まこの時間

毎日の生活の中の小さな癒しと、笑いを求めて。

恐るべしドラッグストア

2018-10-14 | 暮らし

トイレットペーパーを買いにアオキへ行った。先日、TVでも商戦について放映していたが、今日改めてそのすごさを知った。

駐車場に車を止められない。しばらく出る車を待ってから入った。やっと店内に入ると、当然人でいっぱい。「ポイント3倍」「冷凍食品半額」という触れ込みのせいか。ドラッグストアでありながら、冷凍食品、肉、魚、刺身、寿司、アルコール類・・・。トイレットペーパーと消臭剤だけ買うつもりが、ついでにおかずも買ってしまった。鶏肉やねぎが安かったからだ。いつもなら高くて買えないエビグラタンや王様のピラフとかの冷凍食品も半額ならと買ってしまった。

アオキだけでなく、まわりにドラッグストアがどんどん出来て、消費者にとっては良いだろうが、もともとのスーパーマーケットは大変だろうと思う。薬屋さんに就職した人たちは、スーパーの勉強をしているのだろうと思う。働く人たちは大変だ。

息もつかずにあくせくと働いて、世の中が、あらぬ方向へじわじわと人間を苦しめるように流れているような気がする。利潤を追いかけ、山と積まれた食品と、捨てられる食品。食品だけでなく、イベント毎に膨大な紙が使われ、ペーパーレスと言いながら、メールで送ったものを、受け取った方がせっせとプリントアウトしたりしている。しなくてもいい仕事に追われたりするのもご苦労なことではある。

皆様、ストレスを受けませんよう日々をお暮らしください。

コメント

かき揚げ

2018-10-11 | グルメ

何故か時間ができると、大量に料理を作りたくなる。もともと6人家族で、6人分の食事作りは、晩ごはんでも朝飯前だ。

今日は冷凍してあった大量のゴーヤで、佃煮を作った。また、甘エビが安かったので、かき揚げにした。さつま芋と玉ねぎに甘エビ。

あまり形は良くないが、婆さんとふたりで食べるには多い。娘にラインでかき揚げの押し売りをする。「ほしい!」と、言ってくれると嬉しくなる。

父はいつも「貧乏しても、食はケチってはいかん」と言い、「我が家のエンゲル係数は高くて結構」と、言う人だった。しかし、美味しい料理が高いとは限らない。母の煮物は美味しかったし、うちの婆さんの赤飯も美味しかった。

今年の祭りには、炊きおこわを作ったら、今度は婆さんが美味しいと言ってくれた。そんな風に、子供たちも美味しいと言ってくれたらいいなと思うが、いかんせんレパートリーが少ないので、まだまだ勉強をしなくてはならないと思う。

コメント

マンモグラフィー検査

2018-10-10 | 身体

乳がん検診へ行った。交流プラザさくらで健康診断があって、通常の健康診断と胃がんのバスによる検査などもあった。わたしは7月に地域の公民館で健康診断を終えていたので、乳がんのみの検査に出かけた。各地区では乳がんの検査は行われない。該当者が少ないからまとめてするのだと思う。

今日も、8時半からというのに、9時に行っても4番目だった。他の健診には長蛇の列だ。

乳がん検診の少なさには、気軽に検査という気持ちになれない部分がある。アクリル板で胸をつぶして拷問みたいな状態でレントゲンを撮るからだ。

日々医療が進歩しているのに、この痛い検査はどうにかならないかと思う。エコーでの検査もあるが、きっと時間がかかるので集団検診には向かないのかもしれない。ポコッと胸にお椀のようなものをかぶせて撮れないのだろうか。胸が大きくない女性にとって、この検査は苦痛であろうと思ったら、そうでもないという人もいる。個人差があるのか。

不思議なことに、この検査は本当に年配の人はあまり見かけない。年を取ると乳がんにはならないのか?聞くところによると男性でもなる人がいるらしく、この検査も受けるらしい。と、いう事は、わたしは我慢が足らないのかもしれない。わたしは体力もないし、我慢弱いのかもしれない。

痛みだけは体温計のように測れない。「痛い度計」みたいのがあって、「あなたはまだ10度だから、全然痛くないですよ」とか言われたら辛い。「たぶん30度です!!」と、訴えても駄目である。血圧が低い上に痛い度も低かったら、背も低いし、人生を底辺で暮らすことになりそうだ。いや、高いところで不安定なのも辛いかもしれない。何はともあれ、マンモは痛い。

 

コメント

台風一過

2018-10-09 | 暮らし

台風が通過し「山の文化館」の樹齢650年のイチョウの木の下は、銀杏が足の踏み場もないほど落ちたようす。

銀杏の強い臭いがする。粒は小さい。

 

 

コメント (2)

台風の前に

2018-10-06 | 暮らし

また台風が来る。今年はなんという疲れる年なのか。大風が吹く前にコスモスを撮った。

栗の木は古くなり傷んできて、年々実が小さくなってきた。

鶏頭は大きくて脳みたい。かしこい鶏頭?

夕方買い物に行ったら、砂粒交じりの風が吹いてきて、やたら蒸し暑い。この花たちは、風雨にさらされて叫びもしなければ、文句も言わない。これらが口を持ったらどうなんだろう。コスモスが、「わぁわぁ、きゃあきゃあ言いました」となるのか。

花が静かに咲いていて良かった。うるさいのは犬と人間だけでいい。

台風がひどくありませんように。花の為にも。

 

コメント

的前審判

2018-10-03 | 弓道

県内の試合で、何回か的前審判をしたが、やはり国体での審判は緊張する。ただ○×を出せば良いのであるが、時折、判断がつきにくい矢がある。的の一番外側がなぜ黒いのだろうと思ってしまう。あづちと的の外黒が分かりにくいのである。だから霞的というのだそうだ。目がかすむということ?

それより何より、応援の声の凄さだ。前射場は観覧席を背にして座るので、応援の声というより、叫びをまともに耳の所で受けとめる。矢が飛んでくると、目と耳で中りを判断するので、応援の声が叫びになって、その後おまけ付きの拍手があると、はらはらする。そして、この応援の声を強い気持ちで受けとめなくては引きずられそうになる。しかし、そこは観覧席の人も弓道人である。次の射手が会に入りそうになると、水を打ったように静かになる。

近的の審判以上に、遠的の審判の方がもっと大変だと思う。

モニターもあるにはあるが、瞬時に点数を言わなくてはならない。太陽がガンガン照ると、今度は矢の影が映って、またまた見にくいのだそうだ。矢がたくさん刺さってくると、どれがどれだか・・。おまけに、今回は一日で決着をつけるために、日が暮れかかる頃まで見なくてはならない。青と黒が見にくくなる。

表彰が行われる時に遠的射場へ行ったら、薄暗くなっていて、青も黒も黒く見えた。

きわどい中りは必ずある。選手も、審判も緊張する。とにもかくにも、無事に終わったことが何よりである。おまけに、自分の県の選手が入賞する場に居合わせたことが嬉しかった。

 

 

 

 

 

 

コメント

入賞!!

2018-10-03 | 弓道

わたしたちは、空いた時間に気比神社へ行き、石川県の成年女子の必勝を祈願した。

神頼みではなく選手の力で、遠的一位。近的も5位に入賞した。どちらも入賞するという事は並大抵のことではない。チームの力だ。わたしたちは、祈るしかないのである。

「あと1本」と言って、必ず後で、優勝とか、勝ち上がりの時の足りなかった本数を数えるが、それはない。今、到達した所をまず喜び、次のステップにする。悪かったことを反省し、積み上げると悪くなりそうな気がする。良かったイメージを積み上げると、次に行ける気がする。

どの選手も、発揮できた時がある。その力を合わせて勝ち取った入賞だと思う。選手たちには、とにかく「おめでとう!!!」。

 

 

コメント

台風被害

2018-10-02 | 弓道

遠的場の的場が壊れたが、一日で復旧した。福井の方たちのチームパワーだと思う。

今日は2日間を取り戻すべく結束で、すべての予選を終えて、少年の部の遠的、近的の8チームを選出し、同率一位の表彰が行われた。

表彰される県名が呼ばれると、若い選手のはりのある返事が響き、ついホロっとしてしまった。たくさん稽古をしてこの場に立つ高校生には、一位という表彰も思い出深いものになると思う。 

また、国体の審判をさせてもらうことも、わたしにとっては特別なことである。石川の審判団と毎日行動を共にする。

気持ちの上では石川の成年女子を応援したいのに、審判として知らん顔して的前で仕事をするが、思わず○×に力が入っている。

嬉しいことに、女子は遠的で8位に入り、同率一位の表彰を受けた。

一位のプラカードが8つある。急きょ作ったのだろう。入場してきた時、熱い気持ちになった。良かった、良かった。おまけに、近的も8チームに残り、トーナメント選に出ることになった。

明日は、三笠の宮さまが見える前で引けるといいと思う。

さて、明日もう一仕事。

 

 

 

 

 

コメント (2)

敦賀の朝散歩

2018-10-01 | 弓道

台風一過。大風も大雨の被害もなく朝を迎えた。

食事前に町の散歩をした。青空が見える。町には「銀河鉄道999」。

気比神社までの歩道のあちこちにある。

ゆうべは、来るべき遠的大会のミーティングをした。今日は会長と理事長が全弓連の方と打ち合わせをするため、わたしたちは、持ち時間を福井県の方の邪魔にならないように過ごすことになる。

 朝の散歩をしたら朝食がおいしい。ご飯が凄く美味しかった。

いわゆる白飯(しろめし)。

 

 

 

 

 

コメント (2)

福井国体

2018-09-29 | 弓道

いよいよ福井国体が始まった。

石川県の役員一同で敦賀まで一台の車で出かけた。台風24号の様子が気になる。9月29日から4月3日まで、近的の的前審判をする。

敦賀の総合運動公園の弓道場の大会に殿と4年ほど通った。娘夫婦が敦賀に住んでいたので、孫の顔を見に行き、試合にも出た懐かしい道場である。

さて、到着して審判控室に案内され予定変更を知らされた。

30日と1日は中止となり、残り2日で遠近4射で8位まで決定し、すべて同率一位にするということ。但し、成年の近的のみ最終日にトーナメントを行う。

長い間準備されてきた福井県の方々は、ここへきて新たな対応を迫られた。

私たちは少し拍子抜けして、明日と明後日をどう過ごすかということとなった。

審判会議と監督会議が粛々と行われ、夜の懇親会を終えて一日が終わる。

さて、明日から2日、台風がひどくならないことを祈るのみである。

コメント