隊長のブログ

中国上海に2003年12月から2008年1月まで駐在。趣味はヒップホップダンス、ジャズダンス、旅行、映画、スポーツ観戦。

スポーツ No.178 『白鵬43度目の優勝で一年を締め』

2019年11月26日 | スポーツ

隊長が体験や観戦した「スポーツ」を紹介するシリーズの第178回は、『白鵬43度目の優勝で一年を締め』をお送りします。

 


11月10日(日)に「福岡国際センター」で開幕した大相撲九州場所は、24日(日)に千秋楽を迎えました。結びの一番で、前日に4場所ぶり43度目の優勝を決めていた横綱・白鵬が大関・貴景勝を寄り切りで破り、14勝1敗で一年納めの場所を締めました。


今年の大相撲、初場所では『関脇・玉鷲が初優勝』⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4c964b6499368d93650ed7c8b20d4e63 、春場所は『白鵬が42度目の優勝を全勝で飾り』 ⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/001e03e6b33154899f8d97f74590f4d9 、夏場所は『平幕・朝乃山が初優勝』⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8af06dbb1a473cbc7570e9b4a1aa80ae 、名古屋場所では『横綱・鶴竜が7場所ぶり6度目の優勝』⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6bbff7a9fc369a9df8215b4e522430b6 、秋場所は『関脇・御嶽海 が2度目の優勝』 ⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/15f15b6d2c464da9e3d1c3e52993fc86 と、五場所とも違う力士が優勝していました。今場所でも、他の力士が優勝すれば、年六場所とも優勝力士が違うという珍事になるところでした。


ところが、鶴竜の休場で “一人横綱” となった白鵬が、二日目で平幕・大栄翔に敗れたものの、以降は優勝争いの先頭に立ち、場所を引っ張って来ました。重責に耐え、前人未踏の賜杯を43回抱いたことになります。


さて、場所前に隊長が注目した白鵬以外の力士の成績は;

一人目に挙げた先場所優勝の関脇・御嶽海ですが、6勝9敗と負け越してしまいました。来場所は、大関獲りどころか、歴代二番目に長い連続17場所在位している三役から陥落する可能性が高まってしまいました。本人も悔しいでしょうが、今場所の御嶽海を観ていて覇気が感じられませんでした。


三人目の横綱・鶴竜。まさかの初日からの休場。怪我をしっかりと治し、元気な姿で土俵入りを見せて欲しいものです。


四人目の大関・高安も、八日目から休場してしまいました。カド番だった高安、これで関脇に陥落です。場所前に婚約会見をしながらこの体たらく、婚約者で演歌歌手の杜このみさんもさぞガッカリしたことでしょう。


これまでに何回も書いてきましたが、今場所も上記二人以外に、大関・豪栄道、関脇・栃ノ心、平幕・友風、同・逸ノ城、同・若貴景の計7力士が休場してしまいました。番付に載った幕内力士が42人ですので、休場率が二割近くに達しています。相撲協会がこのまま抜本的対策を取らないと、相撲人気に陰りが出てしまいますよ。


そんな土俵上を盛り上げてくれたのが、炎鵬、石浦、照強(てるつよし)の小兵力士です。三人とも勝ち越し、来場所は、上位との対戦が多くなるので楽しみです。


尚、「隊長のブログ」では、大相撲に関する記事を、これで69回アップしたことになります。 詳細は、こちらをご参照下さい⇒  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/615cf67ca9eddf698c48f249b5c368e3

 

===「スポーツ」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/6f101d6b0ec3426d0116ade60659fbd5
No.1~165 省略

No.166 2019/5/29  『令和初優勝は、平幕の朝乃山』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8af06dbb1a473cbc7570e9b4a1aa80ae

No.167 2019/6/5   『サンウルブズ 国内最終戦も勝てず』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d87820efe68dbc64533e40edb93b28a9

No.168 2019/6/18  『スポーツ中継で聞き慣れない用語』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a61216e27960a5ac26ac24d0d5c40184

No.169 2019/7/7   『令和元年名古屋場所の注目力士は』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/74bc52d019f79d2eecb4026135d560c8

No.170 2019/7/23  『鶴竜 7場所ぶり6度目の優勝』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6bbff7a9fc369a9df8215b4e522430b6

No.171 2019/9/11  『令和元年秋場所の注目力士は』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0995da198b9a9563756eaf236ab5f0fb

No.172 2019/9/15  『MGC面白かった』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5f05f808bcf1245c32c8c217f4637ca5

No.173 2019/9/23  『ラグビーW杯 日本初戦勝利』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8559596f93872ad9ad7140429f54c384

No.174 2019/9/28  『御嶽海 2度目の優勝で大関獲りへ』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/15f15b6d2c464da9e3d1c3e52993fc86

No.175 2019/11/7  『ラグビーW杯 南アの優勝で幕』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2c688b54d573dc07ab66d0a6fe3006f9

No.176 2019/11/10 『令和元年九州場所の注目力士は』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4fe981e0f759cf4acc66e804ff200445

No.177 2019/11/19 『オリンピック観戦チケット第2次抽選』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/51ee8bc0029810e3ae880f3f64dcc4df

 

コメント

スポーツ No.177 『オリンピック観戦チケット第2次抽選』

2019年11月19日 | スポーツ

隊長が体験や観戦した「スポーツ」を紹介するシリーズの第177回は、『オリンピック観戦チケット第2次抽選』をお送りします。


東京2020オリンピック観戦チケットの第2次抽選申込が、11月13日から11月26日まで行われています。


周りでは、この話題は盛り上がっていませんし、隊長も第2次抽選に申し込むつもりはありません。理由は、第1次抽選で当選したので、これ以上リスクを負いたくないからです。


前回は、7セッション28枚を申し込み、「バレーボール女子準々決勝」1セッション6枚のみ当選しました。


当選したと言う結果は、嬉しいのですが、販売サイトへのアクセス  がなかなか繋がらなかったり、ID登録がすんなりと出来なかったりしたことと、来年の8月に行われる競技に、1年以上前にクレジット決済を完了しなければいけなかったりと、販売方法に不満があります。


今回のマラソンと競歩が札幌に変更になった事例の様に、これから何が起こるか分かりません。もし第2次抽選に当たって、支払を済ませたあとに、何かトラブルが発生したりするリスクを考えたら、1競技の観戦だけで充分と考えました。


それと、もう一つ懸念しているのは、これだけ大量に発行されるチケット、本当に転売がないのかと言うことです。


今年行われた「ラグビーワールドカップ日本大会」のチケットも、1試合だけ当選して観戦⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/64881925f59f470df0a491e8c378fbed しましたが、当日に本人確認が全くありませんでした。これでは、第3者に転売されたチケットでも、入場出来てしまうと感じました。


しかし、逆に本人確認がなかったためか、またセキュリティチェックも厳しくなかったためか、入場ゲートに列が出来ることはありませんでした。


東京2020オリンピックのチケットは、ラグビーワールドカップ日本大会と異なり、販売サイトに購入者の情報だけでなく、来場予定者全員の氏名の登録が必要になっています。名前は、チケット番号に紐づけされていますが、変更も可能です。


オリンピック当日、どのように本人確認をするか、それにより入場時にどんなトラブルが発生するか、心配です。 

 

===「スポーツ」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/6f101d6b0ec3426d0116ade60659fbd5
No.1~160 省略

No.161 2019/3/30  『白鵬 42度目の優勝を全勝で飾る』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/001e03e6b33154899f8d97f74590f4d9

No.162 2019/4/28  『吉村・石川 60年ぶりの連覇成らず』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c8c467f456f8902a11d9876d53daaa73

No.163 2019/5/7   『アーティスティックスイミング・ジャパンオープン 日本優勝』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/dccf145347436f98f98688b42c6a2568

No.164 2019/5/12  『令和元年夏場所の注目力士は』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/04b94cc45f45398b0e74c968c9734394

No.165 2019/5/21  『上原浩治投手涙の引退会見』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0ee048c6f79edaebeeedeabbb16f35ef

No.166 2019/5/29  『令和初優勝は、平幕の朝乃山』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8af06dbb1a473cbc7570e9b4a1aa80ae

No.167 2019/6/5   『サンウルブズ 国内最終戦も勝てず』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d87820efe68dbc64533e40edb93b28a9

No.168 2019/6/18  『スポーツ中継で聞き慣れない用語』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a61216e27960a5ac26ac24d0d5c40184

No.169 2019/7/7   『令和元年名古屋場所の注目力士は』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/74bc52d019f79d2eecb4026135d560c8

No.170 2019/7/23  『鶴竜 7場所ぶり6度目の優勝』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6bbff7a9fc369a9df8215b4e522430b6

No.171 2019/9/11  『令和元年秋場所の注目力士は』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0995da198b9a9563756eaf236ab5f0fb

No.172 2019/9/15  『MGC面白かった』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5f05f808bcf1245c32c8c217f4637ca5

No.173 2019/9/23  『ラグビーW杯 日本初戦勝利』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8559596f93872ad9ad7140429f54c384

No.174 2019/9/28  『御嶽海 2度目の優勝で大関獲りへ』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/15f15b6d2c464da9e3d1c3e52993fc86

No.175 2019/11/7  『ラグビーW杯 南アの優勝で幕』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2c688b54d573dc07ab66d0a6fe3006f9

No.176 2019/11/10 『令和元年九州場所の注目力士は』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4fe981e0f759cf4acc66e804ff200445

 

コメント

スポーツ No.176 『令和元年九州場所の注目力士は』

2019年11月10日 | スポーツ

隊長が体験や観戦した「スポーツ」を紹介するシリーズの第176回は、『令和元年九州場所の注目力士は』をお送りします。


1年納めの大相撲九州場所が、今日11月10日(日)に「福岡国際センター」で初日を迎えます。


場所前恒例の、隊長が注目する力士は;


一人目が、関脇の御嶽海。


先場所、7場所ぶり2度目の優勝を果たした御嶽海。今場所は、大関獲りがかかった重要な15日間となります。プレッシャーに負けずに、好成績を残して欲しいものです。


二人目は、横綱・白鵬。


前人未到の42回の幕内優勝を誇る白鵬ですが、最近は休場することが多く、先場所も二日目から休場してしまいました。来年の東京オリンピックで横綱土俵入りを念願している白鵬ですから、今場所はしっかりと土俵の上で結果を出さないと、夢が幻で終ってしまいますよ。


三人目が横綱の鶴竜。


二度目の連覇がかかった先場所は、白鵬同様、途中休場。今場所は、7度目の優勝を飾ることが出来るでしょうか。


四人目は、大関・高安。


先場所は全休し、カド番で臨む高安ですが、先月末に、演歌歌手の杜このみさんとの婚約記者会見を開いています。この会見で見せた笑顔を、場所後にも魅せてくれるか楽しみです。


ちなみに、一年前の平成30年九州場所での注目力士⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/21933fc4e2a4c5bc0483be693ea9f5d5 は、稀勢の里、御嶽海、栃ノ心、豊ノ島の四人でした。


このうち、稀勢の里は引退。御嶽海は、一年経っても関脇にとどまったまま。栃ノ心は、関脇への陥落と大関へのカムバックを繰り返し、再び関脇で今場所に臨みます。豊ノ島も同様に、幕内と十両を行き来し、現在は十両八枚目です。


四力士とも、決して順風満帆ではなかったのが、残念です。


尚、「隊長のブログ」では、大相撲に関する記事を、これでに67回アップしています。 詳細は、こちらをご参照下さい⇒  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/615cf67ca9eddf698c48f249b5c368e3

 


===「スポーツ」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/6f101d6b0ec3426d0116ade60659fbd5
No.1~160 省略

No.161 2019/3/30  『白鵬 42度目の優勝を全勝で飾る』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/001e03e6b33154899f8d97f74590f4d9

No.162 2019/4/28  『吉村・石川 60年ぶりの連覇成らず』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c8c467f456f8902a11d9876d53daaa73

No.163 2019/5/7   『アーティスティックスイミング・ジャパンオープン 日本優勝』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/dccf145347436f98f98688b42c6a2568

No.164 2019/5/12  『令和元年夏場所の注目力士は』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/04b94cc45f45398b0e74c968c9734394

No.165 2019/5/21  『上原浩治投手涙の引退会見』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0ee048c6f79edaebeeedeabbb16f35ef

No.166 2019/5/29  『令和初優勝は、平幕の朝乃山』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8af06dbb1a473cbc7570e9b4a1aa80ae

No.167 2019/6/5   『サンウルブズ 国内最終戦も勝てず』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d87820efe68dbc64533e40edb93b28a9

No.168 2019/6/18  『スポーツ中継で聞き慣れない用語』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a61216e27960a5ac26ac24d0d5c40184

No.169 2019/7/7   『令和元年名古屋場所の注目力士は』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/74bc52d019f79d2eecb4026135d560c8

No.170 2019/7/23  『鶴竜 7場所ぶり6度目の優勝』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6bbff7a9fc369a9df8215b4e522430b6

No.171 2019/9/11  『令和元年秋場所の注目力士は』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0995da198b9a9563756eaf236ab5f0fb

No.172 2019/9/15  『MGC面白かった』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5f05f808bcf1245c32c8c217f4637ca5

No.173 2019/9/23  『ラグビーW杯 日本初戦勝利』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8559596f93872ad9ad7140429f54c384

No.174 2019/9/28  『御嶽海 2度目の優勝で大関獲りへ』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/15f15b6d2c464da9e3d1c3e52993fc86

No.175 2019/11/7  『ラグビーW杯 南アの優勝で幕』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2c688b54d573dc07ab66d0a6fe3006f9

 

コメント

スポーツ No.175 『ラグビーW杯 南アの優勝で幕』

2019年11月07日 | スポーツ

隊長が体験や観戦した「スポーツ」を紹介するシリーズの第175回は、『ラグビーW杯 南アの優勝で幕』をお送りします。


9月20日(金)から始まった「ラグビーワールドカップ(以下:W杯)第9回日本大会」は、11月2日(土)に決勝が行われ、南アフリカ(世界3位)が王座を獲得しました。イングランド(同1位)と横浜国際総合競技場(横浜市)で対決し、32対12で勝利しました。


この試合、テレビで興奮しながら観戦していました。下馬評ではイングランドが有利だったのと、準々決勝で日本を破った勢いで決勝まで進んだということで、南アを応援していました。期待にたがわず、優勝してくれて嬉しかったです。


今回のW杯では、フォワードの出来が勝敗を左右したと言われていますが、隊長が注目していた南アの選手は、フォワードではなく、SH(スクラムハーフ)のファフ・デクラーク選手と、ウィングのチェズリン・コルビ選手です。


身長172cmのファフ・デクラーク。小柄な隊長も中学時代、同じSHのポジションだったので、W杯初戦から気になって観ていました。的確な状況判断、正確なパスとキック、無尽蔵のスタミナ、大柄な選手にもひるむことなくタックルに向かう闘争心。どれを取っても、超一流です。そして、長いブロンドヘアを振り乱して動き回るルックスと、素敵な笑顔。今回の活躍で、日本でも一気に人気者になったのではないでしょうか。


デクラークより、さらに低い171cmのチェズリン・コルビ。リオデジャネイロ五輪では、7人制代表で銅メダルを獲得した快足の持ち主。決勝の後半33分には、タッチライン沿いにいたコルビは、パスを受けると、華麗なステップと俊足で、イングランンドのデフェンスをかわし、トライ。おそらくこのトライで、イングランドは戦意を喪失し、南アの優勝が決まったのでしょうね。

 


日本代表も、初戦の勝利⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8559596f93872ad9ad7140429f54c384 から、全勝して、ベスト8に進出し、南アに敗れたのですから、悔いはないでしょう。


テレビ観戦だけでなく、静岡まで観戦に行った⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/64881925f59f470df0a491e8c378fbed 隊長も、しばらく “W杯ロス” の状態が続きそうです。


尚、「ラグビー」に関する記事を、これでを25本アップしたことになります。詳細は、こちらの「ラグビー」記事一覧をご覧下さい⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bb918a30e6d9603fe5e6123fd6c31530

 


===「スポーツ」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/6f101d6b0ec3426d0116ade60659fbd5
No.1~160 省略

No.161 2019/3/30  『白鵬 42度目の優勝を全勝で飾る』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/001e03e6b33154899f8d97f74590f4d9

No.162 2019/4/28  『吉村・石川 60年ぶりの連覇成らず』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c8c467f456f8902a11d9876d53daaa73

No.163 2019/5/7   『アーティスティックスイミング・ジャパンオープン 日本優勝』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/dccf145347436f98f98688b42c6a2568

No.164 2019/5/12  『令和元年夏場所の注目力士は』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/04b94cc45f45398b0e74c968c9734394

No.165 2019/5/21  『上原浩治投手涙の引退会見』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0ee048c6f79edaebeeedeabbb16f35ef

No.166 2019/5/29  『令和初優勝は、平幕の朝乃山』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8af06dbb1a473cbc7570e9b4a1aa80ae

No.167 2019/6/5   『サンウルブズ 国内最終戦も勝てず』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d87820efe68dbc64533e40edb93b28a9

No.168 2019/6/18  『スポーツ中継で聞き慣れない用語』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a61216e27960a5ac26ac24d0d5c40184

No.169 2019/7/7   『令和元年名古屋場所の注目力士は』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/74bc52d019f79d2eecb4026135d560c8

No.170 2019/7/23  『鶴竜 7場所ぶり6度目の優勝』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6bbff7a9fc369a9df8215b4e522430b6

No.171 2019/9/11  『令和元年秋場所の注目力士は』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0995da198b9a9563756eaf236ab5f0fb

No.172 2019/9/15  『MGC面白かった』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5f05f808bcf1245c32c8c217f4637ca5

No.173 2019/9/23  『ラグビーW杯 日本初戦勝利』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8559596f93872ad9ad7140429f54c384

No.174 2019/9/28  『御嶽海 2度目の優勝で大関獲りへ』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/15f15b6d2c464da9e3d1c3e52993fc86

 

コメント

スポーツ No.174 『御嶽海 2度目の優勝で大関獲りへ』

2019年09月28日 | スポーツ

隊長が体験や観戦した「スポーツ」を紹介するシリーズの第174回は、『御嶽海 2度目の優勝で大関獲りへ』をお送りします。


9月8日(日)から東京・両国国技館で始まった大相撲秋場所は、22日(日)に千秋楽を迎えました。


先ずは、11勝3敗の関脇・貴景勝(たかけいしょう)が、同じく11勝3敗の前頭八枚目・隠岐の海(おきのうみ)を押し出しで破り、関脇・御嶽海(みたけうみ)の結果を待ちます。


御嶽海も、小結・遠藤を寄り切りで退け、12勝3敗で並んだ両者は、優勝決定戦に臨みました。


決定戦では、御嶽海が寄り切りで勝ち、昨年名古屋場所の初優勝⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c40bfc9a210481062c6022b80eef0954 以来、7場所ぶり2度目の優勝を果たしました。


これで、御嶽海の来場所は、大関獲りがかかる大事な場所になります。


さて、場所前に隊長が注目した力士⇒ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0995da198b9a9563756eaf236ab5f0fb の結果は;


一人目の優勝候補筆頭にあげた横綱・鶴竜。四連勝と好調なスタートを切りましたが、五日目に勢いのある朝乃山に敗れると、ガタガタと三連敗。結局、怪我を理由に休場してしまいました。


二人目の貴景勝。十二日目に10勝し、大関に復帰することが決定して安心したのか翌日の大関・豪栄道との一番に敗れてしまいました。ここで勝っていたら、すんなりと優勝したかも知れませんね。されに、優勝決定戦で左胸付近を負傷してしまいました。このまま怪我が完治しないと、悲願の横綱になりながら怪我で引退を余儀なくされた稀勢の里の二の舞にならないと良いのですが。


三人目の御嶽海。期待通りの優勝で、名前を挙げた隊長も嬉しいです。


四人目の前頭二枚目・朝乃山。隊長が予想した通り、リラックスして土俵に上がれた様で、10勝5敗の成績を上げました。


五人目の前頭十一枚目・炎鵬(えんほう)。身長 168cm、体重 98kg、と幕内最軽量ですが、連日館内を沸かせてくれました。9勝6敗の成績を残し、来場所は三役との対戦があるのではと楽しみにしています。


次回九州場所は、11月10日(日)に、福岡国際センターで初日を迎えます。


尚、「隊長のブログ」では、大相撲に関する記事を、これまでに66回アップしています。 詳細は、こちらをご参照下さい⇒  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/615cf67ca9eddf698c48f249b5c368e3

 

===「スポーツ」バックナンバー ===
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/6f101d6b0ec3426d0116ade60659fbd5
No.1~160 省略

No.161 2019/3/30  『白鵬 42度目の優勝を全勝で飾る』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/001e03e6b33154899f8d97f74590f4d9

No.162 2019/4/28  『吉村・石川 60年ぶりの連覇成らず』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c8c467f456f8902a11d9876d53daaa73

No.163 2019/5/7   『アーティスティックスイミング・ジャパンオープン 日本優勝』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/dccf145347436f98f98688b42c6a2568

No.164 2019/5/12  『令和元年夏場所の注目力士は』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/04b94cc45f45398b0e74c968c9734394

No.165 2019/5/21  『上原浩治投手涙の引退会見』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0ee048c6f79edaebeeedeabbb16f35ef

No.166 2019/5/29  『令和初優勝は、平幕の朝乃山』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8af06dbb1a473cbc7570e9b4a1aa80ae

No.167 2019/6/5   『サンウルブズ 国内最終戦も勝てず』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d87820efe68dbc64533e40edb93b28a9

No.168 2019/6/18  『スポーツ中継で聞き慣れない用語』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a61216e27960a5ac26ac24d0d5c40184

No.169 2019/7/7   『令和元年名古屋場所の注目力士は』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/74bc52d019f79d2eecb4026135d560c8

No.170 2019/7/23  『鶴竜 7場所ぶり6度目の優勝』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6bbff7a9fc369a9df8215b4e522430b6

No.171 2019/9/11  『令和元年秋場所の注目力士は』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0995da198b9a9563756eaf236ab5f0fb

No.172 2019/9/15  『MGC面白かった』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5f05f808bcf1245c32c8c217f4637ca5

No.173 2019/9/23  『ラグビーW杯 日本初戦勝利』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8559596f93872ad9ad7140429f54c384

コメント