隊長のブログ

中国上海に2003年12月から2008年1月まで駐在。趣味はヒップホップダンス、ジャズダンス、旅行、映画、スポーツ観戦。

スポーツ No.199 『正代、悲願の初優勝』

2020年09月30日 | スポーツ

隊長が体験や観戦した「スポーツ」を紹介するシリーズの第199回は、『正代、悲願の初優勝』をお送りします。

 


9月13日(日)から東京・両国国技館で開かれていた大相撲九月場所(秋場所)は、27日(日)に千秋楽を迎えました。


結び前の一番、2敗単独トップの関脇・正代が3敗で追う新入幕・翔猿(とびざる)を下して初優勝を飾りました。


熊本県出身、そして東農大出身では初、時津風部屋では昭38年(1963)名古屋場所の大関・北葉山以来57年ぶり賜杯と記録ずくめの優勝でした。


正代の地元・熊本県宇土市では、パブリックビューイングが開かれていて、優勝が決定した瞬間、喜びの渦に包まれました。

 


今場所の正代は、これまでとは別人の様な安定した取り口で、勝ち星を重ねました。


隊長が国技館で観戦した11日目⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1d76ead3c13d3a0e9d33499974df011f でも、元大関の高安を圧倒的な強さで破った一番を、目の前で観せてもらいました。


一方、最後まで優勝争いを繰り広げた翔猿は、連日のスピードある動きで館内を沸かせてくれました。

 

 


さて、場所前に隊長が挙げた注目力士⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fef6c26e2d643cc3143694ffab7959f2  の成績ですが;


一人目に挙げた東大関の朝乃山。二横綱不在の今場所、出場力士の中では最上位でしたが、初日からの三連敗が響き、10勝5敗で終わりました。


二人目、西大関の貴景勝は、最後まで優勝争いに絡み、12勝3敗と準優勝の成績を上げました。


三人目の前場所優勝の東前頭筆頭の照ノ富士は、古傷を痛めたのか、13日目から休場し、8勝5敗2休と、かろうじて勝ち越しました。


最後に挙げた、翔猿と同じく新入幕の豊昇龍(ほうしょうりゅう)は、8勝7敗と勝ち越し、来場所への期待をつなぎました。


ほぼ、毎場所終了後に書いているのですが、今場所も休場者が多く、千秋楽の土俵に不在だったのは、白鵬、鶴竜の両横綱、照ノ富士、千代大龍、遠藤、豊山、旭大星、阿炎、と実に九力士にも及びます。


途中から出場し、千秋楽には、土俵を務めましたが、霧馬山、琴奨菊も一時休場しています。


国技館まで足を運んだ者として言わせていただくと、決して安くはない入場料を払って、観戦したお客さまには、料金割引などの処置を取ってもらいたいものです。


尚、「隊長のブログ」では、大相撲に関する記事を、これで84回アップしたことになります。 詳細は、こちらをご参照下さい⇒  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/615cf67ca9eddf698c48f249b5c368e3

 

 
==「スポーツ」バックナンバー ==
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/6f101d6b0ec3426d0116ade60659fbd5

No.1~185 省略

No.186 2020/3/4   『令和二年春場所 史上初の無観客開催』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/73bc907f2070961b431ac759e89c33d0

No.187 2020/3/16  『プロ野球は開幕延期、選抜高校野球は中止』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/970989f52482ad105a5394e458b10ec7

No.188 2020/3/22  『異例の春場所 最後を締めたのはやはり白鵬』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a73043811e06d5607a876a3e94d55ae1

No.189 2020/4/22  『豊ノ島 寂しい引退』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b9a616d96521a2ebd5dbaadaa28821ed

No.190 2020/5/15  『令和二年夏場所 幻の番付表』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0581c625d0db5c7acb1ab6f163e967bd

No.191 2020/6/18  『「楽天生命パーク宮城」が遠ざかってしまった』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fb7020fd0a5c0be065f6bd0a0ecde153

No.192 2020/7/18  『令和二年七月場所の注目力士は』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/84050c4bbea420c05504412e26491fea

No.193 2020/7/24  『「オリンピック観戦チケット」払い戻し』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9dff62feb6881635c3afa0f211d837f9

No.194 2020/8/4   『照ノ富士、地獄からの復活優勝』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a190d974b1dcdcbf9d4554aa771964db

No.195 2020/8/19  『「甲子園高校野球交流試合」は今年だけで』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/177af46240eacfb84b80e828acd0ef6a

No.196 2020/9/14  『令和二年秋場所の注目力士は』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fef6c26e2d643cc3143694ffab7959f2

No.197 2020/9/20  『イベント入場制限緩和』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4249cc4be5c57fdf6ecd4d4f6e474e0e

No.198 2020/9/24  『withコロナの相撲観戦 九月場所11日目』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1d76ead3c13d3a0e9d33499974df011f

コメント (1)

猛虎通信 Vol.120 『緊急事態の阪神を応援に』

2020年09月28日 | 猛虎通信

隊長が好きなプロ野球チーム、阪神タイガースを応援する「猛虎通信」の第120回は、『緊急事態の阪神を応援に』をお送りします。

 


昨日(9月27日)の日曜日は、阪神タイガースの応援に、明治神宮野球場に行ってきました。


新型コロナウィルスの影響で、球場での野球観戦を控えていたので、今年初めての観戦となります。


阪神は、9月25日(金)から27日まで、同球場で東京ヤクルトスワローズとの三連戦でした。


25日の試合前の時点では、タイガースは、40勝37敗4分の成績で、セントラルリーグの二位。一方のスワローズは、六位。最下位ヤクルト相手に、上手くいけば三連勝、悪くても二勝一敗と思い、27日のチケットを予約購入していました。


ところが、24日夜に、浜地真澄投手が新型コロナウイルスに感染したことが確認されたことを受け、1軍の監督・選手など全スタッフのPCR検査を実施しました。そして、25日になって、岩貞祐太投手・馬場皐輔投手・糸原健斗選手・陽川尚将選手の選手4人およびチームスタッフ2人の合わせて6人の陽性が判明。これで、タイガースの陽性者は7人となってしまいました。


また、陰性判定を受けたものの、陽性者と食事をともにした福留孝介選手・江越大賀選手・木浪聖也選手・岩崎優投手・小川一平投手・小林慶祐投手の6人についても1軍登録を抹消し、合わせて10選手の一軍登録抹消となってしまいました。


まさに、阪神にとって「緊急事態」です。球団は、急遽、ファーム(二軍)から、能見篤史投手、藤浪晋太郎投手、谷川昌希投手、斎藤友貴哉投手、上本博紀内野手、北條史也内野手、熊谷敬宥内野手、高山俊外野手、島田海吏外野手の九選手を、出場選手登録して、25日からのヤクルト戦に臨みました。


「緊急事態」下、25日(金)の試合は、エースの西勇投手が先発しましたが、3対6で負けました。26日(土)は、ガンケルが先発、1対2で敗れてしまいました。悪い流れのまま、27日の試合の応援に。


23日には、、『withコロナの相撲観戦 九月場所11日目』⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1d76ead3c13d3a0e9d33499974df011f だったので、当初は、ブログ記事のタイトルを、『withコロナの野球観戦』としようと考えていましたが、『緊急事態の阪神を応援に』の状態になってしまいました。


神宮球場を訪れるのは、昨年の8月23日のヤクルト戦⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f1efb30eb3afa9445ae7f1fdbe6d3ef6 以来です。


試合開始は、18時30分。午後5時過ぎに、最寄り駅の東京メトロ銀座線「外苑前駅」のホームで下車。1年1ヵ月ぶりに下車した同駅は、綺麗にリニューアルされていました。そういえば、二年ほど前から工事をしていましたね。

 


暗く狭かった、改札前のコンコースも明るく、広々となりました。


野球はラグビーが開催される時は、大混雑した狭かった階段も、広くなりエスカレーターも設置されていました。


17時15分頃に球場に到着。入場時には、サーモグラフィーによる検温・手指の消毒がありました。


今回の席は、三塁側SS指定席。

 


チケットには、13段となっていますが、ベンチ後ろ、前から5列目。ホームベースが間近に見える、抜群の席です。

 

 


コロナ感染拡大防止のため、座席は、座席の間隔を一席空けてチケットが販売されていますが、国技館のように、販売していない席に座れないような措置はされていません。指定された座席を利用する様に、呼びかけられていますが、これでは、観客が移動して“密”の状態になってしまうかも知れませんね。

 


また、試合中には、写真の様に、係員が「大声での応援、立ち上がっての応援は禁止です」、「マスクを着用してください」と書かれたプラカードを持って、定期的に巡回していました。

 


試合前には、ヤクルトスワローズ公式ダンスチーム「Passion」によるパフォーマンスが行われました。ダンスチームとなていますが、チアリーダーですよね。アメフトのチアリーダーは、セクシーというイメージがあるのですが、パフォーマンスを見る限り「Passion」はアイドル路線なのでしょうか。

 

 


この日のタイガース先発メンバーは;

1 (中) 近本

2 (二) 北條 

3 (右) 糸井
 
4 (左) サンズ

5 (三) 大山

6 (一) ボーア

7 (捕) 原口
 
8 (遊) 小幡
 
9 (投) 秋山

 


一回の表、阪神の攻撃。先頭の近本光司選手が、ライトヒットで出塁。


二番・北條史也選手の打席で、近本は二塁に盗塁成功。北條、糸井が倒れるものの、四番・サンズ選手のレフトタイムリーヒットで1点を先制。


タイガースの攻撃中、ビジターチームの応援団による応援活動は見合わせているので、阪神ファンは手拍子や、応援バッドを叩いての応援です。


一回裏、ヤクルトは、阪神先発の秋山拓巳から坂口智隆選手の2点タイムリーツーベースで逆転します。


スワローズは、私設応援団による太鼓と電子ホイッスルを使用した応援活動が許可されていて、一塁側・レフト側は賑やかな応援です。これって、不公平では。


2回表、阪神・原口文仁捕手のソロホームランで、同点に追いつきます。写真は、ホームランを放ち、ベンチに戻る原口選手。

 


3回表、小幡竜平選手のショートタイムリーヒットで、3対2と逆転に成功します。


初回の投球では、打ち込まれると思った秋山ですが、二回以降は立ち直り、ヤクルトに追加点を許さないまま、6回を終了。


7回表の阪神攻撃前。神宮に阪神の応援歌「六甲おろし」が響きます。

 

 


ヤクルトの投手は、先発の吉田大喜から、長谷川宙輝(ひろき)に交代。すると、阪神打線に火が付き、原口のレフト線2点タイムリーヒットなどで、一挙に6点を挙げ、2対8と大量にリードします。


8回裏、阪神・藤浪晋太郎が登板すると、阪神ファンはさらに盛り上がります。

 


9回表には、近本の右中間タイムリースリーベースで、さらに1点を追加し、2対9で阪神の勝利。


今日のヒーローインタビューは、もちろん原口です。

 

 


この日の試合、小雨が降り続き、試合が終わるころには、びしょ濡れになってしまいましたが、ゲームに勝利し、原口のレプリカユニフォームを着て応援した隊長にとっては、大満足の観戦でした。

 


さて、国技館で日本相撲協会のコロナ感染拡大防止策を体験した直後の野球観戦でしたが、正直、ヤクルト球団のコロナ対策には、甘さを感じました。


国技館では、アルコール飲料の持ち込みも販売も禁止。神宮では、売り子によるスタンド内での巡回販売は、7回終了までと時間制限があるもののアルコール類は、販売されています。


結果として、酔っ払った観客による、大声での声援、会話が目立ちました。隊長も飲酒をしながらのスポーツ観戦が好きなのですが、アルコール飲料の販売にはある程度のリミットを設けた方が良いのではないでしょうか。

 


==「猛虎通信」バックナンバー ==
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/4aa91a87a04eacbc3c2222df6065bd1d

Vol.1~105 省略

Vol.106 2019/6/20 『オールスターファン投票 阪神5名選出』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7ca45a679d6fe1b9b50ff6462b22a442

Vol.107 2019/8/22 『屈辱の東京ドーム三連敗』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0955489743166379832cd150e604d118

Vol.108 2019/9/10 『大満足の神宮・生ビール半額ナイター』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f1efb30eb3afa9445ae7f1fdbe6d3ef6

Vol.109 2019/9/21 『メッセンジャー涙の引退会見』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3f4ccf4f2206d0e17bd548f1bb5ef707

Vol.110 2019/10/1 『大大大逆転でCSへ』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2b6e5f211328bb07c458a2777f3a4c73

Vol.111 2019/10/22『大大大逆転劇も、東京ドームで終戦』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7f179ec5925eca7cac476dec0bbe34c6

Vol.112 2019/12/17『2019年の総括』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b8ccb28e79c8557080170d32e7e78193

Vol.113 2020/1/22 『阪神タイガースグッズ』(その5)  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a3fd7db44625df2f6d5f05217e163ed1

番外編  2020/2/12 『訃報:野村克也元監督』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c51ebb5b75ccc6eac31bd40d241a9dde

Vol.114 2020/3/5  『2020年の新戦力』(その1) https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3e87fda1c565337a5e879d12856a037a

Vol.114 2020/3/6  『2020年の新戦力』(その2) https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/123b04522f472746fc8b2852a391456a

Vol.115 2020/4/19 『原口選手「生きるを伝える」に出演』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bfc1b2c743d910e4e929e69f3ef4b3f4

Vol.116 2020/5/20 『六甲おろし』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6d23ff4c96d2f174b054dfb6c919f342

Vol.117 2020/6/22 『開幕三連戦 悪い予感が適中』  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/29d5c94ca9d85309a4e0e111952d9a15

Vol.118 2020/8/10 『読売、今度は倍返しだ!!』  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/981ed8f1cfa34c98c6c2e49b26555a32

Vol.119 2020/9/3  『球児 最後の雄姿を見せてくれ!』  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5eea7e0fe3ca7daa62dd8a4c1cb40614

コメント (2)

映画 番外編 『訃報:竹内結子さん』

2020年09月27日 | 映画

隊長が、これまでに観た「映画」を紹介するシリーズの番外編は、『訃報:竹内結子さん』をお送りします。

 


今朝(9月27日)飛び込んで来た、女優の竹内結子さんが死亡したとのニュースには、驚きました。


関係者によると、同日未明に東京都渋谷区の自宅でぐったりした状態でいるのを、同居の家族が発見。搬送先の病院で死亡が確認されました。警視庁は現場の状況から、自殺を図ったとみて調べているとのこと。


享年、40歳です。ご冥福をお祈りいたします。


竹内さんは、昭和55年(1980)4月1日、埼玉県生まれ。中学卒業後にスカウトされ芸能界へ。1996年、フジテレビ系「新・木曜の怪談Cyborg」での女子高生役でドラマデビュー。99年には、NHK連続テレビ小説(朝ドラ)「あすか」でヒロインを演じました。


その後も数々の映画・ドラマで活躍していました。「隊長のブログ」では、2016年5月公開の映画 『殿、利息でござる!』 ⇒  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e131cd797c842f40b76cbe3e2675d5ae

2019年1月期ドラマ 『スキャンダル専門弁護士 QUEEN』⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ed25fc5d60f6630fb4eb5ce98a82341b


2019年5月公開映画 『コンフィデンスマンJP ロマンス編』⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a8cc3cb1c692eb2e3b9e3723e5ceff09 を、取り上げています。


私生活では、2005年に歌舞伎俳優の中村獅童さんと結婚。同年に長男を出産するも08年に離婚。その後、昨年2月に俳優の中林大樹さんと再婚。今年1月下旬に、都内の病院で第2子男児を出産したばかりです。


今年7月には、俳優の三浦春馬さん。9月には、女優の芦名星(あしな せい)さんが、自殺で亡くなっています。まさに、俳優の自殺連鎖のような状態です。


それぞれ、自ら死を選ばざるを得なかった事情があるかとは思いますが、影響力の大きい有名人の自死は、もうこれで打ち止めにしてもらいたいものです。

 


==「映画」バックナンバー =
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/226e9f0193a60e6a012384176360666f

Film1~185  省略

Film186 2020/7/28 『タクシー運転手 約束は海を越えて』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d425033c8d4ac29f7ecb40cfe3ef0af3

Film187 2020/8/5  『時をかける少女(昭和58年)』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c074188e35199cabf2d6a81b9474c374

Film188 2020/8/11 『傷だらけの男たち』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c3acc86168322a4303d18048f874b076

Film189 2020/8/14 『隠し剣 鬼の爪』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/55130ae04fa1202f9d4772527db498de

Film190 2020/8/20 『サンザシの樹の下で』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/78d89e3dea945386a2dcf796f612f896

Film191 2020/8/25 『海街diary』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7b8dc81044ecbe3662e1bbfe2e6c44bb

Film192 2020/8/29 『TAXI NY』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/616b0ac53c47ef54b3f736b3bf58636d

Film193 2020/9/2  『コンフィデンスマンJP ロマンス編』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a8cc3cb1c692eb2e3b9e3723e5ceff09

Film194 2020/9/6  『丹下左膳 百万両の壺』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/818aa36c7c3ddd1a5a14ee202444b041

Film195 2020/9/9  『ハドソン川の奇跡』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/db3e0cf65676ba73bd806f07850a5ea5

Film196 2020/9/13 『グリーンマイル』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/876a4508199a8cf4d0832c063b02d670

Film197 2020/9/15 『チィファの手紙』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a2928d17c0dab4ca2d5b48fdd62f7bf8

Film198 2020/9/19 『夕陽のガンマン』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f1448b241b34eb39c42b9f97bdd98095

Film199 2020/9/23 『助太刀屋助六』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/aedb38fd6db9e282b364c163bd5dcfc                                                                                    

コメント

テレビ Vol.337 『中国ドラマ 「月に咲く花の如く」』

2020年09月27日 | テレビ番組

隊長が観た「テレビ番組」を紹介するシリーズの第337回は、『中国ドラマ 「月に咲く花の如く」』をお送りします。

 


『月に咲く花の如く』 (原題:那年花開月正圓、英題:Nothing Gold Can Stay)は、BS11にて毎週火~土曜日の朝・4時00分~5時00分に放送 されている中国歴史ドラマです。(日本語字幕放送・全74話)


「那年花開月正圓」が初回放送されたのは、上海のテレビ局「東方衛視」と、南京のテレビ局「江蘇衛視」で、2017年8月~10月にかけて放送されました。


「那年花開月正圓」は、2017年に放送した中国歴史ドラマで視聴率第1位、全TVドラマの中でも第2位を獲得。動画配信サイトでの総視聴回数も131億回を記録するなど、中国で社会現象となった大ヒットドラマです。


その総製作費は、日本でも大きな話題となった『武則天-The Empress-』『ミーユエ 王朝を照らす月』をも凌ぐ68億円。5万平方メートルにもおよぶ巨大なセットで、CGを使わず清朝末期の街並みなどを完全に再現しています。


日本でも、各局で放送され、DVDも販売されています。また、日本だけでなく、各国でも放送されています。


主演は、 孫 儷(スン・リー)。スン・リーさんの主演映画は、2019年日本公開の『SHADOW/影武者』 ⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5e2e616b5d1912cd493c64d1cfe9cfbd を、紹介しています。


共演者は、陳 曉(チェン・シャオ)、何 潤東(ピーター・ホー)、俞 灏明(ユー・ハオミン)、胡 杏兒(ミョーリー・ウー)、曾 淇(ツォン・チー)、任 重(レン・ジョン)、刘 佩琦(リウ・ペイチー)、ほか。

 

 
本ドラマは、清朝末期に実在し、中国の近代化に貢献した女性豪商・周瑩(しゅうえい)の愛と成功を描いた中国歴史ドラマです。孤児だった周瑩は、たぐい稀な商才と行動力で数々の試練を乗り越え、商家・呉家東院の女主人になり、新たな道を切り拓いていきます。商売の神だけでなく、多くの人々に愛され、そして人を愛した彼女の半生を描いた物語です。


あらすじ:両親を知らぬまま養父・周老四(リウ・ペイチー)に育てられた周瑩(スン・リー)は、自由奔放に生きてきました。しかし、中国西北地区・涇陽(けいよう)の大商家である呉家東院の若旦那、呉聘(ピーター・ホー)と出会って人生が一変、運命に導かれるように使用人の身から呉聘の妻になると、持ち前の商才を発揮して夫を支え始めます。


ところが、平穏な日々は長くは続きませんでした。愛する呉聘が毒殺され、政治的陰謀による家業の危機と、次々と大きな試練に見舞われた周瑩。彼女はやがて女手一つで呉家東院を切り盛りしていくことになり。。。。


第26話までの感想:中国・上海に住んでいた頃は、さんざん観ていた中国ドラマですが、「隊長のブログ」では、韓国ドラマ、台湾ドラマを紹介したことはありますが、中国ドラマは初めてです。


このドラマだけでなく、最近、各局で中国ドラマを放送する機会が増えている気がします。逆に、韓国ドラマの放送が減っているように思います。


『月に咲く花の如く』は、とにかくスケールが大きいドラマです。冒頭にも書きましたが、68億円と、ハリウッド映画なみの製作費には脅きました。5万平方メートルのセットだけでなく、衣装、小道具まで、お金をかけているのが分かります。


清朝末期の時代考証もしっかりとやっているようです。辮髪(べんぱつ)の男性俳優は、カツラではなく、実際に前頭部を剃りあげているそうです。スタッフ・キャストの意気込みが感じられますね。


ストーリーも、日本のドラマにはない、まさに波瀾万丈です。第21話では、主人公の周瑩が陰謀により、彼女が呉聘を毒殺したという濡れ衣まで着せられ、リンチされ呉聘の子を流産させられ、役人に引き渡されることなく、呉家の裁きで生きたまま、池に沈められてしまいます。そして、22話では、死ぬ直前に沈星移(チェン・シャオ)に助けられ、復讐を誓うという、凄い展開です。


放送回数も、74話とNHKの朝ドラなみですが、ストーリーが練られているので、ちっとも飽きることなく、次話が気になります。早朝放送が幸いして、毎話を録画して観ていますので、見過ごすことはありません。


尚、『月に咲く花の如く』次回・第27話「新たな商売」は、9月29日(月)午前4時から放送予定です。

 

2020/12/14 追記:BS11にて放送されていた『月に咲く花の如く』、12月3日の最終第74話が放送されてから二週間近く経ちますが、主人公の“周瑩(しゅうえい)ロス”が続いています。

2017年に放送した中国歴史ドラマで視聴率第1位、全TVドラマの中でも第2位を獲得しただけあって、周瑩のスケールの大きい波乱万丈のドラマの名シーンが、未だに眼に焼き付いています。

ヒットの要素はいろいろあると思いますが、隊長が思うのは、周瑩を演じた孫 儷(スン・リー)さんの、魅力・演技力に尽きると思います。

スン・リーさんの着ていた衣装も、地位や役割が上がるごとに豪華になってきました。これらの衣装を、「漢服(かんふく)]と呼ぶのですかね。日本人が “チャイナドレス” と呼んでいる衣装は、「旗袍(チイパオ)」といい、満州族の民族衣装なのに対して、「漢服」は漢民族の伝統的民族衣装です。

最近の中国では、若者の間で「漢服」がブームになっていると聞きました。日本で言えば “着物回帰” ですかね。

『月に咲く花の如く』の中で、その漢服の袖から紙幣である「銭票」を取り出し、役人や利益を受けたい相手に渡すシーンが何度も出て来ました。日本では、“袖の下”とは「賄賂(わいろ)」の意味ですが、語源は中国から来たのではと思いました。因みに、中国語でも「袖下」は、賄賂の意味があるそうです。

 


==「テレビ番組」 バックナンバー ==
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/17de26ad35859fd865f52645aba1b27d

Vol.1~325 省略

Vol.326 2020/8/9   『ドラマ「半沢直樹」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6043c89756fee9e30005d9aa2a12c199

Vol.327 2020/8/12  『「ヒルナンデス!」で本郷・谷中を紹介』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/84f29172ab81cdd6f2872c965c7f6c8b

Vol.328 2020/8/18  『有吉くんの正直さんぽ~虎ノ門~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d190bf1dd2769a0ace80f19b72ea3b2d

Vol.329 2020/8/24  『ドラマ「太陽の子」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d37394450a1eca15d8d0e6300f94dfea

Vol.330 2020/8/27  『出没!アド街ック天国~銀座2020~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/96138dae582a7fdeb2fc8e2090233cf1

Vol.331 2020/8/31  『アナザーストーリーズ~ハドソン川の奇跡~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1c70043be993300c84196657133fad93

Vol.332 2020/9/5   『ファミリーヒストリー「ナイツ」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/25396f0e2b5c5a9ada982e17cf692a3f

Vol.333 2020/9/8   『武田鉄矢の昭和は輝いていた~ザ・ピーナッツの真実~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2b6a4222fcdbeb7a3ca0f44b065e52bc

Vol.334 2020/9/12  『ドラマ「すぐ死ぬんだから」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9da26a1e8fe24ffe642529395dea6eaa

Vol.335 2020/9/16  『英雄たちの選択~新田義貞~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/af6874775bb049d397b4d6b023571140

Vol.336 2020/9/21  『有吉くんの正直さんぽ~文京区小石川・本郷~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6af1799b4e8d8cb99759bed069af1bb2                                                                           

コメント

スポーツ No.198 『withコロナの相撲観戦 九月場所11日目』

2020年09月24日 | スポーツ

隊長が体験や観戦した「スポーツ」を紹介するシリーズの第198回は、『withコロナの相撲観戦 九月場所11日目』をお送りします。

 


昨日(9月23日)、東京・両国国技館に大相撲九月場所(秋場所)⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fef6c26e2d643cc3143694ffab7959f2 11日目の観覧に行きました。


国技館で相撲を生で観るのは、 『平成30年初場所 2日目観戦』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/672d8d8a8424f56a3729e396094ef443 以来、2年7ヵ月ぶり、二度目です。


そこで、『withコロナの相撲観戦』の様子をお届けします。


入場券を購入した時に、チケットと一緒に日本相撲協会から「観戦にあたっての注意事項」が書かれたA4用紙二枚が渡されました。


書面には、「大声での声援は禁止となります」、「常時マスクを着用下さい」など、注意事項がびっしりと書き込まれています。


午後2時40分頃に国技館前に到着。これまで、本場所開催中、力士が出入りする通用門前には、入待ち・出待ちのファンが大勢いたのですが、規制がされていて人通りは殆どありません。

 

かろうじて、相撲櫓 (やぐら)と、 力士名の入った色とりどりの「相撲幟 (のぼり)」はあるのですが、華やかな感じが全くしていません。入場する観客も少なく、場所開催中か分からないほどです。

 


ゲートを潜ると、先ずは、手指消毒。


館内に入るのは、「正面入口」と「相撲案内所」の二箇所があったのですが、開いているのは「正面入口」のみ。「相撲案内所(お茶屋さん)」は、営業していません。「正面入口」を入り、右手にあった「相撲博物館」も閉館です。


チケットの半券をもぎった後、手渡されたのは、冒頭写真の「星取表・取組表」と、「大相撲観戦マナー」などの、コロナ対策の紙でした。

 


前は、お茶屋さんに席まで案内してもらえたのですが、今回はそれもなく、自分で二階の席へ。

 


この日の席は、向正面の前から5列目と、土俵が良く見える場所です。


時刻は、14時50分頃。「幕下」の取り組み中でした。コロナ対策のため、「砂被り(すなかぶり)席」には観客を入れていません。


また、四人席だった「マス席」も一人席になっています。「2階イス席」は、写真の様に白矢印の席以外にはテープを張って、一列8人掛けの席に、二人しか座れない様になっています。


四連休初日の9月19日から、政府によるイベント入場制限が緩和され、プロスポーツは会場収容人数の50%まで動員が認められるようになりました⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4249cc4be5c57fdf6ecd4d4f6e474e0e


しかし、国技館では、最大収容 10,500席のところを、上記の措置で定員の約25%の入場規制をしたままでした。


隊長の席から後を振り向くと、今場所初日にお披露目されたばかりの今年初場所優勝の「徳勝龍」⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2a98078ace813a9ed25d96158e4729f5 と、


春場所優勝の「白鵬」⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a73043811e06d5607a876a3e94d55ae1 の優勝額が飾られていました。

 

 


十両の取り組みが終わり、午後3時45分頃から「幕内土俵入り」が始まりました。

 

 


今場所は、両横綱が休場しているので、「横綱土俵入り」が無いのは、寂しい限りです。


「中入り」の休憩中に売店を覗いてみると、コロナ対策の‌ビニールシートが貼られていて、閉店時間も17時の短縮営業です。いつも叔母さんに頂いている「番付表」は、55円(税込)で販売していました。

 


取組中にも、「マスク着用をお願いします」のプラカードを持った係員が定期的に巡回していて、相撲協会のコロナ感染拡大防止への並々ならぬ決意を感じました。


掛け声、声援が禁止のため、仕切りの最中は、静寂が館内を支配しています。しかし、呼び出しや行司の声。力士の柏手の音。力士がぶつかり合う迫力のある音が、観客席に届きます。


これまでは、お酒を飲みながらの相撲観戦が楽しみでしたが、今場所は、アルコールは持ち込み禁止で、売店での販売もありません。しかし、withコロナの相撲観戦は、また別の楽しみがあることが発見できました。


発見と言えば、普段のテレビ 観戦では分からなかったことが、今回、向正面の席から観ていて分かったことがあります。


行司の履物は、幕下格行司までは “裸足”。三役格行司以上は、“白足袋” と “草履”。幕内格と十両格行司は、土俵上では “白足袋”、土俵控えまでの入場時は “草履” と定められています。


これまで、幕内格と十両格行司は、草履をどうしているかが疑問でしたが、その謎が解けました。土俵に上がる時に脱いで、土俵下に置いてありました(写真の赤矢印)。


また、テレビ観戦をしていると、「制限時間いっぱい」前に拍手を始める場内の観客がいます。向こう正面東側に座っている「時計係審判」が、合図を行司に送り、「制限時間いっぱい」を行司が分かると聞いていました。それなら、なぜ観客が事前に分かるか疑問でした。


制限時間になると、「時計係審判」が右手を小さく挙げます。この時点では、行司は前を向いているので気が付きません。ところが、これを見た観客が拍手を始めるのです。仕切りが終わり、行司が振り向くと、再度「時計係審判」が右手を挙げ、正式に「制限時間いっぱい」となるのです。


この日の取り組み、幕下の朝弁慶 対 時栄の一戦から観ていましたが、「物言い」が付いたのは、栃ノ心 対 遠藤の取り組みの一回だけでした。


前にも書いたことがあるのですが、土俵上で審判が協議している時、テレビ観戦では、ビデオで勝負の瞬間を見せてくれています。テレビ桟敷では、その様子が分かるのですが、場所観戦では、分かりません。プロ野球の「リプレイ検証」の様に、観客にスクリーンで見せてくれると、協議を待っている間の退屈をしのげるのではと思います。


取組が進み、「結び」の三番前の大栄翔 対 照強の一戦。照強の名物、右手に塩を目一杯掴み(赤矢印)、吊り天井に届けとばかりに勢いよく塩をまきます。すると、土俵上は、まるで塩の華が咲いたかのようになりました。

 

 


結び前の一番、大関・貴景勝 対 前頭五枚目・宝富士の一戦は、「押し出し」で貴景勝の勝ち。結びの一番、大関・朝乃山 対 小結・隠岐の海は、「上手投げ」で朝乃山が勝ちました。


11日目が終わって、二敗は貴景勝、正代、翔猿、若隆景の四力士と、優勝の行方がどうなるか、残り四日が面白くなってきました。


尚、「隊長のブログ」では、大相撲に関する記事を、これで83回アップしたことになります。 詳細は、こちらをご参照下さい⇒  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/615cf67ca9eddf698c48f249b5c368e3

 

 
==「スポーツ」バックナンバー ==
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/6f101d6b0ec3426d0116ade60659fbd5

No.1~185 省略

No.186 2020/3/4   『令和二年春場所 史上初の無観客開催』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/73bc907f2070961b431ac759e89c33d0

No.187 2020/3/16  『プロ野球は開幕延期、選抜高校野球は中止』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/970989f52482ad105a5394e458b10ec7

No.188 2020/3/22  『異例の春場所 最後を締めたのはやはり白鵬』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a73043811e06d5607a876a3e94d55ae1

No.189 2020/4/22  『豊ノ島 寂しい引退』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b9a616d96521a2ebd5dbaadaa28821ed

No.190 2020/5/15  『令和二年夏場所 幻の番付表』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0581c625d0db5c7acb1ab6f163e967bd

No.191 2020/6/18  『「楽天生命パーク宮城」が遠ざかってしまった』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fb7020fd0a5c0be065f6bd0a0ecde153

No.192 2020/7/18  『令和二年七月場所の注目力士は』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/84050c4bbea420c05504412e26491fea

No.193 2020/7/24  『「オリンピック観戦チケット」払い戻し』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9dff62feb6881635c3afa0f211d837f9

No.194 2020/8/4   『照ノ富士、地獄からの復活優勝』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a190d974b1dcdcbf9d4554aa771964db

No.195 2020/8/19  『「甲子園高校野球交流試合」は今年だけで』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/177af46240eacfb84b80e828acd0ef6a

No.196 2020/9/14  『令和二年秋場所の注目力士は』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fef6c26e2d643cc3143694ffab7959f2

No.197 2020/9/20  『イベント入場制限緩和』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4249cc4be5c57fdf6ecd4d4f6e474e0e

コメント