山と溪を旅して

丹沢の溪でヤマメと遊び、風と戯れて心を解き放つ。林間の溪で料理を造り、お酒に酔いしれてまったり眠る。それが至福の時間。

山トレⅡ

2020-08-09 18:04:50 | 山歩き.散歩
1ヶ月半のご無沙汰でございます
梅雨が明けたらこの酷暑、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
僕もサボりにサボっていた山トレをようやく再開、というかやり直しです

昨日午前5時半、先ずは松姫峠から奈良倉山へのピストンで軽く足慣らしです



およそ50分で奈良倉山




天辺からの夏富士、やはり雪がないと美しくありませんね




午前7時に下山して朝飯です
マダニにやられてから山中での山飯が怖くて、、、、
ファミマのタンスティックレモンと胡椒が効いた砂肝が美味しくてお手軽で最近のビールの伴はこればっかし




凄麺 京都背脂醤油味 
ビ-ルの後はこの細麺が軽くてええのです




さて、ガソリンを補給したら
次は棚倉の先の狩場山をめざします




梅雨の暴風雨の残滓か、クリの花とブナの実が沢山落ちていました
今年は森の生き物たちも食料不足に難儀するのでしょうね




途中のカラマツ林、不作続きの瑞垣に代えて今年のハナイグチはここにしようかな




昨年の台風の傷跡があちこちに見られます
棚倉小屋跡を過ぎると、登山道にはこんな倒木が4か所も、、、




松姫峠からおよそ2時間、眺望のない狩場山から下りてここで一服、この下には、、、




沼田場(ヌタ場)が、、、
森の動物たちが体に着いたダニなどの寄生虫を落としたり体を冷やしたりする場所で
何年か前にここで出逢った研究者の話によると設置した定点カメラの動画には
数頭の熊が毎晩このヌタ場に出没して和んでいる様子が映っているそうです




さて下山です
下山路でチタケを見つけました
1週間後が盛期かと期待していなかったのですが逆にちょっと出遅れた感じです




ちょうど正午に下山して昼飯です
探し回って摘んだのはこの3本だけ、しかも2本は鹿にかじられていました
一人前ならこの3本で何とかなるでしょ




先ずは油で炒めて出汁を抽出し、茄子にたっぷり吸わせます




チタケと茄子を鍋に移して麺つゆでコトコト煮込んで少し寝かせます




出汁を寝かせている間にキンキンに冷えたビールと缶チュ-ハイでクールダウン
最近の進化したコンビニ食材のお蔭で酒肴は完全に手抜きを決め込んでいます




さて2年ぶりのチタケソーメンは如何でしょうか?




先ずは付けダレで
いやぁ絶品、チタケ特有の甘めの出汁が何とも言えぬ美味しさです




残した少々の麺を出汁で軽く煮込めば更にコクが深まって、、、、



2年振りのチタケソ-メンを味わえた幸せに引き換え
トレ-ニング不足の足はパンパンに張って痙攣の痛さに耐えながら
こんなことで飛騨山脈を歩き通せるのかしらと不安を感じている次第でございます

コメント (22)

マダニにやられた~!

2020-06-28 23:30:46 | 山歩き.散歩
20日(土)に牛の寝通りを歩いてから2日目の月曜日のこと
右目のまつ毛のすぐ下にゴマ粒ほどの小さなデキモノができているのに気が付いた。
ピンセットで摘まみ取ろうとしたら痛いのでしばらく様子を見ることにして放置していたら
ゴマ粒はみるみる大きくなって小豆ほどの大きさになった。
しかも瞼が腫れあがって痛みが生じてきた。

26日(金)、これはイカンと思って皮膚科の医院に駆け込んだらマダニが喰いついているという。
さっそく紹介状を頂いて大学病院で切開して取ってもらい、感染症の検査をしてもらうことになった。
(この写真は腫れが引いた今日のもの)




27日(土)、山トレしようと予定していた貴重な晴れの日に大学病院で受診
その日の朝、病院へ行こうと靴を履いているときに僕の血を十分に吸って満足したマダニがポロリと足元に落ちた。
急いで写真を撮ってからテッシュにくるんで大学病院に持ち込むことにした。



大学病院ではマダニ専門の医師と他に2人の医師の3人掛かりで診察してくれた
話を詳しく聞くとマダニが持っているウイルスは4種類もあると言う。
その4種類とも治療薬が無くて致死率も高いという。
なかでも「重症熱性血小板減少症候群」という感染症が怖いという。
しかも発熱、倦怠感、下痢、嘔吐などの症状が出てからでないと検査ができないという。

今まで病気や山で何度か死に直面した経験がある
その都度に思うことは、どうせ死ぬのなら
死を覚悟する時間を与えてもらえる病気の方がいいということ
マダニの感染症で症状が出たら死を覚悟する時間なんて殆ど無いに等しいのが辛い!

とにかく皆さん、マダニなんてと軽視せず先ずはマダニのことをよく知って
山や渓に出るときにはくれぐれも食いつかれないように対策をとることをどうか怠りなく
あと2週間ほど、症状が出ないことを祈りつつ不安な日々を過ごすことになりそうです。



コメント (28)

山トレ開始!

2020-06-23 23:53:27 | 山歩き.散歩
3週間前のこと、溪への少々の登り降りで足が攣ってしまって悶絶した
たった2か月間の外出自粛で筋肉がこんなに衰えるものかと愕然とした
あまたの生き物にとって年と共に衰えるというのはこういうことなのかと
今更ながらに痛感した次第だけれどこのまま黄昏れていては男が廃る

9月の長期山行に備えて少しずつ山慣れしておこうと山トレを再開した




ここから30分ほど登ると小ピーク、その先は適度なアップダウンで山トレ初めにはちょうどいい




小ピークを越えるとブナやミズナラの樹間を縫うように登山道が延びる
下界は30度を超えているのに頭上を覆う枝葉のお蔭でミッドシェルを羽織うくらいがちょうどいい




この日の行程は大マテイ山経由棚倉小屋跡までのピストンで3時間半の予定なのに




折悪しくヒラタケなどが目に入ると足も止まってついつい摘んでしまう




もう止まらない、せっかくだからもう少し摘もうとあちこち目が彷徨う




もうこのくらいでいいかな




これだけあれば今夜は天ぷらと肉炒めと汁ものが楽しめそうだ




午前9時半ころから森の中では四方八方頭上からもカエルの鳴き声のような大合唱が轟き始めた




その正体がこれ、エゾハルゼミ
体長3センチほどの小さなセミなのに鳴き声は半端なくデカイ!




森の中には大樹の根方にできた洞があちこちに見つけられる
森の動物の棲みかは玄関も寝室も実によく整理整頓されていて無精者の自分が恥ずかしくなる




だいぶ道草をしてしまった、棚倉小屋跡で折り返して




大マテイ山に登ってから帰路に就く




ここで山飯にしようか




快適な森の中ではコンビニの酒肴で充分にビールと缶チューハイが旨い!




最近のカップ麺は袋麺を凌ぐか? ス-ラ-タンメンが感動的に旨し!
麺とスープは言うに及ばず、絹ごし豆腐の食感がもう生の豆腐そのもの




さあ帰ろう!




これ、多分ナラタケだろうけど少ないし汚れているしでヤメテおきましょう



いつものことなが道草しながらの快適な山歩きとなりました。
高天原と黒部五郎への再訪の夢もあと2~3年が最後のチャンスと覚悟して
釣りは少し我慢しつつ先ずは楽しみながら山トレに励もうと 思う次第です。






コメント (24)

山が取り持つ縁

2020-06-07 00:00:55 | 書籍
2ヶ月ほど前のこと、岩手の友から歌集を出版したという知らせが届いた
彼との出会いは大学3年生の夏、南八つを縦走中の赤岳の頂上であったと記憶している
しばらくはお互いに登った山の写真と手紙をやりとりしていたけれど次第に年賀状の交換だけになった
力強く味のある版画に、岩手の詩人「宮沢賢治」の詩を載せた年賀状は毎年の楽しみの一つになっていた
もしもあの頃、今のようにインタ-ネットが普及していたらもっと深いやりとりができたであろうにと思う




正直に言うと僕は和歌が良く分からない
でも何度が読み返してみると、極くごく身近なことを詠った言葉の一つ一つに
彼らしい人に対する優しさや思いやり、ユーモアをしみじみと感じることができた



あれから47年、二人とも68歳の老境に入ったけれど違う世界でお互いにまだまだ意気盛んである
若き日に赤岳で出逢い、しばらく同じ登山道を歩きながら言葉を交わしただけなのに人と人との縁は不思議なものである

表紙の陽さん人形を見ながら、顔をくしゃくしゃにして笑う彼の笑顔が鮮明に蘇った
コメント (22)

解禁はいつもこんな感じです

2020-06-01 01:20:03 | 自然薯 山菜
いつの間にか穏やかな季節になってきたのでロッドを携えて渓に立ってみた
車止めからほんの30秒で下りられる安直な沢を遡行すること10分
あの奥に先行するフライマンの姿が小さく見える、戻るしかありません




次の沢は急斜面を木々の枝につかまりながら延々と下る
しばらく遡行してここで良型の山女魚がフィッシュオ~ン!
ところがハンドキャッチ寸前でバラシた、腕が鈍っている証拠です




この沢も昨年の台風の傷跡がそこかしこに残っている
この先で先行するフライマンに追いついた、釣れない筈だ
フライ歴30年のこの方としばらく立ち話、今日はまったく当たりなしと苦笑いされていた




山女魚がダメならせめて野草くらいはと草付きの土手で野生の三つ葉をたくさん摘んだ

 


早春から山菜を楽しみ、丹沢コシアブラも早々に探し当てたへっぽこさんからのお裾分けを期待したのが甘かった
遅まきながら伸びきったウドの中心部に萌えた柔らかい若芽を何本か摘んだ、ミツバは香りづけに少しだけ使おう




ネギ玉に少々加えるだけで三つ葉の香りが漂って美味しさが増す
待ち切れずにビールを飲りながらフライパンのネギ玉の半分をハフハフ言いながら頬張る




ウドは醤油と一味でキンピラに、調理が簡単でしかも美味しい
レモン汁と黒コショ-で食べさせる生ハムのようなコンビニのサーモンが実に美味しかった




〆はウドのペペロンチ-ノ
仕上げに軽く炒めたウドの香りと食感が実にいい、料理人の寅さんが推奨するのがよく分かる
自然のものを少しだけ現地調達して川飯に添える、これが何とも嬉しいのでございます



久しぶりに急斜面を登下降したり2時間以上も渓を歩いたりで情けないことに足が攣って悶絶した
夏の黒部、9月の高天原を歩きたいなら鈍り切った足をこれから真剣に鍛えないとあかんと実感した次第です!
コメント (21)

2年ぶりのシドケ

2020-05-19 00:40:28 | 自然薯 山菜
巣ごもりして仕事に明け暮れる日々が一段落したという訳ではないけれど
コロナウイルス感染者が減少トレンドになってきたからという訳でもないけれど
ちょっと息抜きがしたくなって久しぶりに山の中の渓に向けて車を走らせてみました。

目に入るのは芽吹いて程ない柔らかな若芽たちと穏やかな流れ




小さな岩魚たちと遊んでもらいながら渓を遡ってシドケを摘もうという算段であったのだけれど
この渇水状態を見てロッドを繋ぐ気にもなれずバシャバシャと流れに入って唯々水の感触を楽しんだ。




岩魚と遊んでいるとここまで優に3時間弱を要するのに、、、、
台風の大水が出る数年前までのこのシドケ畑はそれはそれは太くて上物のシドケの群生地であったのに
ようやく復活したとは言えこんなにか弱い赤ちゃんのようなシドケ達ばかり、いずれまた大群落になってくれることでしょう。




シドケ畑に混生するウドも根こそぎ流されてまだ復活の兆しが見えない
予定していたウドの料理が消えて少々焦り気味、なんとかハリギリの新芽をいくつか見つけた




ここは標高が高いから里に比べて山菜の季節もひと月ほど遅くなる
あと1週間~10日後が食べごろだけれど背に腹は代えられず少しだけ頂くことにする




シドケの可愛い新芽たちをたくさん摘んだ




少し早いけれどハリギリの新芽を四つほど、、、




釣りを諦めたので楽しみは呑んで眠るだけになった
しかもウドが全滅、もしやと持参したマグロをユッケにして急場を凌いでビールと缶チュ-ハイ
シドケはおひたしに、ユッケが甘ダレなのでシドケはポン酢で、ほろ苦いおとなの味が実に良し!




貴重なハリギリの新芽はペペロンチ-ノの主役になってくれた、アリガトネ!



山めしは思うようにはいかないけれど心地よい一日になりました!




コメント (30)

春の香りの贈り物

2020-05-12 00:46:57 | 自然薯 山菜
コロナ禍の昨今、皆さまはいかがお過ごしでしょうか?
釣友や山友たちは喜々として自然の中に飛び出し、誰もいない山や渓を独り占めだったと自慢話を振ってくる
ひと月以上も事務所に引きこもっている僕はというと超多忙な仕事のお蔭で差して羨ましさを覚えずに済んでいる
仕事に煮詰まった時の唯一の息抜きは近くの森林公園を散策したあとベンチでビールを飲ってやり過ごす




そんな折、今週は嬉しいサプライズが続いた
大切なスタッフのふるさと新潟のご両親から沢山の筍とフキが送られてきた





北海道の学友からは今年も食べごろの行者ニンニクが届いた
北海道もコロナウイルスが蔓延しているというのに有り難いことでございます




先ずはギョウジャの生食、、、、、といきたいところですが
匂いも味も強烈で後続の料理の味が分からなくなってしまうので最後に味わいましょう




行者ニンニクのおひたし
風味を損なわないように軽く茹でて冷水で洗ってぎゅっと絞って、、、
今回は醤油で、麺つゆで、ポン酢で、三種の味を楽しみました




筍はなんといってもシンプルにフキとの取り合わせが一番ですね~
甘皮まで美味しく頂きました~!




そして最後の〆は臭っさ~い、辛~い、の行者ニンニクの生食に限ります。




明日の僕は総スカンを喰らって事務所で肩身の狭い1日を過ごすことになりそうです、でも幸せ!



コメント (22)

何よりも健やかであること

2020-04-19 01:03:20 | 独り言
非常事態に直面したときこそトップリ-ダ-の資質が問われる
これは企業経営においても政治においても全く違いはない

ミッション  (果たすべき任務、目的を明確にすること)
バリュ ー  (ミッションを果たすための基本方針、行動原則を明確にすること)
ビジョン   (将来展望、実現したい未来像を明確に描くこと)
ゴ-ル    (数値目標を示した短期目標を立てること)
ストラテジ- (最も効果的な戦略を立てること)

僕は政治については門外漢であるが、一定規模の企業ならば
平時、有事を問わず上記のプロセスを常に頭に置いて思考し行動している
そうしなければ企業は成長はおろか一つ間違えれば衰退の一途を辿ってしまうことになるからだ

コロナウイルスにこれを当てはめたらどうなるだろうか?
1.ミッション→コロナウイルスを短期間に封じ込めて国民の生命を守り抜くこと
2.ビジョン →コロナ後は早期に経済復興を果たし、国民が安心して暮らせる国を取り戻すこと
3.ストラテジ-①リスクの高い国からの入国を制限すること
        ②検査を徹底して感染者を隔離し二次感染を回避すること
        ③三密を回避し、人と人との接触を80%減らして二次感染を防ぐこと
        ④休業要請する店舗等に十分な資金を提供し倒産と失業者の急増を回避しコロナ終息後の経済復興に備えること
       (本来はもっと具体的で詳細な戦略を立てて国民と企業と働く人たちの不安を払拭する必要がある)

では日本政府の対応は如何だろうか?
中途半端、場当たり的、二律背反、虻蜂取らず、二兎を追うもの一兎をも得ず、この典型例を見せてもらっている
二階や麻生のような脳みそにカビが生えた老害政治家や一銭も資金を出したくない財務省の役人や
前例主義に囚われて緊急事態に対応不能な官僚出身のブレ-ンに囲まれた安倍の裸の王様ぶりが喜劇に見えてしまう
小池都知事と安倍の対応の違いは使命感と危機感の違いを如実に表している好例ではなかろうか?
今のような非常事態には能天気な政治家よりも常に敵と向き合う軍人、または危機管理に精通した企業経営者の方が適任かも知れない

医療崩壊を招くからPCR検査を制限していると言う、本末転倒である
検査を徹底しないから隠れ感染者が動き回って二次感染、三次感染を引き起こす

中小企業はすでに疲弊し始めている
公庫に緊急融資の相談に出向くと御社はこれ以上借りると返済できなくなりますよと体よく断られる事例が出ている
返済できないからこそ国は5年間元金返済据え置きの緊急融資で中小企業の立ち直りと失業者対策を取っているのではないのか
政府の言っていることと現場でやっていることがまったくの真逆だ、これも金を出したくない財務官僚の指示なのか
中小企業が倒産し失業者が町に溢れたらコロナ後の経済復興に費やす時間と資金は膨大なものになる

さて、ならば我らはどうしたらいいのか?
悲しいかな一人ひとりにできることは限られている
限られているけれどできることをやるしかない
自分が感染しないこと、自分が感染源にならないこと
可能な限り外出制限を徹底して自分と身近な人たちの命は自分たちで守ること
あとはコロナウイルスの終息を息をひそめて待つしかない
果たして、そんな日はいつになるのだろうか?
その日が来た時に僕が知るすべての方々がどうか健やかであって欲しいと切に願う


        




コメント (20)

空 雨 傘

2020-04-05 17:40:14 | 独り言
空!
さあ仕事に出かけよう、ドアを開けて空を見上げると雲がかかっている(事実)

雨!
雲が薄いからいずれ晴れるだろう
いや、もしかしたら雨が降るかもしれない
空にかかる雲からはいくつものことが想定できます(推論)

傘!
雨が降るかもしれないという推論からは
傘を持って出かけようという結論が導き出されます(判断)
勿論、正しい推論を前提とした判断が一番いいのですが
経営の現場では常に最悪の事態を想定した判断(行動)を用意しておくことが大切になります

経営に携わる仕事に就いた若い頃から今に至るまで
この論理的思考(ロジカルシンキング)はいつも頭の片隅にありました

それでは新型コロナウイルスに対する日本政府の対応はどうでしょうか

第一の不幸は、武漢でコロナが蔓延している春節の最中に中国人旅行者を入国させてしまうという初動の過ち
武漢の事態を見て日本への蔓延をどう推論するのか、コロナを封殺して国民の生命を守るのが第一義なのか
はたまた国賓招待する習近平をおもんぱかるのか、観光事業を重視するのか、この判断で結果はこうも大きく変わるもの

第二の不幸は、実効性の疑わしいインフル対策特別措置法の存在でしょうか
仮に緊急事態宣言を発出しても大した強制力もない法律でどこまで効果が期待できるのか

昨日、山に向かう車のラジオで聴いた話によると
5年前に米国や中国の研究者が50メートル下の氷河から28種類の未知のウイルスを発見したとのことでした
地球の温暖化が進んで氷河や永久凍土が溶け出すことにより未知のウイルスが活動を始めたら想定外のことが頻発するだろうと

新型コロナとは繰返しこれからも長い付き合いを余儀なくされると言われていますが
いずれ永久凍土からむっくりと起き出した未知のウイルスが猛威を振るう時代が到来するかもしれません
その時までに日本や世界各国はどんな準備をし、どんな対策を手際よく打てるようになるのでしょうか?

いま、日本の産業は瀕死の状態に陥りつつあります
倒産が頻発し、失業者が町に溢れる事態に陥りかねません
いまこそ大胆な施策を講じなければ日本に未来はない
そう推論すれば、将来に向けて資金を温存するためにチマチマした救済策を採るのではなく
ありったけの資金をつぎ込んででも疲弊するであろう企業と雇用を守り抜くこと

そうでなければ政府が想定するコロナ後のV字回復など絵空事になり果ててしまう!










コメント (20)

解禁?

2020-03-25 00:26:29 | 川飯.B級グルメ
目に青葉、山ホトトギス、初ガツオ、、、には少々早すぎますが良い季節になりましたね~!
僕もようやく仕事の足かせから解放されて本物の春を満喫する心の余裕が出てきたのですが
まだ体は思うようにならず当分は自然のホスピタルでのリハビリが必要となりそうです



暖かな週末、向かったのはネイティブ山女魚が生息するふるさとの小さな渓の一つでした
林道から渓を覗くと悲しくて溜息が出てしまうほどの超渇水状態、どこもかしこも山や渓は驚くほど病んでいるのです



釣り竿を持つこともなく渓に降り立って30分ほど流れを遡ってみました
例年なら水面下に没しているこの石の周りには山女魚の稚魚が群れているのに何という惨状でありましょうか



惨憺たる思いで林道に這い上がるとナンと満開の山桜、落ち込んでいた気分も少しだけ救われた次第です



土手には食べごろの藪甘草と蕗の薹の萌黄色が目に優しく映ります

 

今回は蕗の薹を川飯用にこれだけ、この倍の量をフキ味噌と天ぷら用に摘んで持ち帰りました



午前10時半、林道脇に腰を落ち着けて川飯をば、、、朝飯を抜いているので空腹も限界に達しています
一品目は細切りにしたマグロに雑に刻んだニンニクと大葉を和えてからごま油を軽くひと回し
次は甘口の焼肉のたれをふたまわし、コチュジャンを忘れたけれどどおってことはありません

 

このマグロのユッケ、たったの2分でできあがりです
仕上げは刻んだ分葱をちらして、、、どうですかこの照り加減、ごま油は実にいい仕事しますね~





ビ-ルを一缶空けたら2品目は蕗の薹のお浸し、茹でてから氷水に浸してぎゅっと絞って適度に刻むだけ

 

醤油とポン酢を試してみたのですがどちらも実に美味、山飯には面倒な天ぷらよりお浸しの方がいいかな



三品目は2個のニンニクをスライスして多めのごま油でじっくり弱火で香りを引き出して、、、
ニンニクがきつね色に変わったら鍋に敷いた白菜の上からごま油ごとニンニクを投入し、、、、

 

残しておいたビールを50mlほど注いだら鍋の定番の豚バラを並べて蓋をして20分ほど弱火でコトコト煮込みます

 

蓋を開けるとこんな感じ、ごま油とニンニクの香ばしい匂いにうっとりしてしまいます
水は一切使っていないのに白菜から染み出した水分でいい感じに仕上がっています



仕上げは刻んだ分葱を散らして出来上がり~



先ずは少々の塩をまぶして、、、実に旨し!
塩で半分味わったら、次はポン酢でさっぱりとした味変を楽しみます

 

今回呑んだのはビールと缶チューハイを4缶、これで気分よく眠れます



ニンニクとごま油と白菜から染み出したスープと少々の具を残したら、、、



〆はニラそば野郎で決まりです
ニンニクとゴマラ-油のニラそば野郎はこの鍋のためにあるようなドンピシャのラーメンかも



今年の解禁もまた竿は一切振ることなくしこたま呑んで
心地よく爆睡したという釣り師の風上にも置けぬオチと相成った次第でございました




コメント (26)