実例写真、動画を出す親知らず抜歯も腫れない無痛愛護的超低侵襲手術の他にはない部分即時荷重インプラント 専門書著者ブログ

親知らず抜歯も腫れない、1日で綺麗な歯 他は出来ない部分即時荷重審美インプラント 即時荷重歴15年 世界的パイオニア 

9月27日(火)のつぶやき

2016年09月28日 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2009年発刊の私のインプラント専門書、見事に現在を予言しています。今尚新しい本です。

2016年09月27日 | 世界のインプラント情報の話

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

親知らずを抜歯しないで放置した結果の悲劇 身体に優しい低侵襲手術の普及が急がれます インプラントこそ低侵襲で

2016年09月27日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話

facebookで公開されている海外の画像です。

 

気の毒なことに、このようなことが起きています。

 

やはり、身体に優しい腫れない痛がられない低侵襲外科手術の普及を進めないと、こう言う悲劇は決してなくせないのです。

 

このような親知らずを抜歯したら、腫れる痛い大変だ、と言うイメージがあるから、こう言う悲しい出来事が絶えないのです。


そんなことはない、そこまで辛い大変なことはない、と言うイメージに変わることが出来れば、悲劇をなくすことが出来ます。


私は、果てしないそう言う夢を夢見て、実現しようと必死です。


誰もが、そんなこと出来る訳がない、不可能だ、仕方がない、何夢みたいなこと言っているんだ、と言いました。

でも、私は夢を諦め切れず、必死でチャレンジし続けて来ました。


そうして、従来の常識を塗り替える成果、結果を出せることが出来るようになりました。


誰にでも出来ること、下顎の親知らずを抜歯することを、誰にも真似出来ないくらい一所懸命にやる、やり続ける。

そして、常にもっと良い結果を出す為にはどうしたら良いか、改善改良を考え続け、向上心を失わず努力し続ける。

ただただ直向きに腕を磨くこと、技術、知識、知恵を上げること、に必死に取り組む。


そうして漸く

こう言う成果、結果を得られるようになりました。


身体に優しい腫れない痛がられない低侵襲外科手術時代の幕開け、が出来たと自負しています。


下半分の顔写真は、全て手術翌日以降の通常腫れが出たり痛んだりしている時点での写真です。

腫れていないこと、勿論患者さん自身痛がられていないこと、従来の常識を変えることが出来ている、と思います。


外科手術のレベルで最高峰に到達出来ている、とインプラントサイトで書かせていただいている証拠です。


更に私は、この技術、知識、知恵を次代に伝える活動もしております。


常に、日常的にこう言う成果、結果を出せるなら、冒頭のような悲劇が起こることはなくせる。

そう信じて、これからも頑張り続ける、と決めております。


命ある限り、身体が動く限り、私はやります。



PS:次代の有志へ、

私の技術、知識、知恵を分けて欲しいと心から願う方への門戸は、何時でも常に開放しています。

真剣に学びたい方、どうぞお越し下さい。







 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月26日(月)のつぶやき

2016年09月27日 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夢は必ずかなう by熊谷正寿 私の身体に優しい低侵襲外科手術実現、の夢は叶いました!

2016年09月26日 | 日々のインプラント臨床の話

熊谷さんの言っていた通り、夢は必ずかないます。


身体に優しい低侵襲外科手術を実現する、腫らさない痛がらせない下顎の骨に埋まった親リラ図の抜歯を実現する、と言う私の夢は本当に叶いました。


それまでの常識では絶対に無理だ、と否定され捲っていましたが、いや実現する、実現出来る、と頑張ったのが、この証拠写真です。


これをそのままインプラントに応用すれば、当然身体に優しい腫れない、痛がらせないインプラント手術が出来ます。

勿論、抜いて直ぐに植立する抜歯即時植立、植立したら綺麗に歯を入れる即時荷重、のインプラント治療でも、全く同じに応用出来ます。


身体に優しい外科手術を提唱し続け、実現して来たからこそ、私は夢は必ずかなう、と熊谷さん同様に言えるんです。


次はあなたの番です!


あなたの夢は何ですか?


私共はその夢を叶えるのに全力で協力します。


歯科の外科手術、インプラント、歯周病のことで悩まれたら、一度ご相談にお越し下さい。


必ず、あなたの力になる、ことをお約束します!


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月25日(日)のつぶやき

2016年09月26日 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月24日(土)のつぶやき

2016年09月25日 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

下顎の親知らずの抜歯、画像検索するだけでこう言う感じです。外科の技術がインプラントの成果を決めます!

2016年09月24日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話

「親知らずの抜歯 腫れ 画像」の画像検索結果

下顎の親知らずの抜歯って、通常はこれぐらい腫れ上がるものです。


勿論、この写真は私の患者さんではありません。


ネットの検索で出て来たモノです。


私がいつも出している患者さん達とだいぶ違いますよね。

 


身体に優しい低侵襲外科手術を追究し続けることで、私はこう言う成果を上げられるようになりました。


この技術、知識、知恵はそのままインプラントの外科医に活かしています。


だから、当院の外科手術は、身体に優しい、痛くない、腫れない低侵襲手術で治しています、と言い切れます。


生意気ですが、この成果の違い良く見て下さい。


今はネット社会で、情報を正しく得ようと思えば正しく得られます。


何処にでも、誰にでも、何時でも、客観的にこう言う成果、結果を提示出来るDRを探して、そこでインプラント治療を受けることを強く強くお勧めします。


生涯に早々はない手術を受けるのですから、一生後悔しないで済む決断をしましょう。







コメント
この記事をはてなブックマークに追加

下顎の親知らずの抜歯、画像検索するだけでこう言う感じです。

2016年09月24日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話

「親知らずの抜歯 腫れ 画像」の画像検索結果

これが一般的レベルです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月23日(金)のつぶやき

2016年09月24日 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

フローラルインプラントセミナー2016 インプラントの本当の話、色々な話、勉強になる話します!

2016年09月23日 | 即時MI審美インプラント治療の話

フローラルインプラントセミナー2016、毎回参加いただいた先生から大変好評いただいていて、毎年今年はやるんですか?と聞かれるセミナー。


今年はやります!


勿論、お楽しみの”夜のインプラント”何を何処に何時埋めるんだ・・・?と言う副題のちょっと怪しげで、とても役に立つ大人のインプラントのお話も・・・


この受講費で、ここまでやるの!!!と言うコストパフォーマンス無視、実際の価値の10分の1の受講費で、開業医による、開業の、開業医の為のセミナー、です。 


有志の先生、お時間の都合を何とか付けて、是非ご参加下さい!


因みに私は、プレセミナーで世界の最新情報、セミナーでハンズオンで抜歯即時植立即時荷重のデモをします。


そこで、ブログやFacebookでお伝えし切れない、細かいノウハウ、特殊な器具機材、使い方等々のお話を一杯させていただきます。


ここまでするのはここだけです!


早割は10月いっぱいですので、お早目にお申込み下さい。


宜しくお願い致します。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

身体に優しい低侵襲外科で下顎の骨に埋まってる親知らずの抜歯でも腫れ痛みなし!インプラントも同じに治せます。

2016年09月23日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話

私は身体に優しい、腫らさない、痛がらせない低侵襲外科を追究し続けて来ました。


そして、現在ではここまでのことが出来るようになりました。


この患者さんは、一昨日下顎の骨に横に埋まっている親知らずを抜歯させていただきました。

従来の常識では、2日後にはお顔はパンパンに最も腫れ上がる時期です。


しかし、身体に優しい低侵襲外科手術を追究すれば、殆ど腫れていませんし、痛がられてもいません。

患者さんご自身も、腫れてないです、痛くなかったです、と喜んで下さっていました。


このような外科手術レベルを、そのままインプラント手術に応用するからこそ、当院の即時植立即時荷重インプラントは腫れない、痛くない、綺麗に治せる、と言えるのです。


身体に優しい低侵襲外科手術+即時植立即時荷重インプラント、では日本のパイオニア、世界的にもパイオニアである、と明言しております。


そして、このような低侵襲外科で治すと、従来の常識を超える速さで治る、と言う事実も当院では確認しております。


その理由としては、多分、身体に優しいと言うことは、治癒能力を最大限に引き出せるからなんだろう、と考えています。


言い換えると、従来の手術はどうしても身体に相当の負担をさせていて、その負担が治る力をかなり使ってしまって、その分時間が掛かるからなんだろう、と私は考えています。


一般外科手術でお腹を切り開いてする手術よりも、腹腔鏡手術の方が患者さんは楽だし治るのが早い、と言うのと同じ考え方です。

(但し、腹腔鏡手術と同じように身体に優しい低侵襲手術も非常に難しい、トレーニングが必要とされるものですので、ご注意下さい。)


当院では、早く綺麗に治る、身体に優しい低侵襲外科手術で、出来る限り患者さんに辛い思いをさせないように治そう、と言うポリシーの元に常に治療に当たっております。


インプラント治療のこと、歯周病治療のこと、親知らずの抜歯のこと、でお悩みの患者さん、どうぞご相談にお越し下さい。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月22日(木)のつぶやき

2016年09月23日 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

9月21日(水)のつぶやき

2016年09月22日 | Weblog
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

体に優しい低侵襲外科による下顎の親知らずの抜歯 外科手術の負担を軽くすると言うこと

2016年09月21日 | 患者さんの知らないンプラント業界の話

本日の下顎の親知らずの抜歯です。


体に優しい低侵襲を駆使して頑張りました。


明後日の結果は、又ご報告します。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加