隊長のブログ

中国上海に2003年12月から2008年1月まで駐在。趣味はヒップホップダンス、ジャズダンス、旅行、映画、スポーツ観戦。

旅行記 第23回 『灼熱の名古屋遠征』 (その7:最終回)

2018年08月14日 | 旅行記

『灼熱の名古屋遠征』 (その6)⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b8f4abd9d3c4a424daf7dd5d2efd3787


【3日目:8月2日(木)】 午前中に、ミッドランドスクエアへ。昼は、みそ煮込うどんを堪能。午後、新幹線で帰京。


「名古屋遠征」最終日、宿泊先の「ホテルルートイン名古屋栄」で起床したのが、午前7時。まだ、前夜の「ナゴヤドーム」での敗戦のショックを引きづっているので、人工温泉の大浴場で朝風呂に入って、気持ちをリフレッシュしようと思いました。しかし、「ナゴヤ球場」での観戦時に日焼けした後がヒリヒリして、湯船に浸かることが出来ません。シャワーだけで済ませます。


ゆっくりと、無料の朝食を味わいます。昨日が洋風だったので、今日は和風で。このホテルチェーンは、朝食が充実しているので、好きです。


10時20分頃に、イーフ君とホテルをチェックアウトして出発。Honjさんは、午後から仕事があるので、一足先に東京に戻りました。午前中の目的地は、名古屋駅前の「ミッドランドスクエア」です。「栄」から地下鉄東山線に乗り、二駅目の「名古屋」で下車。運賃は200円。


改札口近くのコインロッカーに荷物を入れて、地上へ。目の前に、中部地方で最も高い247mの「ミッドランドスクエア」が聳え立っています。


反対側には、ツインタワーの「JRセントラルタワーズ」が。


「名駅通」に面した商業棟のエントランスから中へ。


オフィス棟1Fより、“シースルー・ダブルデッキ・シャトルエレベーター”で一気に42Fへ。このエレベーター、名前通りに“2階建て”だそうですが、乗っている時は全く分かりませんでした。42F到着時には、シースルーなので、「JRセントラルタワーズ」の高さ226mのホテル棟が目の前に。


屋外型展望施設「スカイプロムナード」の営業時間は11時からですが、少し早めに到着したので、エレベーター前の写真を撮ったりして時間を過ごします。


入場口手前の自動券売機で、入場券を購入。


料金は、750円。この時間に入場したのは、我々二人以外に、三人だけです。


正面には、結婚式のチャペルとしても使用出来る“スカイホールそら”が、あります。


エスカレーターで最上階の46Fへ。近未来の世界へ行くような雰囲気です。


46Fから回廊式になっていて、外の景色を楽しみながら、44Fまで降りていくようになっています。


最初に見えたのが、高さ170mの「グローバルゲート」を真ん中に、名古屋駅から左手に向かう近鉄やJR関西線と、真っ直ぐ進む東海道新幹線や東海道線の線路が。


真下を覗くと、「名鉄百貨店」が遥か下に。


東側には前日と前々日に訪れた「ナゴヤドーム」(赤矢印)の姿が。


高速道路を走る車も、ミニチュアの様です。


屋外型展望施設ですが、ガラス張りなので、風が抜けず、暑いです。


「名古屋テレビ塔」⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b19d41ae2724384e8cc09f2762c05d1f の高さ90mの「スカイデッキ」からは写真に写らなかった「名古屋城」も、この写真の赤矢印の場所に写っています。


北西側からは、「JRセントラルタワーズ」の高さ245mのオフィス棟の姿が。


展望料金700円の「名古屋テレビ塔」と、750円の「スカイプロムナード」、どちらに勝ち目があるのかは明白です。


眺望を満喫し、エレベーターで1Fへ。当初の予定では、この日も12時30分から「ナゴヤ球場」で行われる、中日ドラゴンズと阪神タイガーズのファーム(二軍)の試合観戦でした。ところが、最高気温の予想は、38℃と前日より2度高く、昨日ですら“灼熱”下の観戦⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/12c9d6a81a0c2b5c301df20002470351 だったのに、今日は昨日以上の暑さになるのは明白です。(夜のニュースでは、名古屋市内で39.6℃を記録したとのこと)


そこで、イーフ君と相談し、「ナゴヤ球場」行きは止めて、名古屋名物を食べて帰京することに予定変更しました。ミッドランドスクエア商業棟1Fの案内所で、この施設内に“味噌煮込みうどん”の施設内があるか尋ねると、館内には無いが、道路反対側の「名鉄百貨店」にはあるでしょうと言われました。


11時40分頃に同百貨店9Fにある大正14年(1925)創業の「山本屋総本家」に。店内は、ほぼ満席です。


先ずは、名古屋コーチンのささみ 486円(税込)と、ウィンナー 378円(同)をツマミに、瓶ビール 648円で喉を潤します。


締めは、名物の“かしわ煮込うどん” 1,622円を頂きます。冷房の効いた店内で、熱々の煮込うどんを堪能しました。


12時半頃にJR東海の切符売り場へ行ったのですが、長蛇の列です。そこで、指定席券売機で、12時49分発の「のぞみ158号」の指定席をゲット。満席ではありませんでしたが、横並びの席は取れませんでした。


14時30分に東京駅に到着。こうして二泊三日の『灼熱の名古屋遠征』は、終わりました。

 

===「旅行記」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/619e2d4e0638d6d11db6b03fbe07a87a

第1回~10回 省略

第11回 『札幌ドーム遠征』2016年6月10日~11日  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0e3dafe326e4eec39bc0139056bdfed9

第12回 『鹿島 日帰り旅行』2016年8月6日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c9e005c666c261ea9f454ff68867f7c2

第13回 『下関・門司、柳川、太宰府 3日間』2016年9月24日~26日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ce38a08bded7c1c7daf1c7fa3170773b

第14回 『三重・和歌山・奈良・静岡 4日間』2016年10月10日~13日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/29da0ff3d76442ad7fcfc08b2845e474

第15回 『「星野リゾート 界 鬼怒川」と「日光東照宮」』2017年3月1日~2日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a177c028b03a1b344b6b23c9fed16661

第16回 『初夏の弘前・青森・函館 4日間』2017年6月19日~22日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d09e785c1fc19ce04ea07ed4cc183c03

第17回 『会津柳津温泉「花ホテル滝のや」』 2017年8月5日~6日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/737b100fca672fb89dab390f4649eaef

第18回 『悪夢の広島遠征』2017年9月5日~7日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d61cba913733089ac78c0267032d2530

第19回 『紅葉の彦根・竹生島・浜松 3日間』2017年11月26日~28日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cc9cf791308f6dca6fbb623f099b3b56

第20回 『初春の水戸 日帰り旅行』2018年3月5日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e39e984e9c6142c4b96185b8fee3127a

第21回 『高尾山飯縄大権現参拝登山』2018年4月8日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e019d563b281f7252de2388c201d258d

第22回 『踊り子号で行く小田原・熱海 2日間』2018年6月16日~17日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2d06de2cce60cb5f8f70a2275016574b

コメント

旅行記 第23回 『灼熱の名古屋遠征』 (その6)

2018年08月12日 | 旅行記

『灼熱の名古屋遠征』 (その5)⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/12c9d6a81a0c2b5c301df20002470351


「名古屋遠征」二日目、「ナゴヤ球場」で、12時30分から、中日ドラゴンズと阪神タイガーズのファーム(二軍)の試合を観戦していました。


屋根がなく、直射日光が容赦なく照りつけるスタンドは、“灼熱”状態です。試合は、2対1で阪神の勝利。勝利投手は、先発の福永。この日終了時点で、ファームの成績は、51勝29敗5分と、ウェスタンリーグでは、ダントツの首位です。同日の「ナゴヤドーム」での試合で、最下位に沈む一軍とは雲泥の差です。出場した野手は、先頭打者初球本塁打を放った江越を始め、荒木、緒方、髙山、板山、今成、森越、と全員一軍で活躍していてもおかしくないメンバーでした。


“灼熱”の中、試合時間2時間55分と長丁場、両軍の選手と観客には、厳しい試合でした。当初の予定では、行きと逆に、球場から「尾頭橋(おとうばし)駅」まで歩き、JR、地下鉄を乗り継ぎ「ナゴヤドーム」へ向かう予定でした。ところが、あまりにもの暑さなのでタクシーで向かうことにしました。試合終了後、通路でイーフ君が「名鉄タクシー」に電話をかけていると、隊長の着ていた原口選手のユニホーム⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9c3a9a522060178b5501609b22c1bc26 を見た、原口選手の女性ファンから声を掛けて来ました。聞けば、彼女はこれから電車でドームへ行くとのことでしたので、タクシー同乗に誘いました。


球場前に横付けしたタクシーに、16時頃に乗車。これから電車でドームへ向かう、多くのファンから羨望のまなざしが注がれるのが分かりました。昨日と同様にドームに持ち込む飲食物を買うためにイオンに到着したのが16時半頃でした。約4,500円のタクシー代は、我々三人で割り勘して、原口の女性ファンには負担させませんでした。


Honjさんとイーフ君は、ビールやツマミを購入したのですが、“灼熱”下の観戦にやられた隊長は、コーヒーの1ℓ紙パックと、パンのみ。


午後5時頃に、三塁側内野席に。丁度、阪神の打撃練習中でした。今日も前から6列目と見やすい席です。


この試合、中日の先発投手は、背番号99の松坂大輔です。松坂が登場すると、中日ファンだけでなく、阪神ファンからも大きな拍手が送られます。


この写真では、分かりづらいので、前日「ナゴヤドーム前 矢田駅」の通路のパネル写真を貼っておきます。


一回表、阪神先頭打者・糸原への松坂の投球。糸原はヒットで出塁するも、この回の阪神は無失点。


二回表、松坂は制球が定まらず、ヒット、ヒット、ファーボールで二死満塁。北條にも押し出し四球を与え、阪神に1点が入ります。押せ押せムードでしたが、続くナバーロがライトフライで追加点を奪えません。すると、阪神・先発の才木が高橋に3ランホームランを打たれ、1対3と逆転されてしまいました。しかし、三回表には陽川のタイムリーツーベースで、阪神が1点差まで詰め寄ります。


四回表のスコアボードを見れば分かるように、阪神は5安打を放ちながら2点なのに、中日は1安打で3点と効率的な攻撃をしています。この写真を撮った後に、信じられない光景を目にすることに。四球で出塁していたナバーロが、福留のレフトフライで、アウトカウントを勘違いしたのか、二塁を回って三塁へ向い、ダブルプレーを喫してしまいます。前日の中日・京田が二塁から犠牲フライで生還したクレバーなプレー⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/04fd16652df8cec631634eb05f3ecfa1 とは、真逆の凡プレーです。チャンスには打てず、おまけに走塁死とは、この日のナバーロは疫病神でしたね。


チャンスを掴みながら、なかなか追いつけない阪神。6回裏の中日の攻撃、ピッチャーが才木から望月に変わると、一死も奪えず、満塁にしてしまいます。変わった岩崎が打ち込まれ、この回終了時点で、2対8の大差がついてしまいました。今日も負けかと、意気消沈する中、唯一の楽しみは、7回裏終了後のチア・ドラゴンズによるパフォーマンスです。ABBAの名曲『DANCING QUEEN』のカバー曲で踊ります。前日から試合開始前、3回裏終了後、5回裏終了後、7回表裏終了後と、計5回も見てきたので、振りを完全に覚えてしまい、阪神ファンながら、一緒に踊ってしまいました(苦笑


8回表には、代打・伊藤隼太の3ランホームランで追い上げますが、結局5対8で連敗。阪神は最下位に沈んでしまいました。中日ファンの歓喜の声を背に、タクシー乗り場に急ぎます。前夜は地下鉄でホテルに帰ったのですが、夜になっても“灼熱”のままなので、タクシーに乗車しました。


ホテルに戻ったのが、午後10時頃。球場でパンしか食べなかったので、小腹が空いてきました。日中“灼熱”のナゴヤ球場でかいた汗を大浴場で洗い流してから、ホテル隣のラーメン屋「なるとや」へ。


ネギチャーシュー、メンマをツマミに、三人で瓶ビールを3本飲み、隊長の締めは、この店一番人気の塩ラーメンの半めん(麺少なめ) 600円を頂きました。うすめなスープの味が、ビールを飲んだ後に丁度良かった。


ホテルに戻ったのが、23時半頃。こうして、『灼熱の名古屋遠征』二日目が終わりました。

 

★ 続きは、『灼熱の名古屋遠征』 (その7:最終回)で ★

コメント

旅行記 第23回 『灼熱の名古屋遠征』 (その5)

2018年08月11日 | 旅行記

『灼熱の名古屋遠征』 (その4)⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b19d41ae2724384e8cc09f2762c05d1f


「名古屋遠征」二日目、「名古屋テレビ塔」高さ90mの「スカイデッキ」から市内を展望し、二番目の目的地「ナゴヤ球場」に向かいます。


JR「金山駅」から、11時49分発の東海道線に乗り、一駅先の「尾頭橋(おとうばし)」で下車したのが、 11時51分。何処かで飲食物を仕入れて行きたかったのですが、駅前にも途中の道にもコンビニ一軒見当たりません。


「八幡公園」の脇を抜け、東海道新幹線線路の下を抜けると、中日ドラゴンズの屋内練習場が見えて来ました。この練習場、ナゴヤドームと同等の照明が採用されているそうです。


練習場の先にある「ナゴヤ球場」に到着したのが、正午過ぎ。この「ナゴヤ球場」、1996年のシーズン迄は、一軍の本拠地として使用されていました。


この日は、12時30分から、中日ドラゴンズと阪神タイガーズのファーム(二軍)の試合が開始されます。入場料、当日券は、1,000円ですが、前の晩にイーフ君が、800円の前売券をコンビニで買っておいてくれました。


全席自由席ですが、せっかくですので、バックネット裏に。屋根がなく、直射日光が容赦なく照りつけています。天気予報では、最高気温が36℃でしたが、スタンドの照り返しもあり、ゆうに40度を超えていそうです。強化プラスチック製の椅子は、焼ける様に熱く、お尻の下にタオルを敷いて座りましたが、背中は“かちかち山”状態でつけることが出来ません。また、せっかく持参したプラスチック製の応援バットとメガホン⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/27236639fd19de003f316537f66b7b9b も熱すぎて、持つことすら出来ません。


あまりの暑さに、試合開始前に売り子のお姉さんから、ビールを購入。普通、野球場のビールの売り子と言えば、背中にビール樽を担いでいるのですが、ここでは駅弁売りの様に、腹前に缶ビールを抱えていまる昔ながらのスタイルでした。500mlで700円と、量も多く、球場内にしては良心的な価格設定ですね。お姉さんに聞くと、売り子は彼女一人だけ。昔は、ナゴヤ球場とナゴヤドームのダブルヘッダーで稼いでいたそうです。


試合は、中日が柳裕也投手、阪神は福永春吾投手の先発で開始。1回表、阪神は先頭打者・江越大賀(たいが)選手⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4b2c5823ed642dc3f9f3cc8c534a5c4f の初球ホームランなどで、2点を先制します。写真は、江越のHR後、二番バッターの荒木郁也選手の打席です。


シャッターチャンスを逃したのですが、観戦中、レフトスタンドと三塁スタンドの向こうを新幹線 が何本も通り過ぎて行きます。その姿を見て、昔、大阪・名古屋へ新幹線で向かう時、名古屋駅手前で減速した時に、左手にこの球場が見えたことを思い出しました。


売り子のお姉さんから、二杯目の缶チューハイを購入。これも、500mlで500円と、良心的な価格設定です。それにしても、余りにも暑く、スタンドはサウナ状態なので、通路に一時避難。トイレ前には、ミスト噴射の扇風機の前で涼みます。球場からも暑さ対策の保冷剤が配布されましたが、“灼熱”状態でプレーする選手も観客も大変です。ドラゴンズのファームの試合は、涼しい「ナゴヤドーム」で行う時もありますが、殆どの主催試合は、ナゴヤ球場です。球団関係者に、もっと、ドームでの試合を増やして欲しいと言いたいです。


スタンドに暫く居て、耐えられなくなると、通路に避難を繰り返します。もうビールやチューハイでは、暑さをしのげないので、売店に何か冷たい物を求めに行きます。


すると “ナゴヤドーム モナカアイス” 300円を発見。


ドーム型の最中の中には冷たいアイスクリームが入っていました。

 

★ 続きは、『灼熱の名古屋遠征』 (その6)で ★

コメント

旅行記 第23回 『灼熱の名古屋遠征』 (その4)

2018年08月09日 | 旅行記

『灼熱の名古屋遠征』 (その3)⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/04fd16652df8cec631634eb05f3ecfa1

 

【2日目:8月1日(水)】 午前中は、名古屋テレビ塔へ。午後は、ナゴヤ球場で応援。夜は、ナゴヤドームで応援。同地泊。


「名古屋遠征」二日目、宿泊先の「ホテルルートイン名古屋栄」で起床したのが、午前7時。天気予報では、この日の名古屋の最高気温は、36℃。今日も、灼熱の一日になりそうです。


「ホテルルートイン」が好きなのは、人工温泉の大浴場があること。朝風呂で、昨夜の敗戦の嫌な気分を洗い流します。もう一つ、ルートインの利点は、無料の朝食が充実していることです。


ゆっくり、風呂と朝食を満喫して、午前10時にホテルを出発、最初の目的地「名古屋テレビ塔」に向かいます。


この時間、既に陽射しが強く、歩道を歩いていると、汗が噴き出してきます。


「広小路通」を超え「久屋大通公園」の中を進むと、テレビ塔がはっきりと見えて来ました。


高さ180mの「名古屋テレビ塔」は、名古屋の戦後復興・都市計画の中、観光とテレビ放送電波発信のために建設され、「東京タワー」より四年早い、昭和29年(1954)に完成しました。


10時20分頃に、テレビ塔の下に到着。700円の展望料金を払い、高さ90mの「スカイデッキ」に上がります。


北には、緑の「久屋大通公園」の左手先に、「愛知県庁」と「名古屋市役所」の歴史ある建物が見えます(赤矢印)。その先に、肉眼では前日訪れた「名古屋城」⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-an2014/e/dd7972f9f0a2f44511754120e5a7b67a が見えているのですが、写真には写りませんでした。


東には、前日訪れた「ナゴヤドーム」⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/619e2d4e0638d6d11db6b03fbe07a87a の白い屋根が見えます(赤矢印)。


南には、左下に公共施設と商業施設の複合施設「オアシス21」の楕円形の屋根が見えます(赤矢印)。


西には、中部地方で最も高いビルの「ミッドランドスクエア」(赤矢印)など、名古屋駅周辺の高層ビル群が見えます。


テレビ塔を降り、「オアシス21」の近くを歩いていると、女の子たちの歌声が聞こえてきます。


「SKE48」かと思い、地下1階のステージに近づいてみると、地元・大須のアイドル「OS☆U(オーエスユー)」でした。


彼女たちのパフォーマンスを観終え、地下鉄「栄駅」までの行き方を、ステージの係員に聞くと、このまま地下道を進めば良いとのこと。地下道があるなら、行きも炎天下を歩かずに、テレビ塔近くまで来られたのに。。。


11時半頃に、地下鉄「名城(めいじょう)線」に乗車し、四つ目の「金山」で下車。


JR「金山駅」から、


11時49分発の東海道線に乗り、「ナゴヤ球場」を目指します。

 

★ 続きは、『灼熱の名古屋遠征』 (その5)で ★

コメント (1)

旅行記 第23回 『灼熱の名古屋遠征』 (その3)

2018年08月08日 | 旅行記

『灼熱の名古屋遠征』 (その2)⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/dd7972f9f0a2f44511754120e5a7b67a


「名古屋遠征」一日目、「熱田神宮」参拝と「名古屋城」観覧を終え、「市役所駅」から市営地下鉄名城(めいじょう)線に乗車し、遠征の目的を果たすため、「ナゴヤドーム前 矢田」に向かいます。


駅の改札口からの地下道の両側には、中日ドラゴンズの選手たちのパネルが張られていました。今日の予告先発投手「オネルギ・ガルシア」の写真もありました。


地下鉄出口からドームまでは、プロムナードになっています。雨の日でも、地下鉄からドームまで濡れずに行けるのが良いですね。隊長の地元「東京ドーム」は、どの最寄り駅からも濡れずに行くことが出来ません。


間もなく、左手に1997年にオープンした「ナゴヤドーム」が見えて来ました。


プロ野球12球団の本拠地の内、これまでに訪れたことのある球場は9球場⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/469c33b508569271fd4111c862c9aa65 で、「ナゴヤドーム」が10球場目になります。


場内に入る前に、先ほどの写真の右手に見えていた「イオン」の食料品売場で、缶ビールとおつまみを仕込みます。


時刻は午後5時。いよいよ、ドーム内に入ります。発売と同時にチケットを購入していたので、三塁側A席(4,900円)の前から6列目と見やすい席です。丁度、阪神のバッティング練習中でした。


スコアボードは、横35.52mのオーロラビジョンを3つ並べてあり、合計幅106.56mにもなり、明るく、見やすいスコアボードです。


目の前で、タイガースの野手が、キャッチボールを始めました。


先発メンバーが発表され、気分が盛り上がります。


午後6時にプレーボール


一杯目の持ち込みビールを飲んだ後は、場内売り子からナゴヤドーム名物 “チューハイレモン、アイスバー付” 600円を購入。


アイスバー付のチューハイを飲むのは、初めてなので、飲み方を聞いたら、アイスバーをチューハイに浸すそうです。この味が病みつきになり、試合中に3杯も飲んでしまいました。


試合は、2回表に新外国人選手・ナバーロのタイムリーヒットで、阪神が1点を先行します。


しかし、3回裏、阪神の先発投手・岩貞⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/320bd855f3b0596cb2bf3159e29f89bf がつかまり、荒木のヒットで同点に。


その後、1アウト満塁になり、大島のフライを、俊介が倒れ込みながら捕球。犠牲フライで1点は覚悟しましたが、信じられない様な光景を目にしました。二塁ランナーの京田まで、ホームに生還!


プロ野球では、5年ぶりの「2点犠飛」を見せられ、意気消沈です。


3回裏の攻撃後には、 「チア・ドラゴンズ 」のパフォーマンスがありました。


4回表には、ナバーロのこの日二本目のタイムリーヒットで、2対3と1点差に詰め寄りますが、そこまで。結果は、2対7の大敗でした。


中日ファンの歓呼の嵐を背に外に出ると、関本賢太郎・元選手の物真似 “ニセセキモト”と、藤川球児投手の “ニセフジカワ”がいました。


「ナゴヤドーム前 矢田」から地下鉄に乗り、「栄」で下車。この日市営地下鉄で移動した運賃、計算上では、合計1,160円でしたが、“地下鉄全線一日乗車券” 740円を購入していたので、420円のお得でした。


13番出口から地上に出て、後ろを振り向くとライトアップされた「名古屋テレビ塔」が。


宿泊先の「ホテルルートイン名古屋栄」に戻ったのが、午後10時。こうして、『灼熱の名古屋遠征』一日目が終わりました。


★ 続きは、『灼熱の名古屋遠征』 (その4)で ★



===「旅行記」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/619e2d4e0638d6d11db6b03fbe07a87a

第1回~10回 省略

第11回 『札幌ドーム遠征』2016年6月10日~11日  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0e3dafe326e4eec39bc0139056bdfed9

第12回 『鹿島 日帰り旅行』2016年8月6日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c9e005c666c261ea9f454ff68867f7c2

第13回 『下関・門司、柳川、太宰府 3日間』2016年9月24日~26日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ce38a08bded7c1c7daf1c7fa3170773b

第14回 『三重・和歌山・奈良・静岡 4日間』2016年10月10日~13日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/29da0ff3d76442ad7fcfc08b2845e474

第15回 『「星野リゾート 界 鬼怒川」と「日光東照宮」』2017年3月1日~2日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a177c028b03a1b344b6b23c9fed16661

第16回 『初夏の弘前・青森・函館 4日間』2017年6月19日~22日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d09e785c1fc19ce04ea07ed4cc183c03

第17回 『会津柳津温泉「花ホテル滝のや」』 2017年8月5日~6日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/737b100fca672fb89dab390f4649eaef

第18回 『悪夢の広島遠征』2017年9月5日~7日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d61cba913733089ac78c0267032d2530

第19回 『紅葉の彦根・竹生島・浜松 3日間』2017年11月26日~28日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cc9cf791308f6dca6fbb623f099b3b56

第20回 『初春の水戸 日帰り旅行』2018年3月5日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e39e984e9c6142c4b96185b8fee3127a

第21回 『高尾山飯縄大権現参拝登山』2018年4月8日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e019d563b281f7252de2388c201d258d

第22回 『踊り子号で行く小田原・熱海 2日間』2018年6月16日~17日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2d06de2cce60cb5f8f70a2275016574b

第23回 『灼熱の名古屋遠征』2018年7月31日~8月2日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b188f979a210bf521ba9943106f46197

コメント