山と溪を旅して

丹沢の溪でヤマメと遊び、風と戯れて心を解き放つ。林間の溪で料理を造り、お酒に酔いしれてまったり眠る。それが至福の時間。

69歳になりました

2021-04-05 01:32:46 | 独り言
2021年4月5日、本日ぼくは69歳になりました。
今年も仕事に追われて溪の解禁もままならず衰えた筋力でまともに山も歩けずに迎えた誕生日
こんな状態で69歳を迎えたことが果たしてめでたいことなのかどうか素直に喜べない心境なのですが
気力体力脳力が極端に衰えても何はともあれ大事なく69歳年間生きてこられた奇跡に先ずは感謝する次第でございます



さて穏やかな日和の土曜日、春の女神に逢いたいと登山口の牧馬峠に向かいますが
例年のことながら峠道に数珠つなぎに並んだ車列を見るとげんなりしてしまいます
ふるさとの石砂山が年に一度だけ岐阜蝶目当ての登山者で賑わうのはとても嬉しいことなのですが
子供の頃から親しんだ山はやはり独り占めしながらのんびり山飯したいものなんですよねえ!

という訳で舞姫との再会は潔く諦めて野草と山菜摘みに変更です
今年は温暖なためかいつもの場所の蕗の薹はすっかり伸びきっていたので山梨まで車を走らせます
フキ味噌用の蕗の薹は沢山摘めたのですがタラの芽はあと1週間後が盛期だったようでたったの2個だけした



今日は孫たちが二人だけで来ているので早めに帰宅すると息子夫婦が用意してくれたプレゼントが、、、



プレゼントには小3と小1になる孫たちの嬉しいメッセ-ジが添えられていました



プレゼントは車中泊用の枕、入浴剤、大好きなカレーセット、そして孫たちからのお菓子が一袋

 

孫たちはさっそく枕で遊び始めます、何でも遊びのネタにしてしまうのは子供たちの才能なのでしょうか?

 

ばあばの手ほどきを受けながらイチゴ飴とトマト飴を楽しそうにハンドメイドしています

 

子供たちはこんな風にして一つひとつ新しい発見と経験を重ねながら成長していくものなんですね~



さて孫たちが帰ったら、道の駅で見つけた行者ニンニクで一杯やりましょう



今日はお手軽にお浸しで、しゃきしゃきの食感とほのかなニンニクの香りを味わえました



この春、小3と小1になる孫たちは家から国分寺駅まで電車に乗って二人だけで来られるようになりました
こんな孫たちの成長を見ながら生きられるのもじいじとばあばの喜びのひとつでもあるのでございます

さて、じいじはと言うと孫たちの成長と反比例するように強烈に衰えを感じ始めています
登りたい山と登れる山、悲しいことではありますがこの大きな差も痛切に感じるようになりました
今年はムリせず歩ける範囲で山と山釣りを楽しめることができればいいかなと
少々ハードルを下げる心の準備を始めた次第でございます。

コメント (20)

ちょっと息抜き

2021-03-28 12:39:28 | 川飯.B級グルメ
暖かな春の風に誘われてちょっと息抜きの時間をとりました
仕事は全然一区切りしていないのですが、たまにはいいですよね
今年は(も)季節の進むのが早いのでしょうか、山桜が今を盛りに咲き誇っておりました



ちょっと山を散策してから湖畔の車止めにテーブルと椅子を設えて先ずはビールをば、、、
釣友の寅さんが鯛の出汁で仕上げた芹鍋がとても美味しかったというので僕は焼きあごの出汁で今年最後の芹鍋を

 

と言っても僕は出汁をとれるほどの腕も時間もないので出来合いのものですが、これがなかなかでございました

 

〆のラーメンは先日テレビで見たニラら-めんをちょいと真似てみたくて、、、
マルちゃん正麺しょうゆの麺を茹でながらニラ一束を刻みます(スープにはニンニクを少々)



麺が茹であがったら大量のニラを投入して

 

熱したごま油をニラに振りかけるとジュジュっという焦げる音とともに香ばしいごま油の香りが鼻腔をくすぐります



さて実食、確かに美味しいのは美味しいのですが元々完成度の高いマルちゃん正麺が
劇的に美味しくなるというほどのものではありませんでした。



料理系ユーチュ-バ-の皆さんがインスタントラ-メンにひと手間加えた様々な映像をアップしています
水の代わりにお酒を使ったり、サバ缶1缶加えるといい出汁がでるとか、僕も一応はその殆どを試してみたのですが
何も手を加えない(煮玉子や薬味程度はOK)ものがやはりいっちゃん美味しいというのが僕の結論ですかね!

コメント (22)

鴨だしらぁ麺 轟 (溝の口)

2021-03-06 22:12:46 | 麺類
このお店は昨年12月27日に溝の口にオープンした京鴨だしらあ麺の轟さん
溝口はお客様への行き帰りの際の乗り継ぎ駅で昼時にさしかかる時にはこの駅で降りて昼食をとることにしている
午後2時過ぎにもかかわらず先客が2人、地下に降りていくとまるで日本料理屋さんのような雰囲気を醸している




3度目の今回は京鴨だし醤油らあ麺、細麺で硬さは柔らかめでお願いした(煮卵はサービス)
具は鴨のコンフィ、煮卵、焼き葱、三つ葉、白髪ねぎと細めのメンマ(前回は20センチほどの穂先のメンマが4本のっていた)
今回訪ねたのが2時過ぎだったからなのか品切れになってしまったようでレアの肩ロ-スが乗っていなかった



ス-プをひと口、鴨だしの味はかすかだけれど美味しい
麺鉢の底には少々脂気のある鴨のミンチがたくさん沈んでいてこれと一緒に啜るスープがいい



麺は全粒粉のパッツン系で硬さを普通で注文すると腰の強い蕎麦を食べている感じたけれど僕には柔らかめがちょうどいい
3分の1ほど麺を啜ったところで店員さんが席に来てすりおろした柚をささっと麺の上に散らしてくれて味変と香りが楽しめる



食べログを見ていると評価がかなり分かれている
鴨のだしの濃淡やパッツン系の麺の好みがわかれるようにも感じるけれど
いずれこのお店も百名店に名を連ねるのではと期待したい
ごちそうさまでした。
コメント (28)

今はこれだけが楽しみ!

2021-02-28 21:17:00 | 川飯.B級グルメ
2週間ほど前のこと、孫たちから手作りのバレンタインチョコが贈られてきました
早いもので今春から上の孫が小3に、下の孫がピカピカの一年生になります
プレゼントしたランドセルを背負って嬉しそうにはしゃぐ孫の画像を見ながら話していると
父と母の愛に守られながら屈託なく育てられていることが手に取るように分かって心から嬉しく思うのです



さて、一年で一番忙しいこの時期は仕事に没頭していて自分の時間が殆ど持てません
そんな時は仕事が終わってほっとした時間を持ちながら一杯飲るのが唯一の楽しみでもあるのです
今夜はふるさと納税で頂いたカワハギ2尾のお造り
頭に付いてきた新鮮な肝の肝醤油で頂く刺身は絶品で焼酎も日本酒も進むこと、、、、



一尾分の肝はカミさんがボイルしてくれました
この肝は実に濃厚で甘みも深くまろやかでアン肝を遥かに凌ぐ美味しさであることを知りました



〆はカワハギの頭の味噌汁
出汁が良く出て美味しい〆になりました



お酒と美味しいもののお蔭でホッと肩の力が抜ける
お酒と食に掌を合わせたいほど感謝しきりでございます。
コメント (22)

麺尊 RAGE (西荻窪)

2021-02-24 00:18:17 | 麺類
毎年12月になると『食べログ 百名店』が発表される
ラ-メンや蕎麦、うどん、寿司などカテゴリ-毎に食べログが選んだ人気店が名を連ねる
中でも東京のラーメン百名店が圧巻で僕が定期的に立ち寄るラーメン屋さんが16軒も選ばれている

僕は麺類が大好きなのだけれど、わざわざラーメンを食べるだけのために出かけることは先ずない
68歳の現在まで、お客様へ出向く道すがらに立ち寄って味に魅せられたお店16軒だけをロ-テ-ションして訪ねている

今回は月1で訪ねている西荻窪の『麺尊 RAGE』さん(4年連続で百名店に選ばれています)
12時20分、先客は20人ほどだけれど手際の良い仕事ぶりで20分ほどの待ち時間でカウンタ-に案内して頂いた

        

注文したのは特製軍鶏そば1200円(多分)
多分というのは待ち時間に店員さんが注文を聞きにくるので毎回メニュ-を見ることなく迷わず特製を注文している訳で、、、、、
毎週月曜日は限定メニュ-になっていて特製そばは出汁も具も毎回変化に富んで美味しいのだけれど多分この日は軍鶏の出汁かと、、、、、、


先ずはスープをひと口、う~む上品でまろやかな甘みと深いコク、毎回この絶妙なスープに魅せられてしまうのです
チャ-シュ-は低温調理されたレアな肩ロ-ス2枚と鶏胸肉ともう一枚、とろっとろの鮮やかなオレンジ色の半熟タマゴも絶品で、、、
これを酒肴にビ-ルをグビっと飲りたいところですが仕事前の時間だということについつい恨み節が出てしまう次第でございます



麺はコシのある中太ストレ-ト麺(ちょいちぢれか?)でつるつるの喉越しが心地よい



今回も口福のひと時を味あわせて頂きました
ご馳走様でした!
コメント (22)

束の間の山

2021-02-10 01:19:03 | 川飯.B級グルメ
我が釣友の一人に「へっぽこ」と名乗る男がいる
釣友と言っても彼とは一度も一緒に竿を振ったことがない
年末の極寒の中で焚火を囲んで呑みながら語らう仲である
彼のHNは釣りの解禁と同時に「へっぽこ餌釣り師」になり
フライフィッシングの盛期には「へっぽこフライ師」に名を変え
禁漁期に入ると只の『へっぽこ」へと1年に3度も脱皮するへんてこな男である

その「へっぽこ」さんから時折写メが送られてくる
忙しくて野に出られない季節に容赦なく打ち込まれる写メのミサイル攻撃には
何度となく癒されつつもしばしば嫉妬に駆られることがある

今回打ち込まれたミサイル攻撃がこの3枚の写メ
2月4日にノビルと蕗の薹を摘んで美しい野草料理を楽しんでいる罪深い写メである

 



忙しいこの時期は毎年のこと事務所に缶詰状態になる
鬱屈した心をミサイルに直撃されたら反撃したくなるのは世の常のこと
ふるさとのお客様の訪問日に合わせて束の間の山時間を愉しむことにした
石砂山の登山口から30分ほど歩いてお気に入りのダイニングの一つに腰を据えた



快晴無風の暖かい日、ビールを飲りながら最近嵌っている芹とエノキのシンプルな芹鍋で芹の香りと味に酔う



ビ-ルと缶チューハイを空けたら、途中で摘んできた数本のノビルを下ごしらえして



葉はノビ玉で、球根はペペロンチ-ノに添えて春の風味を味わう



腹が満ちてほろ酔ったらあとは積もった落ち葉に横たわって心地よく眠ればいい



ほんのひと時の山時間、これで英気を養って頑張れる
まさしく山は男のホスピタルかな!
コメント (26)

初山詣で2021

2021-01-03 17:04:55 | 山歩き.散歩
皆様あけましておめでとうございます
コロナ禍での不自由な生活を強いられておりますが
今年も山に渓に山菜、キノコと思い思いの楽しみに少しでも満たされたいと思う次第です

さて、今年の初山詣では1月2日、中央高速を走っていると必ず目に入るこの山(茅が岳)に決めました
左奥の山が八ヶ岳、右手前の山が八ヶ岳に似ていることからニセ八つの名で親しまれている茅が岳です



午前8時10分、登山口の気温はマイナス4度、なだらかな登山道を相棒オ-ちゃんとゆっくりゆっくり進みます



40分ほどで唯一の水場、ここで最初の小休止です



少しずつ勾配を増す登山道を更に40分ほど歩けば女岩、ここで2度目の小休止です



女岩からは本格的な急登を何度も何度も小休止を入れながら登り続けます
なにしろまともな山は9月の飛騨山脈以来なので足がいうことを聞いてくれません



なだらかな道になったかと思うと



分厚く積もった落ち葉のラッセルで歩き難いのなんのって、、、



そしてまた急登の始まり、女岩からCT45分の道のりを1時間以上もの苦闘の末に



深田久弥先生終焉の地に辿り着き手を合わせることができて、長い間の念願がようやく叶った次第です
深田久弥先生は今の僕と同じ68歳の3月21日、この地で眠るように座って人生の終焉を迎えていたとのことでした



百の頂きに百の喜びあり
深田久弥先生と言えば「日本百名山」を著わした方で、山好きなら必ず一読されているのではないでしょうか?



更に急登を詰め上げてようやく茅が岳1703m、手前に金が岳、奥に八ヶ岳が青空に映えています



正面に富士、右には南アルプスが連なっています



右奥に瑞牆山、その右側には金峰山が連なっています



ジオラマを見ながら360度の大パノラマを満喫した頃から冷たい強風が吹き始めたので風を除けて昼食です
下山したら石和健康ランドで湯に浸かってオ-ちゃんと新年会の予定なので昼飯は質素にカップ麺だけ



1時間ほど昼寝をしてから尾根コ-スで下山、ここから激下りが始まります



いずれ登りたいと思っていた茅が岳、奇しくも68歳にしてようやく積年の想いが叶って大満足の初山詣でとなりました。


さて今年の山と釣りですが、かつて登った剱岳を眺めながらの温泉と釣りの旅を計画しています
室堂~劔山荘~劔沢雪渓を下って真砂沢ロッジ~仙人池ヒュッテ(仙人池から裏劔を眺めて温泉)~仙人温泉小屋で露天風呂~
仙人谷を下って阿曽原温泉で露天風呂~水平歩道を下って祖母谷で釣りと露天風呂~名剣温泉に浸かって釣り~欅平

5泊6日の夢のような縦走の旅ですが昨年は仙人温泉小屋と池の平小屋が閉じていたし
仙人谷では何人かが滑落して少なくとも一人が亡くなっています
公共交通機関を利用しての縦走を敢行するか仙人池までのピストンにするか、じっくり検討しようと考えています

どうぞ皆さんも先ずは安全に、そして冒険心をくすぐるワクワクドキドキの旅が実現できますように!



コメント (24)

落ち葉にくるまってビバ-ク

2020-12-23 00:33:23 | 山歩き.散歩
いい年をして2週も続けてバカな遊びに興じてしまった
こんなもん何の役にも立たんと考えるのがネガティブシンキング
いや~いい経験ができておもしろかったな~と思えるのがポジティブシンキング
さあ貴殿はどちらでございましょうか?

1回目は12月12日の土曜日、仕事を終えて家を出たのが深夜23時30分のことでした
ふるさとの山の登山口のひとつ牧馬峠に到着したのが午前1時、ここからヘッデンを灯してナイトハイクの開始です
明るい時間なら歩いて20分のところを心もとない真っ暗闇の登山道を40分かけて落ち葉の吹き溜まりに辿り着いた
外気温6度の暖かい夜、今夜はここで落ち葉にくるまってビバ-クの人体実験です

ふかふかの落ち葉の上にサバイバルシ-トを広げ登山靴を履いたままで足から潜り込みます
目だし帽で顔を被いザックを枕にして横たわり、ふんだんに積もった落ち葉をかけてサバイバルシ-トを覆うと
これが結構暖かくて朝までぐっすり熟睡することができた、ただ寝返りのたびに落ち葉が崩れて保温性が落ちるのが難点か
(この画像は翌朝撮影したのもので僕の体重で落ち葉が圧縮されています)



よく眠れた朝はシンプルに春菊とエノキとウインナとくずきりのキムチ鍋でほっかほか
くずきりはもちもちの歯ごたえ、とろりとした食感で鍋には欠かせない食材でございます





さて2回目は12月19日の土曜日、深夜23時過ぎに家を抜け出して牧馬峠へと向かいます
今夜の実験は更に奥、踏み跡も不鮮明な狭くて歩き難い登山道を踏み外したら深い崖下に真っ逆さま
ヘッデンの灯りとストックを頼りに慎重に進みます(この画像は翌日の帰路に撮影したもの)



ようやく辿り着いた地には思いのほか落ち葉が少なくて暖を取れそうにない
仕方なくナラの大木の根方にエムシェルタ-を広げシェルタ-の中に折りたたみ傘を広げて空間を確保する
2ミリの銀マットを敷き、ザックを背もたれにしてナラの大木に背を預け、アルミ泊を貼ったサバイバルシ-トに潜り込む
外気温マイナス4度ながらインナ-、ミッドシェル、ダウンの上下、ハードシェルの完全防寒装備ならシェルタ-の中は結構暖かい
ホットウイスキ-と熱々のラーメンが欲しいところだけれど火器を使ってシェルタ-に火がついてしまったら命に関わる
簡単な酒肴で焼酎の水割りを煽り、スーパ-のかつ丼(ハ-フ)を食べたら食熱で体がホカホカしてきた

酔いに任せてうとうとしては寒さで目が覚めるの繰返し
午前6時過ぎ、外気温を計ったらマイナス6.5度、シェルタ-の中が結露しているけれど寒くて外に出たくない



午前9時前、朝日が差してくると太陽の恵みにしみじみとありがたさを感じる
結露したシェルタ-とサバイバルシ-トを乾かしつつセリ鍋の準備に取り掛かる
セリは根が美味しい、最近は東京のスーパ-にも根つきのセリが置かれるようになって嬉しい



朝から熱々のセリ鍋をつつきながら缶チューハイと焼酎のお湯割りで温まる



2本空けるといい感じに酔いが回ってきた



〆は生の戸隠蕎麦



二人前いっちゃえい!



外気温7度、3時間ほどで13度以上も暖かくなったことになる、正面に石砂山が見える
さあ睡眠不足を取り戻そう、普段リビングの板の間で寝ている僕はこんなところでも難なく熟睡できる



午後2時、風が出て来たので昼飯は取らずに下山する



寝所のすぐそばにはタヌキの糞が4か所あった、多分ここはタヌキの集会所なのかもしれない



若い頃のようにテントを担いでの縦走はもうできない



ザックの中には140gのシェルタ-と200gほどのサバイバルシ-トがいつも入っている



水さえあればシェルタ-とサバイバルシ-トで一夜はしのげる、酒と食料があればビバ-クは更に充実する



数時間のワンデイハイクでも何が起こるか分からない



不要と思っても命を繋ぐ最低限の装備はいつも携行しておきたいものですね!
コメント (22)

山で眠りたい

2020-11-23 16:14:03 | 山歩き.散歩
無性に独りになりたい衝動に駆られた
そんな時は沢音を聞きながら山で眠るのがいい

午後4時過ぎ、ミズナラの根方の平をテン場に決めた、ここなら誰に遇うこともない
急いでテントを組み立てると内側にあるはずのポールを固定するテープが見当たらない
裏表を逆に張ってしてしまったようで内側にあるはずの固定テープが外側についていた
人に見られたらこんなに恥ずかしいことはないがもうすぐ夜の帳が下りる、このままでいいか?




小一時間仮眠をとって目が覚めると辺りは闇に包まれていた
缶チューハイを飲りながら途中のスーパ-で調達した食材でキムチ鍋を用意する




人間という生き物は、極限の状況にでも陥らない限り
体調が悪くても気持ちが落ち込んでいても食べて呑んで眠るようにできているらしい




今夜も明日も何をしたい訳でもない
ただ独り静かに山で眠れたらそれでいい






目覚めたのは午前7時40分、10時間以上も熟睡したことになる
外に出て分厚く積もった落ち葉を踏みながら林間を散策していると低い稜線に朝陽が輝き始めた

 


テントに戻ると朝陽に照らされてミズナラの陰が落ち葉の上にくっきりと延びている、暖かい!




淹れたコ-ヒ-を啜りながらのんびりと朝食タイム
ほうれん草と半身のウインナソ-セ-ジを塩コショーで適当に炒めたら

 

食パンにメルティチ-ズ、ほうれん草、ウインナ、ほうれん草、チ-ズを五層に重ねて焼くと

 

いい感じにチーズがメルトダウンしています、、、、が大チョンポです、パンを圧縮するの忘れてた~!



次の片面を焼くときにはコッヘルの蓋を当てて十分に圧縮しながら焼くと

 

ホットサンドがいい感じに焼きあがりました
食してみると、かつて熊さんが作ってくれたホットサンドと遜色なく旨し!



暖かい日差しの中で昼時まで本を読みながら過ごして山を下りました



歩くのも、呑むのも、眠るのも、山は格別ですね~!
コメント (27)

出汁三種

2020-11-02 00:05:40 | 麺類
今年一番の冷え込みの朝、新蕎麦を頂こうと幼馴染のオ-ちゃんを誘って高遠に向かった
杖突峠を過ぎて守屋山の登山口に立ち寄ると人気の山なのか広い駐車場は60台ほどの車で満杯になっていた

更に寄り道して来年の避暑地の偵察にと千代田湖に立ち寄ると4組のテントが設営されていて
山を見回っていた通りがかりの地元の方の話を聞くと遠く沖縄など日本中からキャンパ-が訪れると言う




カラマツ林に包まれたこの小さな湖は人が少ない季節なら守屋山や入笠山の登山基地として良さそうなロケーションである




午前11時、ちょうど暖簾を掛けようとしていた『ますや』さんに一番乗りした




先ずは蕎麦前でビール、蕎麦せんべいを頂きながら塩麹鴨(600円)を待つ




ほどなくして美しい薄紅色の塩麹鴨が運ばれてきた
一枚目はそのままで頂く、ふわりと柔らかくほどよい塩加減と少々癖のある鴨肉が病みつきになりそう
2枚目は塩麹を付けて、3枚目は刻み葱で、四枚目は山葵で、それぞれの味変を楽しみながらビールが進む




お蕎麦は玄と抜きの合い盛りをお願いした
一枚目は殻付きのまま挽いた玄




ますやさんを訪れるのはこれで4度目、今回は3種のつゆ(鰹節、岩魚焼干、ノドグロ焼干)を味わいたい
岩魚焼干つゆとノドグロ焼干つゆは丁寧に焼いて天日干しをしたもので香ばしい風味の美味しいつゆでございました




玄は透明感があり甘味を感じる喉越しの良いお蕎麦です




玄を食べ終わる頃、緑がかった抜きが運ばれてきた、先ずは塩をちょいとつけてお蕎麦本来の味と香りを楽しみます




粒々が見えるほどの粗挽きの十割蕎麦はもちっとした食感を楽しみます



出汁三種の利きつゆを楽しみつつの玄と抜きの合い盛り、美味しゅうございました(1350円)



さて2軒目は初めての『七面亭』さん
昔ながらの民家で座敷もトイレも雨戸も濡れ縁も僕が少年時代を過ごしたふるさとの家を彷彿とさせる




先ずは蕎麦前に馬刺しとビールをお願いすると、お通しに辛味茄子と塩麹の和え物が供された
辛味茄子は脳天に突き抜けるほどの辛さで、この小皿ひとつで日本酒3合はイケそうです
鶏肉、ほうれん草、ブロッコリ-、人参、三つ葉の和え物も丁寧に作られていて、馬刺しと併せて500円では申し訳なくて頭が下がる




運ばれてきた馬刺しはとろけるような食感の赤身で今までに頂いたお蕎麦屋さんの中ではピカいちでございました




お蕎麦は田舎蕎麦(1000円)




信州や甲州、会津などの山あいの地でお蕎麦を頂くと必ず小鉢料理が2~3品添えられてくる
お蕎麦が主食であったこれらの地では副菜が添えられる文化が今でも残っているのでしょうか、懐かしいおふくろの味が嬉しい




太くてコシの強すぎる田舎蕎麦はニガテなのですが
ほどよい太さとコシのこの田舎蕎麦は美味しゅうございました




帰路は立ち寄り湯でゆっくり湯船に浸かってまたビール



〆は小樽醤油ら-めんの名にそそられて、、、、、爆睡!
コメント (22)