『37歳10ヶ月で二度目の優勝』  を果たし、場所中38歳になった玉鷲。前回優勝時の次場所で5勝10敗と大きく負け越したのと同様に、今場所も6勝9敗と負け越してしまいました。安定した成績を残せていれば、さらに上の地位を目指せたのに。。。


二人目の大関・正代。熊本出身の正代にとって、“地元場所”だったのにも関わらず、6勝9敗と負け越し、五度目のカド番で、ついに大関から陥落してしまいました。


三人目の関脇・若隆景。今場所は、大関への足固めとして重要だったのに、8勝7敗と辛うじて勝ち越し、大関チャレンジは振り出しに戻りました。


四人目の関脇・豊昇龍(ほうしょうりゅう)。11日目まで、1敗で優勝争いの先頭を走っていましたが、12日目から三連敗し、優勝戦線から脱落してしまいした。それでも、11勝4敗で終え、三役初の二桁勝利を挙げたことにより、来場所以降、大関獲りへの挑戦権を得ました。

 

尚、来年の初場所は、1月8日から、東京・両国国技館で行われる予定です。

 


==「相撲」バックナンバー ==
https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/78f3b57346580c1da454bb49641a52d9

1番~100番 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/615cf67ca9eddf698c48f249b5c368e3

101番 2022/1/24 『御嶽海 三度目の優勝で、大関昇進確定』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bfe33fcd50f66cb8df97d9bde8d95240

102番 2022/3/13 『令和四年春場所の注目力士は』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f41945df5f7bc26f9e7f5509706fade6

103番 2022/3/20 『ジャンクSPORTS「新大関・御嶽海に注目」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c068f25e8c53f5b4477dd59777aee7c6

104番 2022/4/1  『若隆景 執念の初優勝』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c11ab2716872adcfbb48475b82be9157

105番 2022/5/8  『令和四年夏場所の注目力士は』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/11160ee973733ee498317a4ab918449e

106番 2022/5/26 『終わってみれば、やはり照ノ富士』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2a3247ebd96e73d749c48c3da73c3ece

107番 2022/6/17 『安美錦引退 安治川襲名披露大相撲』(その1) https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2d5790ac49da688db302cf614e5d7ab7

107番 2022/6/18 『安美錦引退 安治川襲名披露大相撲』(その2) https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2d704914d9755754203c4925b83c4696

107番 2022/6/22 『安美錦引退 安治川襲名披露大相撲』(その3:最終回) https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9a7401182644cd05cfe2c15fc125ad0e

108番 2022/7/13 『令和四年名古屋場所の注目力士は』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7dc1a2dd8324e07be53d23fea0f9636d

109番 2022/7/26 『逸ノ城 遅咲きの初優勝』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a6892066d4ed2612450dacc35460a0ed

110番 2022/9/11 『令和四年秋場所の注目力士は』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3eec37158f7d416f561db88e5c6c5834

111番 2022/9/19 『感動!大相撲がっぷり総見~いよいよ明日!秋場所を百倍楽しく見る極意~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/22a4f380134dc97964540d74e5ee0124

112番 2022/9/28 『玉鷲 37歳10ヶ月で二度目の優勝』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e6a7bf5df0d085404686de54b7a8634c

113番 2022/11/5 『モンゴル出身力士は、なぜ強いのか』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ab6b784b069230d74bfc3c0de8c5d647

114番 2022/11/13『令和四年九州場所の注目力士は』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8608f44dc860e4d139d1ecaa4fb72ed7

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「山口の酒」 銘柄一覧

2022年11月28日 | グルメ

本州の最も西に位置する山口県は、日本海、そして瀬戸内海、関門海峡と三方を海に囲まれた自然豊かな場所であり、流通も活発な場所です。盆地も点在しており、農業などの産業も活発です。

 

 

 


山口産の日本酒は、自然の利をいかし、県産の酒米にこだわり、山口ならではの味を目指しています。オリジナルの酒米である「西都の雫」、県内産「山田錦」は酒造好適米として重宝されています。淡麗な味の地酒は、さまざまな料理に合うと評判です。

 

山口県酒造組合/山口県酒造協同組合に加盟している酒造業者は、令和4年11月1日現在、24蔵です。


「隊長のブログ」では、そんな山口県産の日本酒を、これまでに五銘柄を紹介しています。


詳細は、下記の銘柄一覧をご参照下さい。

 

 

==「山口の酒」 銘柄一覧==

1.  岩国市 「旭酒造株式会社」 『獺祭 純米大吟醸50』

2.  岩国市 「旭酒造株式会社」 『獺祭 純米大吟醸磨き 三割九分』

3.  宇部市 「永山本家酒造場」 『特別純米酒 貴』

4.  宇部市 「永山本家酒造場」 『純米吟醸雄町』

5.  宇部市 「永山本家酒造場」 『貴 純米大吟醸 東条山田錦』

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

テレビ Vol.511 『ドラマ 「君の花になる」』

2022年11月28日 | テレビ番組

隊長が観賞した「テレビ番組」を紹介するシリーズの第511回は、『ドラマ 「君の花になる」』をお送りします。

 

 


民放各局の10月から始まった秋の連続TVドラマ(連ドラ)、多くの作品が放送されています。その中で隊長が観始めたのは、七本です。前期は、四作品でしたので、今期は興味を惹くドラマが多いからでしょう。


その秋の “連ドラ” を批評するコーナーの一作品目は、『ファーストペンギン!』  、


二作品目が、『霊媒探偵・城塚翡翠』  、


三作品目は、『アトムの童』  でした。


今日ご紹介する『君の花になる』は、TBS系列「火曜ドラマ」枠で、10月18日から放送開始されました。放送時間は、毎週火曜日の 22:00~22:57。


尚、「火曜ドラマ」の前作は、『ユニコーンに乗って』  でした。


脚本は、吉田恵里香のオリジナル作品。


吉田恵里香さん脚本のドラマは、2019年7月期ドラマ 『Heaven? ~ご苦楽レストラン~』  を、取り上げています。


主演は、TBSドラマ初主演となる本田翼。


共演者:高橋文哉、夏木マリ、内田有紀、竹中直人、宮野真守、木南晴夏、宮世琉弥(みやせ りゅうび)、ほか。

 

 

 

あらすじ:ある出来事により挫折した元高校教師の主人公・仲町あす花(本田翼)が、崖っぷちの7人組ボーイズグループ “8LOOM(ブルーム)” の寮母となり、一緒に “トップアーティストになる” という夢に向かっていく物語です。


あす花は突如、ボーイズグループが共同生活する寮の“寮母”になったことをきっかけに、高橋文哉演じる、かつての教え子・佐神弾(さがみ・だん)と再会します。弾がグループのリーダーとして夢に向かってまっすぐ挑戦する姿に心を打たれ、気づけば教師だった頃の情熱を取り戻し、自身の挫折とも向き合うようになっていきます。


30歳の節目に、恋も仕事も友情も新たなステージへ進む女性の成長と、胸キュンを描いたドラマです。

 

 

第6話までの感想:売れないボーイズグループが、トップアーチストになるサクセスストーリーに、年下の元教え子とのラブストーリーを絡めたドラマですね。ダンス好きの隊長には、ダンスシーンが多くて、嬉しいのですが、ストーリー展開は、凡庸ですね。


番宣では、「あす花が、個性豊かなイケメン7人と共同生活」となっていますが、“8LOOM”役の7人、隊長から見れば、イケメンと言うより可愛い少年たちという感じです。共演者のなかに、ベテランで、真のイケメンのキャスティングが、あれば良かったと思います。

 


尚、『君の花になる』次回・第7話は、明日・11月29日(火)よる10時からの放送予定です。

 

 

 

 


==「テレビ番組」 バックナンバー ==
https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/17de26ad35859fd865f52645aba1b27d

Vol.1~495 省略。

Vol.496 2022/8/29  『ドラマ「六本木クラス」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/92207faba93402d2664fb0ce60707665

Vol.497 2022/9/4   『ドラマ「石子と羽男-そんなコトで訴えます?-」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/42f889d2d42186450e8c1b47dbef7ee0

Vol.498 2022/9/5   『ドラマ「NICE FLIGHT!」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/89d0ee73841152c6dd99f24551233a86

Vol.499 2022/9/8   『ファミリーヒストリー「2022年2月~8月放送ピックアップ」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6840cd59b99eca242fc2ac82cc630fec

Vol.500 2022/9/11  『2022年夏の連ドラ総括』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/417ee767d359aac5d811814458b07432

Vol.501 2022/9/18  『台湾ドラマ「ロマンスは連載中」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4080e45285e5ca83bb21ba9030caab3a

Vol.502 2022/9/22  『ボクらの時代-2022年5~8月放送ピックアップ-』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1f147fec805ab31547ad20902c8932e7

Vol.503 2022/9/26  『ドラマ「男たちの旅路」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1fda3d2b5453bb5c7f3cff30b4fd8302

Vol.504 2022/10/10 『朝ドラ「本日も晴天なり」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/afd74ff4be8742fcf8fb79a55afcbb31

Vol.505 2022/11/1  『ドラマ「ファーストペンギン!」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3d068f6077244a28c2fd89025fa5366f

Vol.506 2022/11/4  『ドラマ「霊媒探偵・城塚翡翠」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0a3aeafa4c58dccb74476d0fd1bddaa0

Vol.507 2022/11/7  『A-Studio+「2022年5~10月放送ピックアップ」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fe6db084f8f3fcb486b76fe3701f9531

Vol.508 2022/11/12 『ドラマ「アトムの童」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/25e540fa2176731e06fc1645f5146ff8

Vol.509 2022/11/16 『こころ旅「2022年秋の旅」順調です』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/494487871409b6d0bc3d6c673c61ec8b

Vol.510 2022/11/23 『朝ドラ「舞いあがれ!」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5b9a6ec83cd41bf3848a872f2fcf37c7

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする