白鳩さんがモンコレで駄弁るブログ

わたくし白鳩がカードゲームの話を書き連ねるブログ

鉄亀戦車ゴリアテ

2013年05月31日 23時56分07秒 | カード情報(アポカリプスの魔剣)
ドワーフの英雄なんですが、
地下空洞限定の能力なので使い辛いですね。
わたしのドワーフデックからも最終的に抜かれてしまいました。
ガンドルの魔聖域が抜かれてしまったんですよ。
ガンドルの魔聖域は効果としては強いが
ドワーフデックにどうしても欲しい効果というわけではなかった。
ゴリアテはガンドルの魔聖域を3枚、最低でも2枚は入れていないと
使う気にならないカードですね。
地下空洞の上以外では非英雄以下ですから。

英雄点1点の即時召喚不可ユニットで、
種族や地形依存の能力を持つ場合、
ほとんどのユニットは能力を活用しなくても
同勢力の非英雄と同等かそれ以上のステータスは持っています。
レベル4の英雄の基準ステータスが
アイテム2orアイテム1スペル色*orスペル色色*で
4/4/4+αなんですから
これだけで能力を見なくても非英雄より上ですよね。

しかるにゴリアテは地下空洞の上でないと
ゴットドンの塹壕隊以下のステータスなんですから
能力が地形依存だから使い辛いだけ・・・というのは錯覚で
単にブロック3以降の他の英雄点1点と比較してデザイン的に弱いだけです。
地下空洞の戦いは英雄点1点の代償として得ている能力なのだから
地下空洞の上でなくてもゴットドンの塹壕隊以上のステータスは持っているべきだった。
地下空洞の戦いを英雄点1点相当に換算しているのだってオマケ評価ですからね。
この辺りの調整加減は
Gレギュレーション時代の道ケンタウロスデックと似ていると思います。
モンコレの地形依存系の能力を持つユニットは
能力を発揮しないと標準以下なのに
特定の地形上で戦っても普通のデックの完成パーティと同等の強さしか無かったりする事が多い。
魔海デックはここの調整が見事だったんですが。
ゴリアテのほうはガンドルの魔聖域を使うなら1枚くらい入れてもいいかな、
という程度のユニットですね。
ゴリアテを使うためにガンドルの魔聖域を使ってやろうという流れにはなり辛いと思います。

地下空洞上で3/12/5は確かに強いと思います。
特に攻撃力はゴットドンかゴリアテが居ないと捻出できないので12点が貴重。
でも地下空洞以外でも9点は殴りたかったですね。
地下空洞の戦いが発動しなくても3/3/3ディフェンダー+6アイテム2くらいなら
スタメンだったんですが。
コメント (1)

スリープ・デイ

2013年05月30日 22時58分00秒 | カード情報(アポカリプスの魔剣)
本日の2枚目。
竜神殿から再録された土の補助スペル。
即時召喚可能の小型ユニットを1枚で完封できます。

即時召喚ユニットを全く使用しないデックはほぼありませんし
ほとんど即時召喚ユニットばかりで構成されるデックもあるんですから、
使えないという場面はほとんどない優良カードですね。
大型ユニットのほうを止められなかったらどちらにしろ全滅する、
ということはあり得ますけど。

最近の完了能力持ちのユニットは即時可能であることが多く
即時不可の完了能力持ちは多くないので
ますます使いやすくなっています。
普通/対抗で敵軍パーティを対象にできる貴重な効果でもありますね。
クリムゾンアタッカーやハーピィ風神追撃兵の波状攻撃は
このタイプの効果でないと防ぎきれないのでかなり重要な役割をします。

ではグラヴィトン、スリープデイ両方を採用しているデックがあったので
レシピを公開します。

マグネティック・エンプレス ×3
マグネティック・レディ ×3
オリハルコン・トータス ×3
ジャングル・サーペント ×3
フィフィの調教師 ×3
ナスホルンの重僧兵 ×3
ビリジアン ×8

エレメンタル・ブラスト ×3
エレメンタル・シールド ×3
メデューサ・アイ ×3
グラヴィトン ×3
スリープ・デイ ×3
エンタングル ×3
アース・シールド ×3

滲みゆく世界 ×3

余ったカードで組んだのであんまり強くはないと思います。
精霊王が強ければそれでいいと思っているので土属性のカードで41枚です。
ドラゴンのスペル枠は使いきれない事のほうが多いですがあまり気にしません。
他に居ませんからね。
コメント

グラヴィトン

2013年05月30日 22時53分23秒 | カード情報(アポカリプスの魔剣)
今日は久しぶりの2枚公開ですね。
ブロックタイクーンの情報も出てきましたし
アポカリプスの終了も近いのかもしれません。

土属性の対地スペルです。
ブライアーピットとほとんど同じ効果ですが、
2枠のダメージが10点になっている。
7点は低かったですからね。
ユニットの防御力は特別な例を除いて
10点を上限にしていますから
相手が飛行ユニットか耐性地震を持たないなら
対抗の10点ダメージは必ず対抗を返す事が出来る威力です。
特にほとんどのデックの主力英雄は
防御力の高い進軍タイプ歩行のユニットなんですから
グラヴィトンは勝負の決め手になるカードですね。
レベル4ユニットが10点ダメージに耐えるのは難しいので。

ただし土属性の2枠はブロック3、4のデックだとコストが重いので
自由に使えるデックは少ないです。
ドワーフでは2枠を捻出し辛いので
今のところ無理なく使えるのはファラオと精霊王くらいでしょうか。
使用頻度が低いからこそ逆に使ったときに返され辛いのですけど。
コメント

新ブロック「タイクーン」

2013年05月30日 00時57分56秒 | モンコレ
DuelPortalで次のブロックの情報が出ていますね。

今回からの変更点があります。
・トライアルデックに封入されているカードはすべてトライアルデック限定のカードになりました。
・デック解説書が封入されるようになりました。
・カードの封入枚数が53枚から50枚になりました。
・特典PRパックも内容を一新!全6種のカードの中から1枚がランダムに入っています。すべて「獅子姫」か「闇騎士」に封入されているカードのビジュアルフレーム(フレームがなく、イラストが大きく見える)バージョンとなっています。

トライアルのカードはすべて限定カードということは
勢力ALLのカードは入っていないみたいですね。
パックから同じカードが出てこないのはありがたい。
ただし3神器のようなカードがトライアルで手に入ることは無くなるので
ブースターの△の価値が上がります。

デック解説書は、遊び方の他にバックストーリーでも書いてあるんでしょうか。

枚数は50枚になるそうです。
これとトライアルのカードはトライアルにしか入ってないことを合わせて考えるなら
カードの内訳は
1枚封入のカードが2種類、3枚封入のカードが16種類、
でしょうか。
1枚積のカード、2枚積のカードは少なくなっているはずです。
メインビジュアル以外のカードは3枚封入でなければ遊び辛いでしょう。

PRパックの仕様変更も嬉しい改正ですね。
全6種類ということは従来のハズレ枠だった50枚ユニットが無くなるということです。
PRパックに当たり外れの概念が無くなることを意味すると解釈していいでしょう。
全6種類なら3枚ずつをコンプリートするのは簡単ですね。
vol.9はトライアルのカードのビジュアルフレーム版だそうです。
ブースターの先行収録はありません。
一月先のカードが入っているのが不合理だということでしょうか。
PRパックの50枚封入カードがなくなる事で、
毎ブロックに登場していた6色サイクルの50枚カードが次回から必ずしも登場しなくなります。
PRパックのために使えるか使えないかよくわからないカードを
6種類もデザインするのは不合理極まりなかったのでこれが一番大きな前進だと思います。


エリゴールの勢力は煉獄のディアブロでメイン種族はディアブロだそうです。

エリゴールの種族がデーモン・ディアブロだとしたら魔剣は装備できませんね。

イラストの公開は
リオネットの光導師
ヒートストローク
アビス・ガルム
アビス・ドラゴン
の4枚。

リオネットの光導師はレオーネの光導師の類似ユニットで間違いなさそうですね。

ヒートストロークは火属性の戦闘スペルです。
これは気になりますね。
ブースターに収録されないカードなら勢力ALLである可能性は低いのですが。
勢力黄金の獅子宮のカードに火属性のスペルがあるんでしょうか。
あるいはヒートインフレーション互換の使いやすいカードをトライアル限定で出してしまうのか。
それはやめてほしいと思いますが。
効果は名前からすればパンプアップでしょうね。

アビスガルムは星剣姫の烙印からの再録カード。
前回は奈落の地形とコンボしているユニットでした。
エレメンタルに引き続きタイクーンも地形押しのブロックなんでしょうか。
またスペル枠は火魔でした。
スペル枠も前回を踏襲しているならフォクシアと合致しています。
アビスガルムの種族はビースト・ディアブロだと考えて間違いないと思います。
やはりアンデッドは付いてないようですね。

アビスドラゴンは新出のカードです。
ただしアビスとドラゴンはお馴染みの単語ですからどういうユニットかはイメージできますね。
地形とコンボした能力を持つレベル6ユニットでしょうか。
ディープダイバーと同等の能力を持つなら強そうです。

「獅子姫-リオネット-」「闇騎士-エリゴール-」は7月26日(金)発売です。
コメント

フォクシアの神楽忍軍

2013年05月29日 23時37分26秒 | カード情報(アポカリプスの魔剣)
フォクシアの風魔忍軍の色違い。
レベル4でイニシアチブ+4が出せて攻撃力も6点なので
イナリと神楽忍軍又は風魔忍軍のパーティが
ヴィクセンと並ぶフォクシアデック最強パーティです。
合計イニシアチブ+7、攻撃力11点でスペル枠4枠。
こう書きますとそれほど大したパワーではないんですが。

風魔忍軍は風魔枠なので
ヴィクセンやホクサイと色が合致していますが
神楽忍軍の火枠はやはりまだ使いやすくないですね。
英雄がもう1枚増えるみたいな話なので
デックにするにはもう少し待ってみてもいいかもしれません。
スペル火枠を持つフォクシアは
神楽忍軍、チハヤ、鬼道忍軍の3種類です。
専用スペルはヤマアラシのみ、ですね。

火スペル混じりのフォクシアデックを組めることがメリットですが
火属性のスペルは
スパーク、バトルクライ、ヒートインフレーション、ファナティシズム、
フラッシュデトネイター、フラッシュファイア、フレイムストライク、
それにヤマアラシです。
魔属性にマインドデストラクションがあるため
アイテムキャンセルにそれほど需要がないのが残念ですね。
シャラク、バトルクライ、ヒートインフレーションは
全部積んだら面白い動きができそうではあります。

火スペルのフォクシアデックは組んでないので今回はデックの公開はなしです。
ブロック5が始まってから組もうと思います。
コメント

ニーベルング神速隊

2013年05月28日 21時20分35秒 | カード情報(アポカリプスの魔剣)
ジーグルーデとイニシアチブが1点しか変わらなくて
スペル*枠、即時召喚可能。
環境最速であるジーグルーデとの速度差がわずか1点だという事は
神獣の乙女同士の対決でない限り、
それ以外の先攻デックが相手であれば神速隊の速度で十分だという事です。
これが即時召喚可能。
神獣の乙女のイニシアチブは他の先攻デックのふた回りは速い。

神獣の乙女は、今の環境で最強の勢力ではないかと思います。
カードリストをざっと見てみると、
神獣の乙女はイニシアチブ最速のデックであると同時に
先攻デックの範疇では最大の攻撃力を持つ勢力でもあります。
モンスターコレクションは後攻デックの防御力よりも
先攻デックの攻撃力のほうが平均的には高く設定されているゲームです。
まあ、そうなっていなければ防御型のデックがパーティを固めしまうと
崩しようがなくなってしまいますからね。
では先攻デック最大の攻撃力を持つ神獣の乙女の攻撃に耐えられる後攻デックは
通常には存在しないという事。
環境最速のイニシアチブのデックはそれ以外のすべての先攻デックに圧倒的な有利を持ちます。
環境最大の攻撃力を持つデックの攻撃は後攻デックで耐えられるようにはできていません。
ゲームデザイン的には、イニシアチブ最速と攻撃力最大が同じデックであってはいけないと思います。
バードマンが最速であるべきだというのはそういう事ですね。
しかし神獣の乙女は現環境下において2つを併せ持ちます。
先攻型デック、後攻型デックに有利であれば、残るは重対抗型で封殺するしかないという事。
しかしブロック3以降のカードプールにはパーティ対象のダメージ効果が少なくなっており、
加えて環境全体では大型ユニットの攻撃のほうが多いので
攻撃対策はタイダルウェイブやガリュンバーの瞳といった大型対象の効果が優先です。
その上レジェンドホーンやシャイニングシールドのようなパーティ耐性も充実、
ヴァルトラウテなら対抗力においても環境上位。
これは久々に本格的に壊れたデックが出てきてしまったのではないかと心配になったくらいですよ。
対策するにしても簡単にはいかないので強さの割にあまり対策されていないというのもあります。
非常にシンプルで、事故ることもないので
勝ちに行きたいなら今一番お薦めのデックですね。

というわけでサンプルデックも公開。

神獣の女神ジーグルーデ ×3
聖獣の女神ヴァルトラウテ ×2
不死鳥の乙女エルルーン ×2
ニーベルング神速隊 ×3
ニーベルング神獣調教師 ×3
ニーベルング聖晶騎兵隊 ×3
ニーベルング少女霊鳥隊 ×3
レジェンド・ホーン ×3
ドリームテイル ×3
クォーツ・ペガサス ×7

スペル・バリア ×3
シャイニング・シールド ×3
ゴッド・フィスト ×3
サンライズ・クロス ×3
アース・シールド ×3

輝天の亀裂 ×3

輝天の亀裂を採用しているのは魔海デックと神獣同士の戦いを意識しているからです。
しかし効果のほどは誤差なので、トレンチの三角海域のほうが強いかもしれません。
そのほうがイニシアチブも攻撃力もさらに厚くなります。
ただしもっとも意識すべきデック2種なので悩ましいところですね。
弩弓隊、鉄壁隊で守りに入ったドワーフを崩すにはリミット10地形のほうが有効ですが。
イニシアチブ2差3差で先攻が取れないようなヘマをしない限り負けていないので
最近強いデックが組めていないなという方は試してみてください。

しかし上のデックはまだ高額の極稀カードが多すぎて
すぐに同じデックを用意するというわけにはいかないかもしれませんね。
そういう場合用にもう一つ紹介します。

ニーベルング神速隊 ×3
ニーベルング少女新兵隊 ×12
クォーツ・ペガサス ×20

アース・シールド ×3
ヴォーテックス ×3
ユニコーン・ギャロップ ×3
ペイン ×3

トレンチの三角海域 ×3

このデックはブランニュー仕様でそれなりに安価で組めますが、
モンコレのゲーム性への理解について誤解が生じるおそれがあるので
初心者布教用にはお勧めしません。
コメント (16)

リザードマンの翼竜騎兵

2013年05月27日 23時54分40秒 | カード情報(アポカリプスの魔剣)
レベル4飛行のチャージユニットです。
このスペックでアイテム枠を持つのはこのユニットだけ。
歩行ユニットはいくらでもありますが
陥落能力の高いチャージユニットが飛行であるのは強いですね。
さらに種族ダイナソアでリザードマンです。
碧鱗ノ國とロストワールドに対応していますが
特に活躍するのはロストワールドでしょうか。
種族ダイナソアでアイテム枠を持つユニットは貴重ですから。


種族リザードマンはツァンレンと碧鱗の大瀑布に対応しています。
チャージユニットなのでイニシアチブ+と相性が良いですね。
ツァンレンとのパーティではリミット8でイニシアチブ+2、
大瀑布の効果で+3されますが、
本格的な速度を得るには難しいですね。
加速するならラヴァーの矛槍兵とツァンレンを並べるほうがイニシアチブは稼げます。
防御力4点が必要なときに活躍するユニットですね。
そしてリザードマン唯一の飛行ユニットですから
リザードマンデックで左右のラインを活用する事ができるようになります。

ロストワールドではラヴァーの猟騎兵と並んで
アイテム枠を持つ種族ダイナソアです。
白亜の密林で耐性を得るにしても耐性を持つユニットが
対抗の発生源となる事が出来なければ効果は半減です。
白亜の密林はリザードマン翼竜騎兵、ラヴァーの猟騎兵が居て
はじめて性能を発揮できるカードだと思います。
翼竜騎兵と猟騎兵がロストワールド最強のユニットですね。

ここでリザードマン翼竜騎兵を入れたデックを公開。

豪角竜 ×3
大翼竜 ×3
剣山竜 ×3
略奪竜の群れ ×3
ラヴァーの猟騎兵 ×3
リザードマンの翼竜騎兵 ×3
ダーナの海竜騎 ×3
ダーナの戦巫女 ×3
ダーナの恐竜王子 ×3
ダーナの古竜姫 ×3

ダーナの骨つき肉 ×3 
頑強の薬 ×3
勇敢の薬 ×3
剛力の薬 ×2
ガリュンバーの瞳 ×3

白亜の密林 ×3
トレンチの三角海域 ×3


キャンセル系を抜いて攻撃力アップの消耗品5枚積のロストワールドです。
種族ダイナソアはユニットの補充が簡単ですから
ユニット1体が死亡しても攻撃だけ通します。
先攻が取れれば強いデックですね。
先攻が取れない相手にはどうやっても勝てないと思うので
その対策は捨てました。
対象ユニットは6枚だけですが
トレンチの三角海域よりも碧鱗の大瀑布のほうが良いかもしれません。
頑強の薬の効果が低いのが少し気になりますので
スクロールや粉塵を入れたいなら入れ替えるカードはこれかもしれませんね。
コメント (2)

ブックマークの追加

2013年05月26日 01時40分14秒 | PR
ブックマークにモンコレ:チーム珍九のモンコレブログを追加しました。
コメント

ブロックⅤトライアルセット闇騎士・獅子姫

2013年05月26日 01時12分34秒 | モンコレ
ツイッターで公表されていますが
ブロック5のもうひとつのトライアルは「闇騎士エリゴール」だそうですね。

エリゴールと言えば
空中庭園の後輪で登場した

魔4/4/4歩行
種族デーモン
スペル魔
○闇の剣
このユニットと同じ地形に存在する全ての属性聖のユニットを防御力-1する。

というユニット。
特化した聖属性殺しのユニットでした。
Aレギュレーション時代のレベル1の聖属性ユニットは
鏡蟲を中心として封殺ユニットが多すぎたので
さまざまなデザインのメタカードが作られました。
エリゴールもそのうちの1枚ですね。
環境制御の意味はほとんどなかったんですが。
さておき、エリゴールは魔属性のレベル4ユニットです。

新しいエリゴールの特殊能力は旧デザインとは全く違うものになっていると思います。
そのままでは今のゲームに持ってきようのない効果ですからね。
しかし魔属性、レベル4は踏襲されているでしょう。
さらにスペル魔*、アイテム1が順当な流れでしょうか。レベル4の英雄ですから。
種族はデーモンのままでしょうか。
アンデッドが追加されているならブラックファントムを装備することが出来ます。
ブロック5の魔属性がブロック4の魔属性と親和性を持つようにデザインされているとしたら
魔剣を装備できる可能性は高いと見ていいと思いますが。
ブロック3の魔属性とブロック4の魔属性は繋がっているわけではないので
必ずしも連続性を持つとは限りませんけど。

トライアルデックはブロック1から3までは火水土風聖魔が1個ずつでしたが
ブロック4、5は魔属性が連続しているようですね。
フォクシアは魔属性だと認識されていない懸念はありますが。
コメント

白き石の王ナスホルン

2013年05月24日 21時58分36秒 | カード情報(アポカリプスの魔剣)
ドワーフデックで自己完結した能力を持つ英雄ナスホルン。
ドワーフデックのおいて、対象を選ばず行動完了にできる対抗能力は最も重要な効果です。
手札による対処が必要な攻撃を
宣言型特殊能力と小型ユニットによる攻撃の2つまでに絞ることができるからです。
特に完了型特殊能力は手札による対抗だけで封殺することは不可能に近いので
ナスホルンが居なければ防ぎきれない状況は非常に沢山あります。
また、ドワーフデックがどうしても苦手とする2つのデックパターンが
宣言型特殊能力による全体ダメージと小型ユニットによる攻撃ですから
ナスホルンで対処し切れないデックが、即ちドワーフデックで勝ち難いデックとなっています。
この事からもナスホルンの重要度が分かるでしょう。

さらにダメージ能力が強いので戦闘スペルカードは使わなくてもデックに組み込めます。
ドワーフデックがアイテム単でも成立するのはナスホルンが自己完結しているからです。
ドワーフデック必須カードであるナスホルンがスペルカードを必要とするデザインだったら
実質的に成立しなかったと思います。
戦闘スペルカードを使用しない構築のメリットは大きいです。
まず、どんなデックであろうと必ず3枚以上は詰まれているであろう
戦闘スペル打ち消しの効果を無力化する事が出来ます。
ドワーフデックは相手の攻撃と対抗を完全に完封する事が命題となりますが、
相手の手札と自分の手札で1枚ずつの交換していたら必ず後攻側が負けます。
相手の対抗をある程度スルーできるような防御力がない限りは。
しかしドワーフの防御力はそれほど高くありませんので、
相手の攻撃を防ぎきるにはどこかでリソースの差を稼ぐ必要があります。
スペルキャンセルのカードの枚数分だけ手札にアドバンテージを得るというのは
そのもっとも基本的な手段ですね。
ナスホルンが場に出ていたら手札には残しておく必要は出てくるのでより効果的です。
さらに手札が必ず噛み合うというのも言うまでもない強力なアドバンテージです。
ナスホルンのスペル枠を対抗に回せなくても
残りリミット5でアイテム枠は3枠確保できるので
ありがたい説法とアイテム3回なら大抵は防ぎ切れます。

戦闘スペルを使う事のメリットは、アイテム消耗品だけでは対処し辛い状況に対応できることと
ダイアモンドヘッドが単純に強いという事でしょう。
ドワーフデックにスペルを入れるとしたら
ダイアモンドヘッド、シャイニングシールド、ポイズンスプラッシュ辺りでしょうか。
ダイアモンドヘッドとシャイニングシールドは強いと言えば強いのですが、
アイテム消耗品で互換が効く効果なので、
3神器と入れ替えてまで入れるカードではないかもしれません。
ここはユニット次第でしょう。
戦闘スペルを使うなら使用できるユニットがナスホルン3枚だけでは回りませんので
スペラーユニットも追加する必要があります。
逆にいえばナスホルン以外のスペラーを入れるなら
戦闘スペルカードも入れる必要があると言えます。
特に人形遣いはナスホルン同様スペル枠を能力コストで使用できるユニットですが、
使用頻度はアイテム枠使用の行動完了のほうが多いですから
人形遣いのスペル*は戦闘スペルカードがないと余りがちになる常備能力ですね。

ただしアイテム消耗品で対処できない状況に対処できるのは貴重ですね。
ドワーフデックにはポイズンスプラッシュがなければどうにも勝てないデックがあります。
戦闘スペルを使うかどうか、はドワーフデックの構築における最大の分岐点ですが
これはそのデックでどこまでのデックに勝ちたいかによって決まるんじゃないでしょうか。
即ち、深きものやクォーツペガサスに当たったときの対処法を用意するか否かですね。
ブロック3のアイテム消耗品は、
ガリュンバーの瞳と最大6枚積める3神器だけで
大型ユニットによる攻撃と特殊能力、スペルにはほぼ対処ができるようになっています。
ですからその類のデックと戦っている分には戦闘スペルカードは必要ではない。
あって困るわけではないですが、
3神器と入れ替えてまで入れる必要のある戦闘スペルカードはないと思います。
しかしガリュンバーの瞳やありがたい説法で止められない攻撃をするデックは話が違います。
深きものやクォーツペガサスの集団の攻撃は
消耗品と能力だけだと2対抗の先撃ちを強要されるので
(特に深きものの場合、それでも全滅を免れるだけで反撃で相手を全滅させることはできない)
このデックに勝ちたいならポイズンスプラッシュを入れる必要がある。
つまり、まず苦手ではないデックとの勝率を安定させたい場合や
ポイズンスプラッシュ3枚積んだくらいで深きものや神獣の乙女に有利になるわけではないと思うなら
戦闘スペルは必要なカードではないと思います。
わたしは上記の2つの理由から入れませんでした。

ドワーフデックは普通タイミングの特殊能力と特に深きものの攻撃を苦手としますが
この両方に対策する構築は今のカードプールでは不可能なんじゃないでしょうか。
50枚の中でユニットの数を減らさずにどちらにも十分な対抗を用意するのは限界があります。
まあ、それができてしまったらそれこそドワーフデックが最強になってしまうんですけどね。
環境を研究してマッチングするデックの傾向を読み当てないと常勝は狙えません。
今後ドワーフデックにカードが追加されるとしたら
ワラワラチャージに対策できるユニットが来るかどうかだと思います。
おそらくは来ないでしょうか。小型対策も揃うと逆に強すぎる。
コメント (2)

天の光はすべて星

2013年05月23日 22時17分10秒 | カード情報(アポカリプスの魔剣)
自軍ユニットをすべて狂霊化にしてしまうという地形。
ガンドルの電磁場と並んで、枚数宣言解除と強制配置の両方を持つ珍しいカードです。

種族狂霊化である事のメリットは
カーマイン等の支援を受けられる事とエレメンタルのスペルを使用できる事です。
マシコット、バーガンディ、滲みゆく世界とのコンボは成立しませんので
ほとんどエレメンタルのスペルを使用できるようになる地形、という理解でいいでしょう。

確かにエレメンタルの秘伝スペルは強めなんですが、
2枠のスペルとして考えれば手放しに強いわけではないし
種族の制限も狂霊化デックを使っている限りは厳しいものではないので
種族制限の緩和だけのために地形を使うようなスペルではないですね。
色々なデックでエレメンタルのスペルが使える楽しさはありますけど。

狂霊化シナジーはブロック5でも活用できるかもしれませんね。
そうであったとしても天の光はすべて星がデックに入るかどうかは別問題ですが。
コメント (2)

Q&Aの更新

2013年05月22日 23時01分02秒 | ルール雑談
アポカリプスの発売からQ&Aが2回更新されていますね。

注目する裁定は

クリムゾンクィーン、黄金熊のぬいぐるみは一度の普通召喚フェイズに2回以上宣言できる

牛頭鬼のトマホークは、攻撃力がマイナスになってもそのまま計算する

魔海地形にディープダイバーが単騎で存在した場合、腐泡のブレスのダメージは2点

敵軍の捨て山が0枚の場合、アンドロスフィンクスの賢者のリドルは必ず8点ダメージ

即時召喚の宣言は、召喚可能なカードが無くてもできる

この5つだと思います。
今回は重要な裁定が多かったですね。
コメント

レオーネの黒豹騎兵

2013年05月22日 22時54分31秒 | カード情報(アポカリプスの魔剣)
ブロックエレメンタルの3枚の黄金の獅子宮のうちの1枚。
ガンロックの蟲騎兵の互換スペックですが、種族がビースト、バステトです。
種族ビーストをトリガーとする能力は
ブロック3、4ではバステトの他は神獣の乙女やセルキーにありますが
神獣の乙女にはアイテム枠が不要になるでしょう。
ですので、黄金の獅子宮以外のデックに入るようにはできていないですね。
ブロック5が始まったら
アイテム系のビースト強化のデックも何か出てくるのではないかと思います。
今のところは黄金の獅子宮デックに入るか入らないかのカードですね。
ブロック5のリオネットのデックでは黒豹騎兵が重要な役割をするんでしょうか。
だとしたらこのセットに入っていてはいけないカードだと思いますが。

ここでバステトデックを公開

獅子姫レオーネ ×1
獅子心騎士エヴァ ×3
神猫妃ラーラ ×1
麗しき銀獅子レグルス ×2
レオーネの黄金騎士 ×2
眠れる獅子ネメア ×2
レオーネの神言騎士 ×3
グローリー・ライオン ×3
レオーネの光導師 ×3
レオーネの戦旗手 ×3
レオーネの見習い騎士 ×3
ネイチャー・ライオン ×3

ゴールデン・メイン ×3
シャイニング・シールド ×3
ゴッド・フィスト ×3
クリスタル・ランス ×1

獅子のシストルム ×3
忘却のスクロール ×3
滅びの粉塵 ×3

陽光の護法陣 ×2

やっぱり黒豹騎兵は入らなかったです。
バステトの非英雄はどれも性能が良いんですよね。
かといって英雄を入れ替えて入れようとは思いませんし。

バステトデックは最近ネメアがさらに強いですね。
ブロックエレメンタルの勢力で
苦なく処理できるビジョンのあるデックは
後攻が取れるドワーフくらいだと思います。
コメント

勇敢の薬

2013年05月21日 23時22分40秒 | カード情報(アポカリプスの魔剣)
ブロック3の剛力の薬の出し直し。
怪力の薬から続く攻撃力アップの消耗品の中で最も効果の高いカードだと思います。
剛力の薬はいまいち弱かったんですが使いやすい強さになりました。

先攻デックにとっての攻撃力アップの消耗品の役割は相手の防御系の対抗を相殺する事です。
ただしその方法は多岐にわたります。
防御力を上げるかもしれませんしこちらの攻撃力をマイナスするかもしれません。
ユニットを死亡させても攻撃力は下がりますし行動完了させるだけでもいいでしょう。
だいたい、プロテクションDualは防御力が6点上がります。
頑強の薬なら防御力+5です。
攻撃力をマイナスする場合は1枠のブラインドネスで5点マイナスですね。
ユニットを死亡させたり行動完了させる場合は、
最も攻撃力の高いユニットがレベル4のチャージ持ちだと仮定すると6点下がる計算になります。
つまりチャージ+4の剛力の薬では相手の防御手段を相殺できない。
Gレギュ以前の怪力の薬にも致命的な欠点がありました。
最も攻撃力の高いユニットを行動完了などで止められた場合、
2番手のユニットの攻撃力を2倍にしても減少分を相殺できません。
攻撃力アップと防御力アップの使い勝手の良さで比較しても
上昇する値でいえば攻撃力のほうが多めに上がるべきでしょう。
勇敢の薬はやっとその性能が環境に追いついたカードです。
2D点なら平均して7点上がります。
あるいは安定性の無さを考慮するならもう少し高くてもいいかもしれませんが。

これでレベル4のユニットを止められそうになっても
レベル2ユニットに勇敢の薬を使う事で攻撃力が減衰しませんので
ユニットすべてが止められない限り、攻撃は防がれなくなります。
先攻デックの特性を考えればこの効果は非常に強い。
もともと、先攻デックの攻撃力は後攻デックの防御力よりも平均的には高く設定されています。
それでも攻撃が止められるのは防御手段が豊富に用意されているからです。
しかし1回の対抗宣言で上げられる防御力は
固定値で6点、ランダムで2D点がせいぜいですから
勇敢の薬は万能に近い対抗カードになります。
主力ユニットの死亡は防げないかもしれませんが、攻撃力は相手パーティを貫けるだけ残るでしょう。
即時召喚可能と不可を混ぜたパーティの攻撃を全部止める手段は限られていますから。
パーティ全体の攻撃力を上げるバトルドラムや海賊の濁酒は
2体なら合計6点、3体なら合計9点上がる計算ですが、
ユニットのうちの1体が止められているならその増加分は攻撃力に反映されません。
攻撃力アップに特化した効果なら秘伝より性能が高いと言えます。
今のところ先攻型のアイテムデックがないのであまり目立った活躍をしませんが
先攻型のアイテムデックが登場したら強力なカードになると思います。
コメント (1)

バーガンディ

2013年05月20日 22時29分31秒 | カード情報(アポカリプスの魔剣)
狂霊化ユニットを即時召喚できる。

これもマシコットと同じで、召喚能力を持つ分戦闘力が低い。
さらにこちらは、必ずバーガンディを伴ったパーティで一度戦闘をしなければならないのですから
よっぽど弱そうな地形に攻め込まないと呼び出したユニットもろともやられちゃうんじゃないでしょうか。
精霊王は別にしても眷属はスペル枠が増えていないと弱いですから。
相手がリミット10の地形で待ち構えてくれるとは限らないし、
リミット10地形にバーガンディだけが乗っていたら
精霊王が出るって言ってるようなものですからね。
やはりこのユニットにも種族狂霊化が付いていてよかったと思います。
さらに2/2/2くらいでも全然強いと思いません。
コメント