我想一個人映画美的女人blog

新作&DVD映画レビュー&温泉&ゴシップ+コスメ+旅行記。
たまーに日記。blog14周年迎えました✨

アメリカン・アニマルズ/AMERICAN ANIMALS

2019-05-20 23:27:46 | 2019年 劇場公開☆6以上

 

 

 

大学の図書館のガラスケースで保管された時価12億円の画集”アメリカの鳥類”を狙った、

大学生による強盗事件を「実話がベース」ではなく、「実録」で完全映画化。

アメリカケンタッキー州で日々の生活に物足りなく生きてたウォーレンとスペンサー。二人を誘いエリック、チャズの4人が

「スナッチ」「レザボア・ドッグス」「オーシャンズ11」等の犯罪映画を参考に、老人に化け図書館に乗り込む

 監督は、 ドキュメンタリー「The Imposter」で英国アカデミー賞新人監督賞を受賞した同作が初監督作となるバート・レイトン。

主演に、エヴァン・ピーターズと「聖なる鹿殺し」のバリー・コーガンという、個人的に数年前から注目してた二人が共演ってことで

めちゃ楽しみだった本作

いつ見てもエヴァンてばマルコム・マクダウェル似。(特に時計じかけの〜アレックスね)

そしていつも「数回殴られたようなお顔」って言ってごめんなさい、今回はなぜかKAT-TUNの中丸くんに見えて仕方なかった 笑

 

誘われる運の悪い?二人に

ジャレッド・アブラハムソンとブレイク・ジェナー。ブレイクの方は、リンクレイター監督の

エヴリバディ・ウォンツ・サム」で主演の子。ちょっとマット・ディロン入ってるんだよね

 

映画の見よう見まねで開始した素人の強盗計画の顛末を、

すでに刑期を終え出所した本人たちのインタビューを交えて描く。

 

 

6/10

 

本人たちは、学生時代から悪事を働いていたような根っからのワル連中ではなく、

ちょっと目立ちたがり風のよくいる男と、ありきたりな日常に物足りなさを感じてた普通の青年が

自分の人生にひと旗あげてやろう、やらなかったと後悔するよりも。

なんていう考えが一致し、犯罪に踏み込む。

 

ひと旗あげるんなら、いいことしろよ!と言いたくなるが、実際やってしまったのだからあとの祭り。

それでも根が悪いやつじゃないから、司書をなんとかする際には極力、誰も手を出したくない。

2004年に起こした事件だった(はず)けど、大学のその大事なビンテージ本を展示してある特別な部屋で

一人司書がいるのみで監視のいない中、防犯カメラとかのセキュリティーくらいはしてないのか

クリスティーズに持ち込んだ時点でもうこの希少な本のあった場所などすぐバレるとかわからないのかな?笑

それに犯罪計画が甘すぎる! 中学生の犯罪じゃないんだからもうちょっといろいろ想定して計画練ろうよ、ってわたしすら思うわ 笑

よく他の二人もあっさり誘いに乗ったなー 

二人がやる理由が全然説得力ないというか、そこまでのリスクを犯してまで共犯する理由がない。

←バリーコーガンの変装、こういう人いるいる!

 

犯罪映画を参考にって、タラのレザボア(ドッグス)のパクリでミスターピンクとかつけてるの笑える

形から入って何にもなし得ないやつ

 

途中、考え込んだり 誇らしげに話したり、記憶をたどり当時を思い返しながら話す

本人たちのインタビュー映像がかぶったりするのだけど、

自分たちをヒーロー化してるんじゃ?とか、青春に一発やってやった!武勇伝!とか

言い訳つけてこんなハリウッド映画化しちゃって

やってよかった風になるなら本末転倒だよね。と思わせる部分も。

最後の方では、半分泣き顔で回顧録として語る。

 

もちろん捕まりたいと思ってやったわけではなく、捕まる、成功する、儲ける、という話はさておき

普通に生きてたらできない、「何か」をしたい。っていう欲求に駆られた結果、ということだったんだろう。

でも、それは「犯罪」じゃなくてもできることだと思うんだけどね。

注目浴びるために犯す犯罪なんてそこら中で起きていて、自分の人生がそれによってめちゃくちゃになることは

考えない浅はかさが残る。

どうせやるなら、いいことして目立とうよ!  笑

 

ジョン・ジェームズ・オーデュポンというこの絵を描いた画家で野鳥研究家。

釈放後の現在、バーリー・コーガン演じたスペンサーが、実際 鳥だけを描く画家になったり、

主犯格のような存在だった、エヴァンピーターズ演じたウォーレンは映画製作の仕事をするため大学に通うとか

結局「盗み」という犯罪をしても、(もちろん刑期を終え)

人生は自分の思うようにできる。というメッセージでもあるのかな

 

大学生のウォーレンとスペンサーは、中流階級の家庭に生まれたごく普通の大学生。何不自由ない生活を送りながらも、平凡な日常に苛立ちと焦りを募らせていた。そんな時2人が目を付けたのが、大学図書館に所蔵されているジェームズ・オーデュボンの画集『アメリカの鳥類』という、10億円以上の価値がある貴重な本。それを盗み出せれば、人生が特別なものになるに違いないと思い立った彼らは、協力者として秀才のエリックと青年実業家のチャズをリクルートすると、さっそく綿密な計画を練り始めるのだったが…。

 

公式サイト

AMERICAN ANIMALS        2018年    アメリカ  116min

5月17日〜より公開中〜

 

 

 

 

右、ウォーレン、ご本人。

右、スペンサーご本人。

実際に罪を犯した4名

左から二番目、監督。

 

Comments (2)