隊長のブログ

中国上海に2003年12月から2008年1月まで駐在。趣味はヒップホップダンス、ジャズダンス、旅行、映画、スポーツ観戦。

健康・病気 その62 『リハビリ卒業』

2017年03月31日 | 健康・病気

隊長が見聞きしたり、体験した「健康・病気」に関する記事の第62回は、『リハビリ卒業』をお送りします。


今日は、三月の最終日です。三月は、卒業の月ですね。


隊長の左手の関節拘縮(かんせつこうしゅく)のリハビリ⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/62367d59fa5c06fa67ce794c0f880dc7 も卒業となりました。


最初は、12~13kgしかなかった左手の握力も、23kg近くまで回復し、指も掌(てのひら)に着くまであと1cmまで曲げることが出来る様になりました。


あともう少し、リハビリ科に通いたかったのですが、担当の整形外科医が三月末で転勤になることもあり、卒業になりました。


作業療法士(OT)の先生には、本当にお世話になりました。


あとは、自宅で地道にリハビリを続けます。


この日は、病院内の患者さんの数がいつもの1/3くらいでした。こんなに閑散としている病院内を初めて見ました。


OTの先生によると、年度末の転勤・移動・引き継ぎのため、予約を控えているためではないかのことでした。


本当は、満開の桜の下で、リハビリ科を卒業したかったのですが、構内の桜は、やっとほころび始めたばかりです。


明日から四月、桜の満開も、もうすぐですね。

 


===「健康・病気」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/5153e2bca76fc6551b77793cb5fe2e2c

その1~50 省略

その51 2015/7/18 『「過敏性腸症候群」の治験モニター』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/68c58a2ed1fd8c1ff60aaf92d6b6e81c

その52 2015/8/18 『外国人体格検査記録』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/25175dc9c4d6becdfcb6bae735f243ea

その53 2015/10/13『尿管結石は激痛だった!』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/66696c8c1fbefb8c0d7a9d05f72b34e4

その54 2016/2/3 『加湿器のお世話になっています』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6016ca8409cba390d70428dac0392d8e

その55 2016/2/20 『「帯状疱疹」を発病』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/dfb1a77545a764e1bc33a0b3ccb557f2

その56 2016/4/6 『帯状疱疹後神経痛』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/df1f7cae51ff6b298abc5164dc9189d7

その57 2016/7/5 『サンダルが履ける!』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0c4f81fdba651667818fca27e0dcda27

その58 2016/10/29『関節拘縮のリハビリ中です』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/62367d59fa5c06fa67ce794c0f880dc7

その59 2016/11/23『浅指屈筋を鍛えています』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/01ebd245b266934954f7d7a8e3394be4

その60 2017/1/1 『2017年の目標も勝率6割3分です』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/edcc2b12b1d0e9c6036686a4ff128915

その61 2017/2/16 『「帯状疱疹」から一年』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/79de94dc2a29f23e51665e74aeec99d5

コメント

テレビ Vol.171 『五木先生の歌う!SHOW学校』

2017年03月30日 | テレビ番組

隊長が観た「テレビ番組」を紹介するシリーズの第171回は、『五木先生の歌う!SHOW学校』をお送りします。


『五木先生の歌う!SHOW学校』は、不定期土曜の18:10~18:45にNHK総合テレビで、放送されている公開音楽バレエティ番組です。


この“SHOW学校”は、歌手の五木ひろしを先生役に、歌手や芸人が生徒役になり、歌謡曲しか教えないという世にも珍しい学校。


五木先生が、歌の世界のアレコレを熱血指導します。懐かしい歌に新しい歌、みんなで歌って笑える“SHOW学校”です。


3月18日(土)の放送は、青森県三沢市三沢市公会堂での公開録画。


市川由紀乃、大江裕、丘みどり、バービー(フォーリンラブ)、エハラマサヒロ、パックン・マックンのクラスメートに、はるな愛が転校生でやって来るという設定でした。


会場が青森ということで、「東北にちなんだ名曲」を五木先生と生徒たちが歌ってくれました。


演歌が中心で、笑いのセンスも古いのではとの先入観で見ていましたが、五木ひろしのボケが芸人以上に面白いのと、皆さんの歌が上手いので、段々と画面に引き込まれて行きました。


尚、『五木先生の歌う!SHOW学校』。次回は、4月1日(土)午後6時10分からの放送予定です。

 


===「テレビ番組」 バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/17de26ad35859fd865f52645aba1b27d

Vol.1~160 省略

Vol.161 2017/1/26 『ドラマ「就活家族~きっと、うまくいく~」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/acc8671583c43312da08a10b428bdf57

Vol.162 2017/1/30 『ドラマ「カルテット」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/36ba956148786123efdeb74e98e37ec8

Vol.163 2017/2/2 『Crossroad(クロスロード)』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0fd68d9b3b9e3e045d6cb7e51418a7f8

Vol.164 2017/2/5 『ドラマ「東京タラレバ娘」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a2ce817da77f64fab6e7bbf4c469a22e

Vol.165 2017/2/8 『大河ドラマ「おんな城主 直虎」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ee8255371fc5ea4e63a8e492d0019a11

Vol.166 2017/2/12 『A-Studio』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/eede7e5b63eb9a08f0009cb9b9e665b8

Vol.167 2017/2/17 『趣味どきっ!「姫旅~華麗なる戦国ヒロイン紀行~」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/39a94f2058f9d8297b997dc44cdae72d

Vol.168 2017/2/23 『ぴったんこカン☆カン』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cd41ee2da1249822b60889d81e7150f4

Vol.169 2017/2/28 『主治医が見つかる診療所』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d1220460b2c4832c6890cab5978c4c3e

Vol.170 2017/3/20 『アナザースカイ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/34fe64952c81520518cee35a40e0838d

コメント

スポーツ No.105 『稀勢の里優勝に忖度はなかったのか?』

2017年03月29日 | スポーツ

隊長が体験や観戦した「スポーツ」を紹介するシリーズの第105回は、『稀勢の里優勝に忖度はなかったのか?』をお送りします。


大相撲春場所は、千秋楽の26日(日)、新横綱の稀勢の里が優勝決定戦で大関・照ノ富士を破り、2場所連続2回目の優勝を果たしました。


春場所は25日の14日目を終えて、照ノ富士がただ1人1敗で優勝争いのトップに立ち、2敗で稀勢の里が追う展開となっていました。


稀勢の里は、13日目の横綱・日馬富士戦で左肩を痛め、前日の横綱・鶴竜戦では、簡単に寄り切りで破れていました。


誰もが、照ノ富士の2度目の優勝を予想していたところ、千秋楽で、稀勢の里が本割、優勝決定戦と二番連続で照ノ富士勝ち、“奇跡の逆転優勝”を果たしたわけです。


この稀勢の里の優勝を絶賛する声が溢れていますが、隊長は、稀勢の里優勝に忖度(そんたく)はなかったのか、あえて問題提起をしてみたいと思います。


森友学園問題に関して、安倍首相に対して役人の忖度がなかったか、国会では、連日紛糾しています。


忖度とは、「他人の心をおしはかること」とされています。


照ノ富士が、他人の心をおしはかって、千秋楽の土俵に上がっていたとしたら。。。


籠池理事長は、土地の価格が下がったことに「神風が吹いた」と話しています。


稀勢の里は、優勝後のインタビューで、「見えない力感じた」と語っています。


これは、偶然の一致でしょうか?


テレビ観戦をしていたのですが、13日目まで、圧倒的な力を見せていた照ノ富士が、稀勢の里との二番では、全く力が入っていない様な動きでした。


さらに、取り組み前に“鬼の形相”になるいつもの照ノ富士が、千秋楽では見られませんでした。


本割では、稀勢の里が立ち合いに変化をし、有利な体勢に持ち込みましたが、前日に同じく立ち合いの変化で勝った照ノ富士が、“手負い”の稀勢の里がこの戦法を取ることは、十分想像出来たはずです。


それが、見事にその作戦に引っかかるとは、考えられません。


まあ、照ノ富士も、古傷の膝の痛みが再発していたとの話しもあり、忖度があったかなかったかも、森友問題と同じ様に、当事者の口から語られることはないでしょうね。


さて、『春場所番付 売切れ御免』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/dfbe5d37f35c8f87a50bac429c1b0557 で、取り上げた稀勢の里以外の隊長の注目力士の結果です;


横綱・白鵬は、初日から黒星をし、五日目からまさかの休場です。来場所も精彩がないと、これまでの功績が本当に“レジェンド”で終わったしまいますよ。


関脇・玉鷲は、8勝7敗と辛うじて勝ち越しました。三役昇進後の三場所連続勝ち越しは、立派な成績ですが、“遅咲きの大関誕生”にはほど遠い成績に終わりました。


同じく関脇の高安は、初日から10連勝して、稀勢の里との同部屋優勝争いの期待もかかりましたが、その後三連敗し、12勝3敗の結果でした。それでも、来場所大関挑戦の権利は手にすることが出来ましたね。


平幕の逸ノ城、期待していたのですが、6勝9敗と負け越してしまいました。


今場所の“新星”として目に付いたのが、前頭7枚目の千代翔馬(ちよしょうま)です。


モンゴル出身、まだ25歳の千代翔馬、同じくモンゴル出身の先輩横綱・日馬富士の若い頃を思わせる様な筋肉質の体、素早い動きで、9勝6敗と見事な成績を残しました。


同部屋の大横綱、千代の富士の様に“ウルフ”の称号で呼ばれるのも近いかも知れないですね。


尚、「隊長のブログ」では、大相撲に関する記事を、これまでに35回アップしています。


詳細は、こちらをご参照下さい⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/615cf67ca9eddf698c48f249b5c368e3

 


===「スポーツ」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/6f101d6b0ec3426d0116ade60659fbd5

No.1~90 省略

No.91 2016/9/4 『リオ五輪サッカー男子決勝戦』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/56479c7f0c88756f68313e38de4ae1cd

No.92 2016/9/14 『白鵬休場秋場所の注目力士は』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/dc465e786a49f3ad81ffeaa9d985cafe

No.93 2016/9/27 『豪栄道 全勝で初優勝』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d4928a71ea72d4ca5594d61500fda39a

番外編 2016/11/8 『訃報:平尾誠二さん』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a65e0c7823eee06d243f3abdceb502b2

No.94 2016/11/12 『九州場所の注目力士は』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e7b4a18dccb5221683729967dbc85fd4

No.95 2016/11/18 『PANCRASE 282』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e3dbba02348d263d9dff38f382681974

No.96 2016/11/30 『鶴竜 有終の美を飾る』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/fd947572b9d08912a910a0d8e29d3130

No.97 2016/12/13 『五輪野球会場に外れた!』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/466d20d8a663055f0a0ecf6a26a43003

No.98 2016/12/23 『鹿島 世界を相手に大善戦』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/eb38dbca07c3ef75eb3be3bf8314b31a

No.99 2016/12/27 『フィギュ全日本女子 宮原三連覇』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ecd98a1b3b6a8345e34c969d50b170e9

No.100 2017/1/9 『初場所の注目力士は』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c83e115a8251ac649fd44672b8eb4958

No.101 2017/1/24 『稀勢の里横綱昇進へ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f8e18a16d99be844e58a34f1af8d8b1f

No.102 2017/2/14 『アイスホッケー女子 五輪決定』 http://blog.goo.ne.jp/admin/editentry?eid=67e8d973a956575957a8ba41d91cd95b

No.103 2017/3/15 『春場所番付 売切れ御免』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/dfbe5d37f35c8f87a50bac429c1b0557

No.104 2017/3/25 『WBC 準決勝で敗退』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2bde76c25b658ef9d058711468b013df

コメント

本と雑誌 27冊 『地球の歩き方 中国』

2017年03月28日 | 本と雑誌

隊長が読んだ「本と雑誌」を紹介するシリーズの第27回は、『地球の歩き方 中国』をお送りします。


「地球の歩き方」は、ダイヤモンド・ビック社が発行する、海外旅行ガイドブックです。


海外旅行ガイドブックは、各社から出ていますが、昔からお世話になっているのが、「地球の歩き方」シリーズです。


「るるぶ」や「まっぷる」などの“ムック(雑誌)系ガイドブック”に比べて、写真が少なくビジュアル的には見劣りしますが、情報量が豊富なので、愛用しています。


以前、『地球の歩き方 ブラジル』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ca73b0782e432177cbe657f02ad4104c で紹介した様に、中国に関しては、“D01 中国”、“D03 北京・天津”、“D04 大連・瀋陽・ハルピン”、“D05 広州・アモイ・桂林”、“D06 雲南・四川・貴州”、の5冊を持っています。


今年の五月中旬に中国南京に旅行する予定です。


「地球の歩き方」で南京が掲載されているのは、“D01 中国”か、“D02 上海・杭州・蘇州”です。


ところが家にある“D01 中国”は、2006年~2007年版なので、掲載されている情報が古すぎます。


そこで、“D01 中国”か、“D02 上海・杭州・蘇州”の最新版を購入しようと書店に行きました。


両方とも、最新のは2016年~2017年版です。南京に関する記述は、両誌とも12ページで同じ情報です。


価格は、中国全土編が1,800円(税抜)に対して、上海編は1,700円(同)と100円だけ安いですが、ページ数は6割りほどです。さらに、上海編に「上海ディスー」の記載は、一ページのみでした。


そこで、汎用性のある“D01 中国 2016年~2017年版”を購入しました。


家へ帰ってから、2006年~2007年版との違いを検証してみました。


両版とも、ページ数は、712ページで同じです。価格は、旧版の1,780円に対して1,800円と、10年経っても20円しかアップしていません。この10年間、日本の物価がいかに安定していたかの証明になりますよね。


掲載されている広告の殆どは、異なっています。


南京が掲載されているページは、旧版が286ページからなのに対して、新版は234ページから。ページ数は、12ページと同じです。


“概要と歩き方”で紹介されている、みどころ、名所旧跡は、殆ど同じですが、写真が全て新しくなっています。


特に大きく変わったのは、交通関係の情報です。旧版発行時には、南京では開通していなかった地下鉄や、高速鉄道専門の南京南駅の情報が、新しく掲載されています。


ホテルは、文字情報だけだったのが、写真付きで紹介されています。


この10年間の中国の発展の様子が、ガイドブックから見えてくるのも面白いですね。


尚、『地球の歩き方』シリーズの発行は、株式会社ダイヤモンド・ビッグ社です。

 


===「本と雑誌」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/dc30502bb229b843454e38b8994f9be0

1~15冊  省略

16冊 2016/4/28 『絵本「世界でいちばん貧しい大統領のスピーチ」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/29973ce102c830e434a3d5254a8a234c

17冊 2016/5/22 『小泉武夫監修 日本酒百味百題』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/024f1e4cffac057d1640cfa975c60eea

18冊 2016/8/19 『清川虹子「恋して泣いて芝居して」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7d376a06bdbc7339cdd9895dfa4e8e22

19冊 2016/10/22『四方田犬彦著 李香蘭と原節子』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c480053b386de9398f64f43167273f0d

20冊 2016/11/22『有吉佐和子著「紀ノ川」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/504131fd665c00b7ee0e8f8b28dd1003

21冊 2016/12/7 『テレサ・テンが見た夢』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/003c34225930ed81542e35caf5ec30fc

22冊 2016/12/22『カクテル・ハンドブック』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a1f052d9bc97050f8418a8e12a5f4849

23冊 2017/1/12 『高倉健著「少年時代」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4243287003a72879856b54f7fd572ada

24冊 2017/2/9 『絵本「星の王子さま」』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/10551068b08e5edb57b0be02773b31a1

25冊 2017/3/9 『瞳みのる 老虎再来』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4f839d9bbe229dc378239e5811877561

26冊 2017/3/19 『諺で考える日本人と中国人』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1f1dad80dfd1065eb243e2a08f6f25fc

コメント

映画 Film101 『REDリターンズ』

2017年03月27日 | 映画

隊長が、これまでに観た「映画」を紹介するシリーズの第101回は、『REDリターンズ』をお送りします。


『REDリターンズ』(原題:RED 2)は、2013年に制作されたアメリカ映画。監督は、ディーン・パリソット。主演はブルース・ウィリス。


本作品は、2010年の『RED/レッド』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/791b15c80e8fae9ab8f587bb737b8886 の続編です。


REDとは「Retired Extremely Dangerous」(引退した超危険人物)の略。


ブルース・ウィリス以外の主な出演者は、ジョン・マルコヴィッチ、ヘレン・ミレン、イ・ビョンホン、です。


ジョン・マルコヴィッチの出演した『RED/レッド』以外の映画では、『チェンジリング』⇒ http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0a2777a26874a82ab1319ffceda42e11 を紹介しています。


ストーリーは、リタイアした元・CIAの腕利きエージェント フランク(ブルース・ウィリス)は、恋人のサラと2人でようやく手にした平穏を満喫していました。


そんなある日、元相棒のマーヴィン(ジョン・マルコヴィッチ)が現われ、フランクを新たなミッションに誘います。


最初は、頑なに拒否していたフランクでしたが、思わぬトラブルに巻き込まれ、仲間たちとスパイの最前線に舞い戻るハメになってしまいます。


制作時58歳のブルース・ウィリスを始め、ベテラン俳優たちが年齢を感じさせないアクション・シーンを見せてくれています。


それに、イ・ビョンホンが加わったのですから、無敵の俳優陣ですね。最初は、敵役かと思われたイ・ビョンホン演じるハン・チョバイが、最後は仲間に加わるところもお約束の展開です。


肩の凝らない、アクション・コメディー映画に仕上がっています。


はたして、「RED 3」の制作はあるのでしょうか?

 

 

===「映画」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/226e9f0193a60e6a012384176360666f

Film1~90 省略

Film91 2016/12/5 『レヴェナント:蘇えりし者』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1933f2201a2fb9fde2b1551da99b2f6a

Film92 2016/12/10 『起終点駅 ターミナル』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/b14b9a9209fd0facd653bca53d18778c

Film93 2016/12/23 『ホットロード』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9f49dcfb2c1a5aa6a3313602c040d2b5

Film94 2016/12/28 『ミスター・ルーキー』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/48f360c5297448a5a7a7ff5a9675d4b4

Film95 2017/1/5 『ザ・ヤクザ』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9af38fb30d6cb59c8bbb64531242a445

Film96 2017/1/15 『母と暮せば』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/012d2dba6f1c44a76922b271b7ee1f9a

Film97 2017/1/20 『初恋のきた道』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d9520ff4c27be54f59cab8a2c353a7db

Film98 2017/1/28 『華麗なるギャツビー』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/3bebdf321297c87964d5ffca52d7206f

Film99 2017/2/7 『ビバリーヒルズ・コップ3』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/37d9b2d4d7a7b635b9362a65ec535db4

Film100 2017/3/17 『チア☆ダン』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e31e03e457a76218920d0b3bda59fbb3

コメント