医療・介護を支える継続企業の知恵袋          ㈱Kaeマネジメント 代表取締役 駒形和哉

毎日ブログを書き続けもうすぐ10年になります。2025年、2042年に向けた医療介護の厳しい時代を乗り切る策を考えます。

小心な山菜採り

2012-04-30 06:17:24 | 薬局
電子マネーとクレジットカード決済はOK…?

「調剤ポイント」については、これからの攻防が気になるが、今のところ利便性の面から使用可能なのが電子マネーとクレジットカード決済である。

世の中は、何でも便利になる。
最近、小銭の流通が少なくなっているそうだ。
特に1円玉の製造は2011年度ではゼロだった。
消費税が8%になったらまた多少の普及が見込まれると思うが、その扱いの煩わしさから電子マネーが重宝されている。
私もスイカとエディーを使っている。
高齢者がスイカを使い始めたのは、電車の料金を調べるために、切符売り場の前で立ち止まりたくないからだと聞いた。
確かに当駅を確認して行き先の駅を探すのに時間を要する。
後ろに待っている方のイライラを背に受けて焦る。

こんな遠慮はスーパーでも同じだ。
レジで支払い金額を知らされ、それから小銭を探すが、数えながら小銭をつまむのは時間がかかる。
やっと集めた小銭であるが、後10円、後1円足りずお札に切り替える。
そんな煩わしさから開放してくれるのが電子マネーである。

イオンでは「ワオン」の使える場所を増やし、2014年度をめどに11年度の1兆円から倍増させるらしい。
もちろんセブン&アイHDも負けていない。
こちらは「ナナコ」だが、11年度の決済総額が09年度の約2倍に達したそうだ。
日本経済新聞の推計によると2011年度の前払い(プリペイカード)式電子マネー6社の決済総額が、10年度比3割り増しの2兆1,000億円程度としている。
ここ最近では利用金額に応じたポイント付与が急拡大の要因になっている。

そういえば、今年の10月から禁止になる「調剤ポイント」には電子マネーとクレジットカードは除外されていたような気がしたが。
勘違いかな。
中途半端な中止はいろいろと波紋を呼ぶ。
ダメなら全部ダメにしなきゃ。

ある県庁所在地の大きな病院の玄関が変わるらしい。
その近くにあるイオンの外壁に大きく「処方せん受け付けます」と書かれた垂れ幕が下がった。
そろそろスイッチが入ったようだ。
宅配(楽宅便)で高齢者のマーケティングは出来ている。
これからのキーワードの「配」は食品や日用雑貨だけでなく薬もか。

あるGMS(イオンの様な大型スーパー)の社長が「小売業である調剤薬局の社長があんなに儲けを出していいのか」と言ったとか。
そして「小売業の王者として、あの市場を奪い取る」とも言ったとか。

そんなことより今が大切だ。
今朝もささやかな山菜取りをやってきた。
2日前に比べるとかなり食べごろサインが出ている。
例のごとくふきのとう、こごみそして小ぶりであるがふきも採れた。
残念ながらこれが私の精一杯の山菜取りだ。
山は怖いから。



目指すは薬学ブログ第1位
こちらもお願いします!
人気ブログランキングへ


コメント

いい季節

2012-04-29 05:33:09 | 薬局
使い過ぎじゃないのか。

生活保護受給者が209万人を超え210万人に近づこうとしている。
確か1956年(私が生まれた年)に初めて200万人を超えた。
しかし、それ以降は減少し昨年の秋ぐらいから再度200万人を超えて、今ではうなぎ上りに増えている。
そして、この傾向は終着の見込みが無い。
そこに費やされる保護費は年間3.7兆円にものぼり、その半分が医療費となっている。
そんなに生活保護受給者は病気がちなのか。
本来は生活の支援として支給されるはずであるが、生活どころではなくなっている。
これを受けた政府は今年の秋までに生活保護法の改正を急いでいる。

この生活保護費であるが受給者が働いて中途半端な給与が出ると減額されるらしい。
であれば、いっその事何もしないのが賢い受け方となる。
さらに北海道、宮城、神奈川などでは最低賃金より生活保護費の方が多いようだ。
これも安い賃金で真面目に働いてなどいられない。
変な仕組みだ。
この他にも東京や大阪、横浜などの都市部では年金を上回る。
高齢になったら年金よりも生活保護がお勧めとなる。

こんないい制度ゆえに不正受給も後を絶たない。
その結果招いているのが通称「貧困ビジネス」である。
ホームレスなどに住む場所を提供する代わりに生活保護を申請させ手数料を徴収する。
いわゆる「囲い屋」と呼ばれるやからが横行する。
さらに、本人には医療費負担が無いことを利用して、医療機関をはしごさせ向精神薬などをかき集める。
それだけじゃない。
病気でもないのに受診させたり入院させたりもする。
入院では悪くも無いのに手術まで無料でしてくれる。
ありがたいのか迷惑なのか。

いつぞやある地区ではモーラステープが箱で売られていると書いたが、何となくその流通網が伺える。
もちろん睡眠導入剤なども人気商品らしい。

今回の「縦覧点検」で重複投薬や過剰診療などが浮き彫りにされ、少しでも医療費の有効活用につながればいい。
忘れていたが、厚労省は生活保護受給者の自宅を回り、後発医薬品への切り替えを依頼するために予算を組んでいた。
また、薬局には生活保護受給者に後発医薬品を積極的に進めと欲しいとしていた。
どちらも中途半端で効果は期待できない。

法の下に平等とは診察を受ける権利であり、そこで支給される薬においては、国民の利益を考えた効率が必要じゃないのか。
せめて薬くらいは後発医薬品だっていいじゃない。
一般庶民は負担が大きいので自ら後発医薬品を依頼するぐらいだから。

さて、この時期は待ちに待った「行者にんにく」にありつける。
昨日から朝のご飯は大盛りだ。
醤油に漬けて2週間くらいがちょうどいい。
でも、待てない。
ねぎ独特の辛さが胃の内部を刺激する。
そして、自分では気がつかないがかなりににんにく臭を振りまいている。
何となく北の大地の濃縮されたエネルギーが精気を呼び戻す。
朝の復活だ!



目指すは薬学ブログ第1位
こちらもお願いします!
人気ブログランキングへ


コメント

新鮮空気

2012-04-28 06:28:34 | 薬局
いよいよ解禁となるのか。

東京高等裁判所は26日、OTC薬のインターネット販売の違憲・違法性を問う訴訟で、一審の東京地方裁判所の原則禁止を覆す判決を出した。
詳しい内容については、新聞等に掲載されているので参照願いたい。
要は、2009年6月から施行された改正薬事法の関連省令の是非が問われたと言う事である。
難しい表現が並ぶので簡単に考えてみると、法律で規制していないものを省令で規制するのは違法だとしたことになる…様な気がする。
もっと簡単に言うと「規制する規定はない」となる。
これって、どこかで聞いたことないですか。
実は「調剤ポイント」も同じ様な気がする。

判決では、「改正薬事法が第一類、第二類医薬品のネットなどによる販売を一律に禁止することを厚労省令に委任したとは認められない」と指摘している。
その上で、ネット販売を規制する規定は「国民の権利を制限する省令の規定であり、国家行政組織法12条3項に違反する」と結論付けている。
要は「規制する規定はない」となる。

さて、こうなるとOTCの販売方法が大きく変わる可能性がある。
宅配でも販売が可能となる。
さすがに第1類は難しいとしても第2類、第3類だけでもかなりの対応が出来る。
食品と一緒に漢方薬も風邪薬もとなる。
既に、一部のドラッグストアではネットによる販売体制を進めているらしい。
こうなるとますます店頭での販売が難しくなってくる。
もちろん相談機能は必要であるが、何でもネットで調べれば分かる時代だ。
そして、何度も書いているが高齢者もネットで検索する。
調べるには十分過ぎる時間を持っている。

だいたい説明が必要としながら、実際に覆面調査では3割しか出来ていない。
もちろんこれは第1類の話ではあるが、私がよく通っているスーパーの医薬品売り場には登録販売者らしき人影も見えない。
カゴに入れてレジで清算するだけだ。

そうそうネットによる販売は支持する声も多く、ネット利用者を中心とした署名に約153万人も賛同している。
そう言えば、「調剤ポイント」のパブリックコメントでも大差が付いた。
(一部改正に賛成:855件、一部改正に反対:13,863件)
これはちょっと眉ツバっぽいが、何もないよりはポイントが付く方が良いに決まっている。

結論!
省令は法の下では非力である。

昨日からGWの先取りで札幌だ。
そして、今朝はいつもの河川敷でふきでもと出かけてきた。
今年は寒いようだ。
中途半端なふきのとうが出てるだけ。
それと1回分ほどのこごみを収穫して帰ってくる。
社内から見える藻岩山から手稲山に連なる山々は雪が残り青く見える。
朝のちょっとひんやりした空気は私の肺を洗ってくれるようだ。

はぁ~。。。。


目指すは薬学ブログ第1位
こちらもお願いします!
人気ブログランキングへ


コメント (2)

お誕生日メールが届く

2012-04-27 06:35:55 | 薬局
ボケ防止ですか。

高齢者によるスマートフォンが流行りだしている。
「買ってみたけど難しい」
何となく分かるような気がする。
私も最近、iPadなるものを買い与えられた。
正直なところ見るのは何とかなるが、文字を入力するのはかなり悪戦苦闘である。
見るのもコツがいるようで、勝手に画面が変わるのでイライラする。(勝手じゃないけど、勝手に触れている)

そんな中高年向けにスマホの使い方教室が好評だそうだ。
ある市民団体が主催する使い方教室では、1,200円(2回)で入門コースを開催している。
そこは15名の定員にもかかわらず毎回埋まるという盛況ぶりだそうだ。
薬局でもこんな企画やってみてはいかが。
日曜日は店舗が空いている。
教えるのは職員で対応できる。

以前にも紹介したが60代でメールやソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)を利用している方が7割もいる。
ちょっと驚きだけど、自分も後4年で60代だと思うと妙な納得感がある。
また、平成21年の調査によると65歳以上のネット利用率は36.9%になる。
我々の気がつかない世界が広がっている。

さて、この事実を薬局のマーケティングに活用しない手は無い。
先ずは、自社のホームページである。
今までの中途半端な内容を刷新して、地域の高齢者が覗いて見たくなるような内容だ。
先日もブログに書いたが、薬局企画の日帰りツアーに人気がある。
薬草園を見学してランチを食べて、何とお一人様1,000円のお手ごろ値段で提供している。
35名募集が200名以上の応募があり大盛況だったとか。
まさにシニアのニーズを鷲づかみ状態だ。
その他に、季節の健康注意喚起もいいかもしれない。
風邪の季節には、普通の風邪の症状とインフルエンザとの違いや予防法。
ノロやロタと言った得体の知れない対処法。
暑い盛りの食中毒防止や熱中症対策。
手軽に出来る自宅でのリハビリ法。
などなどいくらでも季節情報はある。

その他に、ご近所情報もいい。
新しく出来たそば屋や床屋、居酒屋などいくらでもある。
これらを薬局のホームページに掲載すると、そば屋も床屋も居酒屋も応援してくれる。

ホームページはリクルートだけじゃない。
これからは地域に方に親しまれる内容が求められる。
服薬指導の際に、携帯電話をお借りしてURLを登録しちゃおう。
ついでにアドレスも聞いちゃおう。

あれ!何で私の誕生日を知っているんだろう…ってね!


目指すは薬学ブログ第1位
こちらもお願いします!
人気ブログランキングへ


コメント (1)

くすぶる火種

2012-04-26 07:01:00 | 薬局
ふつふつとくすぶっている。

10月から「調剤ポイント」が中止になる。
なぜ4月からやらなかったのか。
変に執行猶予をつけると、いろいろと準備が出来てくる。
それは「調剤ポイント」を止めるのではなく、復活させるべく準備が進む。

そもそも「調剤ポイント」が急にクローズアップされてきたのは昨年の夏くらいからだ。
それまでは無かったのかと言うと、そんな事はない。
何気なくやっていた所はやっていた。
気づいても見て見無振りをしていただけだ。
とある会社が自社でもやりたいと考え、良いのかダメなのかの判断に困り、厚労省に確認したところから始まっているようだ。
これは薬事法の改正によりドラッグ商品の売れ行きに翳りが出始めたため、新たな事業領域の開発として調剤事業が浮上してきた。
ところが、処方せんは待っていても舞い込んでは来ない。
そこで思いついたのが撒き餌としての「調剤ポイント」となる。
さすが!
これが見事に当たった。
「調剤ポイント」導入と共に応需枚数は30%アップになる。
それもかなり高額な処方せんがやってくる。

さて、そんな背景を受けて日本ドラッグストア協会では「調剤ポイント」継続に向けて、厚労省に公開質問状の提出や一般紙への意見広告を出すそうだ。
既に、消費者団体の支援も取り付けているという。
「規制する規定はない」とした法解釈があったと思うが、それを省令でどこまで規制できるのか。
因みに、法の下に省令がある。
日本ドラッグストア協会では裁判の準備もあるとほのめかす。
10月までの執行猶予期間は、裁判の準備には余りある余裕である。

それはさて置き、薬局は他人事ではない。
もし「調剤ポイント」が復活すると確実に処方せんは減ることを覚悟して欲しい。
既に減っているかもしれない。
気づいていないのが最悪の事態だ。
患者の流が変わる。
油断大敵!
くすぶっている内はいいが、火がぼうぼうになってからでは遅い。


目指すは薬学ブログ第1位
こちらもお願いします!
人気ブログランキングへ


コメント

あいてて(IT)は痛い

2012-04-25 06:57:31 | 薬局
既に始まっている。

3月から始まった「突合点検」と「縦覧点検」であるが、かなり頑張っているようだ。
23日の支払基金からの定例会見で、その状況が速報値として発表された。
3月審査分の査定件数は突合点検が10.5万件、縦覧点検が1.4万件にのぼるらしい。
その査定点数は突合点検で3,102万点、縦覧点検で423万点になる。
合わせると3,525万点であり、金額にすると3億5,250万円となる。
またこれは今までの査定と比べると23.6%アップであり、金額ベースでは14.5%増になる。
気がつかないところで着実に支払基金は進化している。

さて、突合点検の具体的なチェック項目を振り返ってみよう。
先ずは、適応症である。
調剤レセプトに記録されている医薬品に対する適応症病名が、医科・歯科レセプトに記録されているかどうかである。
これについては、当初「医科も調剤も問わない」となっていたが、時間の経過と共に微妙に変化してきた。
要は、少しずつ問うというメッセージ性のある発言に変わったのだ。

次は、投与量である。
調剤レセプトに記録されている医薬品の投与量が、医科・歯科レセプトに記録されている傷病名に対する投与量として妥当かどうかである。
正直なところ、よっぽど用法・用量がおかしくない限り疑義にはならない。
「アダラートCR」の様に1日1回を朝夕の2回なら、確実に疑義照会をすると思うが、どんな使い方をしているのかは処方せんからでは知りえない。

3つ目が投与日数である。
医薬品の投与日数が制限を超えていないかどうかだ。
これも漫然と長期で使用されているケースが多々ある。
こんな事をいちいち医師に確認すると怒られてしまう。
患者が満足しているなら継続でもいいじゃないのか。
でもそうはいかない。
ここはきちんと医師との打ち合わせが必要だ。
査定を受けるのは医療機関と薬局の両方だからだ。
はっきり言って損をする。

さらに傷病名と医薬品の禁忌も突合の対象だ。
これもかなり無理がある。
調剤レセプトに記録されている医薬費の禁忌病名が、医科・歯科レセプトに記録されていないかどうかなど知る由もない。
処方から察しれってか?

さらにまだある。
医薬品と医薬品の併用禁忌や併用注意に該当するものはないか。
こちらはレセコンが確りしているので分かりやすい。
レセコン頼りで薬剤師の頭には知識としては薄いかも。

最後は、医療機関の処方せん料の適正である。
7種類以上は40点、6種類以下だと68点となる。
今回の一般名処方によって微妙な計算が必要になる。
賢い医師は一般名処方を使って6種類以下にする。
2点が加わって70点となる。
これも突合点検で分かるらしい。

さすがIT(アイテテ)時代だ。



目指すは薬学ブログ第1位
こちらもお願いします!
人気ブログランキングへ


コメント (2)

怪しい電話

2012-04-24 06:58:20 | 薬局
再登場!

4月20日に厚労省保険局医療課から「疑義解釈資料の送付について(その2)」が出てきた。
これと言って目新しい内容はないが、紛らわしい記載がある。
医科-12の処方せん料の部分に「一般的名称」(問42)とあり、その他に「一般名」ともある。
この使い分けが意味不明だ。(これは元からか?)
内容からするとどちらも同じ様な気がするが、思わせぶりを感じさせる。
また一般名処方の記載として「【般】+一般的名称+剤形+含量」とある。
あらら!
ここにも「一般的名称」が出てきていた。
それは置いといて一般名処方における【般】がいるかどうかの問い合わせに、必須ではないと答えている。
要らないなら要らない。
要るなら要るとはっきりして欲しい。
今さら必須ではないとされても、既に必須として対応しているのではないのか。

在宅患者調剤加算の届出について記載がある。
そこには「届出時の直近1年間の実績で判断」とある。
例えば4月に10回の実績があると、これで5月からの直近1年間となる。(ですよね!)
この届出が受理されたスタートの月から1年間有効になるそうだ。
とりあえず実績を作ろう。

後発医薬品に関するなぞが解けた。
以前にブログでも書いたが、処方せんが全て変更不可の場合の後発医薬品に関する情報提供があった。
これについては指示があるか否かに関わらず提供する必要があるとの見解が出た。
これは面倒だ。
医師が変更するなと言っているのに「変更したらこうなります」と記載しなければならない。
さらに、当薬局には在庫がありますって事になる。
患者も混乱する。
後発医薬品への変更依頼が出たらどうするのか。
変更不可の薬剤は特定された薬剤として後発医薬品はないと判断できないのか。
ここはもう少し掘り下げてもいいと思う。
この他にも些細な内容があるが、良く把握して対応して欲しい。

さて、友人から注意喚起のメールが届いた。
それは1本の電話から始まる。
電話の内容
医療法人○○会 を名乗るが個人名は言わない。
医療法人で介護施設を立ち上げる予定になっている。
施設の患者の処方を月1000枚程度出す予定だが、そちらで対応できるか?と誘う。
介護施設には「医師、薬局はこちらで用意する」事になっているらしい。
アポは取りたがらない。
医療法人立ち上げに当たって出資をお願いしたい。(金額は3000万円!!)
相手の電話番号  090-269○-419○

かなり怪しい。


目指すは薬学ブログ第1位
こちらもお願いします!
人気ブログランキングへ


コメント

お楽しみ

2012-04-23 06:08:16 | 薬局
今月はこれで…

悲しいかな今月の収入源は終了した。
後は、静かにゴールデンウィークを待つだけである。
少し体を休めるのはちょうどいいタイミングかもしれない。
多少の資料整理に費やしよう。

さて、実はGW真っ盛りの5月1日は、とある大学で4年制向けに講義を仰せつかった。
ひょっとして私も「何ちゃって教授」になるかもしれない。
と、ささやかな希望を持ちながら、自分の子供たちより若い世代に親父からのメッセージが伝わるのか不安である。
そんな事は今から考えてもどうにもならない。

GWの私の楽しみは何と言っても「行者にんにく」のしょうゆ漬けが食べられることだ。
これは東北以北に自生する山菜で、食べるとにんにくの倍以上の臭いがする。
臭いは山菜そのものではない。
私の吐く息や汗なども強烈なにんにく臭となる。
生の「行者にんにく」をそのまま生醤油で2週間くらい漬け込んだのが私の食べごろだ。
まだ生々しいがにんにく独特の辛さがたまらない。
見たことがない方も多いかもしれないが、長さ10~15cmの短いにらを想像してもらえばいい。
放っておくとドンドン伸びるが、厳しい北の大地からの濃いエッセンスが凝縮された状態が美味い。
これを食べ始めると人との面会に気を使う。
したがって閉じこもりとなる。

この他にも、GWではちょっと時期遅れとなるが、ふきのとうも美味しい。
油で炒めて味噌仕立てだ。
ほんのりとした苦味が格別である。
また、ふきのとうだけじゃなくふき本体も旬を迎えている。
こちらも魚のあらと煮込んだのが最高だ。
その他にもこごみなども取れる。
これは何と言っても胡麻和えとなる。
この季節は、これらがあればそれだけでお腹が満たせる。

朝早く、近くの河川敷にとりに行く。
北の大地は私に元気を授けてくれる。


目指すは薬学ブログ第1位
こちらもお願いします!
人気ブログランキングへ


コメント

ひとりごと

2012-04-22 06:21:56 | 薬局
変だと言われていますよ。

西日本を中心に当社で言うところの「ネクスト経営塾」を開催している。
開催というよりある医薬品卸主催で実施している。
そこには薬剤師だけではなく、薬局経営に関わる薬剤師以外の管理職の方も参加している。
薬局経営を薬剤師がやると上手くいくとは限らない。
どちらかと言うと実務と経営は別ものだと思う。
話しは飛ぶが、医師が患者を診て医者をやっている医療機関は大きくなれない。
医師が聴診器を捨てて経営者になった医療機関は大きく成長している。
様な気がする。
薬局も同じだ。
経営者が調剤室でコツコツと調剤スキルを磨いている内に経営環境は大きく変化して行く。
どっちがいいとか、どっちがダメだとかの問題ではなく、どの道を選択するのか個人の考え方だと思う。

さて、そのセミナーに薬剤師ではない方が参加されて、全てではないが高い比率で話すのが「薬剤師って変ですよね」である。
何が変だって言われると具体的にどこと指摘できる訳ではないが。
私もそんな感じを持っている。
薬局ではチームで対応する業務が少ないからだろうか。
また、最近でこそ接遇研修などを取り入れる薬局が多くなってきたが、少し前まではあまり行われていなかった様に思う。
接遇は社会人としての最低限の入口部分である。
それプラス上手な仕事の進め方として「報連相」研修が必要となる。
(前も宣伝したけど…受付中!)
また、慢性的な薬剤師不足で経営者もその扱いに苦慮している。
私も1人薬剤師の薬局で、管理薬剤師にちょっとした注意をしたところ、怒って翌日から出社しなったなんてことが1度や2度ではない。(3度)
これって全く会社のことを考えていない。

以前にも書いたが、薬局長研修で分かったことは、自分に対する自信はかなり高いが、他者に対する影響度は極めて低い。
それもかなり極端にである。
薬剤師全般に言えることは、比較的真面目な方が多い。
ただ社会人としてどうあるべきかを教えていない企業環境に問題がありそうだ。
これも以前に書いたが、「セミナーなどにサンダルで来るのは薬剤師だけだ」と、ある講師が話していた。
それも確かにあると納得してしまう。

何だか悲しくなる。


目指すは薬学ブログ第1位
こちらもお願いします!
人気ブログランキングへ


コメント (2)

すべてはつながっている

2012-04-21 04:38:41 | 薬局
この煽りはどこに来る。

以前からやるやら無いとなっていた国立病院等の共同購入がいよいよ始まるようだ。
国立病院機構と労働者健康福祉機構は、傘下の国立病院(144病院)と労災病院(30病院)の医薬品の共同購入(入札)を本格的に実施するようだ。
既に、それぞれの組織では行われていたようだが、両者合わせてとなると納入業者はただ事ではない。
対象品目は9,000品目だそうだ。
これはかなりのボリュームになる。

入札は全国を3つに分けて行う。
北海道・東北、本州(四国、沖縄を含む)、九州となる。
こうなると北海道・東北は同一市場となる。
地元卸の優位性がなくなるのではないのか。
その点、九州は1つだ。
本州はかなりアバウトになる。
市場は日本全体が1つになる時代も近い。
大手調剤薬局は既に地域性がなく全国である。
どちらにしても地域を越えた物流機能が必要になる。
医薬品卸の生き残りをかけた戦いが始まりそうだ。

さて、薬局の方々は対岸の火事だと思うなかれ。
大きな組織はバイイングパワーを発揮しやすい。
当然、今回の目的は価格を下げることにある。
そうなると医薬品卸の利益がさらに逼迫した状態に近づく。
その煽りがどこに向けられるかである。

そんな記事を見ていると「60病院が共同購入」の記事が日経新聞(4/20)に掲載されていた。
こちらは社会保険病院や民間の病院が集まって心臓ペースメーカーやカテーテルなどの共同購入を始める内容だ。
病院の経営もかなり厳しさを増しているようだ。

私のセミナーでは“小魚大魚作戦(スイミー)”と称して、地域の薬局が集まって出来ることを提案している。
価格もスイミーになると交渉力が違ってくる。
他にもメリットはいくらでもある。
この時に大切なのが“スイミーの目”である。
誰が方向性を示せるのかが大切になる。

あなたの薬価差益も狙われていますよ。

今朝は、4時から事務所で昨日行われたHSEセミナーのまとめを作成している。
9時からの45分の総括は定評がある。
と、思って頑張っている。

あぁ~眠い!!


目指すは薬学ブログ第1位
こちらもお願いします!
人気ブログランキングへ


コメント (2)