白鳩さんがモンコレで駄弁るブログ

わたくし白鳩がカードゲームの話を書き連ねるブログ

ブクマルタデック

2014年07月26日 17時34分43秒 | 公開デック
欲深き皇帝オルクス ×3
欲深き偽帝オルクス ×3
狂将デュロック ×3
オルクス禿鷲騎兵団 ×1
オークの火炎術師 ×4
黄金熊のぬいぐるみ ×9

バーサーカーブランデッド ×3
バトルクライ ×3
ヒートインフレーション ×3
ブラッドパルス ×3
フレイムストライク ×3
忘却のスクロール ×3
頑強の薬 ×3
狂戦士の魔剣 ×3
狂戦士の鎧 ×3

偽帝を追加して強化された狂戦士デック。
本当に偽帝と禿鷲騎兵を交換しただけで、それ以外の修正点はありませんね。
それだけ純正の帝国強化カードだったという事です。
10枚のレベル6ユニットのうち9枚が英雄で、自前で自爆を回避する手段を持ち、
残る1枚は数合わせの禿鷲騎兵ですね。
呪いは能力でも回避できますが、バーサーカーブランデッドは3枚積のままです。
皇帝オルクス以外の能力はあまりあてにならないので。
手札にバーサーカーブランデッドがあるなら能力を使うよりブランデッドのほうが強い場合も多い。
戦闘スペルカード使ってるんだから、特殊能力に負けるケースがあるほうがどうかとは思うけど。

オルクスデックの弱点の一つは英雄と装備品が引けない場合がある事だったので
わずかな変化ですが安定度はかなり向上しました。
仮に初手でオルクスと魔剣が引けてもそれで本陣陥落まで一直線に終わる事は稀なので
(どんなに良くても途中で1回は死にます)
1回やられてもすぐに代わりを用意できるのは大きいです。
フリープレイで使う分には勝率は低くはない。
帝国デックの弱点はそのままです。
コメント (10)

ラミアデック

2014年07月20日 17時47分27秒 | 公開デック
吸血姫メリジェーヌ ×3
吸血姫カーミラ ×3
アッシュ ×3
ゴースト ×1
ラミアの踊り娘 ×3
ラミアの吟遊詩人 ×3
ブラッディマリー ×3
ブラッディバット ×1
アネモネボトム ×3
エンプーサ ×4

スタンナックル×3
バトルクライ ×3
ヒートインフレーション ×2
コンバスト ×3
ゴーストマジック ×3
ブラッディストライク ×3
シャドウバインド ×3
エンタングル ×3

どうも最近更新が滞り過ぎですね。
デックを出し尽してしまったらカード考察企画でも再スタートさせるくらいしかネタが無いので、
どんどん追い詰められているのが現状ですが。
ブロック6新出のデックが終わっても過去のデックの再調整を公開すれば
(やろうと思えば)100回くらい更新できない事も無いですけど。

予告していたラミアデックです。
ラミアを中心にして、火魔の戦闘スペルを詰めたデック。
火魔のスペルが通じる範囲でどうにか勝てるデックです。
防御力5点くらいまでで出来たらアイテム枠を持っていてほしいですね。
戦力の中心はメリジェーヌあるいはカーミラと踊り娘のパーティですから
スペルは火枠寄りにしています。
本当はもっと火スペルに寄せたいくらいですが、
カードプール上、火スペル8枚くらいが限界でした。

ラミアは能力を使ってしまうとスペル2枠か3枠のユニットしか残らないので
踊り娘でメリジェーヌの攻撃力を上げて9点で攻撃し、
その対抗に対して6枠スペルで完封勝ちを狙うのが基本戦術です。
ここで何もせずメリジェーヌの攻撃を受けてしまうと、
攻撃後に脱力の吸血を使われる事は見えていますから
攻撃力が貫通していなくても相手が対抗を返してくれる事はほぼ期待できます。
たとえ総攻撃力が7点しかなかったとしても
前列のユニットを見捨ててしまうのはどう考えても危険でしょう。
火魔ならヘルブレイズもありますからね。
攻撃力が足りていなくても相手が対抗を返してくれたら
どうにか互角に戦う事が出来ます。
ダメージの発生するスペルを絡めて対抗勝ちすれば
攻撃力は足りていなかったはずなのに相手パーティを全滅させる事が出来るでしょう。
スペルは対抗の撃ち合いに勝てる事を念頭にチョイスしています。
どちらかといえば能力の前に攻撃をしたいので、
カーミラよりメリジェーヌのほうが使いやすいです。
先攻寄りのデックですがブラッディストライクかスタンナックルの1発で
攻撃力を殺せる範疇のデックであれば、先攻型デックにもそれほど不利はありません。
先攻が取れないときはラミアの吸血を使うので
対抗合戦に関しては後攻時のほうが強くなります。
コメント (4)

セイクリッド・バハムート

2014年07月15日 02時02分46秒 | カード情報(PRカード)
先週、PRカードの2枚目が公開されています。
セイクリッドバハムートであること自体は前から公開済でしたけど。
現状4枚公開のうちの3枚が種族ドラゴンです。

8/9/6のスペル5枠でうち2枠を消費する事で防御力を1D点上げる事が出来る。
実質8/9/9でスペル3枠くらいのスペックですね。
面白いのは2色デックでスペックが無駄なく消費できる事です。
火土デックでも水風デックでも水土デックでもスペックを活用する事が出来る。
全てのブロックの全てのドラゴンデックで活用可能です。
1Dですから防御力は7点から12点。
ランダム幅があるのがどう働くかですね。
防御力12点だと、どんな手札を揃えても倒しようがない状況になり得ます。
イニシアチブタイミングで防御力が上がってしまうので
相手のプランを破壊する能力ですね。

もう1つの能力は完了能力のパーティダメージ。
手札2枚を消費するとはいえ敵パーティを全滅させる事が出来ます。
種族ドラゴン2枚で閃光10点ダメージ。
10点の属性ダメージはほとんどのデックに耐えられないです。
大型だとダメージには耐えやすいがその分攻撃は止められやすく
中型以下だと2体以上を残さないと6+1D点の防御力が貫けない。
ただし安定して10点オールの火力を出すには
ユニットカードをほぼ種族ドラゴンに統一している必要があります。
ドラゴンの少ないデックだと6点オールのダメージを毎回出すだけでも大変でしょう。

ドラゴンといって最も代表的なデックは
ブロック1のゲオルギウスデックであると思います。
ゲオルギウス、ド・ゴゾン、セイクリッドバハムート等
2・8レベルでデックが完成するようになりますから
羅生門を中心に戦う事が出来ますね。
この形で重要なのはブロック6で暴風雨が枚数制限解除になっている事です。
勿論従来の6・2中心でも良いでしょう。
またブロック1は水風でもドラゴンデックが組めなくもないです。
どちらにしろ金竜姫中心のデックです。
どちらにしろそれほど強くないかもしれません。

ブロック2だとドラゴンデックの形は難しいですね。
何種類かは居ますがセイクリッドバハムートを使うには
ユニットカードはほぼ全部種族ドラゴンが必要ですからね。
スペルも火水土風の2色が残るのは難しい。
ブロック3もレベル2まで種族ドラゴンには出来ないので
そこまで沢山のドラゴンは入らない。
ですがスペルが使いやすくなっているのでブロック2よりは使いやすいでしょうか。
ドラゴニックブラストを控えて攻撃中心になるでしょうが。

ブロック4のドラゴンは狂霊化に居たくらいですね。

ブロック5なら沼デックです。
ブロック1と並んでドラゴン中心のデックを組む事が出来ます。
セイクリッドバハムートに魔スペル枠がないので
水土構築の沼デックに入れることになりそうです。
耐性猛毒を持たないことには注意が必要でしょうか。
問題となるのは百億の沼地とブラックバブルくらいだと思いますけど。

そしてブロック6が最もドラゴンが活躍するブロックです。
ヨルムンガルドとウォーワイバーンのデックがあります。
ユニットのほとんどを種族ドラゴンに統一出来、
どちらも勢力ALLの1枠のスペルを中心に使うデックなので
セイクリッドバハムートで効果に支障をきたす場面がない。
しかも4色の戦闘スペルが使えるので
セイクリッドエナジーを使わず戦闘スペルカードのみで5色使いきる事も出来ます。
何よりこれらのデック自体が単純に強い。
ブロック6が一番強そうですね。

過去の全部のドラゴンデックをフォローしているという意味で
完成度の高い追加カードですね。
後発のドラゴンデックが強くなり過ぎないようにしたために
肝心のブロック1のドラゴンデックを覆すような強さではないかもしれませんけど。
コメント (2)

竜太母エキドナ

2014年07月09日 05時02分47秒 | カード情報(PRカード)
PRカード公開の2枚目。
今度も水属性のレベル8ドラゴンです。
ドラゴンが多いですね。

両方共の能力が凄い。
まず自軍領土の誰も居ない地形を水属性のユニットカードで埋め尽くす能力。
積極的に利用しようと思うと難しいですが
水属性のユニットであれば制限がないのでどのデックに入れても役に立つでしょう。
1つの地形に呼べるユニットは1体までなので大型ユニットと相性が良い。
もう1つの能力はより実用的ですね。
スペル枠かアイテム枠を消費して防御力を上げつつ、任意の種族を得ます。
この能力を使うだけでも8/9/9のスペル水アイテム1か、スペル水*になれるのですから
種族付与を無視しても使ったほうが良さそうな能力です。
スペルアイテムにも、スペル単にもなる事が出来るので、
水デックであればほぼ全てのデックに入れられると言えるほどの応用範囲があります。

ブロック1であれば水のドラゴンデックとヒッポスデックでしょうか。
水ドラゴンにはさらに8・6・2型とナーガラジャがあります。
召喚能力まで含めて相性がいいのは大型のドラゴンデックですね。
ナーガラジャとヒッポスはあまり展開をしないので、
8/9/9にスペル1枠、アイテム1枠のスペックだけだとそこまで強力ではないかも。
種族を参照する効果といえばヒッポスの泥団子とタウラスの鉄槌、竜槍ブリューナクです。
秘伝がなかった時代なのでそんなに多くないですね。
ブロック1は2枠スペルが主流なので枠が多くないと強くないです。

ブロック2は召喚能力が大型のアクアリウムと相性が良い。
種族アクアリウムは元からなのでテティスのコストにできるなど、はじめから使いやすいです。
スキュラだとコストにならないので
人魚の秘薬を飲んだりアクアフュージョンを使えるくらいでしょうか。
ブロック1に続いて、秘伝が少なく、枠が多くないと戦えない環境なので
それほど使いやすくないですね。

ブロック3で水といえば艦船。
8/9/9でクロスボーン砲弾を発射できます。
召喚能力はカドモスと相性が良いですが、それ以外の艦船はレベル4が主流。
艦船デックは最近はほとんど使われるところを見ないですけど
試してみてもいいんじゃないでしょうか。

ブロック4以降からが秘伝の正式採用で、ここからがエキドナの本領かもしれません。
狂霊化デックが一番分かりやすいですね。
秘伝スペルが強く、地形やユニットのサポートもあるので種族狂霊化が付ける価値が最も大きい。
レベル8ユニットが多いので召喚能力との相性も良い。
8/9/9のスペル2枠というのも、狂霊化デックがちょうど欲しかったサイズだと思います。
ダゴンやオアンネスのデックも良いですね。
種族深海生物になる意味はあまりありませんが召喚能力が活きます。

ブロック5だと沼デック。
ただしゾルドイルは耐性猛毒を参照するデックなので、
ドラゴンスケイルやドラグーンオーラが使用できるくらいでしょうか。
召喚能力はすでに持っているのでエキドナは必要ありません。
リザードマンは勢力構築を諦めなければなりません。
ヴァルナが居るのでエキドナを入れる必要はないと思います。

ブロック6の水デックといえばスキュラですね。
スキュラの深海移動とエキドナの召喚能力は相性が良さそうな悪そうな。
地形カードが大量に必要になりそうです。
種族アクアリウムなのでコストとして処理する事も出来、
8/9/9のスペックはスキュラデックには欲しかったサイズですが。
あとはレベル8の種族ドラゴンを集めてデックが組めます。
キリム、ヨルムンガルド、ド・ゴゾン、バハムート、カリオストスなど。
召喚能力が活かせるのがヴァルナだけで水の8/9/9というだけですから
特に入れる価値は無いですか。
コメント (16)

緑の風の王国デック

2014年07月05日 04時18分04秒 | 公開デック
妖精騎士ランスロット ×2
妖精騎士パーシヴァル ×3
竜鳴の騎士ラインズベル ×3
竜鳴の騎士アルドランス ×2
エルフ精霊剣士団 ×1
ワルキュリア聖斧隊 ×3
エルフ魔法剣士団 ×3
ベルヴィオンの近衛騎士 ×3
エルフ森林警備隊 ×3
深き森の獣使い ×2

ヴォーテックス ×3
ドラグーンドライヴ ×3
ウィンドレイザー ×2
エンタングル ×3
ルーンジャベリン ×3

妖精のスクロール ×3
妖精のパウダー ×3
竜槍ブリューナク ×3

シャーウッドの森 ×2

ブロック6式のエルフデック。
はじめ、後攻取って勝てるように頑張ってみたんですが非常に辛かったですね。
土属性に攻撃対抗がない弱点が大きく足を引っ張りました。
モルガンとパーシヴァル、ランスロットなどのパーティが後攻が取れた分には強いんですが
イニシアチブ-を持たないので後攻が取れるかどうかは平目勝負です。
調子が良くても3戦闘に1回は先攻を取ってしまい、
スムーズに本陣まで辿り付けた事は使った限りでは1度も無かったです。
モルガン、パーシヴァルで後攻を取りに行って先攻を取ってしまうと総攻撃力6点ですからね。
両軍痛み分けだとこちらの消耗のほうが大きくなってしまいます。
仕方ないので先攻型に組み直したのがこれ。

先攻型デックと考えるなら安定イニシアチブは+3~+5と速いとは言えませんが
このデックが強いのは聖斧隊が居るからですね。
自分より速いデックは後攻重対抗型にシフトできて、その時がむしろこのデックの本領。
ランスロットと並べると非常に強いです。
また先攻型デックはミノタウロスデックが壁になるんですが、
このデックの場合だと聖斧隊とスクロールが腐らない利点で
ミノタウロスに有利が付いているのが良いですね。
聖斧隊はコモンドローンにも対策出来ていますし
ファントムクイーンを殴り倒せるだけの攻撃力もありますから亡霊にも勝てます。

一方で防御力4点のレベル4ユニット2体による攻撃デックですから
ミノタウロスや亡霊のメタが一緒に刺さってしまうのが弱点でしょうか。
対抗の手数は多いので簡単には負けませんが。
スペルを耐性付与とダメージで統一しているのは撃ち合いで強くなるためと
先攻時でも後攻時でも使用感が変わらないからですね。
耐性付与6枚積は多いですが、属性ダメージを撃たないデックはほぼアイテム単であり、
アイテム単なら聖斧隊で封殺できるから成立している構築です。
あと残念なのはヴォーテックス、ウィンドレイザー6枚積で風神には弱くなっている事。
しかし風神さえ無視するならこの2つのスペルの使い勝手が良かったのです。
土風に拘るとこの2つの代わりになるカードは難しいですね。
英雄2体を並べて両方が落とされないようにするデックで、
元の防御力は低いのでパンプアップで耐えるのは苦手です。
すると火力押しが手っ取り早い。
コメント (2)

螺旋竜ド・ゴゾン

2014年07月03日 00時07分27秒 | カード情報(PRカード)
あれ?温泉合宿告知と一緒にPRカードが2枚も公開されているじゃないですか。
1枚目は土の六大竜王。
ブロック1のドラゴンデック補完のユニットですね。
勢力はフィシルマの燃える山ですが
フィシルマの勢力構築はレベル2ユニットがアルラウネだけですから
勢力構築の目は無いと思います。

ベヒモスを強化させたユニットですね。
8/10/8でスペル土土*、特殊進軍にディフェンダーとハイスペック。
殴られたら意外に簡単に死にそうなところを除けばかなり強いユニットですね。
土スペルは防御力を大幅に上げる手段が無く攻撃対抗もないので攻撃には脆いです。
小型ならアースシールドで耐えられもするでしょうが、
大型ユニットの攻撃への耐性のなさは土属性がダントツ。
土属性が単色では組み辛い理由の一つですね。

しかし先攻で殴られたときの危機を回避してくれる(かもしれない?)のが特殊能力。
似たような特殊能力を2つ持ちます。
2D点か3D点の全体ダメージ能力。
3D点のほうは属性がありますね。
どうやら生き残れそうなほうか、確実に道連れにできそうなほうを選んで使え、という事でしょうか。
防御力は8点で、地震耐性も持たないのでどちらを選んでも自滅する可能性があります。
ダメージが低いと相手は倒せませんし、自滅前提の能力ですね。
属性ダメージは耐性付与で守る事も出来ますけど
確実に勝てる状況でない限り、対抗を重ねるのは悪手でしょうね。

ようするにスペル枠が増えたベヒモス。
ですが、相手パーティと相殺するとしたら英雄点2点が重いです。
ベヒモスより強いかといえばそうでもない。
能力は切り札にしてスペル3枠でも戦えなければ英雄点の働きはしませんね。

レベル8ならレベルのかみ合わせで困る事は無いので
土スペルデックならどんなデックでも使う事が出来ますね。
直近はブロック1ですが、特殊進軍持ちの8レベルなのでブロック1から6まで汎用性は高い。

ブロック2は引っかかりどころがなさそうです。純正の土スペルデックが見当たりません。
ブロック3、4はドラゴンデックという形は無いですが最後のファラオや狂霊化デックなら。
ブロック5、6はブロック1以上にドラゴンのバリエーションが広い。
ゾルドイルの黒い沼、幽谷の竜騎士、ヨルムンガルド、
バハムートやベオウルフにキリムなどのレベル8ドラゴンだけを集めたデックも構築できます。
ド・ゴゾン入りのデックで5、6種類は組めそうですね。
なまじ完成度が高いとド・ゴゾンを入れる隙間がないような気もしますけど。

もう1枚、エキドナも公開されてますけどそれは今度で。
コメント (1)