白鳩さんがモンコレで駄弁るブログ

わたくし白鳩がカードゲームの話を書き連ねるブログ

スペクトル

2020年01月18日 06時03分52秒 | カード情報(双星のシャンバラ)
ディヴァインガードは速攻スペルで一番弱いカードだったと思う。
ヘイストを使われてもスロウを使われても負ける。
コンボがあるわけでもない。
もともとイニシアチブ修正のないパンプアップの効果だけなら
速攻より対抗で使うほうが強い。
それで効果もマッスルボディ止まりなのは1枠の戦闘スペルカードとしても
水準に達した効果ではないと思う。
スペクトルの場合、水属性で攻撃力を上げられる、というのはほかのない強みになる。
もともとのサイズの大きい水属性が使うことで規格外のスペックになることができる。
水属性の場合、完全な水単デックの需要もあるから価値がないカードでもないくらいか。
ドロー効果の代わりに属性を付与する効果がついたが、現状使い道はない。
属性参照の効果はリブ&ラブのコンボだな。

D環境における戦闘スペルは基本的に絶対使うカード。
属性付与のカードが登場したことでリブ&ラブのスタイルが見えてきた。
属性参照でスペックの上がるユニットか。
コメント   この記事についてブログを書く
« カメレオン・ドラゴン | トップ | アフターバーン »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

カード情報(双星のシャンバラ)」カテゴリの最新記事