隊長のブログ

中国上海に2003年12月から2008年1月まで駐在。趣味はヒップホップダンス、ジャズダンス、旅行、映画、スポーツ観戦。

ペット・動物 38匹 『世界一幸せなパンダ 「シャオシャオ」と「レイレイ」』

2021年10月20日 | ペット・動物

ペット・動物」に関する記事の第38回は、『世界一幸せなパンダ  シャオシャオレイレイ』をお送りします。


ニュースとしては、少し時間が経ってしまいましたが、東京・上野動物園で6月に誕生した双子のジャイアントパンダの名前について、雄が「シャオシャオ(暁暁)」、雌が「レイレイ(蕾蕾)」に決定したと、10月8日に発表されました。

 

(左:シャオシャオ、右:レイレイ)


暁暁の意味は、「夜明けの光が差し、明るくなる」こと。蕾蕾は、「蕾(つぼみ)から美しい花が咲き、未来へつながっていく」ことを意味しています。


双子の父親は、「リーリー(力力、16歳)」、母親はシンシン「(真真、16歳)」。お姉さんの「シャンシャン(香香、4歳)」に続き、4年ぶりに誕生した双子です。


2022年1月を目途に母子の公開を予定しているそうです。その頃、また「双子パンダ・フィーバー」が起こるでしょうね。

 

隊長は、これまでに北京、上海、南京、鄭州、武漢など、中国各地の動物園を訪れていますが、全ての動物園で、ジャイアントパンダが、手厚く保護されている様には思えませんでした。


特に、武漢では虐待されていたと報じられたこともありました  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/61f8dfc808873e23d9420992a3d09af2


そう考えると、「シャオシャオ」と「レイレイ」は、世界一幸せなパンダですね。上野動物園で手厚く保護・育成されているし、周囲のサポートも万全で、何より国民から温かい視線が注がれているのですから。

 


===「ペット・動物」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/a6404fe72dc7d669f8c8da0916417ced

1~25匹  省略

26匹 2016/1/21  『何も食べなくなりました』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2f204e5edeb27babd49e053224493a07

27匹 2016/1/25  『14歳9ヶ月で天国へ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ae769630b7f1af0a3c75863db4bf2e2d

28匹 2016/1/28  『グリフィンを見送りました』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9ca4cdcc8562eb2729068689de961471

29匹 2016/2/15  『初めての月命日』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/47428cfe3488afebd370be51a6bc681c

30匹 2017/1/22  『回向院に葬って頂きました』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/09a5fda229575e338ec7f3b7c0ae8e73

31匹 2017/12/20 『シャンシャン 一般公開始まる』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bd667e8173cc4d9742cfa37091272090

32匹 2018/11/18 『パンダ虐待』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/61f8dfc808873e23d9420992a3d09af2

33匹 2019/4/15  『元気に育て“はっさく”』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6e333258ee0d4981b513f8aa978e55f4

34匹 2020/1/10  『青年になった“はっさく”と再会』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/56424dabbd732c03641cf9d0e12aedeb

35匹 2020/6/5   『“はっさく”サマーカットに』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1a178c9e7cf14d5e20352ea85313b6c4

36匹 2020/12/3  『転覆病に罹り二ヶ月 生き続ける金魚』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9e1f690f2a39c906d3462d51b6ad2c3c

37匹 2021/2/16  『発症から四ヶ月で天に召されました』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cfc1ac66fc342261bc796320bbb2debe

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

テレビ Vol.430 『世界ふしぎ発見 ~2021年6・9月放送ピックアップ~』

2021年10月18日 | テレビ番組

隊長が観賞した「テレビ番組」を紹介するシリーズの第430回は、『世界ふしぎ発見 「2021年6~9月放送ピックアップ」』をお送りします。

 


『日立 世界ふしぎ発見!』(略称:世界ふしぎ発見)は、毎週土曜日の21:00~21:54に、TBS系列で放送されているクイズ番組。放送開始は、1986年4月19日ですから、35年以上続いている長寿番組です。


この番組では、ミステリーハンターと呼ばれるリポーターが世界各地から、その土地の歴史・風土・文化に関する問題を、スタジオにいる芸能人などの解答者に出題します。


現在の総合司会者は、「ヒトシ君人形」でお馴染みの草野 仁(ひとし)。アシスタントは、TBSアナウンサーの出水 麻衣(でみず まい)と、芸人の岡田 圭右(けいすけ)。


レギュラー解答者は、黒柳 徹子と、野々村 真(まこと)です。


黒柳さん、ご自身の番組『徹子の部屋』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bf438861aadfe241efe2296e7f83d931 での自由奔放な司会ぶりと異なり、この番組では「もの知り」な面を見せ、正答率も高いですよね。黒柳さん、本番組では、ほぼ毎回着物を着て出演しています。


野々村さんの実家は、隊長の地元・東京都文京区本郷にあるのですよ。この番組では珍回答を連発して、いじられキャラぶりを発揮しています。


この番組、本来はタイトルにあるように世界各地の“ふしぎ”を発見する番組なのですが、世界的な新型コロナウィルス感染拡大のため、日本からの海外ロケが難しくなっていると思われます。そのため、日本各地の歴史・風土・文化に関するテーマを取り上げたり、現地在住のレポーターをミステリーハンターに任命し、現地クルーで撮影しているようです。


そんな『世界ふしぎ発見』を、「隊長のブログ」ではこれまでに、三放送回を取り上げています。詳細は、こちらの記事一覧をご参照下さい  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1262f3e6af7516c20a1450fdd5ffa3f2

 

 

6月26日の第1600回放送では、「アンナ・リーの台湾グルメ遺産」と題して、台湾のグルメが紹介されました。


ミステリーハンターは、台湾台北市出身の女優 アンナ・リーと、福井県出身の俳優・中山卓也。


アンナ・リーさんは、この番組の出演は、今年2月13日放送の「アンナ・リーの恋しちゃった台湾 ♡ 2021」以来、二度目。また、「隊長のブログ」では、2020年5月16日放送 『路~台湾エクスプレス~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f6a8be519e0b30cee7cc63fd3d5352c0 と、2021年4月8日放送 『今夜の旅はドラマチック「台湾、君を追いかけて」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/23bed229141d6c750ed8819a965a41af を、取り上げています。


この日の放送で、アンナ・リーさんが、台湾最南端の屏東を訪れ、日本と台湾との絆の象徴であるパイナップル畑、などを紹介しました。

 


一方の中山卓也さんは、横浜中華街を訪れ、台湾料理の神髄などを、リポートしました。

 

9月25日の第1609回放送のタイトルは、「伝統×最新 京都&平等院・鳳凰堂」。


ミステリーハンターは、今回で14回目(スペシャルの回は含まず)の野々すみ花(のの すみか)と、15歳の山本 ・ リシャール登眞(とうま)。


京都にゆかりのある二人が向かったのは、千年前の最新が込められたという平等院と京都の町。二人で京都の魅力を伝えてくれました。


面白かったのは、雅楽会の方々にその演奏と舞を披露してもらったあとに、舞を体験した二人の違いです。元宝塚歌劇団トップ娘役だった野々すみ花さんは、姿勢も正しくさまになっていたのに対して、山本 ・ リシャール登眞君のぎこちなさが際立っていました。

 

 

尚、次回の『世界ふしぎ発見』は、「The 島スペシャル 日本にもあったモン・サン・ミッシェル」と題して、10月23日(土)よる9時からの放送予定です。

 


==「テレビ番組」 バックナンバー ==
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/17de26ad35859fd865f52645aba1b27d

Vol.1~415 省略。

Vol.416 2021/8/17 『ドラマ「孤独のグルメ」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/61fdd44091cebbdbaf4e0257854c178d

Vol.417 2021/8/22 『2021年夏の連ドラ 総括』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9436bf08b1f55c346c3d1051fc5f78d4

Vol.418 2021/8/24 『A-Studio+~2021年5・7月放送ピックアップ~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6df83b9c711419be92e6c64876f68bc5

Vol.419 2021/8/26 『ドラマ「黒い回廊」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6298aea1eabf989a5f27a68058f0d3fd

Vol.420 2021/8/28 『日曜日の初耳学~2021年5・7月放送ピックアップ~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c585eb254c7d6281db37a5af99fcec12

Vol.421 2021/9/1  『カンブリア宮殿「2021年5~8月放送ピックアップ」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/902375aa2bc366655a31a5308b2dcc07

Vol.422 2021/9/4  『おしゃれイズム「2021年5~8月放送ピックアップ」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/995a9d09119dc0ea70458914d2c140ee

Vol.423 2021/9/9  『世界ふれあい街歩き「ミラノ」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f69106b3bf062bbfa4a415525aaceab9

Vol.424 2021/9/15 『ボクらの時代 ~2021年7・8月放送ピックアップ~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/527c4728fb57562b89e182d9043d8ea2

Vol.425 2021/9/20 『新美の巨人たち「2021年4~8月放送ピックアップ」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c6b7783cfcb02050eafa48b4d67fb0dc

Vol.426 2021/9/23 『ファミリーヒストーリー「舘ひろし」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e5892608320bcb6499a1a922d8bb093a

Vol.427 2021/10/2 『北川景子 垂直タイムトラベル in ローマ』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/05d16b31ac61c7ef8f02c354df43ab94

Vol.428 2021/10/7 『黒い画集~証言~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/dfa2d5b02497a68e31faec6bd395ea25

Vol.429 2021/10/11『朝ドラ「マー姉ちゃん」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/973091300b0643161bd2458ed0b03510

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

猛虎通信 Vol.133 『誠志郎2打点でも引き分け』

2021年10月17日 | 猛虎通信

隊長が好きなプロ野球チーム、阪神タイガースを応援する「猛虎通信」の第133回は、『誠志郎2打点でも引き分け』をお送りします。


「伝統の一戦」と呼ばれる、我が阪神タイガースと読売ジャイアンツの、今シーズン最後の三連戦が、10月12日(火)から東京ドームにて行われていました。

 

 


首位ヤクルトスワローズに優勝マジックが点灯していて、崖っぷちのタイガース。初戦は、先発・青柳晃洋(こうよう)投手の力投で、2対1の勝利でした。


13日(水)の第2戦に、東京ドームに応援に行ってきました。

 


尚、プロ野球12球団の本拠地球場は全て訪れています。詳細は、こちらの「12球団本拠地観戦記」をご参照下さい  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/469c33b508569271fd4111c862c9aa65


この日の座席は、三塁側の「B指定席」、44通路の21列42X番。料金は、4,100円です。

 


試合開始は、18時です。緊急事態宣言発令中の試合開始が17時45分ですから、15分遅くなりました。


席に着いたは、17時頃です。阪神の打撃練習中でした。前回、9月26日観戦時より、若干ホーベースに近づいた場所です。

 

 

 

この試合は、テレビアニメ「鬼滅の刃」とのコラボ企画で、様々なイベントが実施されました。

 


場内でのアルコール飲料の販売は、売店では再開されましたが、売り子が座席で売り回るのは依然禁止です。

 

 


球場での、久しぶりの生ビールの味は格別でした。

 


タイガースの先発メンバーは;


1 (右) 島田

2 (遊) 中野

3 (中) 近本

4 (一) マルテ

5 (二) 糸原

6 (左) ロハス・ジュニア

7 (三) 木浪

8 (捕) 坂本

9 (投) 西勇


先発野手の中に、大山選手も、佐藤輝選手も、サンズ選手の名前がありません。そして、キャッチャーも正捕手の梅野ではなく、控えの坂本誠志郎です。


これまで、プロ野球各球場では、応援団による応援活動が新型コロナウィルス感染拡大防止のため禁止されていましたが、前日から一部の再開が許可されていました。


試合開始前、東京ドームでは、阪神応援団のメイン太鼓が、久しぶりに響き渡りました。

 

 


18時にプレイボール。今回も、始球式も、ファーストピッチセレモニー https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/577238e06c4d64c9aa66395616766d75 も、ありませんでした。


ゲームは、1回裏に西勇輝投手が、岡本の犠牲フライで早くも一点を奪われますが、2回表に新オーダーの打線が機能して、糸原と木浪の安打で1死1、3塁とすると、坂本が三遊間を破り同点とします。誠志郎にとって、これが今季初打点です。


しかし、初回から調子が悪かった西が、2回裏に勝ち越しを許した場面で異変を訴え緊急降板。スクランブルリリーフとしてマウンドに上がった馬場投手が、2死3塁を凌ぐと、3回も巨人のクリーンアップを三者凡退に抑えてくれました。


この馬場の好投を好リードで支えた坂本はバットでも援護した。1点ビハインドの4回に、レフトスタンドへ同点アーチホームランを放ちました。この一発が、今シーズンの初本塁打です。


阪神打線は、その後、シングルヒット三本に抑えられますが、ピッチャー陣が踏ん張り、何とか2対2の引き分けで終りました。試合時間、3時間12分と長かった。

 


負けられないタイガース、今日からは甲子園球場で、広島カープとの二連戦。そして首位・ヤクルトスワローズとの二連戦です。

 

 


==「猛虎通信」バックナンバー ==
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/4aa91a87a04eacbc3c2222df6065bd1d

Vol.1~120 省略

Vol.121 2020/11/9 『快晴のハマスタで13対5の快勝』  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3577e4ba79729b56edb642ddca86c295

Vol.122 2020/12/22『2020年の総括』  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2e7f2e51edb56c37fe988732bd2f0949

Vol.123 2021/3/3  『2021年の新戦力』(その1) https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4819b2c80983e004b38067b34032edf0

Vol.123 2021/3/5  『2021年の新戦力』(その2) https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/54910bc0c9f41ab8dccc6ff07ebf0240

Vol.124 2021/3/21 『春のメラドを満喫』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6d4eb50e8c23b4738f2d667d2735b010

Vol.125 2021/3/28 『神宮開幕戦 サンズの二発で白星スタート』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c49eb9d7d0149224a44ee353ccc8a79a

Vol.126 2021/4/22 『伝統の一戦 初戦はクリーンナップの5発で完勝』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/daad259af9b52a0aab4d52fe80aca2a4

Vol.127 2021/5/25 『「岩石トリオ」だけではありません』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2663536316e475a540d0289a3dee96eb

Vol.128 2021/7/19 『オールスター 阪神選手が大活躍』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0dbc52c20090fd1f963459832bb33aee

Vol.129 2021/8/18 『東京ドームでの横浜戦(?)に完勝』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e247b458a2bff7e83adef1db069fa2bf

Vol.130 2021/8/21 『球場観戦連勝記録が、7でストップ!』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8785573dd7623f87eedfc685884cfdb0

Vol.131 2021/9/25 『髙橋遥人プロ初完封に立ち会えた』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5fbb23744e4bef3bc99b8b99cf1ec792

Vol.132 2021/9/28 『東京ドーム 2勝1分で巨人に引導』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b4843c6018a72e4094066be2287e80bd

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

テレビ Vol.429 『朝ドラ 「マー姉ちゃん」』

2021年10月11日 | テレビ番組

隊長が観賞した「テレビ番組」を紹介するシリーズの第429回は、『朝ドラ 「マー姉ちゃん」』をお送りします。

 

 

昭和54年(1979)4月~9月に放送されていた、NHK「連続テレビ小説」(通称:朝ドラ)第23作の『マー姉ちゃん』が、9月27日(月)から、NHK BSプレミアムとBS4Kで、毎週月曜日~土曜日の朝7時15分~7時30分に、再放送されています。(放送回数:全156回)


「隊長のブログ」では、“朝ドラ”を、これで23作品を紹介したことになります。詳細は、こちらをご参照下さい  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f99044cc42c1c0270c09c467155cd5b9

 

タイトルの「マー姉ちゃん」とは、本ドラマの主人公・磯野マリ子の愛称から。本作は、1992年に72歳で亡くなられた、漫画家・長谷川町子さん原作 「サザエさんうちあけ話」 をもとに、戦前から戦後までを、たゆまず、力まずに生きた女ばかりの一家の生活史を、長女・磯野マリ子を主人公に描いたドラマ。 庶民の生きかたのほんとうの明るさ、強さを、笑いと涙のうちに描いた朝ドラです。


長谷川町子さんの作品は、『よりぬき サザエさん No.6』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f970dde5d6e47e223fad4de21b378387 を、取り上げています。


脚本:小山内美江子。音楽:大野雄二。ナレーションは、NHKアナウンサーの飯窪長彦。


主人公のマー姉ちゃんを演じるのは、熊谷真実。


共演者:田中裕子、早川里美、藤田弓子、二木てるみ、三國一朗、田中健、前田吟、益田喜頓、鈴木光枝、愛川欽也、高松英郎、大門正明、ほか。

 

あらすじ:物語の始まりは、昭和9年(1934)の福岡県福岡市。女学生の磯野マリ子は、一年前に父を病気で亡くし、母のはる(藤田弓子)、妹のマチ子(田中裕子)、ヨウ子の四人暮らしです。絵画が得意なマリ子は地元の展覧会に応募しましたが、裸婦を描いたため騒動に。校長先生(高松英郎)などの熱意で入選しましたが、展示の際に “ハチマキ” で下腹部を隠すことに。


この入選をきっかけに、はるは、娘たちを東京で教育を受けさせようと決意し、一家四人で上京します。ある日、マチ子が田河水泡(愛川欽也)の漫画『のらくろ』を読んでいる際、「田河水泡先生の弟子になりたい」とつぶやき、マリ子と共に田河のもとを訪ね、マチ子は田河の門下として漫画家デビューを果たします。


終戦後マチ子は、疎開先の福岡で、後に国民的名作となる『サザエさん』の連載を開始するのでした。。。

 

10月11日(月)放送の第14話迄の感想:今週の放送までは、上京前の福岡編ですが、まさに、昭和の典型的な「家族ドラマ」の演出ですね。涙あり、笑いありの人情物喜劇です。姉妹喧嘩のシーンなど、ドリフターズなどのコントを見ているようで、懐かしいです。


これまでの放送は、戦前の福岡市が舞台ですが、裸婦画騒動の時に味方をしてくれた校長先生など、当時でも進歩的な考えの人がいたのですね。


“朝ドラ” のヒロイン役は、2015年度前期『まれ』の土屋太鳳(たお)から、波瑠、高畑充希、芳根京子、有村架純、葵わかな、永野芽郁、安藤さくら、広瀬すず、戸田恵梨香、二階堂ふみ、杉咲花、そして現在放送中『おかえりモネ』の清原果耶(かや)と、連続12作実績のある女優さんが起用されています。


しかし、かって “朝ドラ” は “新人女優の「登竜門(とうりゅうもん)」” と呼ばれていました。当初は演技がぎこちなかった無名の女優さんが、ドラマの中のヒロインの成長とともに、女優として成長していく姿を、急流をさかのぼることのできる鯉(こい)は竜になるという中国の故事「登竜門」になぞらえていました。


『マー姉ちゃん』放送前年の1978年に、つかこうへい構成・演出のロックオペラ『サロメ』のオーディションに合格して芸能界入りし、数本のドラマ・映画出演経験しかないたばかりの熊谷真実さんが“朝ドラ”のヒロインに抜擢されたので、まさに本作品が「登竜門」になりましたね。


熊谷真実さんは、妹のマチ子役の田中裕子さんより年下だったそうです。 

( 左:熊谷真実、右:田中裕子)


田中裕子さんは、本ドラマの四年後に『おしん』のヒロインの一人として、朝ドラに帰ってきています。


尚、田中裕子さん出演作品の記事一覧は、こちらをご参照下さい  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c73a9d3c6fb843f050eafab0eca8a03d


来週の放送からは、いよいよ東京編がスタートします。さらに面白さがパワーアップすることでしょう。

 

最後になりますが、初回放送から42年、出演していた多くの方が、鬼籍に入られています;


益田喜頓、三國一朗、愛川欽也、高松英郎、鈴木光枝、など(敬称略)。


亡くなられた皆さんのご冥福をお祈りいたします。

 

尚、『マー姉ちゃん』次回、第14話は、明日・10月12日(火)午前7時15分から放送予定です。

 


==「テレビ番組」 バックナンバー ==
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/17de26ad35859fd865f52645aba1b27d

Vol.1~415 省略。

Vol.416 2021/8/17 『ドラマ「孤独のグルメ」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/61fdd44091cebbdbaf4e0257854c178d

Vol.417 2021/8/22 『2021年夏の連ドラ 総括』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9436bf08b1f55c346c3d1051fc5f78d4

Vol.418 2021/8/24 『A-Studio+~2021年5・7月放送ピックアップ~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6df83b9c711419be92e6c64876f68bc5

Vol.419 2021/8/26 『ドラマ「黒い回廊」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6298aea1eabf989a5f27a68058f0d3fd

Vol.420 2021/8/28 『日曜日の初耳学~2021年5・7月放送ピックアップ~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c585eb254c7d6281db37a5af99fcec12

Vol.421 2021/9/1  『カンブリア宮殿「2021年5~8月放送ピックアップ」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/902375aa2bc366655a31a5308b2dcc07

Vol.422 2021/9/4  『おしゃれイズム「2021年5~8月放送ピックアップ」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/995a9d09119dc0ea70458914d2c140ee

Vol.423 2021/9/9  『世界ふれあい街歩き「ミラノ」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f69106b3bf062bbfa4a415525aaceab9

Vol.424 2021/9/15 『ボクらの時代 ~2021年7・8月放送ピックアップ~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/527c4728fb57562b89e182d9043d8ea2

Vol.425 2021/9/20 『新美の巨人たち「2021年4~8月放送ピックアップ」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c6b7783cfcb02050eafa48b4d67fb0dc

Vol.426 2021/9/23 『ファミリーヒストーリー「舘ひろし」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e5892608320bcb6499a1a922d8bb093a

Vol.427 2021/10/2 『北川景子 垂直タイムトラベル in ローマ』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/05d16b31ac61c7ef8f02c354df43ab94

Vol.428 2021/10/7 『黒い画集~証言~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/dfa2d5b02497a68e31faec6bd395ea25

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

本と雑誌 61冊 『湯島天神坂 お宿如月庵へようこそ』

2021年10月08日 | 本と雑誌

隊長が読んだ「本と雑誌」を紹介するシリーズの第61冊目は、『湯島天神坂 お宿如月庵(きさらぎあん)へようこそ』をお送りします。

 

 


『湯島天神坂 お宿如月庵へようこそ』は、中島久枝による「お江戸人情シリーズ」第一作です。


著者の中島久枝さんは、東京都生まれ。学習院大学文学部哲学科卒業。フードライターとして活躍中。『日乃出が走る』で第3回ポプラ社小説新人賞の特別賞を受賞しデビュー。同作で歴史時代作家クラブ賞新人賞ノミネート。著作に『金メダルのケーキ』『いつかの花』など。

 

あらすじ:時は江戸。火事で姉と離れ離れになった少女・梅乃が身を寄せることになったのは、お宿・如月庵。


如月庵は上野広小路から湯島天神に至る坂の途中にあり、知る人ぞ知る小さな宿だが、もてなしは最高。かゆいところに手の届くような気働きのある部屋係がいて、板前の料理に舌鼓を打って風呂に入れば、旅の疲れも浮世の憂さもきれいに消えてしまうと噂だ。


梅乃は部屋係として働き始めるが、訪れるお客は、何かを抱えたワケアリの人ばかり。おまけに奉公人達もワケアリばかり。美人で男好きな部屋係に、いつもパリッとしているがやたらと強い中居頭。強面で無口だが心は優しい板前、宿に来るお客を全て覚えている下足番。そしてそれらを束ねる女将。


個性豊かな面々に囲まれながら、梅乃のもてなしはお客の心に届くのか? そして、行方不明の姉と再会は叶うのか?

 

感想:本作は、人情物時代小説です。時代小説というと、藤沢周平、山本周五郎などの男性大御所の作品を思い浮かべますが、女流作家・中島久枝さんは、軽妙なタッチで描いています。


紙書籍の発行も、文庫版のみ。隊長は、電子書籍で読んだのですが、気楽に読める時代小説になっています。


本書を読もうと思ったのは、物語の舞台が隊長の地元・東京都文京区本郷の隣町・湯島だったこと。湯島だけでなく、小日向など、知っている地名が登場します。


尚、「隊長のブログ」では、湯島地区に関する記事を、これで38回アップしたことになります。 詳細は、こちらをご参照下さい  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/87584188e1ce0a47fad76e5a475d696a


また、隊長の実家も、かって本郷で旅館を経営していた http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9c9c403e4e835de6939ed62ac88360c7 こともあり、“旅館もの”の作品は外せなかったからです。


そんなこともあり、主人公の梅乃に感情移入しやすかったです。


本作品を、映画化、ドラマ化したら、ヒットするのではないでしょうか。


第2夜の「雪に涙の花嫁御寮」で、「昼前に青梅の造り酒屋から樽酒と酒粕が届いた」とあります。この酒屋は、清酒「澤乃井」で知られる、創業 元禄15年(1702)の「小澤酒造」が、モデルですよね。


中島久枝さんの、他の「お江戸人情シリーズ」作品も、読んでみたくなりました。


尚、『湯島天神坂 お宿如月庵へようこそ』の発行は、ポプラ社。発売年月:2017年10月。文庫価格:748円(税込)、電子書籍価格:673円(同)です。

 


==「本と雑誌」バックナンバー ==
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/dc30502bb229b843454e38b8994f9be0

1~45冊  省略

46冊 2019/6/2  『沢田研二と阿久悠、その時代』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/901be9ea36c2f3065af05e6dc904b6e2

47冊 2019/6/27 『男のきもの入門』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a90f9c9c43226a05d7ea4ec327a0cdce

48冊 2019/9/17 『森鴎外「山椒大夫・高瀬舟」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/32860159f6891be24292c3c88c96692a

49冊 2019/12/11『日本100名城公式ガイドブック』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6e1840d977276b15115b18a3d42fa05a

50冊 2020/2/5  『虎とバット―阪神タイガースの社会人類学―』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8f69b34551bad87fe268e663a7653cef

51冊 2020/4/4  『池波正太郎 「男の作法」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/945a81aa7409b9ecefbf75361d165c6d

52冊 2020/6/25 『芥川竜之介紀行文集』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/dadeedca3e5e80fc1250d72fa6c18a80

53冊 2020/7/23 『池永陽「コンビニ・ララバイ」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0ded21bfc2a8aa3b71308f512f78b768

54冊 2020/7/30 『大人の御朱印 50にして天命を知る』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9df94033c4eaeeb20caa1d1f65006681

55冊 2020/8/22 『大森匂子「本郷菊坂菊富士ホテル」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a9ef620a7829e24f2ac1f43015aed4e8

56冊 2020/10/30『遊遊漢字学 中国には「鰯」がない』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b65869eec26cab46eea5af93f449be35

57冊 2021/3/12 『ドナルド・キーン わたしの日本語修行』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1ac42b8270d7d14ff22a0db4a5d03259

58冊 2021/5/7  『1964年と2020年 くらべて楽しむ地図帳』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/230a1542e0bd16e8759e007624fe478e

59冊 2021/8/14 『よりぬき サザエさん No.6』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f970dde5d6e47e223fad4de21b378387

60冊 2021/8/27 『土地の記憶から読み解く早稲田』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5b357a1bd07b0e31edd68769dda624f

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする