隊長のブログ

中国上海に2003年12月から2008年1月まで駐在。趣味はヒップホップダンス、ジャズダンス、旅行、映画、スポーツ観戦。

旅行記 第30回 『ラグビーW杯観戦ツアー in 静岡』 (その5)

2019年10月31日 | 旅行記

旅行記 第30回 『ラグビーW杯観戦ツアー in 静岡』 (その4)⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6bf92e02ecf435d28827978f592e12b8


旅の2日目、「掛川城御殿」の見学を終え、御殿の受付で、次の目的地「龍尾(たつお)神社」に行くタクシー を呼んでもらいました。御殿前の道路から、「掛川タクシー」に乗車。神社に到着したのは、午前11時20分頃です。「一の鳥居」付近には、人影が全くありません。

 


 「一の鳥居」を潜り、急な石段を上ります。不揃いの石が埋められているので、歩きづらいです。


石段途中の手水舎で、手を清めます。


本殿に到着。龍尾神社は、掛川城の北東に位置する古社で、古くは「龍尾山牛頭天王」と称していました。掛川城の築かれた峰から連なる山脈を、この地を守護する龍になぞらえ、龍頭山・龍胴山・龍尾山と名づけ、鬼門にあたる龍の尾の山に当社は鎮座しています。


「二の鳥居」を潜った右側には、歴史ある神社には似つかわしくない、“ドラえもん”の石像がありました。当社の由緒とは関係はありませんが、お子さんの参拝や七五三などの記念撮影で喜んでもらえるようにと、10年以上前から設置しているとのことです。趣旨は、分かりますが、隊長的には場違いの感がしました。


本殿前の狛犬。“ドラえもん” より、狛犬の方が断然良いです。

 

 


ご祭神は、「素戔嗚尊(スサノオノミコト)」、「櫛稲田姫尊(クシイナダヒメミコト)」、「八柱御子神(ヤハシラミコカミ)」です。

 

 


本殿右側にある社務所で御朱印を拝受しました。初穂料は、300円でした。


尚、これで拝受した御朱印の数は、五十六印になります。詳細は、こちらの「御朱印巡り」記事一覧をご参照下さい⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e23a591aa7b880a9e451c519dc5e14a5


御朱印帳の “挟み紙” には、当社と山内一豊公との縁と、宝治2年(1248)時の地頭職忍十郎義広が「みな人も深き願ひを掛川の龍の尾山の神のみずがき」と、龍尾神社を詠んだ和歌が記されています

 

パンフレットも、貰いました。


参拝を終え、石段を下ります。結局、隊長以外の参拝客に遭遇することなく、静かに参拝出来ました。


待たせていたタクシーに乗り、昼食を取りに掛川駅前に向かいます。車中で運転手さんに、聞いたお勧めラーメン屋「喜八屋」に到着したのが、11時45分頃です。タクシー代は、迎車料金を含め、2,020円でした。


店内。


和風醤油ラーメン 720円(税込)

 


★ 続きは、『ラグビーW杯観戦ツアー in 静岡』 (その6)で ★

 


===「旅行記」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/619e2d4e0638d6d11db6b03fbe07a87a

1~14回 省略

第15回 『「星野リゾート 界 鬼怒川」と「日光東照宮」』2017年3月1日~2日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a177c028b03a1b344b6b23c9fed16661

第16回 『初夏の弘前・青森・函館 4日間』2017年6月19日~22日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d09e785c1fc19ce04ea07ed4cc183c03

第18回 『悪夢の広島遠征』2017年9月5日~7日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d61cba913733089ac78c0267032d2530

第19回 『紅葉の彦根・竹生島・浜松 3日間』2017年11月26日~28日 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cc9cf791308f6dca6fbb623f099b3b56

第20回 『初春の水戸 日帰り旅行』2018年3月5日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e39e984e9c6142c4b96185b8fee3127a

第21回 『高尾山飯縄大権現参拝登山』2018年4月8日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e019d563b281f7252de2388c201d258d

第22回 『踊り子号で行く小田原・熱海 2日間』2018年6月16日~17日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2d06de2cce60cb5f8f70a2275016574b

第23回 『灼熱の名古屋遠征』2018年7月31日~8月2日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b188f979a210bf521ba9943106f46197
 
第24回 『「しまかぜ」で行く伊勢志摩 3日間』2018年9月18日~20日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ebcbedcf6e93cb41c015496f4b4fb780

第25回 『江ノ島神社参拝』2018年12月2日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fba8099cd03597ad64f4da9690f5282d

第26回 『冬の熱海・湯ヶ島・修善寺 3日間』2019年1月27日~29日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/91e4da4243e51fb8e761dedd0c4010ce

第27回 『ロマンスカーで行く箱根湯本 2日間』2019年2月11日~12日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cfe9c8c8e8384d3157b5f8e84b84fcbc

第28回 『鳴尾浜、京セラドーム、甲子園、野球観戦 3日間』2019年3月29日~31日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1e80082997cbf0912f7d0887fffb95fa

第29回 『今年も高尾山飯縄大権現参拝登山』2019年4月14日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1cc1aae432d8983cbaa3315dc7f57d17

第30回 『ラグビーW杯観戦ツアー in 静岡』2019年10月9日~10日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1f519ad51570c201552842a4a37416a3

 

コメント

テレビ Vol.263 『朝ドラ 「スカーレット」』

2019年10月30日 | テレビ番組

隊長が観た「テレビ番組」を紹介するシリーズの第263回は、『朝ドラ 「スカーレット」』をお送りします。


『スカーレット』は、9月30日(月)から始まったNHK「連続テレビ小説」(通称:朝ドラ)です。

 

尚、「隊長のブログ」では、NHK「連続テレビ小説」(通称:朝ドラ)を、これで16本紹介したことになります。詳細は、こちらをご参照下さい⇒  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f99044cc42c1c0270c09c467155cd5b9

 

“朝ドラ” 第101作のヒロインは、戸田恵梨香。作:水橋文美江。音楽:冬野ユミ。


戸田さんが出演した映画は、2011年公開の『アンダルシア 女神の報復』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2b820444077ab578dc2d5c57f99f48f6 を、

TVドラマは、2015年7月期の『リスクの神様』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4392fe2cc7839e235f6ce669d22b8850

2017年4月期『リバース』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/99e05f718cf35803d09c9a45a122bab9

2018年4月期『崖っぷちホテル!』⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/885f4a1e29f043711ba01c306f93baaa と、

2018年10月期『大恋愛〜僕を忘れる君と』⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5df6aee78ac4e1f5162d171a6e3ae0ca の4本を、

ドキュメンタリーは、2017年1月に放送された『中国王朝 よみがえる伝説 悪女たちの真実』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/07d3bc4b21fca64bfa5df48cde974f07

を、取り上げています。


水橋さん脚本のドラマは、2017年4月の『ドラマ「母になる」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9b3d015ee281c9564c3cb0af339b633f を、紹介しています。


共演者は、富田靖子、北村一輝、佐藤隆太、大島優子、林遣都(けんと)、桜庭ななみ、福田麻由子、ほか。

 


物語の始まりは、戦後まもない滋賀・信楽。大阪からにやってきた、絵が得意な女の子。名前は川原喜美子(川島夕空)。両親(富田靖子、北村一輝)と二人の妹との暮らしは貧しく、頑張り屋の喜美子は、幼いながらも一家の働き手でした。


15歳になった喜美子(戸田恵梨香)は、大阪の下宿屋で女中として働きはじめます。大都会での暮らしと、個性豊かな下宿の人々との出会いは、喜美子をさらに成長させてくれました。


第5週の水曜日(27回)までの感想:第2週の後半で、子役の川島夕空ちゃんが演じる小学生の喜美子だったのが、急に実年齢31歳の戸田恵梨香さんが15歳の喜美子を演じると聞いていたので、違和感があるかなと見ていました。


ところが、幼なじみの熊谷照子役を演じる大島優子さんが童顔ということもあり、二人の柔道対決のシーンでは、戸田恵梨香さんも15歳に見えてしまい、不思議でした。


これからドラマは、喜美子が大阪から信楽に帰って陶芸家になる姿が描かれるそうですが、絵が得意な女の子がどの様にして陶芸家として大成するか楽しみです。


これまでにも、何度か書いて来ましたが、かっては“新人女優の「登竜門」と呼ばれていた朝ドラ”のヒロイン役が、2015年度前期『まれ』の土屋太鳳(たお)から、波瑠、高畑充希、芳根京子、有村架純、葵わかな、永野芽郁、安藤さくら、広瀬すず、そして戸田恵梨香と、連続10作実績のある女優さんが起用されています。


“朝ドラ”は、当初は演技がぎこちなかった無名の女優さんが、ドラマの中のヒロインの成長とともに、女優として成長していく姿を観る楽しみもあったので、残念な気持ちがあります。


Superflyの主題歌「フレア」を朝聴くと、一日の始まりを実感しますね。

 

===「テレビ番組」 バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/17de26ad35859fd865f52645aba1b27d

Vol.1~250 省略

Vol.251 2019/4/18  『朝ドラ「なつぞら」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/486fc49a538daa61f9febeec726c30fe

Vol.252 2019/4/23  『ドラマ「あなたの番です」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/15daf18b387bbbd1eb8aeca80ebdddf5

Vol.253 2019/4/26  『ドラマ「わたし、定時で帰ります。」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/135681bab26d6aa3fed3fb3d0a5ecbc8

Vol.254 2019/5/3   『ドラマ「集団左遷!!」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b9c505f847d1ba92c8c1fb06efe15002

Vol.255 2019/5/18  『朝ドラ「おしん」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ba9cae33e7ebfda7ad5a94a84f65269b

Vol.256 2019/6/13  『ドラマ「コンフィデンスマンJP 運勢編」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f98220e831a60410eb23dae7f8618840

Vol.257 2019/6/26  『おしゃれイズム~土屋太鳳~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/32809e8ad7f71c97a0727b4c9facde37

Vol.258 2019/7/30  『ドラマ「Heaven? ~ご苦楽レストラン~」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/312f4454a615e7e251b4186a87734dd9

Vol.259 2019/9/6   『ドラマ「凪のお暇」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a0ecb7f5e86e27e7d12dbd2741cd3e29

Vol.260 2019/9/8   『ドラマ「ノーサイド・ゲーム」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b9973e410f9475f14b54985439097930

Vol.261 2019/9/9   『ドラマ 監察医 朝顔」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/04a965de9bf60760df7b2b8b34ecc7e9

Vol.262 2019/9/30  『ドラマ「FLY! BOYS, FLY! 僕たち、CAはじめました」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5690df9a809374ba28594bc8af97cbec
                                                                                                                             

 

コメント

旅行記 第30回 『ラグビーW杯観戦ツアー in 静岡』 (その4)

2019年10月28日 | 旅行記

旅行記 第30回 『ラグビーW杯観戦ツアー in 静岡』 (その3)⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/55a9d387dba6dd26c7b161239fc66292


旅の2日目、平成六年(1994)に木造で再建された「掛川城天守閣」の最上階に到着したのが、10時半頃です。最上階からの眺望を堪能し、天守への登城路を途中まで下ります。


「掛川城御殿」を見学するため、石垣に沿った狭い道を進みます。

 


急勾配の石垣。攻め落とすのに、難儀しそうです。

 


「掛川城御殿」は、儀式・公式対面などの藩の公的式典の場、藩主の公邸、藩内の政務をつかさどる役所という3つの機能を合わせ持った施設です。掛川城御殿は、二の丸に建てられた江戸時代後期の建物で、現存する城郭御殿しては、全国で4箇所しかない貴重な建築物です。本丸御殿が高知城と川越城に、二の丸御殿が二条城と掛川城それぞれ残っています。その内の「川越城御殿」には、2014年5月に訪問しています⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f304b14114cf8a63eddf56e31a1c7b6a

 


御殿の脇にあるは、堀跡でしょうか。


書院造りと呼ばれる建築様式の御殿。

 

 


玄関

 



御殿の入館料は、天守閣入場券とのセットで、410円です。


「日本100名城」の登城スタンプは、御殿の受付で押印することが出来ます。


尚、100名城の内、登城したことがあるのは、これで20城です。詳細は、こちらをご参照下さい⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/94b560090f0c90ce702887beceaacb97


御殿内部は、畳を敷き詰めた多くの部屋が連なり、各部屋は襖で仕切られています。

 

 

 


廊下から天守閣を展望。



 ★ 続きは、『ラグビーW杯観戦ツアー in 静岡』 (その5)で ★

 

コメント

旅行記 第30回 『ラグビーW杯観戦ツアー in 静岡』 (その3)

2019年10月23日 | 旅行記

旅行記 第30回 『ラグビーW杯観戦ツアー in 静岡』  (その2)⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/64881925f59f470df0a491e8c378fbed


【2日目:10月10日(木)】 掛川城登城、龍尾神社参拝。静岡へ移動。駿府城登城、浅間神社参拝後、帰京。


旅の2日目、宿泊先の「ホテル アイシス 掛川」で起床したのが、午前8時頃。この日の掛川の天気予報は、晴。最高気温は、28℃の予想です。


シャワーを浴び、1階の食堂へ。宿泊料は、税・サービス料、朝食付きで、7,300円。


惣菜は少ないですが、


隊長には充分な朝食です。


チェックアウト時間の午前10時に、荷物を預かってもらい、「KAKEGAWA TOWN GUIDE」をお供に、最初の目的地「掛川城」を目指して出発です。


駅前からのメイン道路の一本西側の道を、北に向かい、真っ直ぐと歩きます。前方には、掛川城の天守閣(赤矢印)が見えています。


右手には、清水銀行掛川支店のクラッシックな装いの店舗がありました。


天守閣がだんだんとはっきり見えてきます。


「逆川」に架かる橋を越えると、「掛川城公園」の緑地が。


公園の入り口には、「逆川改修記念碑」が。昔は、暴れ川だったのでしょうか。


古い石垣を左に見ながら、坂道を上がります。


ホテルを出発して約15分で、入場券売り場へ到着しました。ここからの眺めは最高です。


「掛川城公演・花広場(本丸広場)」では、保育園児達が楽しそうに走り回っていました。


天守閣の入場券は、御殿入館券とのセットで、410円です。


現在の掛川城より東に500mほどのところにあった掛川古城は、戦国時代の明応六年(1497)から文亀元年(1501)の間に、駿河の守護大名今川義忠(よしただ)が、遠江支配の拠点として重臣朝比奈泰煕(やすひろ)に築かせたと言われています。その後、遠江における今川氏の勢力拡大に伴い、掛川古城では手狭となり、永正九年(1513)から十年頃に現在の地に掛川城が築かれました。


天守への登城路は、かなり勾配がキツイです。


平成六年(1994)に木造で再建された天守閣。


掛川城天守閣は、外観3層、内部4層から成ります。6間×5間(約12m×10m)の天守閣本体は、決して大きいものではありませんが、東西に張り出し部を設けたり、入り口に付櫓(つけやぐら)を設けたりして外観を大きく、複雑に見せています。


降りる時に、足がすくほど傾斜のある階段。


10時半頃、最上階に到着。それほど広くはありません。案内の方が、前日のラグビーW杯試合観戦に来られた外国人観光客に説明していました。台風19号の前触れか、かなり強い風が吹き抜けています。


掛川市内駅方面を見渡せる南側。


東側の下には、「掛川城御殿」の姿が。


北側からは、掛川西高校のグランドが。


西側。案内の方が、「小笠山総合運動公園スタジアム(エコパスタジアム)」が遠くに見えると言うのですが、眼をこらしても良く分かりませんでした。


★ 続きは、『ラグビーW杯観戦ツアー in 静岡』 (その4)で ★

 

 

コメント

猛虎通信 Vol.111 『大大大逆転劇も、東京ドームで終戦』

2019年10月22日 | 猛虎通信

隊長が好きなプロ野球チーム、阪神タイガースを応援する「猛虎通信」の第111回は、『大大大逆転劇も、東京ドームで終戦』をお送りします。


ラグビーワールドカップの盛り上がりで、すっかり影が薄くなってしまいましたが、プロ野球は日本シリーズの最中です。パリーグの福岡ソフトバンクホークスが二連勝して、今日(10月22日)、セリーグの読売ジャイアンツの本拠地、東京ドームで第3戦が行われます。


さて、我が阪神タイガースは、今シーズン最終戦である9月30日(月)の甲子園球場での対中日ドラゴンズ戦を、3対0で勝ち、9月21日の広島戦から奇跡の6連勝。まさに、『大大大逆転でCS(クライマックスシリーズ)へ』進出しました⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2b6e5f211328bb07c458a2777f3a4c73


そして、10月5日からの、横浜DeNAとのCS 1stステージ。第1戦でも、5回を終了して1対7の絶対的劣勢から、またもや『大大大逆転で』8対7で勝利。続く第2戦を落としたものの、第3戦を2対1で勝利し、見事、CSファイナルステージに進出しました。


10月9日からのセリーグの覇者、読売ジャイアンツとの東京ドームでの決戦。隊長は、10月12日(土)の第4戦のチケットを売り切れ前のギリギリで、買うことが出来ました。


首位へのアドバンテージを含め、1勝3敗の崖っぷちで、第4戦を迎えることになりましたが、12日は、台風19号の直撃のため、試合中止。第4戦は、翌日の13日(日)に延期となりましたが、チケットは、繰り下げて有効となりました。しかし、試合開始時間は、台風通過後の影響を考慮して、当初の14時から15時30分に変更でした。


隊長の席は、3塁側2階席の26列でしたが、ここは2階席の最後列から1列だけ前です。これまでに、東京ドームでの野球観戦に数十回訪れていますが、こんなに後ろの席は初めてです。選手が豆粒の様です。しかし、打球の行方だとか、選手の動きは良く見ることが出来ます。


尚、プロ野球12球団の本拠地球場の内、「楽天生命パーク宮城」以外の11球場を訪れています。詳細は、こちらの「12球団本拠地観戦記」をご参照下さい⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/469c33b508569271fd4111c862c9aa65


この日のタイガース先発メンバーは;

1 (中) 近本

2 (遊) 北條
 
3 (右) 福留

4 (一) マルテ

5 (三) 大山

6 (捕) 梅野

7 (二) 糸原

8 (左) 陽川
 
9 (投) 西


15時30分にプレーボール。1番近本は、ジャイアンツ先発の高橋の前に空振り三振。


1回は無得点に終わるものの、2回に先頭の大山が左中間ツーベースで出塁、梅野が犠打で三塁に送り、糸原の犠牲フライで1点を先制。阪神ファンのボルテージが上がります。


阪神先発の西は、4回まで無得点で押さえていたものの、5回に岡本のソロホームランで同点に追いつかれます。


6回表のタイガース、ノーアウト一二塁のチャンスを逃し、0点で終ります。これで流れが変わったのか、6回裏、巨人は2アウト3塁で、三番の丸がまさかのセフティスクイズ。意表を疲れたのか、マウンドを駆け下りた西が一塁に投げるもボールがそれて、1対2と逆転を許してしまいます。よほどショックだったのか、西はグラウンドに倒れ込み、起き上がれません。なぜか泣いている様にも見えました。


それでも、まだ点差は1点。7回表のタイガースの攻撃前、東京ドームに圧倒的に少ない阪神ファンの「六甲おろし」の大合唱が響きます。しかし、これが今年最後の「六甲おろし」になろうとは。。。

 

 


7回裏には、西に代わった岩崎がゲレーロから2ランホームランを浴び、1対4。優勝を確信した読売ファンで、球場がざわつき始めます。


阪神は、追加点を奪えぬまま、9回の攻撃も、ツーアウト。ここで、六番梅野に代えて、代打・鳥谷。タイガースのユニホームを着ての最後の姿になるであろう鳥谷に、読売ファンの間からも「鳥谷コール」が起こります。


しかし、鳥谷はセカンドゴロに終わり、ゲームセット。巨人のファイナルステージ優勝が決まり、日本シリーズへの出場が決定しました。

 

これで、阪神の『大大大逆転劇も、東京ドームで終戦』となりました。

 

===「猛虎通信」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/4aa91a87a04eacbc3c2222df6065bd1d

Vol.1~95 省略

Vol.96 2018/10/16 『関東最終戦で最下位決定』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9ba33b578e5bb27f33efff4ea6e19d8c

Vol.97 2018/12/30 『2018年の総括』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9e65ea8b908970d0729baa33c27143a2

Vol.98 2019/2/11  『2019年の新戦力』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/dac6af80fd5dfa33abd2d53c14757290

Vol.99 2019/3/25  『2年ぶりに神宮からスタート』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6987be25b05ceced91b013638fd4fa69

Vol.100 2019/3/29 『鳴尾浜、京セラドーム、甲子園、5連戦』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/99c0a4a8ae962cd7d078aa2738249ab7

Vol.101 2019/4/22 『読売ジャイアンツ球場へ遠征』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d9bcb1223976a8ea1e40dae6b3a24d8b

Vol.102 2019/4/30 『阪神タイガースグッズ』(その4) https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/48047cfa469879f6b6cf8a4fad7a2b5

Vol.103 2019/5/9  『つば九郎DAY 延長12回引き分け』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f9a4299a0b2550d9517b404a2c745f8a

Vol.104 2019/5/23 『山・山・山・山・山・山・山・山・山』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6def35fc5826e44ce6caf68d10e64564

Vol.105 2019/6/10 『2年ぶりのマリスタは、ミスミス負け』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/971fc72d0faf64ca140c517c74c8f40c

Vol.106 2019/6/20 『オールスターファン投票 阪神5名選出』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7ca45a679d6fe1b9b50ff6462b22a442

Vol.107 2019/8/22 『屈辱の東京ドーム三連敗』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0955489743166379832cd150e604d118

Vol.108 2019/9/10 『大満足の神宮・生ビール半額ナイター』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f1efb30eb3afa9445ae7f1fdbe6d3ef6

Vol.109 2019/9/21 『メッセンジャー涙の引退会見』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3f4ccf4f2206d0e17bd548f1bb5ef707

Vol.110 2019/10/1 『大大大逆転でCSへ』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2b6e5f211328bb07c458a2777f3a4c73

 

コメント