隊長のブログ

元商社マン。趣味:ヒップホップダンス、ジャズダンス、日舞(新舞踊)、旅行、映画、スポーツ観戦。阪神タイガースのファン。

相撲 109番 『逸ノ城 遅咲きの初優勝』

2022年07月26日 | 相撲

隊長が好きな「相撲」を紹介するシリーズの第109番(回)は、『逸ノ城 遅咲きの初優勝』をお送りします。

 

 


7月10日から、「ドルフィンズアリーナ(愛知県体育館)」で開かれていた大相撲名古屋場所は、24日(日)に千秋楽を迎えました。


3敗で、横綱・照ノ富士と並んでいた前頭二枚目の逸ノ城が、曲者の宇良を寄り切りで下し、横綱の結果を待ちます。

 

 


結びの一番で、照ノ富士が大関・貴景勝に敗れ、その瞬間に逸ノ城が12勝3敗で、悲願の初優勝が決まりました。


13日目までは、2敗はしていたものの、逸ノ城が安定していて、ブログの記事タイトルを『終わってみれば、名古屋でも照ノ富士』にしようかと考えていたくらいです。ところが、14日目に大関・正代に敗れ、まさかの連敗で賜杯を逃しました。


平成26年の秋場所後に、『土俵に怪童現れる』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d49da8160018acf6ee7b71c617e28da4 とまで、隊長が期待した逸ノ城。


優勝を争った照ノ富士とは、12年前にモンゴルから同じ飛行機で来日した縁がありました。その照ノ富士は、横綱に登り詰め、既に七度の優勝を経験しています。


一方の逸ノ城は、怪我などもあり、低迷の時期が続いていたので、まさに「遅咲きの初優勝」でしたね。


さて、場所前に上げた逸ノ城と照ノ富士以外の注目力士 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7dc1a2dd8324e07be53d23fea0f9636d の結果です。


小結・阿炎(あび)。初日に照ノ富士に黒星をつけたものの、8勝7敗の成績でした。なかなか二桁勝利を挙げることが出来ずに、関脇への壁が高いです。


同じく小結の豊昇龍(ほうしょうりゅう)。場所前に右足を痛めた影響でしょうか、二日目から4連敗して心配しましたが、六日目から盛り返し、9勝6敗でした。こちらも、二桁に到達せず、来場所も小結に留まりそうです。


尚、大相撲秋場所は、9月11日から東京・両国国技館で行われる予定です。

 


==「相撲」バックナンバー ==
https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/78f3b57346580c1da454bb49641a52d9

1番~95番 省略

96番 2021/9/27  『新横綱照ノ富士優勝の日に、白鵬引退報道』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2c45ba8b8b44216c871c7c54aa46b59b

97番 2021/11/8  『明かされた白鵬の胸の内』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/16a80bde7c0b96c93f78a0a9f2248d8f

98番 2021/11/13 『令和三年九州場所の注目力士は』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e6be2aba2e6529c1c2b07ef6c1161ea9

99番 2021/11/30 『照ノ富士 初の全勝優勝』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/05a7f4cc97c02c63b259be5e509a3984

100番 2022/1/9  『令和四年初場所の注目力士は』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7a39cbfcf81f93f270327650f4d683b8

101番 2022/1/24 『御嶽海 三度目の優勝で、大関昇進確定』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bfe33fcd50f66cb8df97d9bde8d95240

102番 2022/3/13 『令和四年春場所の注目力士は』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f41945df5f7bc26f9e7f5509706fade6

103番 2022/3/20 『ジャンクSPORTS「新大関・御嶽海に注目」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c068f25e8c53f5b4477dd59777aee7c6

104番 2022/4/1  『若隆景 執念の初優勝』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c11ab2716872adcfbb48475b82be9157

105番 2022/5/8  『令和四年夏場所の注目力士は』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/11160ee973733ee498317a4ab918449e

106番 2022/5/26 『終わってみれば、やはり照ノ富士』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2a3247ebd96e73d749c48c3da73c3ece

107番 2022/6/17 『安美錦引退 安治川襲名披露大相撲』(その1) https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2d5790ac49da688db302cf614e5d7ab7

107番 2022/6/18 『安美錦引退 安治川襲名披露大相撲』(その2) https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2d704914d9755754203c4925b83c4696

107番 2022/6/22 『安美錦引退 安治川襲名披露大相撲』(その3:最終回) https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/9a7401182644cd05cfe2c15fc125ad0e

108番 2022/7/13 『令和四年名古屋場所の注目力士は』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7dc1a2dd8324e07be53d23fea0f9636d

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

旅行記 第37回 『初夏の善光寺・松代・松本・諏訪 3日間』 (その9:最終回) 

2022年07月26日 | 旅行記

旅行記 第37回 『初夏の善光寺・松代・松本・諏訪 3日間』  (その8) https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2b353523b18569c6c465fc486828b000


「諏訪大社上社本宮(すわたいしゃ かみしゃ ほんみや)」、参道横にある「お休み処 大商」でお昼を済ませ、「正面大鳥居」を潜り境内に入ったのが、12時20分頃です。

 

 


鳥居を潜って、直ぐ右にある青銅製狛犬の口を開けた「阿形(あぎょう)像」。

 

 


左手の口を閉じた「吽形(うんぎょう)像」と、手水舎。

 

 


「雷電爲右エ門(らいでんためうえもん)の像」と「手形」。雷電は、幕末に信州小県郡大石村が生んだ名力士です。

 

 


「神楽殿」は、文政十年(1827)の建立で、色々な神楽が連日行なわれていたようです。残念なことにその神楽は、現在絶えています。

 

 


中にある「大太鼓」は、江戸時代のものです。今では、大晦日のみ打つことにしているそうです。

 

 


「勅使殿(ちょくしでん)」。勅使とは、勅旨を伝えるために天皇が派遣(差遣)する使者のこと。建立は、元禄三年(1690)といわれています。

 

 


樹齢約1000年といわれる「大欅(けやき)」。後ろは、真新しい「本宮二之御柱」。左手奥は、東入口にあたる「青銅鳥居」。

 

 


「本宮二之御柱」。「御柱」とは、七年目毎、寅と申の年に行われる「諏訪大社御柱祭」の際、社殿の四隅に曳建てられた、樹齢200年程の樅(もみ)の巨木です。

 

 


「上社布橋(かみしゃぬのばし)」。七十メートルも続く回廊ですが、現在改修工事中で、通れませんでした。

 

 


「本宮一之御柱」

 

 


いよいよ、御参拝です。

 

 

 


「幣拝殿」と、左右の「片拝殿」。当社は、本殿を欠く独特の形です。

 

 


「宝物殿」

 

 


「勅願殿(ちょくがんでん)」。勅願とは、天皇の祈祷という意味です。当社の場合この建物は、御祈祷を執り行う場所です。建立は、元禄三年(1690)といわれています。

 

 


御朱印を頂けるのは、石段を降り、「正面大鳥居」左手奥にある社務所です。持参した御朱印帳に浄書して頂きました。初穂料は、500円。

 

 


墨書きは、右上が「信濃國一之宮」の文字、中央には「諏訪大社」、左に参拝日。

 


押印は、右上に「信州一宮」、中央が「信州一宮 諏訪大社」の社印、右下は100年前の「御柱祭記念印」の復刻版(令和4年1月1日~12月31日迄の限定印)。


尚、拝受した御朱印の数は、これで107印になりました。その内、第1印~100印の一覧は、こちらをご参照ください https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e23a591aa7b880a9e451c519dc5e14a5


写真は、御朱印帳への浄書をお願いした時に渡される、御朱印受け渡し間違い防止のため引換券です。他の寺社と異なり、諏訪大社では、券を回収することなく、記念に持ち帰ることが出来ました。

 


隊長が集めた、ユニークな御朱印挟み紙の一覧は、ごちらをご参照下さい  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6a07e00969016384e2f3be9b8e913b14


参拝を終え、キャリーバッグを預かってもらっていた「お休み処 大商」に戻ります。ここでは、タクシーまで呼んで頂けました。

 


タクシーに乗り、最後の目的地「諏訪大社上社前宮(まえみや)」に向かいます。


拝殿前に到着したのが、13時10分頃です。

 

 

当社が鎮座するのは、高台で豊富な水や日照が得られる良き地で、御祭神が最初に居を構えられ、諏訪信仰発祥の地と伝えられています。現在の社殿は、昭和七年(1932)伊勢の神宮の御用材を以て建られたものです。

 

 


「前宮一之御柱」

 

 


社務所で、四社最後の御朱印を拝受しました。持参した御朱印帳に浄書して頂きました。初穂料は、500円。


墨書きは、右上が「信濃國一之宮」の文字、中央には「諏訪大社」、左に参拝日。

 


押印は、右上に「信州一宮」、中央が「信州一宮 諏訪大社」の社印、右下は100年前の「御柱祭記念印」の復刻版(令和4年1月1日~12月31日迄の限定印)、左下には「前宮」。


尚、拝受した御朱印の数は、これで108印になりました。


御朱印受け渡し間違い防止のため引換券。

 

 


この引換券を四枚集めたので、四社参拝記念として、特製 ”小銭入れ(がま口)"を頂きました。袋には、「御参拝の際に、お賽銭を入れたり小銭入れとして利用下さい」と書かれた紙がありました。お賽銭入れとして、大切に使おうと思っています。

 

 


待ってもらっていたタクシーに乗り、「茅野駅」に着いたのが、13時半頃。タクシー代は、2,640円でした。


13時39分発の「あずさ30号」に乗車するため、ホームに急ぎます。

 

 


入線。

 

 


グリーン車に座り、終点の新宿駅に到着したのが、15時41分でした。

 

 


こうして、『初夏の善光寺・松代・松本・諏訪 3日間』の旅は、終わりました。

 


==「旅行記」バックナンバー ==
http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/619e2d4e0638d6d11db6b03fbe07a87a
1~25回 省略

第26回 『冬の熱海・湯ヶ島・修善寺 3日間』 2019年1月27日~29日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/91e4da4243e51fb8e761dedd0c4010ce

第27回 『ロマンスカーで行く箱根湯本 2日間』 2019年2月11日~12日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cfe9c8c8e8384d3157b5f8e84b84fcbc

第28回 『鳴尾浜、京セラドーム、甲子園、野球観戦 3日間』 2019年3月29日~31日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1e80082997cbf0912f7d0887fffb95fa

第29回 『今年も高尾山飯縄大権現参拝登山』 2019年4月14日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1cc1aae432d8983cbaa3315dc7f57d17

第30回 『ラグビーW杯観戦ツアー in 静岡』 2019年10月9日~10日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1f519ad51570c201552842a4a37416a3

第31回 『特急草津グリーン車で行く草津・軽井沢 2日間』 2019年10月16日~17日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/61381e0c0f8c6658bc2895794e6520a4

第32回 『今年も江ノ島神社参拝』 2019年12月1日  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/40059dc86985dc4009cdad4b5a606dc5

第33回 『コロナ閑散下の秋田・角館・盛岡 3日間』 2020年3月7日~9日  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e6c20a181a78d1a906a92fc128dcfe9e

第34回 『「Go To トラベル」で行く鎌倉 2日間』 2020年10月14日~15日  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/c92c6bca4b7192c9a97c5222d63c2da9

第35回 『満喫・楽天生命パーク宮城 三連戦三連勝』 2021年6月12日~14日  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/aa817cf8e5ac6608ba90544f47f995da

第36回 『春の川越 御朱印巡りの旅』 2022年4月13日 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/effcab89579d1aee5d4104e597234f50

第37回 『初夏の善光寺・松代・松本・諏訪 3日間』 2022年6月8日~10日  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/68a576dc8203fed2e78e194c3e06f20e

 

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

テレビ Vol.493 『朝ドラ 「ちむどんどん」』

2022年07月24日 | テレビ番組

隊長が観賞した「テレビ番組」を紹介するシリーズの第493回は、『朝ドラ 「ちむどんどん」』をお送りします。

 

 

『ちむどんどん』は、4月11日(月)から始まった、NHKの2022年度前期「連続テレビ小説」 (通称:朝ドラ)です。


“朝ドラ” は、NHKで1961年から始まった、テレビ ドラマシリーズです。第1作の『娘と私』から、最新作『ちむどんどん』まで、106作品が放送されています。


「隊長のブログ」では、“朝ドラ”を、これで26作品を紹介したことになります。詳細は、こちらをご参照下さい  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f99044cc42c1c0270c09c467155cd5b9


現在の本放送は、NHK総合テレビ、BSプレミアム、BS4Kにて、毎週月曜日~金曜日に放送されています。隊長は、ロケシーンが美しく映る BS4Kの午前7時30分~7時45分の放送を観ています。


その前後は、午前7時15分~7時29分に、朝ドラ『芋たこなんきん』の再放送  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/973091300b0643161bd2458ed0b03510 を、


午前7時46分~7時59分は、『にっぽん縦断 こころ旅「2022年春の旅」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/72df3f363ebf9ddad2d2c83785e077b3 を観ていて、これが“隊長の日常”でした。


日常でしたと過去形なのは、「こころ旅」が先週金曜日(7月22日)で、春の旅のゴールに到着し、今週から休止になるからです。それでも、新旧の朝ドラを観る日課は、変わりません。

朝ドラは、実在した人物をモデルに、その一生を描いた物語が多いのですが、本ドラマは、脚本家・羽原大介(はばら だいすけ)のオリジナル作品です。オリジナル作品は、前作に引き続きとなります。


羽原大介さん脚本のドラマは、2014年度後期朝ドラ 『マッサン』  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/768ddcaf3817c3c31a9283ba19609a94 を、取り上げています。


本作は、沖縄本土復帰50年の2022年に送る、ふるさと沖縄の料理に夢をかけたヒロインと、支えあう兄妹きょうだいたちの物語。


ヒロインの比嘉暢子(ひが のぶこ)を演じるのは、沖縄県出身の黒島結菜(くろしま ゆいな)。


かっては “新人女優の「登竜門(とうりゅうもん)」” と呼ばれていた朝ドラ のヒロイン役が、2015年度前期『まれ』の土屋太鳳から始まり、波瑠、高畑充希、芳根京子、有村架純、葵わかな、永野芽郁、安藤さくら、広瀬すず、戸田恵梨香、二階堂ふみ、杉咲花、清原果耶、上白石萌音、深津絵里、川栄李奈、と連続13作実績のある女優さんが起用されていました。


今回の黒島結菜さんも、オーディションは行われずに、直接のキャスティングで選ばれたそうです。


「隊長のブログ」で紹介した、黒島結菜さんが出演するテレビドラマ一覧は、こちらをご覧下さい  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/0318e7ad750957b7b16c6a009be06336


共演者:仲間由紀恵☆、大森南朋、竜星涼、川口春奈、上白石萌歌、原田美枝子、高嶋政伸、井之脇海、山中崇、宮沢氷魚、飯豊まりえ、片岡鶴太郎、長野里美、志ぃさー☆、中原丈雄、佐津川愛美(以上:相関図参照)。きゃんひとみ☆、あめくみちこ☆、川田広樹☆、肥後克広☆、ほか。(☆印は沖縄出身)

 


語り:ジョン・カビラ☆ 


主題歌は、三浦大知☆ の「燦燦 (さんさん)」。

 

あらすじ:本土復帰前の沖縄「やんばる地域」で、父・賢三(大森南朋)母・優子(仲間由紀恵)の元で生まれ育ち、復帰とともに東京で働き始めたヒロイン・暢子。遠く離れても家族の絆に励まされながら、ふるさとの「食」に自分らしい生き方を見いだし、やがて沖縄料理の店を開くことに。


ヒロインは、四人兄妹の次女で、兄・賢秀(竜星涼)、姉・良子(川口春奈)、妹・歌子(上白石萌歌)がいます。四人はそれぞれに異なる道を歩み、気持ちが離れるときも訪れます。


それでもふるさと・沖縄の味が、思い出が、四人の心をつなぎます。困難や挫折に見舞われ、誰かが心折れそうなときには、互いに身を削り、支え合っていきます。傷つきながら、励まし合いながら大人への階段をのぼっていく四兄妹たちは。。。

 

感想:全25週放送予定の内、先週で既に15週まで物語が進んでいます。通常、朝ドラの感想は、開始から一か月以内に書いていたので、異例です。理由は、特にありません。他の記事を優先しただけです。


沖縄が舞台となった朝ドラは、2012年度後期『純と愛』以来。『純と愛』が、ヒロインの周りに不幸が相続き、暗いドラマの印象が強かったので、どうなることかと心配していましたが、案の定、第1週の6日目で父親が亡くなってしまいます。


この時は、子役たちけなげな演技に涙腺が緩んでしまいました。


3週目から、高校生となった暢子役で、黒島結菜さんが登場しますが、兄・賢秀の振る舞いに、母だけでなく、暢子が悩まされます。


ダメな父親に泣かされた『おちょやん』での千代。兄の借金で苦しむ『カムカムエヴリバディ』の安子と、既視感のある展開です。


沖縄が舞台ということだからでしょうか、出演者に多くの沖縄出身者がキャスティングされています(☆印)。さらに、語りのジョン・カビラも、主題歌の三浦大知さんも沖縄出身。


沖縄編で、バーガー屋の店主として、ガレッジセールの川田広樹さんが登場した時に、これで相方のゴリさんが出演したら完璧だと思っていました。そうしたら、鶴見編で、エイサーの踊り手の中にゴリさんらしき姿が。ところが、似ているけど別人のようですね。


黒島結菜さん演じる暢子。恋には奥手のようですしたが、第15週の最後に、幼馴染の和彦(宮沢氷魚)と相思相愛に。第16週での展開が楽しみです。


キャスティングで一番はまったと思ったのは、歌子役の上白石萌歌さん。その名通りに、歌が好きで上手な歌子ですが、上白石萌歌さんが見事に演じています。


二番目が、鶴見編で、沖縄県人会会長を演じる片岡鶴太郎さん。怪奇役者的な演技が多い鶴太郎さんですが、渋い大人の役がハマっています。


三番目は、暢子が就職した銀座のレストラン「アッラ・フォンターナ」の料理長を演じる高嶋政伸さん。鶴太郎さん同様、悪役を演じることの多い高嶋政伸さんですが、気が弱く一途にオーナーの房子(原田美枝子)を思い続ける二ツ橋光二を好演しています。


時代考証はしっかりしていますね。沖縄が本土復帰した1972年5月、東京に就職するために暢子が乗った、やんばるの路線バスの乗降ドアが右側についていました。これは、復帰前は車は右側通行だったからです。


現在は、沖縄では車は左側通行ですので、おそらく、米軍キャンプで使われていたバスを、ロケに徴用したのでしょうね。


1978年8月。沖縄のお盆「ウークイ」のため、久しぶりに帰省した暢子が乗っていた路線バスの乗降ドアは、左側でした。

 

第16週「御三味(うさんみ)に愛を込めて」は、明日・7月25日(月)からの放送予定です。

 

 


==「テレビ番組」 バックナンバー ==
https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/c/17de26ad35859fd865f52645aba1b27d

Vol.1~480 省略。

Vol.481 2022/4/15 『こころ旅「2022年春の旅」波乱のスタートか』  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/72df3f363ebf9ddad2d2c83785e077b3

Vol.482 2022/4/20 『朝ドラ「芋たこなんきん」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/290acc6fce53f218582e312b0cd85ac4

Vol.483 2022/4/24 『新美の巨人たち「2022年1月~4月放送ピックアップ」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/04c3b52ba49a0058cc58bf4d252c4200

Vol.484 2022/4/29 『中国ドラマ「30女の思うこと~上海女子物語~」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/13086de37d7c09f6b69aece1df5c485d

Vol.485 2022/5/9  『ドラマ「正直不動産」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/44aaebbe042ff5e445de6f375edd73c0

Vol.486 2022/5/18 『A-Studio+「2022年1~4月放送ピックアップ」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ee66fdae7c1adbd279712a630a70d83c

Vol.487 2022/5/27 『ドラマ「マイファミリー」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bcbc11abaf022d9a5761e897224ff20f

Vol.488 2022/6/1  『ドラマ「元彼の遺言状」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5b6345e526861db459590c8d6c992d33

Vol.489 2022/6/6  『ドラマ「インビジブル」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2c0c4ee13b7bf7fe042dd1535b8c6cb5

Vol.490 2022/6/14 『ドラマ「やんごとなき一族」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/7ee74f9e0d9d4d7cad63a3e3783de953

Vol.491 2022/6/20 『ドラマ「今度生まれたら」』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d7c54d0d7718dd5019ebf30070f4d887

Vol.492 2022/6/25 『2022年春の連ドラ総括』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2fd8d0b3544587ccf1a4cfc21feeb1b1

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「黒島結菜 出演テレビ番組」 記事一覧

2022年07月24日 | テレビ番組

女優の黒島 結菜(くろしま ゆいな) 《本名同じ》さんは、沖縄県糸満市出身で、生年月日は1997年3月15日 。2022年7月現在、25歳です。所属事務所は、株式会社ソニー・ミュージックアーティスツ。

 

 

尚、ソニー・ミュージックアーティスツ所属の他の女優さんでは、土屋太鳳さん https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cde85bf6ad195421ffe43db7f7d5e0bd と、


森七菜さん https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/88bf092bdb53e592b9c4c61c1ffb31ed を、取り上げています。

 

2011年、中学3年生のときに、ソフトバンクの子会社であるウィルコム沖縄のイメージガールコンテストを受け、グランプリを逃したものの、特別賞の「沖縄美少女図鑑賞」を受賞し、モデルとして同誌に出演。

 

(デビュー直後)


デビュー後も、生まれ育った沖縄県糸満市で暮らしながら芸能活動を続けていましたが、沖縄県立糸満高校卒業後、拠点を東京に移し、女優業を本格化します。


私生活では、カメラ好きが高じて、日本大学芸術学部写真学科に進学してさまざまな撮影技法を学んでいます。


現在、24歳という若さながら、数多くの作品に出演しています。


そんな黒島結菜さんが出演するテレビ番組を、「隊長のブログ」では、これまでに11作品を紹介しています。


詳細は、下記の記事一覧をご参照下さい。

 


==「黒島結菜 出演テレビ番組」 記事一覧 ==
 
1. 2014年10月期ドラマ 『ごめんね青春!』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/2e75b75c178e0f8ad7b6fa93301065dc

2. 2015年3月テレビCM  『カルピスウォーター』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/6d9cff015701761b3c8059fd9b105b9d

3. 2016年7月期ドラマ 『時をかける少女』 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d92e12e00cc9f658404f6e9c0ae7890e

4. 2017年9月~12月ドラマ    『アシガール』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/df8a20fe19ab06c973dba3089ee657b5

5. 2019年度大河ドラマ 『いだてん~東京オリムピック噺~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e6bbe2dd0f86885ab92b6c1bd098359c

6. 2019年9月単発ドラマ  『FLY! BOYS, FLY! 僕たち、CAはじめました』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/5690df9a809374ba28594bc8af97cbec

7. 2019年度後期朝ドラ 『スカーレット』  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/05d915943848cb90727b0bbdf0a58797

8. 2019年10月期ドラマ 『死役所』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/f408b0c4b7e0d14d014836c374c5f963

9. 2020年4月期ドラマ  『行列の女神~らーめん才遊記~』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bdbe6e1935a056047054d0fffae87364

10. 2021年2月~3月ドラマ  『ハルカの光』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/82d405236ae2206acc48931c8eab39aa

11. 2022年度前期朝ドラ 『ちむどんどん』 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d36dc241b12bdf34b49a5c4cc87e5c15

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「朝ドラ」 記事一覧

2022年07月23日 | テレビ番組

「連続テレビ小説」(通称:朝ドラ)は、NHKテレビで、1961年から始まったドラマシリーズです。

 

 


第1作の『娘と私』から、最新作『ちむどんどん』まで、106作品が放送されています。

 

「隊長のブログ」では、朝ドラを、これまでに26本を紹介しています。


詳細は下記の記事一覧をご参照下さい。  

 

==「朝ドラ」 記事一覧 (放送年度、題名、主演)==

1. 1979年度前期 『マ-姉ちゃん』 熊谷真実   https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/973091300b0643161bd2458ed0b03510

2.  1983年度 『おしん』 小林綾子、田中裕子、音羽信子  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/ba9cae33e7ebfda7ad5a94a84f65269b

3.  1985年度前期 『澪つくし』 沢口靖子  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e65f8e5fbf74f838a952ceba12f2f458

4.  1986年度前期 『はね駒(こんま)』 斉藤由貴  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/bd64ef17b538bbebdd9da3cc5c5d5ab2

5.  1997年度前期 『あぐり』 田中美里   https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/49c3d8489d6f27f5daf15b9e26091e18

6.  2003年度前期『こころ』  中越典子  http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/4fdb7fbe55da5617a784fc0a10e3a68e

7. 2006年度後期 『芋たこなんきん』 藤山直美   https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/290acc6fce53f218582e312b0cd85ac4

8.  2007年度前期『どんど晴れ』  比嘉愛未 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/1f454949be48f3a9ed2da75936619f65

9.  2013年度前期『あまちゃん』 能年玲奈 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/064c8d880ecb8b62e34826479570c2d2

10.  2014年度前期『花子とアン』 吉高由里子 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/95bad61fa65f5688e2f2eafad7d8f37d

11.  2014年度後期『マッサン』 玉山鉄二、シャーロット・ケイト・フォックス http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/768ddcaf3817c3c31a9283ba19609a94

12.  2015年度前期『まれ』 土屋太鳳 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/efbe145247e70ef9f836e214d8e53724

13.  2015年度後期『あさが来た』 波瑠 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d1b12667d47c99cf9ab908153a5699bc

14. 2016年度前期『とと姉ちゃん』 高畑充希 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/285006fa9c0c7df27efb251de57ffc17

15. 2016年度後期『べっぴんさん』 芳根京子 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a36e84df847c511cc87d876afe30ec8e

16. 2017年度前期『ひよっこ』 有村架純 http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/df1f3e16c651f2da3c5f131104f7aa25

17. 2017年度後期『わろてんか』 葵わかな http://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/8127476f6356a380a23a49efc6d002f7

18. 2018年度前期『半分、青い。』 永野芽郁 https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/cf413b97a2b0c6e7c66cdcddbb3b4a0f

19. 2018年度後期『まんぷく』 安藤サクラ https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a47e73d4dc82d63594d5130285d31788

20. 2019年度前期『なつぞら』 広瀬すず https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/486fc49a538daa61f9febeec726c30fe

21. 2019年度後期『スカーレット』 戸田恵梨香  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/05d915943848cb90727b0bbdf0a58797

22. 2020年度前期 『エール』 窪田正孝  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a56bb493c2a4a3a0322bc8359200e0fb

23. 2020年度後期 『おちょやん』 杉咲花  https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a48bf4649fdb3a26d5c6c0272e86a5eb

24.  2021年度前期 『おかえりモネ』 清原果耶   https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/e11c07b0fdeeba8b14d51973e510a491

25.  2021年度後期 『カムカムエヴリバディ』 上白石萌音、深津絵里、川栄李奈   https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/a501c7582c6221a76c162cd87dfe4ab0

26.  2022年度前期 『ちむどんどん』 黒島結菜   https://blog.goo.ne.jp/taichou-san2014/e/d36dc241b12bdf34b49a5c4cc87e5c15

コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする