隊長のブログ

中国上海に2003年12月から2008年1月まで駐在。趣味はヒップホップダンス、ジャズダンス、旅行、映画、スポーツ観戦。

上海城市新聞Vol.22 『天の果て、海の果て』 (その1)

2013年04月29日 | 上海城市新聞

上海城市新聞 Vol.22   『天の果て、海の果て』       2013年4月29日

SHANGHAI CITY NEWS Vol.22    “Tianya-Haijiao”       2013/4/29

               =中国語で城市はCity,新聞はNewsの意味(日本語の新聞は英語では報紙と書きます)= 

                                          =従って城市新聞はCITY NEWSの意味です=

            
                                 
               記事中の写真をクリックすると拡大画像が表示されます。

 

4月21日(日)から4月26日(金)の6日間、『天の果て、海の果て』へ行ってきました。

 

『天の果て、海の果て』は、中国語では、「天涯海角(Tianya-Haijiao)」と書き、中国海南島の南端 三亜市の海岸にある奇岩に、この文字が刻まれています。

 

220px2_5


文字通り、『天の果て、海の果て』 を意味し、昔、中国の政治家達が、流刑の地であった海南島にたどり着き、望郷の念から、この地を「天涯海角」と呼んだとされています。


それでは、海南島への旅行記を何回かに分けて、ブログにアップして行きます。

 


【1日目:4月21日(日)】
東京は雨、海南島三亜市は快晴。羽田から香港経由で三亜へ移動。


日本から海南島への直行便がないため、今回の旅では、羽田から香港経由で海南島へ行きました。

 

利用したのは、羽田発10:35 香港着14:25(飛行時間4時間50分)のCX(キャセイパシフィック航空)543便。香港からは、19:05発 三亜着20:35(飛行時間1時間30分)のKA(香港ドラゴン航空)650便です。

 

航空券代は税・燃油サーチャージ等込みで往復80,100円でした。

 

この日の東京の天気は雨 で、肌寒い気候です。

 

Dsc_0002

【羽田に駐機中のCX543便】

 

CX543便は、ほぼ定刻通りに小雨に煙る羽田を出発しました。機材は、ボーイング747-400(通称:ハイテクジャンボ機)。搭乗率は、7~8割です。


今では、世界の空から消えつつある747-400ですが、隊長が年に3~4回海外出張や海外旅行をしていた頃には、よくお世話になりました。

 

機内食は、まあまあ満足出来るレベルでした。機内で見た映画 は、トム・クルーズ主演の「アウトロー」です。

 

Dsc_0003
【CX543便の機内食】

 

 香港国際空港には、定刻より10分早い14:15に到着しました。乗り継ぎ便の出発まで5時間近くあります。待ち時間が長い !!

 

最初は、免税店を覗いたり、飛行機が発着する様子を見ていたりしたのですが、それにも飽きてしまいました。

 

Dsc_0009

【香港チェクラップコク国際空港】


お腹も満腹状態で、食事をする気にもなれず、空港内のマックで「マックコーヒー」HK$12.8(約170円) を買い、テーブルに座ってぼんやりと過ごしていました。

 

搭乗時刻の18:40まで、あと1時間程になった頃に、突然、以前香港で危うく乗り継ぎ便に乗り遅れそうになった事を思い出しました。

 

中国上海に駐在していた2004年に台湾へ出張する機会がありました。当時は、上海-台北間の直行便はまだ運行されていなくて、香港での乗り継ぎでした。

 

それまでに、香港には20回以上も出張と旅行で訪れていましたが、到着したのは、いずれも現在の「チェクラップコク国際空港」ではなく、旧「啓徳空港」でした。

 

乗り継ぎ時間が1時間半あったので、充分に余裕があると思っていましたが、上海からの到着が30分遅れてしまいました。

 

初めて到着した空港で、乗り継ぎ便の搭乗口が到着したターミナル内にはなく、何処にあるのかさっぱり分かりません。

 

右往左往してやっと、乗り継ぎ便の搭乗口へ行くには、自動運転の空港内列車に乗って移動しなければいけないことが分かりました。

 

大急ぎで列車に乗り込み、なんとか乗り継ぎに間に合いました。


そんなことを思い出したので、慌ててKA650便の503番搭乗口を探しましたが、案内図には第1ターミナル内にも、列車で移動する第2ターミナル内にもありません。

 

不安を感じましたが、とにかく「501-513搭乗口」と表示が出ている方向に向かいました。すると、なんとシャトルバスに乗っての移動です。

 

Dsc_0010
【シャトルバスに乗ってやっと「501-513搭乗口」に着きました】


501-513搭乗口は、第1・第2ターミナルから離れた小型機専用の搭乗施設内にありました。今回も、もう少しで、乗り継ぎ便に乗り遅れにるところでした。

 

Dsc_0012

【KA650便の「503搭乗口」】

 


KA650便は、定刻から20分遅れの19:25の離陸です。機材はエアバスA320-200。搭乗率は、6~7割でした。

 

ネットからダウンロードした同便のスケジュールには、食事 は「軽食」と書いてありましたが、実際に機内で出たのは“クッキー” だけでした。

 

Dsc_0013

【クッキーだけの機内食】

 

飛行機が着陸のため、海側から海南島へ入った時に、ライトアップされた『南山寺』の「海上観音」が、上空から良く見えました。

 

目的地の『三亜鳳凰(Feng Huang)国際空港』へ到着したのは、定刻より25分遅れの21:00でした。

 


===== 続きは、上海城市新聞Vol.22『天の果て、海の果て』(その2)で===== 

コメント

ブログ その35 『「天の果て、海の果て」から、帰って来ました』

2013年04月27日 | ブログ
天の果て、海の果て』から、昨晩(4月26日)帰って来ました。
 
『天の果て、海の果て』は、中国語では、「天涯海角」と書き、中国海南島の南端 三亜市の海岸にある奇岩にこの文字が刻まれています。
 
文字通り、『天の果て、海の果て』を意味し、昔、中国の政治家達が、流刑の地であった海南島にたどり着き、望郷の念から、この地を「天涯海角」と呼んだとされています。
 
今回の旅でも、トラブルがいくつか有りましたが、なんとか無事に戻ることが出来ました。
 
旅行記は、写真等の整理が出来次第、『上海城市新聞』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/e4fee696c4bcd0d9e4bfd0b78bb8ea42  のタイトルでブログにアップする予定です。
コメント

ブログ その34 『「天の果て、海の果て」へ行って来ます』

2013年04月20日 | ブログ
明日(4月21日)から、『天の果て、海の果て』へ行って来ます。
 
 
しばらくの間、ブログをお休みさせていただきます。
 
 
無事に戻りましたら、ご報告いたします。
 
 
それでは、行って来ます!
コメント

スポーツ No.18 『文京総合体育館新設オープン』

2013年04月19日 | スポーツ

  写真をクリック・タップすると拡大画像が表示されます。

 

隊長が体験や観戦した「スポーツ」を紹介するシリーズの第18回は、『文京総合体育館新設オープン』をお送りします。

 

須藤元気&岩崎恭子 スペシャルトークショー』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e4dca64b2587f77fe28f96922bbcf475 でご紹介した様に、4月14日(日) 地元文京区の総合体育館が新設オープンしました。

 

『文京総合体育館』は、文京区本郷7-1-2の旧文京区立第四中学校の跡地に新築されました。

 

Dsc_0042

【左側が体育館、正面奥が東京大学の構内です】

 

建物は、地上3階・地下1階で、延床面積が6,844.61平方メートルあります。

 

1階は、“受付” と地下に有るプールの吹き抜け部分になっています。又、1階の奥には地元の「湯島地域活動センター」もあります。

 

Dsc_0030

 

Dsc_0029_4

 

 2階は、バスケ・バレー等が出来る“競技場” と “武道場”になっています。

 

Dsc_0010

【天井が高い競技場】

 

 3階は、“アーチェリー・弓道場” と 競技場の吹き抜け部分です。

 

Dsc_0018

【アーチェリー・弓道場】

 

地下には、“プール” の他に、“トレーニングルーム”、“卓球場”、“キッズルーム” 等があります。

 

Dsc_0025

【最新のマシンが置かれたトレーニングルーム】

 

 “プール” は、可動式床になっていて、深さを自動調整出来る様になっています。これは、子供達が使用する時に安全なシステムですよね。

 

Dsc_0022

 

メインのプール以外に、“子供専用プール”、“ジャグジー”、“水中ウォーキング専用プール”が有り、このスペースには自然光が差し込むようになっています。

 

Dsc_0021

 

その他の設備も最新で、公営の体育館でこれだけの設備を備えているところは、なかなか無いのではないでしょうか。

 

同体育館の運営は、隊長が通っているフィットネスクラブを経営している会社が請けおっています。

 

フィットネスクラブで顔なじみのスタッフも同体育館に何人かが配属されていて、彼らに会うと「高い料金のフィットネスクラブを辞めて、ここへ来ます」と冗談を言っています。

 

文京区内在住・在勤・在学者の方は、ぜひ一度利用してみて下さい。 

 


尚、「隊長のブログ」の『スポーツ』カテゴリーの記事一覧はこちらでご覧いただけます⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/6f101d6b0ec3426d0116ade60659fbd5

コメント

ペット・動物10匹 『12歳で白内障に !!』

2013年04月17日 | ペット・動物

4月14日は、我が家の愛犬グリフィン君』(ミニチュアダックスフント・ブラック&タン・おす)の12歳の誕生日でした。

 

 

051216_140240_m_3

【若い頃のグリィフィン君】

 

小型犬の12歳は、人間の年齢に換算すると64歳になるそうです。


昨年の11歳の誕生日⇒
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/d/20120422 からこの1年で、急激に老いが目立って来ました。


外見的には、毛並みの艶が無くなって来て、白髪が多くなりました。特に、顎の下の白髪が目立ちます。


11歳の誕生日を迎える前から、遠くまで散歩をしなくなったのですが、2~3ヶ月前位からは、家から100m以上離れた所へは行きたくない素振りを示す様になりました。


家の中でも、じゃれて走り回ることも無くなりました。

 


運動不足の為なのか、太り始めて、以前は5kg前後だった体重が7.8kgになってしまいました


以前より痩せてしまった⇒
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/d/20120804 飼い主の隊長とは正反対です。


前はソファーの上に、勢いよく自分で飛び乗っていたのですが、それも出来なくなりました。

 


昼間も寝てばかりいる事が多くなりました。

 

 

Dsc_0003

【最近は、昼間でもベッドの中から動こうとはしません】

 


おかしいなと気がついたのは、2週間位前からです。


散歩の時に、電信柱にぶつかったり、歩道の縁石の上を歩いていて車道側に滑り落ちたりするのです。


最初は、加齢と太った為に、運動神経が鈍ったのか位にしか思っていませんでした。

 


むしろ、そんな様子が面白いと笑って見ていました。


しかし、ついに家の中でも、テーブルや椅子の脚にぶつかる様になりました。


決定的だったのは、目の前に大好きなおやつを見せても、気がつかなかったことです。

 

これは、ひょっとして眼が見えていないのではと思い、かかりつけの獣医さんに連れて行きました。

 

診断の結果は、白内障が進行してぶどう膜炎を起こしている疑いがあるとのことでした。

 

犬が白内障になりやすいと聞いていましたが、まさか我が家の愛犬がなるとは夢にも思っていませんでした。

 

そう言えば、最近、眼が充血していることが多く見受けられました。

 

獣医さんからは、消炎剤と角膜保湿剤の目薬を処方され、しばらく様子を見ようという事になりました。

 

もっと早く気がついてあげたら良かったと後悔しています。

 



コメント