隊長のブログ

中国上海に2003年12月から2008年1月まで駐在。趣味はヒップホップダンス、ジャズダンス、旅行、映画、スポーツ観戦。

テレビ Vol.316 『リモートドラマ Living』

2020年06月30日 | テレビ番組

隊長が観た「テレビ番組」を紹介するシリーズの第316回は、『リモートドラマ Living』をお送りします。

 



『Living』は、「リモートドラマ」として、NHK総合TVで2020年5月30日と6月6日の2夜にわたり、土曜日の23時30分から翌0時に一話15分で4本が、放送 されたテレビドラマです。


脚本は、四話全て、坂元裕二(ゆうじ)。


坂元裕二さん脚本のテレビドラマは;

1. 2014年7月期連ドラ『おやじの背中』第2話
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/63212c3e0fdf0b31a1fc843eb27ec218  

2. 2017年1月期連ドラ『カルテット』
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/36ba956148786123efdeb74e98e37ec8


3. 2018年1月期連ドラ 『anone』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5baaa0467ff526583af17e5ee64a8a5f

の、三作品を取り上げています。


4本のオムニバス作品に出演する俳優は、姉妹・兄弟・夫婦という家族関係の二人。


各物語の冒頭に、作品を捻り出すのに苦労している作家(阿部サダヲ)と、机の上に置いてあったドングリ(声:壇蜜)が、「ストーリーテラー」として登場します。


「隊長のブログ」では、阿部サダヲさんが主演する作品を、これで6本を紹介したことになります。詳細は、こちらの記事一覧をご参照下さい⇒
https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cac1f94d4349bccc50c745f785d89147



第1話「ネアンデルタール」の出演者は、広瀬アリスと、広瀬すずの姉妹。


広瀬すずさんが出演する作品を、これで6本を取り上げたことになります。詳細は、こちらをご参照下さい⇒
https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3f69fc689e927a9fd24fce07e85a16a2



物語の内容は、一緒に暮らしている仲良し姉妹。 はた目には平凡な生活を送っているように見える彼女たちでしたが、実は誰にも見せない“裏の顔”があり。。。


第2話「国境」は、永山瑛太と、永山絢斗(けんと)の兄弟。




舞台は近未来の日本。“過去にはやった料理” を作ることを生業(なりわい)とする兄弟のもとに、ある朝、1通の手紙が届いて。。。


第3話「おでんとビール」は、中尾明慶(あきよし)と、仲 里依紗(なか りいさ)の夫婦。




妻を愛するがゆえ、妻から怒られ捨てられることを危惧する気弱な夫が、ある日特異な能力を手に入れて。。。


第4話「敬遠」は、青木崇高(むねたか)と、優香の夫婦。


出産後間もない妻に風邪をうつさぬよう、仕事を休んで自室に籠り、ボーッとテレビ眺めてを過ごす夫の目に、試合開催が自粛されているはずの野球中継が映り。。。


感想:「リモートドラマ」とは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、打ち合わせ、リハーサルから撮影までパソコン、スマホで行い、出演者とスタッフが直接対面することなく製作されたテレビドラマのことだそうです。


NHKだけでなく、民放でも「リモートドラマ」が何本か製作されていますが、ドラマとしての完成度は低いと思います。


第一の理由は、企画から放送までの期間が短いので、充分な構成が出来ていないためだと感じます。『Living』も、企画から構成、収録、編集、放送まで一か月間くらいだったのでは、ないでしょうか。


過去に名作を生み出してきた坂元裕二さんの脚本。全てが『Living』のためのオリジナル脚本で、1本15分と言え、4本。それも、オムニバス作品とするのには、推敲期間が短かったのでは。


第二の理由は、撮影機材です。いくら最近のパソコン、スマホの性能が上がっていると言えども、専用の機材に比べたら、画質・音質が劣っています。撮影も出演者自身が行っていたら、カメラアングルなど専門家には及ばないでしょう。


さらに、編集もスタッフが自宅の機器を使いリモートで作業していたら、質は落ちるでしょうね。


何本が観た「リモートドラマ」の中で、最悪だったのが、竹下景子と小日向文世出演の『さよならMy Way!!!』。


最も隊長の評価が高かったのは、『家政夫のミタゾノ』⇒
https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cdf98200857abfcdcb6ca7f0d7b031d6 の「特別編~今だから、新作つくらせて頂きました~」でした。


ただ、後者は、画質、音質、編集面から、本当に完全リモートで製作されたかは疑問です。画面に登場した出演者は、常に一人で、濃厚接触はなかった様に撮っていましが、カメラの後ろにはスタッフがいたのでは、ないでしょうか。


さて、『Living』ですが、広瀬アリスと広瀬すずの初共演だど、出演者の話題はありましたが、四作のなかで、一番面白かったのは、第3話です。


第1話と第2話は、姉妹・兄弟の関係故の、演者の間にぎこちなさが垣間見られましたが、中尾明慶さんと仲里依紗さんの夫婦は、“ガチ”で演じていると感じました。


その意味では、第4話も夫婦なので期待をしていたのですが、画面に出ているのは青木崇高さんだけで、優香さんは声の出演のみだったのが残念でした。





==「テレビ番組」 バックナンバー ==
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/17de26ad35859fd865f52645aba1b27d

Vol.1~300 省略

Vol.301 2020/5/14  『ぴったんこカン☆カン スペシャル~長澤まさみ~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0fbaf067645484bb605aa66dd3d5eb6b

Vol.302 2020/5/16  『絶対行きたくなる!ニッポン不滅の名城~大坂城~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1791d25b036da683cab0126b52c9cee7

Vol.303 2020/5/19  『ドラマ「アシガール」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/df8a20fe19ab06c973dba3089ee657b5

Vol.304 2020/5/22  『ファミリーヒストリー「神田伯山」』 https://blo過去のg.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2d616e598a052c701eb466e804377399

Vol.305 2020/5/23  『大河ドラマ「太平記」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/12f73f2ba8808a7c3e52e1ee37a9f5cd

Vol.306 2020/5/26  『封鎖都市・武漢~76日間 市民の記録~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/eafa86f5baa926c576768223510b513a

Vol.307 2020/5/29  『ドラマ「路~台湾エクスプレス~」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f6a8be519e0b30cee7cc63fd3d5352c0

Vol.308 2020/6/1   『ものまね番組 二本』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8900d77f1cb14a03de06976fae8c7151

Vol.309 2020/6/4   『そして街から人が消えた~封鎖都市・ベネチア~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d1d13a5e26b5b4608819ee3b7dd9a321

Vol.310 2020/6/7   『人気芸能人がまじ調査!鬼旨ラーメングランプリ』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5b5e853d544d47d073b76bc2a1404344

Vol.311 2020/6/11  『チョイ住み in バルセロナ』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5d832a12b1e412d4775dc604a1314916

Vol.312 2020/6/16  『COOL JAPAN 「外国人が母国に持ち帰りたいニッポンの食TOP10」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2c424fb5d0754282ab404843f76f2d6c

Vol.313 2020/6/19  『ドラマ「珈琲屋の人々」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/24af02048477fbf7f1be8890065353ec

Vol.314 2020/6/23  『ドラマ「死役所」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f408b0c4b7e0d14d014836c374c5f963

Vol.315 2020/6/26  『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/61bcf3b06fa728d91f550d62b6c662a4

                                                                                       

コメント

アジアの歌姫 Part27 『中国:趙 薇(ヴィッキー・チャオ)』

2020年06月29日 | アジアの歌姫

アジアで活躍する女性歌手・グループを紹介する「アジアの歌姫」第27回は、『中国:趙 薇ヴィッキー・チャオ』をお送りします。




今日取り上げる『ヴィッキー・チャオ』(繁体字表記:趙 薇、ピンイン:Zhào Wēi)、(英語名:Vicki Zhao)は、中国出身の女優・歌手・映画監督です。


これで、「アジアの歌姫」で紹介したのは;

台湾出身が、テレサ・テン、S.H.E、Dream Girls、レネ・リウ、レイニー・ヤン、アンバー・クオ、ジョリン・ツァイ、アリス・ツェン、グイ・ルンメイ、グイ・ルンメイの10人・グループ。

中国出身が、黄 聖依、王 菲、田 原、周 迅、范 冰冰、趙 薇、の6人。

香港出身が、カレン・モク、ケリー・チャン、ココ・リー、の3人。

韓国出身が、BoAと、パク・シネ、JY、の3人。

フィリピン出身が、シャリース、ゼンディー、ビバリー、の3人。

タイ出身は、ウィチャヤニー・ピアカリン 1人。

モンゴル出身のは、オユンナ 1人。

の計27人・グループになりました。

台湾出身が一番多いのは、隊長の好みが反映されているのでしょうね。


安徽省蕪湖(ぶこ)市出身の趙 薇の生年月日は、1976年3月12日。現在、45歳です。

 

中国では、章 子怡(チャン・ツィイー) https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d05acebd659b48c7db729677c41e70b3 、徐 静蕾(シュー・ジンレイ)https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6ba907b79333f7f6382921b198f8e2fa 、周 迅(ジョウ・シュン)http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/331bdd92ff538b514f9916209ab3113b と共に、以前は、「四小花旦」(四大若手女優)と呼ばれていましたが、2002年頃より年齢も実績も重ねたことにより、「四大花旦」(四大女優)と称されるようになりました。


1994年、蕪湖師範学校三年生の時、黄 蜀芹監督、コン・リー主演の映画『画魂 愛、いつまでも』で映画 デビュー。
 

2001年、周 星馳(チャウ・シンチー)監督の『少林サッカー』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3d7cadbe8320324f6f76c92f3055fdb9 で、日本でもその名が知られるようになりました。

 

2007年、日中国交正常化35周年の記念作品として作られた、中国・日本合作映画『夜の上海』⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/70f60cd2c3468a7c599a1346b47b11d0  で、本木雅弘と共演しました。

 

 

彼女は、記念映画祭のため来日し、本木雅弘さんと舞台挨拶をしています。この映画で、日本での人気も不動にしたと言えるでしょう。


2008年、呉 宇森(ジョン・ウー)監督の『レッドクリフ PartI』 ⇒  
https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6594ca1db18dfc6c76dad708788b60fc



2009年、同監督の 『レッドクリフ PartII-未来への最終決戦-』⇒  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/384e9228c40aa1ca5df2b5445e15cbcf に、出演。


2013年、初監督作の『So Young〜過ぎ去りし青春に捧ぐ〜』で、各映画賞を受賞し、映画監督としても才能を発揮しています。


歌手 活動では、1999年に初アルバム『飛躍時空的精靈 (Swallow)』をリリース、その後もヒット作を連発。


今回、ご紹介する『微小的部分』は、2005年に発売された5枚目のアルバム『雙 (Double)』に収録されています。


作詞:姚 謙、作曲:李 孟力、編曲:矮 文仁、によるこの曲は、1995年に亡くなったテレサ・テン(鄧 麗君)の代表曲『月亮代表我的心(月は何でも知っている)』⇒
https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0db87228bc1c1c08702d7250c6a25d0a を、オマージュして作られました。


実際、似たようなメロディー、歌詞の中にも轻轻的一个吻 曾经打开我的心 深深的一段情 教我思念到如今」と、「轻轻的一个吻 已经打动我的心 深深的一段情 叫我思念到如今」の様に似たフレーズが出て来ます。


 

微小的部分


作詞:姚 謙 
作曲:李 孟力
編曲:矮 文仁
歌手:趙 薇


 

动了情 能够爱多么深 当时你我都已沉沦
欢乐的陷阱 渴望的眼神 渴望的眼神 添滿了每秒相愛的晨昏

撕裂的灵魂如何支撑 清醒总在夢醒時分
淚水還炙熱 月光已冰冷 想念是最难忍受一种疼

轻轻的一个吻 曾经打开我的心
深深的一段情 教我思念到如今

以后的我是个陌生人 重新组合陌生旅程
巨大的世界 微小一部分 只剩我想念你的 心在忍



==「アジアの歌姫」バックナンバー ==
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/06f9e2c6703033f5e0bad1580ccc6e0e

Part1~15  省略

Part16 2016/7/3  『台湾:ジョリン・ツァイ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ea642091013a1ebc3a1ce79f187be3c8

Part17 2016/12/11『中国:王 菲(フェイ・ウォン)』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d37f3f0255f3562540427b13148f305c

Part18 2017/3/26 『中国:田 原(ティエン・ユエン)』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f3cf9a0ed4a0b71269d4867dfd3b946f

Part19 2017/4/8  『中国:周 迅(ジョウ・シュン)』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/331bdd92ff538b514f9916209ab3113b

Part20 2017/5/1  『韓国:JY(知英)』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f9f762d06b934b220b00f2b9286ee4d2

Part21 2018/2/20 『フィリピン:Beverly』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/79ef73da940614473b609021c41a79a8

Part22 2018/11/20『台湾:アリス・ツェン』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/16116eaa81417dd4e9f2c5ccb21df571

Part23 2018/12/23『台湾:グイ・ルンメイ』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/847ed09caa155a369793d39183b521c4

番外編 2019/5/28 『元KARAメンバー ク・ハラ自殺未遂か』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c667de0efb33a923d47ba16f02c0ae6c

Part24 2019/12/10『台湾:ジュリア・パン』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5ebf5de8f24ebe040faec0b24ddb5a04

Part25 2020/3/30 『モンゴル:オユンナ』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b93116dec98caae67a8aa0fdf5ec0eee

Part26 2020/5/4  『中国:范 冰冰 (ファン・ビンビン)』⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6183e7baf6909f179e33b2544ca623da

コメント

「広瀬すず 出演作品」 記事一覧

2020年06月28日 | テレビ番組

女優の広瀬 すず《本名非公開》は、静岡県清水市出身で、生年月日は平成10年(1998)6月19日。現在、22歳です。所属事務所は、フォスタープラス。

 




 

三歳上の姉・広瀬アリスが専属モデルをつとめていた雑誌『Seventeen』(集英社)のイベントに母と来場した際、現事務所の社長から声をかけられたことがきっかけで芸能界入り。


2013年、14歳の時『幽かな彼女』(関西テレビ)で女優デビュー。(二枚目の写真は、14歳当時)

 




2016年3月公開の『ちはやふる』で映画単独初主演。


2019年度前期NHK朝ドラ『なつぞら』でヒロインを務めるなど、これまでに数多くの映画・ドラマで、幅広く活躍しています。


そんな広瀬すずさんが出演する作品を、「隊長のブログ」では、これまでに10本を紹介しています。


詳細は、下記の記事一覧をご参照下さい。




==「広瀬すず 出演作品」 記事一覧 ==
 
1. 2015年6月公開映画 『海街diary』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7b8dc81044ecbe3662e1bbfe2e6c44bb

2. 2017年3月公開映画 『チア☆ダン』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e31e03e457a76218920d0b3bda59fbb3

3. 2018年1月期ドラマ 『anone』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5baaa0467ff526583af17e5ee64a8a5f

4. 2018年7月期ドラマ 『チア☆ダン』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/76eab828bd18704de05ff0a8795aa79f

5. 2018年12月31日放送 『第69回 NHK 紅白歌合戦』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8648ed67e4ac188a18bc586a3794a546

6. 2019年度前期朝ドラ 『なつぞら』  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/486fc49a538daa61f9febeec726c30fe

7. 2020年1月公開映画  『ラストレター』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5b0a5db6da384e0b19a3edd160cc1342

8. 2020年5月30日放送  『リモートドラマ Living』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/41a0764bdfb0c1eac9f063d90552642c

9. 2021年3月20日放送  『エアガール』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a427e7574f3514ad95576fb72b674fab

10. 2021年4月期ドラマ 『ネメシス』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/047dc4249bbc00a74290a8654da867db

コメント

映画 Film180 『日日是好日』

2020年06月27日 | 映画

隊長が、これまでに観た「映画 」を紹介するシリーズの第180作品目は、『日日是好日(にちにちこれこうじつ』をお送りします。

 




『日日是好日』は、2018年10月13日に公開された日本映画。配給は、東京テアトル、ヨアケ。上映時間は、100分です。


原作は、エッセイスト・森下典子による自伝エッセイ 『日日是好日「お茶」が教えてくれた15のしあわせ』(新潮文庫刊)。


監督・脚本:大森立嗣(たつし)。


主演は、黒木華(はる)。黒木華さんの出演作品は;

2015年12月公開の映画『母と暮せば』⇒
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/012d2dba6f1c44a76922b271b7ee1f9a

2016年4月期ドラマ『重版出来』⇒
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0657d42b6fa12d58df2b7f9302a1e638

2018年度大河ドラマ『西郷どん』⇒
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/23d0cfdba09eebdb33af4923715060bc

2019年7月期 ドラマ『凪のお暇』⇒
https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a0ecb7f5e86e27e7d12dbd2741cd3e29 の四本を、紹介しています。


共演者は、樹木希林、多部未華子、鶴田真由、鶴見辰吾、ほか。

 




樹木希林さんの出演作品を;

1986年度前期朝ドラ 『はね駒(こんま)』 ⇒
https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bd64ef17b538bbebdd9da3cc5c5d5ab2 と、

2015年5月公開の映画『あん』
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/859faf62079f34ba7fd011956cf4d5e7 を、取り上げています。


多部未華子さんが出演する作品は、これで五本を紹介したことになります。詳細は、こちらをご参照下さい⇒
https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/523b76e5486476d7144a797638224d3a



あらすじ:大学生の典子(黒木華)は、突然母親から茶道を勧められます。戸惑いながらも同じ大学生で従姉の美智子(多部未華子)と共に、タダモノではないとうわさの茶道教室の先生・武田のおばさん(樹木希林)の指導を受けることになります。


まずは“形”からという武田先生の教えに戸惑いながらも2人は稽古を続けます。やがて、大学を卒業し、就職した美智子は茶道を辞めてしまいますが、志望した出版社に就職できずにアルバイトをしながら茶道を続ける典子は、お茶の楽しさが少しずつわかるようになっていきました。。。


感想:主人公・典子の20歳から44歳の24年間の人生が描かれています。彼女に取って、この24年間は、婚約者との別れや、父親の死など、ドラスティックな出来事もありましたが、“お茶” と共に淡々と流れていったのではないでしょうか。


その年月の流れを典子自身のメーク、髪型、衣装で表しているだけでなく、彼女自身の立ち振る舞いの変化でも表現しています。さらに、戌の干支の茶碗という小道具でも、さりげなく描いています。


また、茶室のガラス戸の外の庭の景色で、四季の変化を感じさせる演出も素敵です。


樹木希林さん、病を押しての出演だったと思いますが、凛とした存在感は、さすがです。


尚、本作品は、2018年9月に75歳で亡くなられた樹木希林さん⇒
https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ff8331cea930236867d1659a7297a7b5 の公開済み映画では、最後の出演作となっています。

 





==「映画」バックナンバー ==
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/226e9f0193a60e6a012384176360666f

Film1~165  省略

Film166 2020/5/13 『武士の一分』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f8084660f5ada8518968e85284502a7b

Film167 2020/5/15 『僕等がいた 後編』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2238a0a2da01434f82aafc4d0987bdf3

Film168 2020/5/18 『超高速!参勤交代』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/07d44adf37dd0a5e4f9e429411c3f098

Film169 2020/5/21 『ミックス。』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a687f26c883779f169e9c41de8eb380e

Film170 2020/5/24 『藍色夏恋』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/831b6b1ef710f7538767b57082e5b1ff

Film171 2020/5/27 『新幹線大爆破』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a05c7fb4bdde448a6ac068829713a2e8

Film172 2020/5/30 『武士の家計簿』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c1727c5b28072705d7793137631eb822

Film173 2020/6/3  『海の上のピアニスト』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3491181045bd9c239fc8e3ef96366c7d

Film174 2020/6/6  『殿、利息でござる!』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e131cd797c842f40b76cbe3e2675d5ae

Film175 2020/6/9  『レッドクリフ PartI』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6594ca1db18dfc6c76dad708788b60fc

Film176 2020/6/13 『超高速!参勤交代 リターンズ』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8b756035874f2baae157760d494484ab

Film177 2020/6/17 『レッドクリフ PartII-未来への最終決戦-』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/384e9228c40aa1ca5df2b5445e15cbcf

Film178 2020/6/21 『イップマン 継承』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2a258dc354dc3c00524c6ac6f712d953

Film179 2020/6/24 『緋牡丹博徒』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/282e2a81b08e1f2f32884b116798f971  

コメント

テレビ Vol.315 『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』

2020年06月26日 | テレビ番組

隊長が観た「テレビ番組」を紹介するシリーズの第315回は、『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』をお送りします。

 




『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』は、テレビ朝日系列で、毎週土曜日の18時56分~19時54分に、放送 されているバラエティー番組です。初回放送は、2019年2月2日。


レギュラー出演者は、サンドウィッチマンの二人と芦田愛菜。


この番組では、毎回異なる、異常な好奇心によって大人顔負けの知識を身につけた子供の“博士ちゃん”をゲストに招き、授業を行います。そんな博士ちゃん達のぶっ飛んだ言動を、サンドウィッチマンがイジりつつ、愛菜ちゃんが分かりやすく解説します。


放送開始が去年の2月なのに、初めてこの番組を観たのは今年5月23日の放送です。観始めたきっかけは、いつも土曜日の夜は、7時54分からの『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』 ⇒
https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0b1f09078a152732c01aee54e8cfc311 を観ているのですが、この日は2時間スペシャルで、18時30分からの放送。


新型コロナウィルスの影響で、新規ロケが出来ないので、「祝100回記念!哲朗の旅ゴハンSP」と銘打ち、過去の放送からのグルメ特集でした。再放送番組なので、チャンネルを合わせていて、『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』に行きつきました。


その後も、『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』は、再放送が多いので、毎週『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』を観ています。この番組も過去の“博士ちゃん”を再放送をすることがあるのですが、隊長にとってはどの博士ちゃんも初めてなので、問題はありません。


この日、登場したのは、「明智光秀博士ちゃん」と、「美空ひばり博士ちゃん」。


「明智光秀博士ちゃん」の片平凌悟くん(15歳)は、なんと明智光秀の子孫。新型コロナウイルスの影響で、凌悟くんはスタジオに登場しませんでしたが、リモートで、本能寺の変の新説を熱く語ってくれました。

 




明智光秀の生涯を描いた、大河ドラマ『麒麟がくる』 ⇒
https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8d6053059f1e5eb3c6d041f416c47880 が注目されているので、登場したのでしょうが、殺された織田信長の子孫との画面越しの対面などあって、面白かったです。


二人目は、「美空ひばり博士ちゃん」の梅谷心愛ちゃん(放送当時11歳)。2019年2月2日の再放送でしたが、超歌うまの彼女が、自らも歌いながら、故・美空ひばりの魅力を語ってくれました。

 




尚、次回『サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん』は、“100均整理収納博士ちゃん” をゲストに迎え、明日6月27日(土)夜6時56分から、テレビ朝日にて放送予定です。




==「テレビ番組」 バックナンバー ==
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/17de26ad35859fd865f52645aba1b27d

Vol.1~300 省略

Vol.301 2020/5/14  『ぴったんこカン☆カン スペシャル~長澤まさみ~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0fbaf067645484bb605aa66dd3d5eb6b

Vol.302 2020/5/16  『絶対行きたくなる!ニッポン不滅の名城~大坂城~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1791d25b036da683cab0126b52c9cee7

Vol.303 2020/5/19  『ドラマ「アシガール」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/df8a20fe19ab06c973dba3089ee657b5

Vol.304 2020/5/22  『ファミリーヒストリー「神田伯山」』 https://blo過去のg.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2d616e598a052c701eb466e804377399

Vol.305 2020/5/23  『大河ドラマ「太平記」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/12f73f2ba8808a7c3e52e1ee37a9f5cd

Vol.306 2020/5/26  『封鎖都市・武漢~76日間 市民の記録~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/eafa86f5baa926c576768223510b513a

Vol.307 2020/5/29  『ドラマ「路~台湾エクスプレス~」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f6a8be519e0b30cee7cc63fd3d5352c0

Vol.308 2020/6/1   『ものまね番組 二本』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8900d77f1cb14a03de06976fae8c7151

Vol.309 2020/6/4   『そして街から人が消えた~封鎖都市・ベネチア~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d1d13a5e26b5b4608819ee3b7dd9a321

Vol.310 2020/6/7   『人気芸能人がまじ調査!鬼旨ラーメングランプリ』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5b5e853d544d47d073b76bc2a1404344

Vol.311 2020/6/11  『チョイ住み in バルセロナ』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5d832a12b1e412d4775dc604a1314916

Vol.312 2020/6/16  『COOL JAPAN 「外国人が母国に持ち帰りたいニッポンの食TOP10」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2c424fb5d0754282ab404843f76f2d6c

Vol.313 2020/6/19  『ドラマ「珈琲屋の人々」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/24af02048477fbf7f1be8890065353ec

Vol.314 2020/6/23  『ドラマ「死役所」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f408b0c4b7e0d14d014836c374c5f963                                                                                     

コメント