トゥーランとともに

ドライバー暦二十有余年、3代目となったゴルフはついに3ナンバーに昇格しました。愛車との日々を綴りたいと思います。

男おいどん

2013年05月11日 15時53分42秒 | Weblog
本日土曜日、休日出勤をせずに済んだ為、部屋でゴロゴロとしていたところ、書架の片隅に「男おいどん」のコミックスを見つけた。

10年振りくらいに、ページを開けた。

連休中に作成したホームページのサラタビ鹿児島編は、故いわしげ孝氏の「ぼっけもん」を追想する旅行記録であったが、もう一つの九州男児を主人公とする松本零士氏の男おいどんについても、対峙する作品として少しだけ触れた。

その時には、「おいどん」をネガティブな性格であると、書いてしまったが、それは記憶違いで有ったことに気が付いた。

ぼっけもんでは、浅井君と秋元さんが、一年半余りのブランクはあったものの、鹿児島で目出度く結婚し、秋元さんがお腹の赤ちゃんを気遣いながら、家路に向かうシーンがエンディングとなっている。


これに対して、男おいどんでは、バイト先の工場をクビになり夜間高校を中退した、主人公大山昇太が、(2年間ほどの)長いブランクを経た後、無事に復学を果たしたにも関わらず、下宿の大家さんに大きな鯛1匹とずっと滞納していた家賃のうち1ケ月分だけを手渡した後、消息を絶ってしまうところで話は終わる。

松本氏は、このエンディングで、大山昇太がどこに旅立ったかについて触れていない。

しかし、世間では、勝手に夢破れて故郷に帰ったと決め付けてしまっていた。
ひどい評論家に至っては、この作品の影響により、当時の大学生にはUターンがブームとなってしまったなどとコメントするものもいた。
自分も当時のそれらの風評を間に受けていたため、田舎から上京して一人暮らしする若者をテーマとする漫画として
○ぼっけもんを「陽」
○男おいどんを「陰」あるいは「負」のイメージで、自分勝手に区分してしまっていたために、[ネガティブ」と誤って書いてしまった。


1996年の再販版のあとがきで松本氏はこう記している。
「何事があってもあきらめない。不撓不屈の根性を持った男。絶対泣き言はいわず、「今に見ちょれ」と」
「終わり方なんですけれどもこれは下宿を去ったわけじゃないのです。少し武者修行に出たんです。別の体験、例えば働きにいって、あの当時だから捕鯨船に乗ったとかで長期間、別のアルバイトをやっていたわけです。下宿という限定された範囲から外の世界に行き、そしていずれまた戻ってくる。「さよなら」とは書いていません。(中略)いずれ何かになって。もしかしたら絶世の美女を連れて戻ってくるかもしれません。」

作者本人が言うんだから間違いない。

そのことを当時の自分が知っていたら、もう少し東京で頑張れていたのかも知れない。
コメント

さざなみ

2008年08月19日 21時36分53秒 | Weblog
Yさんは、中学校3年の時の同級生。
いつも夕方は、二人で机を併せて班日誌を編集していた。

大学時代には、都会での孤独の反動として、夏休みに帰郷した折に、電話を入れて一緒に、朝一番の映画に行ったことも有る。(確か「うる星やつら ビューティフルドリーマー」)


映画の途中で彼女は眠り始めた。

これ以上の進展は期待出来ないなと思い、二度と会わなかった。

その時には、自分は青二才の学生。
「病院の夜勤明けで、そのまま来たの・・」と言う彼女をいたわってやるだけの懐の深さを持ち合わせていなかった。

今となっては、懐かしい思い出である。
コメント

千年女王

2008年02月02日 20時37分37秒 | Weblog
前から欲しがっていた「劇場版千年女王」の中古DVDを、アマゾンを通じて購入した。

現在のようなCG技術は皆無の時代。セルは傷だらけ、おまけに余り話題になった映画でも無かったため、DVD化された際にもデジタルリマスター処理も施されていないため、やたら画面は暗い。

それでも、松本零士氏の作品の中では一番好きな作品であり、家族の寝静まった夜に繰り返して見るたび、多感で有った懐かしき学生時代を想起してため息をつく。
喜多郎氏による音楽も、せつなさを醸し出す。

美人の年上女性に憧れるダメキャラの主人公(雨森始)は、松本氏のお家芸の一つであるが、この作品もこの系譜に含まれる。

コメント

好天気が続く。

2007年11月17日 10時19分04秒 | Weblog
東温市の重信川近くに住んでいる知人から聞いた話です。

今の季節、好天気が続きます。
大きな河川では、川底が干上がります。
普段は、車両通行不能な場所でも、この時期は、地球とラーメタル星に、千年に一度橋が架かるように、未舗装の道が出来上がるのです。
川の対岸にある工場の大型車両は、普段は遠回りをして町中に出なければならないのですが、この季節ばかりは、河川敷に出来上がった未舗装の近道を使って、町と行き来します。

しかし、近所の住民からは、「ホコリが立つ」、「騒音がうるさい」と、役場を初めとする関係行政機関への苦情が絶えないそうです。

はたして、誰が悪いのか?
コメント

残暑

2006年08月27日 18時41分58秒 | Weblog
本日は一日お宅でした。
不完全ながらも、夏の家族旅行も終わり、大きな目標が終わりました。
次の目標を考えています。

今度は単発の旅行ではなく、すごろくのような完結型テーマの旅行の実施を考えています。

もしかすると、家族はもう付いてきてくれないかもしれません・・・
コメント

最近乗ってない・・・

2006年07月31日 22時32分09秒 | Weblog
 最近乗ってません。 
 近場は自転車で移動してます。
 昨日、一昨日と妻と次男が合宿で不在でした。
 自炊するのは面倒なので、昼食を外食で済ませることにしましたが、何故かトゥーランで遠出する気持ちにはなりませんでした。
 近くの中華料理屋やカレー屋に親子二人で銀輪部隊。
 8月19日~20日にささやかな家庭旅行を計画しています。既にどこかでお話しました。 
 トゥーランは7人乗りなので、実家の両親に一緒に行かないか誘ってみました。
 でも母から、「最近心臓が悪いのでやめておく」と断られました。
 何やら遠慮しているような気配もありましたが、無理強いは出来ません。
 
 さて、旅行までにETCを付けようか、それともまた今度にしようか?
 思案中です。
コメント

ひとり

2006年05月14日 13時10分59秒 | Weblog
休日ひとりで退屈・・・・
子供たちが小さいころは、休日のたびに西に東によくドライブしていたものだったのに、二人とも休みの日はいつも部活動。

天気もいいし、トゥーランで郊外に一走りしたかったけど、妻が息子の部活の応援で使用中。

休日にパチンコとかスロットにはまる人たちは、もしかしたら自分と同じ状況に陥ってしまった人たちなのかもしれないなあ・・・
コメント