隊長のブログ

中国上海に2003年12月から2008年1月まで駐在。趣味はヒップホップダンス、ジャズダンス、旅行、映画、スポーツ観戦。

「フランス映画」 記事一覧

2020年05月31日 | 映画

フランス映画の定義は、主にフランスの資本と人材によって製作された映画 のことです。

 


フランス映画といえば、ハリウッド映画とは異なり、おしゃれでセンスの良い映像と音楽に彩られ、ウィットに富んだ作品が多い印象がありますよね。また、ド派手なアクション映画も魅力です。


さらに、同国で開かれる「カンヌ国際映画祭」や「セザール賞」も注目の的です。


そんなフランス映画を、「隊長のブログ」では、これまでに、8作品を紹介しています。


詳細は、下記の記事一覧をご参照下さい。

 

 

==「フランス映画」 記事一覧 (日本公開年:タイトル:監督)==

1. 1998年 『TAXi』 ジェラール・ピレス  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/09e5ca5b8146ef381ffe72c29b850d50

2. 2000年 『TAXi2』 ジェラール・クラヴジック  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/34f2ce7bd636a0e7125bed1df53f5dd0

3. 2001年 『YAMAKASI』 アリエル・ゼトゥン  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c345a94962c8b74e9346657ede8c84e0

4. 2002年 『WASABI』 ジェラール・クラヴジック  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d9f2c5d426f448a9ef643aadefdffb13

5. 2003年 『TAXi3』 ジェラール・ピレス  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5e06b004c92e9c9bb25c715bfe220fc3

6. 2007年 『Taxi4』 ジェラール・クラヴジック  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b4c34d387c141f0ff9df7df1449f7ec6

7. 2010年 『パリより愛をこめて』 ピエール・モレル  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/680e94bd8fb92cbb968c24f54a7ee3cc

8. 2013年 『タイピスト!』 レジス・ロワンサル  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9b40c750bc8e2e11af86b34093b0b87f

コメント

健康・病気 その72 『コロナ禍で良かったこと?』

2020年05月31日 | 健康・病気

隊長が見聞きしたり、体験した「健康・病気」に関する記事の第72回は、『コロナ禍で良かったこと?』をお送りします。

 


5月25日に、新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言が全国で解除されてから、1週間が経ちました。北九州市などで、まだ第二波感染の兆しがあるものの、徐々に落ち着いてきている様です。


隊長は、このコロナ禍で、好きだったダンスレッスンも、新舞踊の稽古も休みになり、外出自粛をわりと厳しく遵守してきました。運動をせずに、家で三食をしっかり取っていたので、体重が3kg近くも増えてしまいました。これが、コロナ禍で悪かったこと。


一方、三月後半に阪神タイガースの藤浪晋太郎投手が、新型コロナウィルスに感染したとのニュースが流れました。それまでは、感染の症状として発熱等が挙げられていましたが、彼が陽性と判定される前に味覚と嗅覚の障害があったと報道されましたよね。


それ以来、毎回の食事の際に、飲み物や食べ物の匂いを嗅いで、嗅覚が正常であることを確かめ、食べ物を口に含むごとに、味覚を確かめるようになりました。少しでも、嗅覚、味覚に異常を感じられれば、感染のアラートとして使用してきました。


その結果、今まで以上に、食べ物・飲み物が美味しく感じられる様になりました。これが、コロナ禍で良かったことです。


でも、美味しく感じられるので、ついつい食べ過ぎてしまい、太ってしまいました。これって、結局は、悪かったことかな?

 


==「健康・病気」バックナンバー ==
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/5153e2bca76fc6551b77793cb5fe2e2c

その1~60 省略

その61 2017/2/16 『「帯状疱疹」から一年』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/79de94dc2a29f23e51665e74aeec99d5

その62 2017/3/31 『リハビリ卒業』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/67be71de418c583a2af2ce361a1862de

その63 2017/11/10『初めての「胃内視鏡検査」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3c20ad14244e3764a033b9b21cb92a9a

その64 2018/1/1  『2018年の目標は勝率6割4分です』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1e2a980738e1a278fe7334e2908decf2

その65 2018/3/5  『死んで、蘇った』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/76c14f41e2b2f08d4d0ee4235ff49139

その66 2018/4/30 『ヤクルト BF-1』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7a8b8cb796dd706e9b3ddf6cce630285

その67 2019/1/3  『2019年の目標も勝率6割4分です』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c8c1d1d3b0a055ee7e645e639625dda9

その68 2019/12/8 『インフルエンザ予防接種』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/37cc8d0e0d59d7b491670ca3e31acb78

その69 2020/1/1  『2020年の目標は勝率6割5分です』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b7141455dc43e0a2ac8f60c2edce81de

その70 2020/2/20 『新型コロナウィルス』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/338fb6bf529e793a2a099dfdcd99624a

その71 2020/4/1  『インフルの患者数が減った訳は』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6731aed98893a9138b532d41122b633d

コメント

映画 Film172 『武士の家計簿』

2020年05月30日 | 映画

隊長が、これまでに観た「映画 」を紹介するシリーズの第172作品は、『武士の家計簿』をお送りします。

 


『武士の家計簿』は、2010年12月に公開された時代劇映画です。製作:『武士の家計簿』製作委員会。配給:松竹、アスミック・エース。上映時間:152分。


尚、「隊長のブログ」では、時代劇映画を、これで七作品を紹介したことになります。詳細は、こちらの一覧をご参照下さい⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/01bfe31aad88ef37ac0a299a52109d76


原作は、歴史学者・磯田道史(みちふみ)の著書『武士の家計簿 「加賀藩御算用者」の幕末維新』。


磯田道史さん出演のテレビ番組は、『英雄たちの選択~悲劇のキリシタン弾圧~』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b451984a0342c7dc71fbaafcbc69e448 を、取り上げています。


脚本:柏田道夫。監督:森田芳光。


主演は、堺雅人。堺雅人さん主演のTVドラマは、 2015年4月期 『Dr.倫太郎』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e17e183c831bacfe94116e17ca47b177 を、紹介しています。


共演者は、仲間由紀恵、草笛光子、松坂慶子、中村雅俊、西村まさ彦、伊藤祐輝、ほか。(順不同)


あらすじ:時代は、幕末から明治。この激動の時代を、知恵と愛で生き抜いた家族の物語です。 


代々、加賀藩(現・石川県)の財政の御用を勤めてきた御算用侍(経理・会計係)である下級武士の猪山家。江戸末期になり、八代目の直之(堺雅人)は、ただひたすらそろばんを弾き、数字の帳尻を合わせて毎日を暮らしていました。


彼は、町同心・西永与三八(西村まさ彦)の娘・お駒(仲間由紀恵)と結婚し家庭を持ちました。しかし、直之が御蔵米の勘定役となった時、帳簿上の齟齬を見つけ、米の横流しがある事に気付きます。藩内で横領をしていた一派が断罪され、直之は異例の出世を果たしました。


ところが、親戚付き合い、養育費、冠婚葬祭と、武家の慣習で出世の度に出費が増え、直之が知らぬ間に、いつしか家計は火の車になっていました。父・信行(中村雅俊)は江戸で膨大な借金がすでにあり、母・お松(松坂慶子)は着道楽でした。


一家の窮地に直之は、"家計立て直し計画"を宣言。家財を売り払い、妻のお駒(仲間由紀恵)に支えられつつ、家族一丸となって倹約生活を実行していきます。直之は息子・直吉も御算用者として、4歳にして家計簿をつけるよう命じ、そろばんで子の額を割るほどスパルタで鍛えていきました。


しかし、時は幕末に移り、成人となった直吉(伊藤祐輝)は、御算用侍が激動の時代に意味があるのかと父と反抗しつつも、時代の中心地・京都の加賀藩邸に向かうのでした。。。


感想:最近の時代劇のテーマで多い、幕末の下級武士の悲哀を描いた物語ですが、身分故の不条理を、『雨あがる』⇒  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a8ce4f27ba525cfadcafb06b85995e81『たそがれ清兵衛』⇒  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8f9600bd35ed0b274b52cabf8d582bcd 、『武士の一分』⇒  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f8084660f5ada8518968e85284502a7b 、の主人公たちの様に、“剣”の腕前で晴らすのではなく、直之が“そろばん”の腕前で晴らしてみせるところが、面白いですね。


これは、今までの時代劇作家と違う、歴史学・磯田道史さんの着眼点のユニークさでしょう。


また、他の時代劇と違い、親子の絆と家族愛が随所に観られる物語です。それを、森田芳光監督が丹念に描いています。

 


思わず笑ってしまったのは、家計が火の車の中で行われた、成之の4歳を祝う宴に出す鯛を、紙に鯛の絵を書いた睨み鯛(にらみだい)だったシーンです。


直之の父・信行が、加賀藩主斉泰の正室・溶姫の婚礼の準備役を命ぜられたことがあり、江戸屋敷の門の外側のみを、赤く塗る節約手法を見出したことを、ことあるごとに自慢するシーンにもクスリとさせられました。


これって、現・東京大学赤門⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/780ae83bc27114fcd10db69f110a1817 のことですよね。


御算用侍たちが、揃ってそろばんを弾いている時のパチパチとした音も良いです。このそろばん、現代の上が一つ、下が四つの五珠算盤ではなく、上が二つ、下が五つの七珠算盤でした。


そろばんと言えば、大学を卒業して入社した会社で、初めて配属されたのが、工場の経理課でした。そこでの最初の仕事は、なんとそろばんを覚えること。毎朝、特訓がありました。昔の話しですが、使っていたのは、いくらなんでも七珠算盤ではありませんよ(笑

 

 


==「映画」バックナンバー ==
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/226e9f0193a60e6a012384176360666f

Film1~160  省略

Film161 2020/4/21 『紙屋悦子の青春』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ce9e8b059ef83a382129d2619ac85adf

Film162 2020/4/24 『PLANET OF THE APES/猿の惑星』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6a7a1e8fbe4d7377c8fd7f1cfad6c746

Film163 2020/5/3  『雨あがる』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a8ce4f27ba525cfadcafb06b85995e81

Film164 2020/5/5  『グリース』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e347f556834ffd68a1456604cfd3ca41

Film165 2020/5/9  『野性の証明』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/72afb2e5872fd49b0ed626d2e77abc20

Film166 2020/5/13 『武士の一分』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f8084660f5ada8518968e85284502a7b

Film167 2020/5/15 『僕等がいた 後編』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2238a0a2da01434f82aafc4d0987bdf3

Film168 2020/5/18 『超高速!参勤交代』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/07d44adf37dd0a5e4f9e429411c3f098

Film169 2020/5/21 『ミックス。』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a687f26c883779f169e9c41de8eb380e

Film170 2020/5/24 『藍色夏恋』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/831b6b1ef710f7538767b57082e5b1ff

Film171 2020/5/27 『新幹線大爆破』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a05c7fb4bdde448a6ac068829713a2e8  

コメント

テレビ Vol.307 『ドラマ 「路~台湾エクスプレス~」』

2020年05月29日 | テレビ番組

隊長が観た「テレビ番組」を紹介するシリーズの第307回は、『ドラマ 「路~台湾エクスプレス~」』をお送りします。

 


『路(ルウ)~台湾エクスプレス~』は、NHK総合テレビおよびNHK BS4Kの「土曜ドラマ」枠で、2020年5月16日(土)夜9時から放送 開始したドラマ番組です。


NHKと台湾の公共放送局・PTS(公共電視台)の共同制作で、全3話。


原作は、小説家・吉田修一の長編小説「路」。


脚本は、田渕久美子。


主演は、波瑠(はる)と、台湾の炎亜綸(アーロン)。

 


波瑠さんが出演したTVドラマは、2014年10月期の『ごめんね青春!』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2e75b75c178e0f8ad7b6fa93301065dc


2015年度後期 NHK 連続テレビ小説『あさが来た』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d1b12667d47c99cf9ab908153a5699bc と、


2019年10月期 『G線上のあなたと私』⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/885e88a62273d507e6deeb1f156daf40 の二本を、紹介しています。


アーロンさんが出演した台湾ドラマは、2013年製作の『王子様をオトせ!』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/46bd2f3004043b770a2edc66b7fcedcf を、取り上げています。


共演者は、井浦新(あらた)、寺脇康文、高橋長英、邵雨薇(シャオ・ユーウェイ)、安娜李(アンナ・リー)、梁正群(リャン・ジェンチュン)、ほか。

 


あらすじ:時は、1999年の仕事納めの日、東京の商社・大井物産社内が大歓声に湧ていました。台湾高速鉄道(新幹線 )の車両システムの優先交渉権を、日本のプロジェクトチームが大逆転で獲得したのです。


入社4年目の大井物産社員・多田春香(波瑠)はプロジェクトの一員として台湾に出向することが決まりました。春香には大学時代、初めて台湾を訪れた夏の切ない思い出があったのです。


エリック(アーロン)という名の台湾人青年と偶然出会い、たった一日だけ台北を案内してもらったが、その後連絡が取れなくなってしまったのです。


何とかエリックを探し出そうとしたが叶わなかった春香は、彼への思いを封印してしまいました。


あれから6年が過ぎ、二度と台湾へ行かないと心に決めていた春香でしたが、台湾新幹線建設チームの一員として、再びその地を踏むことになり 。。。。。


第2話までの感想:日本と台湾を舞台にしたスケールの大きいドラマです。春香とエリックを初めとして、日台の国際カップルの恋愛ドラマでもあり、新幹線建設という経済ドラマでもあり、春香の成長ドラマでもあり、日本と台湾の絆の物語でもあり、様々な要素が詰め込まれています。


台湾には、出張・観光で19回訪れていますが、最後に行ったのが、2004年5月なので、2007年1月に開業した台湾高速鉄道に乗車したことがないので、興味を持ってドラマを観ています。


主役の波瑠さん、『あさが来た』でブレイクした時に、台湾の女優・桂綸鎂(グイ・ルンメイ)にあまにりも似ていると話題になりました⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/847ed09caa155a369793d39183b521c4


その波瑠さんが、台湾との共同制作ドラマに出演しているのも、何かの縁ですね。


一方のアーロンさん。日本びいきで何度も来日しています。ドラマの中での日本語もなかなか上手ですね。そして、グイ・ルンメイさんの映画デビュー作『藍色夏恋』⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/831b6b1ef710f7538767b57082e5b1ff で共演した陳柏霖(チェン・ボーリン)と縁があります。


アーロンさんは、チェン・ボーリンさん、林志玲(リン・チーリン)さん、と共に出資し、台北にある高級美容室「&HAIR」を経営しているそうです。


日本のキャスト・スタッフが台湾に撮影に訪れたり、台湾のキャスト・スタッフも来日したりと交流も盛んだったようです。


ドラマのテーマ“絆”同様にキャスト・スタッフの絆もいろいろとあるのですね。


Chendy(陳葦廷)が唄う主題歌「つながる心」も、このドラマに相応しい素晴らしい曲です。


第1話では、高雄に住む、陳威志(リー・ズーチェン)と幼馴染の張美青(ウー・ダイユン)が、どの様に台湾新幹線と関係するのか見えませんでしたが、第2話の後半になって、陳威志が新幹線の整備士に応募するようですね。


映像を見ていて気が付いたのですが、台湾高速鉄道は、日本の鉄道と同じ左側通行ですね。台湾の道路交通は右側なのに。これは、戦前の日本統治時代のなごりで、鉄道が左側通行だからでしょうか? それとも、台湾高速鉄道のレール部分は、左側通行のフランス式を採用したからでしょうかね?


尚、『路~台湾エクスプレス~』次回・第3話(最終回)は、明日5月30日(土)夜9時からの放送予定です。

 


==「テレビ番組」 バックナンバー ==
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/17de26ad35859fd865f52645aba1b27d

Vol.1~295 省略

Vol.296 2020/4/29  『今夜の旅はドラマチック「水の都は 悠久の楽園~中国・杭州~」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f7c8f1d3f999a77fcd055230c3b15203

Vol.297 2020/5/2   『ファミリーヒストリー「志村けん」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e9e02452af6fa12a7f2b86737562498f

Vol.298 2020/5/6   『ドラマ「SUITS/スーツ2」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f5eb6fd88dbd59e54a92ba2d4dd78827

Vol.299 2020/5/9   『ドラマ「家政夫のミタゾノ」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cdf98200857abfcdcb6ca7f0d7b031d6

Vol.300 2020/5/11  『ドラマ「行列の女神~らーめん才遊記~」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bdbe6e1935a056047054d0fffae87364

Vol.301 2020/5/14  『ぴったんこカン☆カン スペシャル~長澤まさみ~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0fbaf067645484bb605aa66dd3d5eb6b

Vol.302 2020/5/16  『絶対行きたくなる!ニッポン不滅の名城~大坂城~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1791d25b036da683cab0126b52c9cee7

Vol.303 2020/5/19  『ドラマ「アシガール」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/df8a20fe19ab06c973dba3089ee657b5

Vol.304 2020/5/22  『ファミリーヒストリー「神田伯山」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2d616e598a052c701eb466e804377399

Vol.305 2020/5/23  『大河ドラマ「太平記」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/12f73f2ba8808a7c3e52e1ee37a9f5cd

Vol.306 2020/5/26  『封鎖都市・武漢~76日間 市民の記録~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/eafa86f5baa926c576768223510b513a

コメント

グルメ 296食 『「鳥つね」 の上親子丼セット』

2020年05月28日 | グルメ

隊長が飲んだり・食べたりした美味しい物やお店を紹介する「グルメ」の第296回は、『 鳥つね の上親子丼セット』をお送りします。

 


鳥料理・親子丼で有名な、湯島天神正面鳥居前にある「鳥つね 湯島天神前本店」を、これまでに2回取り上げています;

http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a7b088f28953b6aae9045c9574a5cc68

http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/17a2f9580cda8017751adf1dcfb2424b

 


新型コロナウィルス感染防止のため、同店は一時休業していましたが、5月7日から営業を再開しています。


再開後の目玉は、ランチ時に通常 1,600円(税込)の「上親子丼」が、1,000円。2,700円の「上親子丼セット」が 1,500円のサービス価格で提供してくれることです。

 


同店応援の意味も込めて、お得な「上親子丼セット」を食べてきました。

 

鳥サラダ、手羽先焼二本、お新香


写真を撮り忘れましたが、さらにお吸物が付いています。


「鳥つね」の住所は、東京都文京区湯島3-29-3 湯島白梅ハイツ 1F。電話番号 は、03-3831-2380です。


上記サービス価格は、新型コロナウィルスが収まるまでとなっていますので、行かれる方は、事前に電話で問い合わせてみてください。


尚、「隊長のブログ」では、湯島地区に関する記事を、これで35回アップしたことになります。 詳細は、こちらをご参照下さい⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/87584188e1ce0a47fad76e5a475d696a


また、「鳥つね」を含む湯島・上野広小路地区の建物・お店の地図は、こちらでご覧いただけます⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9fdabfdb3c1862b9510c1fe9ecfc6690

 


==「グルメ」バックナンバー ==
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/436ad5efc63b39d2e26b84923fb15a02

1~280食  省略

281食  2019/11/24 『門司港バナナサンドクッキー』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8baad3cffaed6d4a8c103afb04d4b08d

282食  2019/12/1 『京都の酒「金印 黄桜」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6a3912b7a7957198b2a845da7fb67e86

283食  2019/12/18 『静岡の酒「萩錦 ひやおろし 純米酒」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/84aa8ea6751db4ce187d7fc81cbd0703

284食  2020/1/5   『峠の釜めし』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7d3943fb3033f1aad81bed26393e984c

285食  2020/1/13  『ジム・ビーム (Jim Beam) 異母妹』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/95b21557189f818900bc08c0895f8096

286食  2020/1/21  『「土産用あんみつ」食べ比べ』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ce5c4a4bc1fd480f957ba16b74977ec2

287食  2020/2/3   『新潟の酒「清泉 吟醸酒」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a51a0281cb1b05af5490ba6f1894a850

288食  2020/2/24  『R・BECKER'S 池袋東口店』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/aa3b899fc0ab18f6a54236990d302171

289食  2020/3/1   『新潟の酒「八海山 特別本醸造」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3e35e1287d19eda1296893f321274fb9

290食  2020/4/2   『家のみワイン No.10』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bd6beae9aebaa1db9d8b9c7b5e46a86d

291食  2020/4/5   『岩手の酒「菊の司」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/536181674dea013596547ef73d6355ce

292食  2020/4/16  『本郷の珈琲専門店「アンモナイト」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c1142872618a906bc7f3ecba9d5ff605

293食  2020/4/25  『「舞い鶴」のぶどうパン』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ab9235dee16b821e06bffa82cb1a13d8

294食  2020/5/1   『家のみワイン No.11』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/553d1a050a8011bb6367b27df34abb14

295食  2020/5/8   『宮城の酒「伯楽星 純米大吟醸」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/99b8bf4ea7e84f114f51fdcfe3f019da

 

コメント