東京里山農業日誌

東京郊外で仕事のかたわら稲作畑作などをしていましたが、2012年4月に故郷の山口県に拠点を移して同活動をしています。

東京 八王子市 南大沢周辺を雨中散歩

2017年10月28日 | 家族関連

 今月10月の中旬、東京八王子の自宅に帰りました。八ヶ岳から戻った次の日、私も家内も時間が空いていたため一緒に南大沢周辺を散策してみました。八ヶ岳と同様、雨が降り続いていました。そのため、傘を差しながらの散策でした。

   山に続く古道にあったお地蔵様       〇:夫婦の道祖伸  
 

 20年位前でしょうか、よく子供を連れて歩いた道を散策しました。久しぶりに歩いてみると、ずいぶんと景色が変わっていました。ちょいと山側の古道を歩くと、お地蔵様がありました。また、その道沿いに歩くと、道祖神がありました。田布施ではまったく見かけない、仲睦まじく夫婦が向かい合った道祖神です。新しい舗装道路にはお地蔵様はまったくありませんが、こうして古道を歩いてみると思いがけなくたくさんのお地蔵様、道祖神、お堂があることに気が付きます。

  中古ゲームのお店     雨の中をのんびり散策   アウトレットモールに到着
  

 看板が派手な中古ゲームのお店の外観を見た後、南大沢駅近くにあるローマを模したアウトレットモールに行きました。雨が降っていたため、雨避けと防風に使える合羽(上着のみ)を購入しました。また冬の軽登山に使える靴などを見ました。雨が降りしきる日だったのに駐車場は満杯です。田布施町の人口は約15,000人ですが、八王子市はその100倍の約1500,000人です。商圏の規模の違いがよく分かります。八王子市は、山口県の全人口を柳井市位の面積に圧縮している勘定でしょうか。

  昼食は美味しいお肉       大井橋を渡る       由木中央小学校
  

 アウトレットモールを出ると、お肉料理のレストランに行きました。田布施の我家ではお肉を食べる機会があまりありません。そのためか、田布施を出るとやたらお肉を食べたくなります。年を取るとお肉を食べたくなるものなのでしょうか。かつては、お肉は若者がたくさん食べて、年寄りは魚で十分と言われたことがありました。最近はそうでもないようです。美味しい料理を食べて、美味しい空気を吸って、親しい友達との歓談が健康に良いようです。

          家に着く前に永琳禅寺の境内を散策


コメント   この記事についてブログを書く
« 関東多摩地区の地産地消野菜... | トップ | 田布施町 少年少女発明クラブ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

家族関連」カテゴリの最新記事