トゥーランとともに

ドライバー暦二十有余年、3代目となったゴルフはついに3ナンバーに昇格しました。愛車との日々を綴りたいと思います。

青森にて

2012年10月24日 21時23分50秒 | お仕事関係
本日の宿泊先は、JR青森駅前。

この駅は今から10年前、あつこうとの家族旅行で、函館から青函連絡トンネルをドラえもん列車で縦断した折りの終点駅。

そして、今から30年前、大阪駅から「急行きたぐ」→「青函連絡船」に乗ったときの本州側の終点。

懐かしい・・・・・
コメント (2)

出張

2012年10月21日 18時05分28秒 | お仕事関係
先週金曜日、南予地方に出張した。松山から八幡浜まではJRを使い、支社が準備してくれた自動車で佐田岬の先端近くの現場まで赴いた。
みどりの窓口でS切符10枚綴りを購入し、出張に同行する他の2名の職員に原価で2枚ずつ頒布した。
出張が終わり、4枚が残ったが、これから3ケ月以内に他の出張で再び南予に出向くであろう可能性が高いため、これに使う予定である。

今週の水曜日からは、職場の外郭団体の主催する大会に参加するため、青森に行くこととなる。

8月以降、県内外において、怒涛のごとく出張が続いたが、これで一段落する。
そして、来年度の事業の準備用務が本格化することとなる。
コメント

車内販売

2012年10月20日 21時49分04秒 | 旅行関係
JR四国の鉄道に車内販売が絶えて久しい。
先般、「あつ」に再開するために北海道に行った際、久しぶりに会うことが出来た。

北海道上陸二日目、札幌駅南口のビジネスホテルに宿泊していた私は、その日旭川に観光にいくことにしていた。
朝7時過ぎ、朝食を済ませた私は、札幌駅の緑の窓口で札幌~旭川間の往復自由席S切符を購入した。
最初の計画ではAM8:00発のスーパーカムイ3号に乗る予定であったが、少し早くホームに入りすぎたようだ。どうせ自由席なのだから、旭川に行く車両ならば何でも良い。

その結果乗車したのが、AM7:21発網走行きオホーツク1号。
出発の車内放送案内の前に、今のJR四国では聞くことが出来なくなった、オルゴールの懐かしいメロディーが前奏として流れた。気分が何だか高揚してきた。
更に暫くすると、車内販売の売り子までやってきた。各種駅弁も販売していたが、昼食は旭川で醤油ラーメンとすることに決めていたので、えびすカボチャのパイとコーヒーのセット350円を購入した。

車窓を移りゆく道央のゆるやかな風景を眺めながら、茶菓子を食していると、今自分は旅行中であることを感じ、家族旅行では味わうことの出来ない、いわゆる「旅情」に浸ることが出来た。
コメント

「あつ」に逢う。

2012年10月14日 17時35分44秒 | 家庭関係
先週は、三連休後の火曜日に東京出張が入ったのに便乗して、日曜日から月曜日に掛けて、、札幌市に住んでいる「あつ」に会いに行った。

日曜日(7日)は、札幌市内の中島公園を一人散策した後、夕方に自分の宿泊先のホテルのロビーに来てもらい、駅南口の老舗カニ専門料理屋に行った。
日頃、大学の生協食堂で食事を済ませているとのことで、一人7000円程のコース料理に喜んでくれた。
月曜日(8日)は、日中はJRで旭川に行き、「氷点」の舞台である神楽地区を散策したのち、札幌に舞い戻り、夜は再び「あつ」と夕食を共にした。
今度は自分が「あつ」のアパートに赴き、下の歩道で落ち合った後、地下鉄北18条駅近くのスープカレー屋に赴いた。
スープカレーについているライスの正当な食べ方が分からなかったので、スプーンに盛ったライスをそのままスープカレーに浸した後、口に運ぶこととした。
コメント