東京里山農業日誌

東京郊外で仕事のかたわら稲作畑作などをしていましたが、2012年4月に故郷の山口県に拠点を移して同活動をしています。

パッキン作り、大雨田んぼ決壊

2006年06月16日 | 田舎暮らし
 今朝は昨夜からの大雨です。テレビニュースで、大雨のため全国的に土砂崩れなどの被害が出ていると報道しています。 この大雨では外に出ることができないため、家の中で耕運機燃料フィルターのパッキンを手作りしました。薄いゴムシートに最初ポンチで穴を開けて、次にパッキンが収まる直径7mmの円形に仕上げました。あとは燃料フィルターに取り付けてみるだけです。
    ゴムシートにポンチで穴あけ


    直径7mmの円形に仕上げ

 この大雨で田んぼが気になって仕方がなかったので、午後雨が止むと田んぼに直行すると、やっぱり!田んぼに水を取り入れる分水箇所が決壊していました。そしてもう一箇所、畦に大穴が開いて水がスースー抜けていました。やれやれ!クワを使って両方の場所を治しました。  次に今朝作った手作りパッキンを耕運機の燃料フィルターにはめて見ました。しかし直径はぴったりでしたが厚さが約0.5mm足りませんでした。これではガソリンが漏れてしまいます。またパッキンの作り直しです。
コメント   この記事についてブログを書く
« 耕運機キャブレターの修理 | トップ | 田植え準備と麦刈り »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

田舎暮らし」カテゴリの最新記事