医療・介護を支える継続企業の知恵袋          ㈱Kaeマネジメント 代表取締役 駒形和哉

毎日ブログを書き続けもうすぐ10年になります。2025年、2042年に向けた医療介護の厳しい時代を乗り切る策を考えます。

治るかも

2019-01-16 06:21:41 | 薬局

早い!

 

急速に医療の進歩を感じる。

医薬品もそうだが医療技術も凄い。

薬の領域では既に生活習慣病などの開発はほぼ終わったようだ。

極めて一般的ではあるが病気と言えないような薬の開発が進んでいる。

例えば、人間は年齢と共にすべての筋力が衰える。

そこで病気とは言えないような排便能力も衰える。

でも、出さなきゃ入らない。

入らないと生きてはいけない。

私は1日でも滞ると不快になる。

 

ED改善薬も病気とは言えない。

もちろん病気の人もいるかもしれないが、これも年齢と共に衰える。

しかし、いつまでも”夢は枯野を駆け巡る“とありたい。

但し、保険適用ではない。

そう言えば通販専用のEDサプリメントの女性が変わった。

私が知るだけでも4人目だ。

ちょっと誘っている様な気がする。

 

がんもその内に治るような気がする。

多数の遺伝子を同時に調べて、その患者に効果の高いがん治療薬の選択が始まった。

これをゲノム医療と言って「がん遺伝子パネル検査」により患者ごとに薬が特定される。

これによって無駄な治療が軽減される。

患者の体力も温存される。

そんな検査ができる病院を現状の11カ所に30カ所を追加する。

このがんゲノム医療は2019年春にも保険適用になる予定だ。

 

この他にもiPS細胞を使った治療も開発されている。

このiPS細胞を使った治療領域は無限大である。

他にも再生医療も進化している。

病気の治療やけがなどで傷ついた体の細胞を培養・加工して機能修復させる。

 

この医療技術の進化をいかに保険適用させるのかが問題となる。

今の保険制度では限界がある。

抜本的な見直しが必要だと思う。

それが近未来の医療制度改革じゃないだろうか。

 

先日もある人との話でAIが診察の補助を行う時代は近い。

いろいろな検査値をAIがスクーリングする。

それに基づき医師が最終判断を下す。

 

話がそれたが限られた医療財源の中で、薬局の将来を少し考える時期に入ったのではないだろうか。

暗い話だと知らぬふりは出来ない。

正面から向かい合う時は来ている。

 

コメント (1)

紙がない

2019-01-15 04:18:35 | 薬局

まだの薬局はそろそろ検討しなきゃ。

 

厚生労働省では2019年度、医療現場での情報通信技術(ICT)の活用を支援するための基金を創設する。

創設するのは「医療ICT化促進基金」(仮称)で、2019年度に300億円の予算の計上である。

対象は医療機関や薬局となる。

ここにあまり恩恵は受けないと思うが薬局も含まれている。

何をさせたいのかというとマイナンバーカードによるオンラインでの患者情報の確認システムである。

マイナンバーカードの普及は1割程度しかない。

もっと普及させるためもあるようだ。

そこでマイナンバーカードが保険証の代わりに使えるようにする。

保険証の機能だけではなく、利用者の医療や介護情報も登録される。

こうなると医療機関でも薬局でも読み取り機が必要になる。

 

上記のシステムを普及させるには医療機関の電子カルテ化が必要になってくる。

その導入に必要な設備投資に対する補助が基金から支払われる。

診療所の電子レセプト化はまだまだ未整備が多い。

 

以前ブログにも書いたが、国は医療と介護に関する情報を電子化したい。

それによって地域の医療と介護状況が把握できる。

まさに地域包括ケアに欠かせない情報共有が可能になる。

それだけではなく、最近よく出て来る地域フォーミュラリーなどにも活用できる。

これで医療費が抑制されるかどうかは分からないが、いろいろな意味で医療に制限が入るだろう。

 

こうなると未だに紙薬歴の薬局はどうなるのか。

2020年の調剤報酬では電子薬歴への誘導が始まる。

やらなきゃならない状態になる。

そうなると売る側は強気になる。

消費増税の関係もあり、そろそろ電子薬歴の導入も早めに検討が必要になる。

 

さて、時代は何でもICT化が進む。

上記の様な仕組みの導入もさることながら、オンライン服薬指導に欠かせない電子処方箋の受け入れも必要になる。

その内に電子版お薬手帳の導入も必須となる。

小規模の薬局にとって厳しい投資が強いられてくる。

これも時代の流れかもしれない。

 

何となく個人でやれる薬局の姿が見えづらくなりそうだ。

 

コメント

甘さ加減

2019-01-14 05:16:55 | 薬局

プロなんだから

 

インフルエンザが猛威をふるっている。

いつものことであるが医療に携わる者としては細心の注意が必要になる。

薬局にインフルエンザの患者が多いからというのは理由にならない。

プロの仕事とはそういうものじゃないだろうか。

 

薬局の半分は1人薬剤師薬局と言われている。

その1人薬剤師がインフルエンザになったらどうするのか。

もちろん患者対応など出来ない。

熱があってもそ知らぬふりをして薬局にて服薬指導もできなくはない。

でも、その投薬を受けた患者がインフルエンザにり患したら誰の責任なのか。

例えは悪いが性感染症の人が、ご乱行に及ぶのに等しい。

 

セミナーが多い私もインフルエンザには十分な注意をしているつもりだ。

外から帰った時は必ず手洗いとうがいは欠かせない。

冬場の移動ではマスクをする。

効果は期待してはいないが気持ちの問題である。

 

ところで投薬時にインフルエンザの予防について説明をしているだろうか。

または、手洗いうがいを促しているだろうか。

手の洗い方やうがいの仕方などきちんと説明できているだろうか。

うがいは水だけでも効果があると言われている。

但し、手洗いもうがいもそれなりのやり方次第だ。

 

薬局内でも定期的な手洗いうがいは欠かせない。

プロなんだから。

 

このブログの継続も自分なりにプロなんだからと自覚している。

はっきり言って気を許すすきがない。

常に、何を書こうかネタを探っている。

暇さえあれば悩む。

でも、プロなんだから仕方がない。

 

こんなブログを書きながら昨日から何となくのどの調子が悪い。

まだまだ甘い自分に気が付く。

 

コメント

たんとう直入

2019-01-13 05:53:50 | 薬局

かかりつけに合う資格とは…?

 

2016年度の調剤報酬改定から登場した「かかりつけ薬剤師指導料」であるが、なかなか算定が進んでいないようだ。

薬剤師が患者負担を配慮して算定しないこともあるが、基本的に薬剤師のかかりつけが可能かどうかの議論が欲しい。

 

医師や歯科医師にはかかりつけはある面では大事かもしれない。

但し、どちらも診療所レベルで医師または歯科医師が基本1人の場合である。

これは患者が施設を選ぶというより、その医師または歯科医師を選んで受診しているから成り立っている。

ところが病院などにかかりつけ医師が成り立つかというと、かなり患者に対し受診日に制限が付く。

ある程度の病院には複数の医師がいて、医師は外来だけじゃなく入院も担当している。

そうなるとお目当ての医師の受診を希望する場合は、その医師の受診日に予約となる。

しかも病院の場合は専門医が多く、ゼネラリストのかかりつけ医とはならない様な気がする。

 

では、看護師はかかりつけになり得るのかというとこれも難しい。

診療所なら馴染の看護師はあり得る。

しかし訪問看護師ではないので何でも相談するってわけにはいかない。

病院ではどうだろうか。

入院でもかかりつけ看護師には無理がある。

通常の病院は少なくとも3交代制である。

入院すると1日に3人の看護師の世話になる。

かかりつけ看護師と言いうより担当看護師なら可能じゃないだろうか。

その担当看護師に患者情報を伝達する業務が申し送りである。

その申し送りはチャートとか温度版などと呼ばれる看護師のカルテで引き継がれる。

この書き方にSOAPやPOSが活用されているようだ。

 

そこで薬剤師のかかりつけであるが、医師や歯科医師のように診療所レベルだと可能だと思われる。

そこから考えると1人薬剤師薬局こそがかかりつけ薬剤師制度にふさわしいのではないだろうか。

逆に、薬剤師が複数いる薬局では、看護師のようにかかりつけ薬剤師というより担当薬剤師がふさわしいと思われる。

そして担当薬剤師の患者情報を集約するのが、看護師の申し送り業務に活用されている看護師のカルテとなる。

その看護師のカルテが薬剤師の場合は薬歴となるのではないだろうか。

 

全国の薬局は約6万軒に近づこうとしている。

そのほぼ半分は1人薬剤師薬局との資料がある。

であるなら、この1人薬剤師薬局の薬剤師をかかりつけ薬剤師として活用するのが得策なのではないだろうか。

そして薬剤師が複数いる薬局では担当薬剤師として、患者の薬歴を活用した服薬情報の把握を行い、指導や改善提案などを行う。

複数いる薬剤師がいる薬局で生じている「かかりつけ薬剤師指導料」よる不合理さが解消される。

 

病院に接して感じたことである。

「かかりつけ薬剤師指導料」はいい制度だと思う。

ただ運用の仕方に問題を感じている。

広がらないのはそれなりの訳がある。

やらないのではなくやりづらいのだ。

批判される前に、いい仕組みとしての提案が欲しいような気がする。

コメント (2)

たかが、されど

2019-01-12 06:23:40 | 薬局

設備投資は計画的に。

 

本当に10月から消費税は10%になるのだろうか。

今さら変わらないとは思うが、それならそれ相応の準備が必要になる。

何かはっきりしない様ですっきりしない。

選挙がらみの10月なので、リップサービスで来年4月もあるかもしれない。

 

10月が確定なら、例えば、薬局の内装や外装の補修などは今がチャンスだ。

たかが2%かもしれないが、10月以降になると無駄に消費税が増える。

それだけではない。

レセコンなどのリースが切れているなら、今が新しく導入する時期かもしれない。

8%の消費税で買える。

リース料も8%の契約なら、10月以降は10%になっても8%のままである。

全自動○○器などは1,000万円くらいする。

1,000万円の2%は20万円になる。

ちょっとしたタイミングで、ちょっとした無駄が省ける。

 

調剤だけではない。

社用車も急ぎ目が肝要である。

社長の社用車が2,000~3,000万円などよくある話だ。

2%の消費増税は40~60万円も違ってくる。

因みに、札幌の自宅は土地と建物で合わせても3,000万円だった。

私にとっては動く自宅並みだ。

 

ここで注意したいのが発注から納品に要するタイムラグである。

モノがなければ売上は起きない。

10月が近づくにつれて注文が増えだす。

目ざとい経営者は今がチャンスと準備に余念がない。

 

先日、見学してきた調剤機器メーカーでは部品の全てを自社工場で製作していた。

1枚ものの鉄板を型どりして、曲げて、延ばしての作業を行っていた。

こうなると発注してもすぐには納品できない。

レセコンも必要とする企業は調剤薬局だけではない。

まさに特需が始まる。

自動車も何だかオプションが付くとオーダーしても納期に時間を要する。

 

ここでダメな経営者は悩む。

新しく導入するかどうかを考えてしまう

どうせ買う必要があるならタイミングを逃してはいけない。

もちろん資金がないなら無理は禁物である。

 

良いのか悪いのか、当社には大きな買い物などない。

大きいような小さな消費増税である。

 

コメント

まな板のこま

2019-01-11 04:17:53 | 薬局

価格交渉がまた始まる。

 

年明け早々ではあるが、今年も4月から9月までの医薬品の価格交渉が必要になる。

もちろん薬価が変わっていないので、昨年に決めた妥結価格のままでも構わない。

ただ、どこの薬局も満足がいかない交渉価格だったようだ。

ある経営者が苦言を呈していたが、早く決めたくても医薬品卸からの価格提示が遅く、結果として9月ギリギリの提示となった。

未妥結減算を避けるために否応なしに妥結に追い込まれたそうだ。

確かに、そんなこともあったように私も聞いている。

 

今回の乖離率は7.2%だった。

これは薬価改定1年目なので比較は難しいが、過去10回行われた調査で4番目に低い率だそうだ。

それだけ医薬品卸が流通改善したってことになる。

逆に考えると薬局は”してやられた“っとなる。

 

大手調剤チェーンでは昨年の10月以降も価格交渉が続いているそうだ。

それと4月以降の価格が考慮されるので、医薬品卸がどこまで踏ん張れるかによって来期の上期の決算が変わる。

予断は10月以降にも続く。

消費増税による薬価改定が待っている。

 

その消費増税にかかわる薬価改定であるが、意外に薬局経営を揺るがす可能性が潜んでいる。

先ず、薬価ベースで2.4%となっているが、これは消費増税の2%をオンしての改定率である。

実際には市場実勢価格による改定としてマイナス4.35%となっている。

但し、この4.35%には四半期再算定としてオプジーボやマヴィレットなどの大幅な引き下げ分を0.27%含んでいる。

従って、実質的にはマイナス4.08%となる。

これなら大丈夫などと安心してはいけない。

薬局で汎用される高脂血症薬や高血圧薬、消化器用薬などは10%以上の引き下げである。

それを考えると単純に4%ではない。

少なくとも全体として5~6%は引き下げとなる。

調剤報酬に占める薬価部分が7割とすると、5%で3.5%、6%なら4.2%に処方箋単価引き下げにつながる。

1日100人の外来患者の処方箋の応需があるとすると、同じ売り上げを確保するには4~5人の増患が必須となる。

かなり難しい。

 

それだけではない。

価格交渉も暗礁に乗り上げている。

医薬品卸連合会の会長が年頭の取材インタビューで、より厳しい対応で粘り強い交渉が必要と述べている。

ここには製薬メーカーの仕切価の引き上げとリベート体系の変更などが関わっている。

医薬品卸が儲かるわけではない。

因みに、製薬メーカーも生き残りのためにリストラが始まっている。

 

要は、時代が変わったってことである。

変化を感じて、今を生きるのではなく、これからを生きるために仕組みを変える必要がある。

コメント

言われるままに身を任す

2019-01-10 05:23:45 | 薬局

2019年は薬剤師の業務が変わる。

 

昨年の後半は厚生科学審議会による医薬品医療機器等法(薬機法)の改正審議が活発に行われた。

活発というより医薬分業に対する批判と反省を促す内容だったようにも思う。

その内容に対する薬剤師側からの反論は乏しい。

それなりの機能はしていると思うのは手前味噌なのか。

結果として、言われるままに押し切られたようだ。

薬剤師職能に対する危機すら感じている。

 

いくつか決まった内容に服薬期間中のフォローがある。

例えば、90日投薬があったら、処方箋を受け取って投薬する段階では、薬の説明も服薬指導なども行うが、その後の服薬管理や残薬などについては何もしていない。

確かに、否定はできないかもしれない。

ただ、これは薬剤師だけの問題じゃないように思う。

90日の処方箋を出した医師にも責任がある。

今回は、薬剤師だけが服薬期間中のフォローをしていなくて、その間の患者の状態に関して医師には責任がないような審議内容だった。

長期投薬で、診察後は薬剤師に患者の状態を委ねるってことなのか。

 

今さら何を言っても仕方がない。

決まったことはしっかりやらなければならない。

何と言っても薬剤師の義務になる。

法的にも制度上の指導や改善命令などにつながる。

 

ここで問題になるのが薬歴の在り方である。

今までの薬歴に、服薬期間中に患者から得た情報を書き加える必要が出てきた。

それだけではない。

投薬時点で、服薬期間中に患者に確認する事項をあらかじめ記載する必要もある。

2018年の調剤報酬改定では薬歴の記載事項に、新たに「今後の継続的な薬学的管理及び指導の留意点」が追加されている。

その服薬期間であるが薬剤師の判断に委ねられるようだ。

これも処方の内容によって長くなったり、短くなったり。

さらに、全ての薬ではなく薬剤師の判断で必要の是非が任せられる。

特に服薬期間中の確認は「かかりつけ薬剤師」には必須となる。

 

そもそも薬歴の在り方について本格的な議論があったのだろうか。

薬剤師が、薬剤師だからこそ必要とする、患者のための薬歴の在り方を見直す時期に入ったのではないだろうか。

 

そんな議論が起きてもよさそうだが、2019年は静かな幕開けとなった。

 

コメント

手ぬぐえない

2019-01-09 04:50:21 | 薬局

年始の手ぬぐいがなくなった。

 

ある医薬品卸の賀詞交歓会に参加して、挨拶をした1人が「年始の手ぬぐいがなくなった」ことで、本格的な製薬メーカーのプロモーションコードを感じたとあった。

微妙な変化であるが大きな変化でもある。

当たり前にもらっていたカレンダーやボールペンなどがなくなった。

あった当たり前がなくなると、初めてその存在の大きさに気が付く。

気が付く人はまだ良いが、気が付かない人もいる。

気が付かない人はかなり危険である。

 

変化はアンテナ次第である。

アンテナが鈍いと何も感じない。

アンテナが敏感だと変化を感じ、次の行動が生まれる。

自分アンテナはどうなっているだろうか。

 

ふり返って2018年は何かと変化が多い年だったように思う。

規制改革推進会議から始まった敷地内薬局の解禁は、反対をしている間に津波のように押し寄せている。

にもかかわらず未だに防波堤が何とかしてくれると思っている人もいる。

 

いくら反対しても「調剤ポイント」は市民権を獲得しつつある。

10月から導入される消費増税では、キャッシュレス対応で還元ポイントが付与される。

薬局の場合はどうなるのか。

ひょっとして還元ポイントに「調剤ポイント」もプラスされるのか。

そうなると明らかにドラッグストア優位である。

反対だけならサルでもできる。

 

後半から審議された厚生科学審議会での医薬品医療機器等法(薬機法)の改正では医薬分業の是非が問われた。

「患者本位の医薬分業に向けて」がキーワードである。

そして「患者のための薬局ビジョン」が牙を剥く。

今までの医薬分業の否定である。

どこまで抗弁できたのか分からないが、状況は薬局にとってかなり不利だったと思う。

結局、何だかんだと足かせがはめられる。

 

あるメディアが薬局組織の代表の年頭所感を掲載しているが、どれを見ても誰かの代筆のような、当たり障りのない内容である。

「今年はこうやる」といった覚悟を感じさせない。

そんな文章を読んでいると、今年も何もできないんだろうなぁと思ってしまう。

 

例えが良くないとは思うが、韓国のレーダー照射のように、攻める日本医師会とやられっぱなしの日本薬剤師会のように感じてしまった。

真偽の追求よりもごり押しが勝るようなことになりそうだ。

 

たまには本気で怒ってみたら。

 

これから札幌に帰る。

ちょっと自分の微調整が必要になってきた。

整備不良である。

だメンテナンスだ。

 

追加訂正!

どうも最近は訂正が多い。

処方薬の還元ポイントはなかった。

でも、勘違いしやすいので、やっぱりドラッグストアに流れそうな気がする。

飛行機の中で気がついたので訂正です。

 

千歳空港に到着した。

寒い! (8:00)

 

コメント (2)

まだまだ若い

2019-01-08 05:31:27 | 薬局

気が付けばシニアかもしれない。

 

薬局の患者には高齢者が多い。

一般的な小売業はいかに高齢者の来店頻度を高めるかに苦労を重ねている。

そう考えると薬局には販売チャンスが高いってことに気が付く。

だが売り方を知らない。

 

高齢者をシニアと一括りで考えると間違いが生じる。

60歳を超えた人に「いくつからシニアだと思いますか」の問いに、ほとんどが70歳以上と答えている。

しかし、いろいろな定義があるが60歳以上からシニアと呼び、65歳以上を高齢者としている。

シニアとは「人生に何らかの変化を感じた時から」という考えもある。

従って、自分では認識しづらい面倒な存在である。

 

また最近ではワーキングシニアが増加傾向にある。

その要因として50歳代に資産形成ができなかったことが大きい。

ライフプランの甘さと一蹴するにはかわいそうだ。

そのワーキングシニアにとって大事なことは、いつまでも働けるための「健康」だそうだ。

ある調査では60歳からの服薬頻度が高まるとある。

確かに、私も60歳から血圧の薬を飲み始めている。

当然のこととして薬局とのつながりは大きい。

 

薬局経営者はもっとシニアの行動パターンを観察する必要がある。

高齢者の単身世帯が増えている。

単身世帯で何が困るのか。

何が不便なのか。

ここに隠れたニーズがある。

 

2017年の60歳代のインターネット利用経験者は69.2%である。

その利用頻度は、「毎日少なくとも1回」が57.2%もいる。

10年後はどうなっているだろうか。

 

ある研究団体がシニアの市場を4類型に分類している。

まだまだ働く「アクティブ・シニア」、年金生活に頼る「ディフェンシブ・シニア」、生活に不安を感じながら現実とのギャップに悩む「ギャップ・シニア」、介護認定などを受けている「ケア・シニア」である。

この「ギャップ・シニア」と「ケア・シニア」はシニア市場と言うより扶助が必要になる。

「ディフェンシブ・シニア」は少ない年金をより有効に使いたいので、安くていい商品やサービスを選ぶそうだ。

ところが「アクティブ・シニア」は自分で稼いだお金を自分のために使いたい。

この市場はシニア全体の24.6%(約889万人)もいるそうだ。

 

こんな事を考えながら調剤室から患者を観察してみてはいかがだろうか。

私なら…にチャレンジしたいと考える。

 

コメント

Kaeない薬

2019-01-07 03:46:20 | 薬局

聞かれても困る。

 

テレビコマーシャルを見ていて、さもさも効果がありそうな宣伝が流れた時に「この薬、効くの?」と問われることがある。

そんな時にどう答えたらいいのか困る。

素早く画面を確認すると「第3類」の表記が目に止まる。

「第3類」だから効かないとは言えないが、個人的にはあまり効果は期待できない様な気がしている。

でも、宣伝内容は服用してみたくなるアピール度がある。

 

夜中から早朝にかけてのテレビでは、何やらインタビュー形式で体験談が語られている。

すごいなぁ、治ったんだとみていると、何のことはない健康食品やサプリメントの通信販売だったりする。

しかも「この放送から30分以内にお電話をいただけると」と、今がお得のように誘いかけてくる。

さらに「1世帯1件に限ります」と恩着せがましい。

ついつい電話したくなる。

知り合いに「○○○って効くの」と問われる。

 

今、この飽食の時代に不足する栄養素ってあるのだろうか。

確かに偏食の人は多いかもしれない。

それにしても補うほど不足するだろうか。

 

年末年始はお酒を飲む機会が多かったと思う。

そこで登場するのが”飲む前に飲む“ウコン”や“肝臓水解物”などの涼飲料水がある。

これも薬ではないので効くとは言えないだろうが、それなりに有効なのだろうか。

あくまでも清涼飲料水である。

 

私は飲み過ぎると頭が痛くなる。

この頭痛には長年悩まされている。

ある時テレビで「アルコールなどの頭痛に」のキャッチコピーが気になった。

早速、その成分を調べてみると「五苓散」だった。

それなら既に愛飲している。

でも、期待させるほどでもない。

 

人間の体は単純ではないので、人それぞれに何がどのように影響するかはわからない。

一概に否定はできないが、「あれって効くの」と問われると戸惑う。

そう言えば、かつて一世を風靡していた薬で、今はほとんど使われなくなった薬がある。

使われるどころか薬価から削除になった薬もある。

 

薬剤師には効くか効かないかを見分ける技も欲しいと思う。

 

今日から東京に戻って仕事モードに入る。

気が付くと○Kgも体重が増えていた。

栄養過多である。

アルコールのむくみかもしれない。

「五苓散」で抜かなきゃ。

 

今朝も雪かきが必要だ。

でも、時間がない。

と、家内に気持ち手を合わす。

コメント