大森インプラントクリニック松元教貢歯科医院腫れ痛みのない直ぐに歯が入るインプラント インプラント学会専門医

大森インプラントクリニック松元教貢歯科医院腫れ痛みのない直ぐに歯が入るインプラントパイオニア インプラント学会専門医

上顎の奥歯に即時荷重インプラント 2年掛かるかも知れない成果を1日で出す

2020年11月07日 | 日々のインプラント臨床の話



今のインプラント治療の限界を遥かに超えるインプラント治療。

それを私は現実にしています。

この症例は、CTレントゲン写真で分かるように骨にかなり問題を抱えています。

犬歯の直ぐ後ろの小臼歯の部位は、多分歯根破折で歯を失ったのでしょう、歯槽堤の頬側外側の部分が殆ど失われ骨がありません。

その後ろの小臼歯から大臼歯にかけての部位も、骨の厚みが失われています。

このような状態になると、通常このままではインプラント植立はできない、と診断され、骨造成GBRやサイナスリフトを提案されます。

特に大学病院とかのガチガチのエビデンスに基づく治療方法をやる所では、そのように提案されるでしょう。

先進的な治療を行う所では、大臼歯部分にはソケットリフトで何とかインプラント埋入はできるでしょうが、小臼歯部位へのここまでの骨の喪失には立ち向かえないで、チタン膜などを用いた歯槽堤再建の骨造成GBRを提案されるでしょう。

そのような治療法をされたらどうなるか、ご存知ですか?

まず大きな手術をされるので、腫れてしまうことが予想されます。

腫れ上がりますから、当然その分痛みも出るでしょう。

そして、それが治り骨がちゃんとできて固まるまでには、どんなに早くても4ヶ月は待たされます。

そうやって骨ができ上がって、インプラント埋入です。

気の利いた先生なら、その時に歯槽堤の歯肉部分を骨造成GBR手術で狭くされたのを元に戻す、広げる手術もできるかも知れません。

でも、大抵の場合、造り上げた骨は脆弱なので、インプラント埋入がやっとで、固める為に閉じるのがせいぜいでしょう。

インプラントが骨とくっ付いて固まるのには、造られた骨では時間がかかるもので、6ヶ月位は待たされると思います。

そうやってやっと骨ができ、インプラントが固まって、仮歯の装着できるのが関の山で、大抵はその時に歯槽堤の歯肉部分を元に戻す広げる手術になります。

歯肉部分を広げて戻す手術が安定するのが早くて2ヶ月でしょうか。

そうして、ようやく仮歯の形を整えて本歯のセラミックのための素材作りをします。

この期間がやはり早くても2ヶ月弱は掛かるでしょう。

そして、初めてセラミック冠の型取り、製作装着になります。

いやはや、骨の問題を起こした顎堤でのインプラント治療は、手間暇、時間が掛かり、手術も何度にも及びます。

しかも、毎回の手術は、大きくされれば又腫れたり痛んだりの繰り返しです。

こんなだと、先生はサドで患者さんはマゾですか?ですよね。


私は、そんな大変なことするのが、患者さんに苦痛を与えまくることになるので、絶対に嫌です。

なので、私は独自のやり方で治します。

とても、シンプルです。

インプラント植立して、骨造って、仮歯付ける、それだけです。

えっ、それだけ?と思いますよね。

はい、それだけなんです。

しかも、全く腫れたり痛んだりさせない独特の手術方法です。

ここは私の売りポイントなので、申し訳ありませんが種明かしはしません。

ハッキリ書きますが、途轍もなく難しい手術なので、種明かしして真似されたら、まず大失敗します。

大失敗したら、骨は全て失われ、歯茎が抉れてしまいますので、リカバリーは果てしなく難しくなります。

だから、万人にお勧めしたりできる手術ではありません。

具体的に話すと、レントゲン写真ではシンプルに見えるでしょうが、私はこの手術に3時間掛けてます。

精密を極め、丁寧無比な手術をしなければなりません。

でも、その3時間で、他の先生だと2年とか期間が掛かるものを終わらせられます。

私が手術したこの患者さん、後はインプラントが固まれば終わりで、セラミック冠入れて終わりです。

早ければ2ヶ月程度で終わるでしょう。

多分、世界でも例を見ないインプラント治療です。


そのかわり、この方法にはエビデンスはありません。

私独自で、私しかしてないからです。

私自身は、このような治し方を始めたのが15年位前からですが。

15年やり続けて、かなり完成形に近い感じになって来ました。

その最新の成果が、このレントゲン写真です。

概念だけで説明すれば、即時荷重インプラントできることで仮歯が装着され、それによって顎堤再建が守られ安定して治る、だから、途轍もなく早い、です。

恐らく生意気ですが、現在のインプラント治療の究極にある、と確信しています。

但し、エビデンスはありません。

私だけの治療の世界の話です。

安全、確実なのか?と問われたら、私が診査診断して、患者さんが全面的に協力して下さるなら、と答えます。

まず、普通の先生方は部分的な即時荷重インプラント治療ができませんし、やりません。

部分的即時荷重インプラント治療には、いまだに世界レベルでもエビデンスはないからです。

ただ世界レベルでは、担当医の実力次第だとは言われてます。

絶対安全確実を強く求められる患者さんは、私を信じられないのでしたらお引き受けはできません。

失敗しない、させない、されない為の全てのノウハウに付き合える方でないと、私のやり方は通じません。

つまり、手術したら終わり、と思うタイプの方は難しい、と言うことです。

手術は治療の初めの段階にしか過ぎず、治癒過程もとても大切で、その色々なことを守れ、付き合える方なら、奇跡が起こせます。

私は生意気ですが、成功の鍵を握るのは患者さん、あなたですよ、といつも説明しています。

本当を言うなら、それができないなら入院して管理するのが本当だ、と考えています。

ところが、即時荷重インプラント治療で、それを明言してる専門家は私だけなんですねこれが…

困ったもんです。


いずれにしても、私なら2ヶ月で治せるものを、他のエビデンスガチガチの治し方をされたら2年とか掛かりますよ、と言うお話です。

実は、このレントゲン写真見れば、ある程度秘訣は分かる人には分かるでしょうね。

でも、易々と真似はできないでしょうが…

専門家向けに敢えて書きますが、分かったからと言って、下手に真似はなされませんように。

患者さんを危険に晒すことは止めて下さい。

私の手の内、治し方を知りたい、学びたい方は、患者さん紹介して、その手術に見学にお越し下さい。

手術後はお返ししますし、その治癒経過を見ればかなりのことが学べるでしょう。

勿論、手術した責任が私にはありますので、アフターフォロー、Q&Aには真摯に対応します。

患者さん助けなければいけませんからね。

そこは一切嘘つきませんし、隠しません。

まあ、私はいつも本当のことしか言わないのですが、世界の進化が遅過ぎて待ってられないし付き合い切れないんです。

マジで…

本当の世界最高峰レベルのインプラント治療は、今はここまで来てるんです。

ようやく天国の恩師今間(コンマ)先生に自慢できる仕事が完成したかな、添島先生に褒めてもらえる仕事してるかな、と思っています。

後は、如何にこれらを残すか?が私の使命、課題ですね…

頑張ります。









コメント