東京里山農業日誌

東京郊外で仕事のかたわら稲作畑作などをしていましたが、2012年4月に故郷の山口県に拠点を移して同活動をしています。

秋の種まき準備のため、急遽畑を耕耘

2019年08月30日 | 草刈り,整地

 気が付いたら秋はもうすぐです。秋はいろいろな野菜や花の種をまく季節です。毎年栽培している野菜の一つにタマネギがあります。苗を購入しても良いのですが、数年前苗不足でタマネギを少ししか作れなかった年がありました。そのため、その次の年からタマネギは苗を自分で作っています。タマネギの種まきは9月です。そのタマネギの種をまく苗畑を作るため、空いている畑を開墾しました。

         タマネギの種などをまく畑を作るための耕耘


 空いている畑とは、春に小松菜やチンゲンサイなどを作っていました。そのままにしていたら、この夏に雑草だらけになっていました。その雑草だらけの畑をタマネギなどの秋野菜として使うことにしました。最初、雑草の下に眠っている黒マルチを引っ張り出してから、丁寧に耕耘機で耕しました。雑草の茎や根などの残渣がまだ残っていますので、あと2~3度丁寧に耕耘しようと思います。今後は、キャベツ、白菜、大根などの野菜の種まきをする畑を耕します。さらに、冬から春にかけて花が咲く、ビオラ、ひなげし、花菱草などの種をまこうと思っています。もちろん、クロッカスやチューリップなどの球根も。

  雑草に隠れた黒マルチを外す        耕耘機で丁寧に耕耘
 


コメント   この記事についてブログを書く
« 田布施町小年少児発明クラブ ... | トップ | 箱型チャルカを手に入れるも... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

草刈り,整地」カテゴリの最新記事