隊長のブログ

中国上海に2003年12月から2008年1月まで駐在。趣味はヒップホップダンス、ジャズダンス、旅行、映画、スポーツ観戦。

本と雑誌 29冊 『邱永漢著 「たいわん物語」』

2017年04月30日 | 本と雑誌

隊長が読んだ「本と雑誌」を紹介するシリーズの第29回は、『邱永漢著 「たいわん物語」』をお送りします。


著者の邱 永漢(きゅう えいかん)は、台湾人の実業家の父と日本人の母の間に、1924年(大正13年)日本統治時代の台湾台南市で生まれました。


1943年(昭和18年)旧・東京帝国大学に入学。終戦後の1946年に台湾に戻りましたが、1948年 台湾独立運動に関係して逮捕状が出たため香港に亡命。


その後、実業家、小説家として、日本、香港、台湾で活躍しましたが、2012年(平成24年)都内の病院で亡くなりました。享年88歳。


この本は、雑誌「週間ポスト」に、1980年(昭和55年)11月から翌年6月まで掲載された10篇の小説を単行本化し、1981年7月に発行されました。


題名の『たいわん物語』は、永井荷風が明治の末期に書いた「あめりか物語」、「ふらんす物語」にあやかったと、著者が述べています。


10篇のタイトルは;

「雨の台北」

「翁小姐(オング・シャオチェ)の持参金」

「オンリー三代記」

「北投(ぺいとう)温泉の夜」

「台湾慕情」

「小姐(シャオチェ)東遊記」

「おしどり太平記」

「奴隷婚」

「連休の一等客」

「アニマル綺譚」


タイトルを見てもわかる様に、昭和50年代、まだまだ日本と台湾の間に経済格差のあった頃の、日本人の男と台湾人の女の“夜の物語”が、面白おかしく、皮肉を込めて語られています。


台湾と日本の血が流れ、日本語も日本人以上に堪能な邱永漢氏、「台湾慕情」では、“素寒貧(すかんぴん)”などという言い回しを使うなど、表現力が豊かな文章で読み応えがありました。


隊長が、中国上海に駐在していた 2000年代初頭、あちこちで小説に出てくるような「ちゅうごく物語」を見聞きしました。


その後、中国の経済成長も著しく、今は「べとなむ物語」や「らおす物語」などが展開されているのでしょうね。 


尚、「たいわん物語」の発行は、中央公論社、定価は1,200円(税別)です。

 


===「本と雑誌」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/dc30502bb229b843454e38b8994f9be0

1~15冊  省略

16冊 2016/4/28 『絵本「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/29973ce102c830e434a3d5254a8a234c

17冊 2016/5/22 『小泉武夫監修 日本酒百味百題』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/024f1e4cffac057d1640cfa975c60eea

18冊 2016/8/19 『清川虹子「恋して泣いて芝居して」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7d376a06bdbc7339cdd9895dfa4e8e22

19冊 2016/10/22『四方田犬彦著「李香蘭と原節子」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c480053b386de9398f64f43167273f0d

20冊 2016/11/22『有吉佐和子著「紀ノ川」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/504131fd665c00b7ee0e8f8b28dd1003

21冊 2016/12/7 『テレサ・テンが見た夢』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/003c34225930ed81542e35caf5ec30fc

22冊 2016/12/22『カクテル・ハンドブック』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a1f052d9bc97050f8418a8e12a5f4849

23冊 2017/1/12 『高倉健著「少年時代」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4243287003a72879856b54f7fd572ada

24冊 2017/2/9  『絵本「星の王子さま」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/10551068b08e5edb57b0be02773b31a1

25冊 2017/3/9  『瞳みのる 老虎再来』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4f839d9bbe229dc378239e5811877561

26冊 2017/3/19 『諺で考える日本人と中国人』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1f1dad80dfd1065eb243e2a08f6f25fc

27冊 2017/3/28 『地球の歩き方 中国』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bf64e21d7878240fce15b1470914ac6f

28冊 2017/4/17 『田原著「水の彼方~Double Mono~」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/43b469cdfe84a213638a7a47d58fcb89

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テレビ Vol.179 『ドラマ 「小さな巨人」』

2017年04月29日 | テレビ番組

隊長が観た「テレビ番組」を紹介するシリーズの第179回は、『ドラマ 「小さな巨人」』をお送りします。


4月から始まった、民放各局の連続TVドラマを批評するコーナーの一本目は、『母になる』⇒  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9b3d015ee281c9564c3cb0af339b633f


二本目は、『人は見た目が100パーセント』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e2e78fef6da142607df38113432651c9


三本目は、『リバース』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/99e05f718cf35803d09c9a45a122bab9 でした。


今日紹介する『小さな巨人』は、4月16日からTBSテレビ系列の「日曜ドラマ」枠で、放送開始されました。放送時間は、毎週日曜日 21:00~21:54。


主演は、長谷川博己(ひろき)。その他の主な出演者は、香川照之、安田顕(けん)、春風亭昇太、岡田将生(まさき)、芳根京子。


香川照之さんは好きな俳優で、ドラマでは、『99.9 -刑事専門弁護士-』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0d63f07fb77ffd03c36affaff6fa2af8 など。


また、インタビュー番組は、『藤山直美×香川照之』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2c89057b15ca9c5d4cc3b25cba8f9011 を、紹介しています。


安田顕さんが出演したドラマは、『下町ロケット』http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8b99a86439ac984ccdb20e4e4af35564 を、紹介しています。


春風亭昇太さんは、落語家としてだけではなく、俳優としても活躍しています。


最近では、大河ドラマ『おんな城主 直虎』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ee8255371fc5ea4e63a8e492d0019a11 での今川義元役の印象が強烈でしたよね。


芳根京子さんは、朝ドラ『べっぴんさん』 ⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a36e84df847c511cc87d876afe30ec8e 終了後、初の民放連続ドラマ出演です。


『小さな巨人』のあらすじは、主人公の警視庁捜査一課強行班1係長 香坂(長谷川博己)は、エリート警察官として順調に出世階段を登っていました。


ところが、前捜査一課長の三笠(春風亭昇太)と会食していると、突然 現捜査一課長・小野田(香川照之)が現れます。


三笠と小野田は優秀な部下の香坂を評価しているという共通点はあるが、互いの捜査理論の違いから腹の底ではいがみあっていました。


ある事件がきっかけで、香坂は、三笠が署長を務める所轄の警察署へ異動を命じられてしまいます。


異動後には、元部下の警視庁捜査一課長付運転担当・山田(岡田将生)から、手のひらを返した様な言葉を投げかけられます。


香坂のもとに残されたのは、渡部(安田顕)ら問題だらけの所轄刑事のみ。そんな中、事件はますます闇の中に。。。


第1話と、第2話を観た感想ですが、ドラマの展開も早く、面白いのですが、警視庁捜査一課のシーンなど、現実離れした描写が目に付きます。


それと、『半沢直樹』など、これまでTBSテレビ系列の「日曜ドラマ」枠で放送されたドラマと、似た雰囲気があるのも気になります。


『下町ロケット』では、朝ドラ『まれ』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/efbe145247e70ef9f836e214d8e53724 終了直後の土屋太鳳さんが、ヒロイン役でしたが、今回は、芳根京子さんを起用しているという類似点があります。


また、香川照之さんは、好きな俳優なのですが、『半沢直樹』、『流星ワゴン』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fa752ef13f6bc6324d0e30939a8828bb と、回を重ねる毎に「ドヤ顔」のアップが多くなって来るのも気になります。


でも、香坂が今後、どうなるかの展開に興味があるので、引き続き、観ていくつもりです。


平井堅さんの主題歌「ノンフィクション」は、素敵な曲ですね。


「隊長のブログ」で紹介した、4月から始まった民放各局の連続TVドラマ四本を、三ツ星で評価すると、『母になる」と『リバース』が“☆三つ”。


『小さな巨人』が、“☆二つ”。『人は見た目が100パーセント』が、“☆一つ”です。


尚、『小さな巨人』次回 第3話は、4月30日(日)夜9時から放送予定です。 

 

===「テレビ番組」 バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/17de26ad35859fd865f52645aba1b27d

Vol.1~165 省略

Vol.166 2017/2/12  『A-Studio』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/eede7e5b63eb9a08f0009cb9b9e665b8

Vol.167 2017/2/17  『趣味どきっ!「姫旅~華麗なる戦国ヒロイン紀行~」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/39a94f2058f9d8297b997dc44cdae72d

Vol.168 2017/2/23  『ぴったんこカン☆カン』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cd41ee2da1249822b60889d81e7150f4

Vol.169 2017/2/28  『主治医が見つかる診療所』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d1220460b2c4832c6890cab5978c4c3e

Vol.170 2017/3/20  『アナザースカイ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/34fe64952c81520518cee35a40e0838d

Vol.171 2017/3/30  『五木先生の歌う!SHOW学校』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/88239f5adcfc46f33c28473c76f9b9f1

Vol.172 2017/4/6   『中国王朝 よみがえる伝説 悪女たちの真実』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/07d3bc4b21fca64bfa5df48cde974f07

Vol.173 2017/4/10  『おばあちゃんアイドル、シンガポールへ行く!』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8c81da2068fe61b760269d7a1e6f94a6

Vol.174 2017/4/15  『朝ドラ「ひよっこ」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/df1f3e16c651f2da3c5f131104f7aa25

Vol.175 2017/4/19  『ジョブチューン~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ce5ca4a547d2a976c0b04f51dd152aa8

Vol.176 2017/4/22  『ドラマ「母になる」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9b3d015ee281c9564c3cb0af339b633f

Vol.177 2017/4/25  『ドラマ「人は見た目が100パーセント」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e2e78fef6da142607df38113432651c9

Vol.178 2017/4/27  『ドラマ「リバース」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/99e05f718cf35803d09c9a45a122bab9
                                                                                                                                                                                                          

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

グルメ 196食 『三越日本橋の「たいめいけん」』

2017年04月28日 | グルメ

隊長が飲んだり・食べたりした美味しい物やお店を紹介する「グルメ」の第196回は、『三越日本橋の「たいめいけん」』をお送りします。


「たいめいけん」は、東京・中央区日本橋にある、昭和6年(1931年)創業の洋食屋です。


三代目シェフの茂出木 浩司(もでぎ ひろし)氏は、メディアでの露出度も多いですよね。


“オムライス”が有名で、日本橋の本店には、いつも行列が出来ています。


そんな名物の“オムライス”を手軽に食べられるのが、三越日本橋本店⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4f1f1a66a896e8f711df56d73a73af1e 新館地下1階にある同店のイートイン「たいめいけん デリカテッセン・ヒロ」です。


中は、座席数18席と広くはありませんが、回転も早いので、行列が出来ても、長い時間待つ必要がありません。


この日頂いたのは、“日本橋プレート” 1,512円(税込)。


名物のオムライス・ケチャップソースに、ハンバーグとコールスローが、ワンプレートで出てきます。


オムレツは柔らかい食感で、オムライス自体はやさしい味ですが、酸味の効いたケチャップが味を引き立ててくれます。


ハンバーグは、しっかりとした食感で、デミグラスソースが、老舗の味を感じさせます。


コールスローは薄味ですが、オムライスとハンバーグの味付けが濃い目なので、丁度よい味です。


さすが老舗、間違いない味を提供してくれますね。

 


===「グルメ」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/436ad5efc63b39d2e26b84923fb15a02

1~185食  省略

186食  2017/2/6   『Social Cafe“Sign with Me”』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0d78cd1f955865309f869d6e98473f82

187食  2017/2/11  『三越本店の「十勝大名焼」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4f1f1a66a896e8f711df56d73a73af1e

188食  2017/2/22  『「皿うどん派」継続中』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4db1e1af240dd6eaee320a3789804355

189食  2017/3/12  『「豚骨一燈本郷店」オープン』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e048deec230a4ce3ba3da560598c9f90

190食  2017/3/22  『両口屋是清の和菓子』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b9a346e94d8c6abcfa9fcbe66a69be4d

191食  2017/4/3   『赤坂「我が家の味しゅう」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/393a408f6615a25f9b745204f32c1ae5

192食  2017/4/7   『福島の酒「飛露喜 無ろ過生原酒」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3951fa1d3805046c19293eb8c823b398

193食  2017/4/11  『東大病院内の「タリーズコーヒー」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b6f55c88d4ae614ec7733a7456e5e67d

194食  2017/4/18  『ローストビーフ油そば ビースト 秋葉原妻恋坂店』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8642b4dd75d048eb2c2f551c98d8fc82

195食  2017/4/21  『東大病院内の「ドトール」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c7149b5d58b8b38c2d0837b5ed6ba2be

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テレビ Vol.178 『ドラマ 「リバース」』

2017年04月27日 | テレビ番組

隊長が観た「テレビ番組」を紹介するシリーズの第178回は、『ドラマ 「リバース」』をお送りします。


4月から始まった、民放各局の連続TVドラマを批評するコーナーの一本目は、『母になる』⇒  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9b3d015ee281c9564c3cb0af339b633f


二本目は、『人は見た目が100パーセント』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e2e78fef6da142607df38113432651c9 を、紹介しました。


『リバース』は、4月14日からフジテレビ系列の「金曜ドラマ」枠で、放送開始されました。放送時間は、毎週金曜日 22:00~22:54。


このドラマの原作は、湊かなえによる同名の小説です。


主演は、藤原竜也。その他の主な出演者は、戸田恵梨香、小池徹平、市原隼人、三浦貴大(たかひろ)、玉森裕太、門脇麦。


戸田恵梨香さんが出演した映画は、『アンダルシア 女神の報復』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2b820444077ab578dc2d5c57f99f48f6


ドラマは、『リスクの神様』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4392fe2cc7839e235f6ce669d22b8850 を、紹介しています。

また、最近では、『中国王朝 よみがえる伝説 悪女たちの真実』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/07d3bc4b21fca64bfa5df48cde974f07 でのレポーター役が印象に残っています。


三浦貴大さんは、映画『RAILWAYS』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6b12b1ea15cdbaa92b06095ce7982f5a


ドラマ『瀬戸内少年野球団』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/16f1fab7f907e04f2ed40d3ed1b55cc3 を、紹介しています。


地味でつまらない程、普通の人生を送ってきた主人公の深瀬和久(藤原竜也)の恋人・美穂子(戸田恵梨香)のもとに「深瀬和久は人殺しだ」という脅迫状が届いたところから物語が、始まります。


深瀬は、その時、心の奥底にずっと封印していた親友・広沢(小池徹平)の死と向き合うときが来たのだと覚悟します。


今から10年前の冬、大学のゼミ仲間の谷原(市原隼人)、浅見(玉森裕太)、村井(三浦貴大)と、村井の妹 明日香(門脇麦)で行った卒業旅行中に不審な事故死を遂げた広沢。


しかし、事故には隠された大きな“秘密の約束”があったのでした。この“秘密の約束”を共有した谷原、浅見、村井にも脅迫状が送られ、彼らにも次々と事件が襲いかかります。。。


第1話での、深瀬と美穂子の出会いとお互いに惹かれていくシーンは、良質の恋愛ドラマのように素敵な雰囲気を醸し出していました。


それが、一転して「人殺し」と書かれた紙が深瀬の部屋のドアに貼られ、逃げていく後ろ姿だけの犯人。そして、脅迫状が美恵子の元にも送られて来て、観ている者にも恐怖心を感じさせます。


藤原竜也さんが、今までの役柄と180度も異なる、冴えない小心者の青年を好演していますね。


果たして、広沢の死に何があったのか、そしてドラマの結末は。今後の展開に目が離せなくなってきました。


尚、『リバース』次回 第3話は、4月28日(金)夜10時から放送予定です。

 


===「テレビ番組」 バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/17de26ad35859fd865f52645aba1b27d

Vol.1~165 省略

Vol.166 2017/2/12  『A-Studio』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/eede7e5b63eb9a08f0009cb9b9e665b8

Vol.167 2017/2/17  『趣味どきっ!「姫旅~華麗なる戦国ヒロイン紀行~」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/39a94f2058f9d8297b997dc44cdae72d

Vol.168 2017/2/23  『ぴったんこカン☆カン』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cd41ee2da1249822b60889d81e7150f4

Vol.169 2017/2/28  『主治医が見つかる診療所』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d1220460b2c4832c6890cab5978c4c3e

Vol.170 2017/3/20  『アナザースカイ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/34fe64952c81520518cee35a40e0838d

Vol.171 2017/3/30  『五木先生の歌う!SHOW学校』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/88239f5adcfc46f33c28473c76f9b9f1

Vol.172 2017/4/6   『中国王朝 よみがえる伝説 悪女たちの真実』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/07d3bc4b21fca64bfa5df48cde974f07

Vol.173 2017/4/10  『おばあちゃんアイドル、シンガポールへ行く!』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8c81da2068fe61b760269d7a1e6f94a6

Vol.174 2017/4/15  『朝ドラ「ひよっこ」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/df1f3e16c651f2da3c5f131104f7aa25

Vol.175 2017/4/19  『ジョブチューン~アノ職業のヒミツぶっちゃけます!』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ce5ca4a547d2a976c0b04f51dd152aa8

Vol.176 2017/4/22  『ドラマ「母になる」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9b3d015ee281c9564c3cb0af339b633f

Vol.177 2017/4/25  『ドラマ「人は見た目が100パーセント」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e2e78fef6da142607df38113432651c9
                                                                                                                                                                                                          

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

街歩き 第45回 『根津神社の「つつじまつり」』

2017年04月26日 | まち歩き

隊長の地元 文京区内や近隣を散歩する「街歩き」シリーズの第45回は、『根津神社の「つつじまつり」』をお送りします。


東京・文京区の根津神社で開催されている、「第48回文京つつじまつり」に行って来ました。


「文京つつじまつり」は、根津神社境内のつつじ苑に咲く約100種・3000株のツツジが見ごろを迎えるこの時期に、毎年行われています。


根津神社へ行かれる方の多くは、東京メトロ千代田線「根津駅」から向かいますが、同南北線「東大前駅」の利用を、隊長はお薦めします。


理由は、つつじまつり開催中は、「根津駅」から神社までの道が大混雑しているのに対して、同じ徒歩5分の「東大前駅」からの人通りは、殆どないためです。


「東大前駅」で下車したら、1番出口から地上に出て下さい。


1番出口の先には、「東大農学部正門」があり、構内には「ハチ公像」⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/981f8c378891c9f0de4b2ef528f1fe29 があるので、ご覧になってから根津神社に向かわれると楽しみも増すと思います。


2番出口から徒歩2分の中華料理「玻璃家(ボーリージャー)」⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8b14b64e65f7d8051827325076b6f460 で食事をされてから行くのも良いでしょう。


つつじまつり中は、根津神社周辺のお店はどこも行列で、なかなか食事にありつけません。


「本郷通り」に面している一番出口から、裏道に入り、「東大地震研究所」の先を右に曲がると、右手に東大野球部のグラウンド「東大球場」が見えてきます。


球場は関係者以外立ち入り禁止なのですが、隊長が小学生の頃、放課後悪ガキたちとつるんで、同球場に野球をしに来たことがありました。


もちろん東大野球部の選手が練習していない時を見計らって、侵入するのですが、警備員に見つかり逃げ出したことも何回かありました。


そんな時は、近くの根津神社の境内で野球をしました。当時は、根津神社を訪れる人も少なく、子供たちの野球遊びを見逃してくれていたのでしょう。


「東大球場」の先の「新坂」の左手の塀の向こう側は、「つつじ苑」になっています。


坂を下ると、直ぐに根津神社の「表参道口」があります。


大鳥居を潜ると、「神橋」の向こうに「楼門」が見えます。


隊長が小学生の頃にはなかった「神橋」は、平成18年に境内整備事業の一環として架橋されました。


国指定重文の「楼門」の正面右側の随身は水戸光圀公がモデルと伝えられています。


今日の目的は、つつじの観賞なので、最初に「楼門」には向かわず、左手の「つつじ苑」入り口に進みます。


同苑入り口から「乙女稲荷神社」に向かう道には、奉納された鳥居が数多く立っています。


映画『SAYURI(Memoirs of a Geisha)』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bbe14400f5871f9f08594b6ec5471725 で、幼い千代が芸者になることを誓い、神社境内の赤い鳥居を走り抜けるシーンがありました。


このシーンを初めて観たときは、根津神社で撮影されたものだと思いましたが、実際のロケ地は京都の伏見稲荷大社だったそうです。


「つつじまつり」期間中のみ開苑される「つつじ苑」の入苑寄進料は、200円です。


隊長が訪れた日は、外国人観光客を始め、多くの人が訪れていましたが、残念ながら、まだ早咲きのツツジだけが開花している状況でした。


おそらく、ゴールデンウィーク中に見頃を迎えるのではないでしょうか。


「つつじ苑」出口の先にある「乙女稲荷神社」の御祭神は倉稲魂命です。


国指定重文の「拝殿」の前には、参拝客が長い列を作っていました。


「神楽殿」の前には、疲れた人たちが休息している姿がありました。


「楼門」を潜り、「神橋」を渡り、「表参道口」から境内の外に出ます。


帰りは、参道の店を冷やかしながら、「不忍通り」に面した千代田線「根津駅」1番出口に向かいます。


出口付近には、待ち合わせをする参拝客で混雑していましたので、行きは、南北線「東大前駅」から向かうのがやはり正解でした。


尚、「第48回文京つつじまつり」の会期は、5月5日(金・祝)迄です。


 


===「街歩き」バックナンバー===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/c2c437caab6ac1e2be19246ef261eea9

第1回~35回  省略

第36回 2016/1/4  『「牛天神」北野神社』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e2809549e0b31d48ddf3e97f8e51f55c

第37回 2016/1/18 『秋田ふるさと館』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f33a9c33e6c197601bdab74e801af43b

第38回 2016/2/10 『梅まつり 始まりました』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d4da3a5964cdc214471b5151135c0840

第39回 2016/2/27 『本郷「朝陽館本家」廃業』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/79fc1e4801ea4926d10b53453ed00e1b

第40回 2016/7/2  『三越の屋上でビールの試飲会』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9c23d4d9ce261259c5d0250df76aa82e

第41回 2016/7/23 『大横丁通り納涼祭』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7e6d08fbc7392377ab1a0fca8f79cf3d

番外編 2016/7/30 『本郷・春日の地図』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/01350f793d004d68686db8f749544c32

第42回 2016/11/28『本郷中央教会のパイプオルガン』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7de6e29a799896053ead17aa78c392bc

第43回 2016/12/26『神田明神の石碑と像』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/66e32a263a87f5ee1b278ef125e5e64a

第44回 2017/4/1  『文京春日の出世稲荷神社』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/587b0806b378c30e2421616715baabea

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加