医療・介護を支える継続企業の知恵袋          ㈱Kaeマネジメント 代表取締役 駒形和哉

毎日ブログを書き続けもうすぐ10年になります。2025年、2042年に向けた医療介護の厳しい時代を乗り切る策を考えます。

優先順位

2010-02-28 16:15:41 | 薬局
在宅患者は介護保険が優先する。
先日、セミナーで昨年の返還で多かったのが在宅に係わる算定だったと聞いた。
在宅患者に対し、本来であれば介護保険による「居宅療養管理指導」を算定するべきを、医療保険の「在宅患者訪問薬剤管理指導」で算定したらしい。
これは介護保険が優先する。
在宅の患者に対しては介護認定の有無を初めに確認する必要がある。
認定が無い場合は医療保険による「在宅患者訪問薬剤管理指導」になり、認定がある場合は要支援でも「居宅療養管理指導」となる。
処方せんに関する調剤報酬は通常と変わらないが、訪問・指導の500点または500単位の部分が異なる。
因みに、ご存知かと思うが医師の指示と本人の同意が必要となる。
また、介護保険となると本人への重要事項の説明と契約書を交わす必要がある。
医療保険にはこれが無い。
訪問指導の報告義務は医師に対してあるが、実はケアマネジャーには望ましいとなっている。
簡単に言うとしなくてもいいことになる。
なぜなら居宅療養管理指導はケアプランに含まれないサービスとなっている。
したがって、ケアマネジャーは利用者(患者)が受けるサービスを管理する給付管理票にも記載する必要がないと聞いている。
そうは言ってもケアマネジャーは利用者(患者)のすべての情報を把握する必要がある。
無視すると痛い目にあうので気をつけたい。
もちろん介護保険による給付限度額の範疇からも除外費用である。
他のサービスへの影響は無い。
ただし、医師が居宅療養管理指導を算定する場合は、ケアマネジャーへの報告は義務となっている。
分かりますか?
何だか面倒でしょ。
要は、これからの在宅は居宅療養管理指導が増えるので、確りと勉強しましょうって事でした。

内容的にちょっと怪しいかもしれないので、詳しい方のアドバイスがあると助かります。

コメント

見てみてみて

2010-02-27 14:02:33 | 薬局
薬局はどこも同じだと言う考え方が変わりそうだ。
何度か書いたが、処方せん調剤も後発品を使うことによって、価格が大きく異なることがある。
そんな実験が大手調剤チェーンで始まっている。
処方せんを面で受けて、価格優位性を確かめ始めている。
処方通りの薬剤を調剤した場合と、すべて後発品に代替した場合を書面で手渡すらしい。
患者の7~8割が後発品を希望するとの事である。
確かにそうなるような気がする。
長期処方は患者の負担を実感として感じさせる。
1,000円、2,000円は気持ちが動く。
2,000円以上は決意も新たに、後発品へと向かうだろう。
昨日も友人とそんな話をしながら一献傾けていた。
分業元年から35年か経過しようとしている。
そろそろビジネスモデルも変わる時期に入った。
2025年のウルトラ高齢社会に向かって、今から準備が急がれる。
あなたの時代は良かった。
これからは後継者の時代である。
お勧めは私のHSEセミナーへの参加である。
なぁ~んちゃって!

ところで、3月7日は私の全国デビューの記念すべき日である。
エーザイ株式会社主催の「第7回保健薬局マネジメントセミナー」で、なんと司会を務める。
出番は少ないが、何てったって全国である。
時間は13時から16時までLIVE放送される。
内容は
セッション1
「調剤報酬改定の行方と薬局経営」
日経DI 編集長 田島 健 氏
セッション2
「骨粗鬆症患者さんのアドヒアランスを如何に高めるか」
医療法人 古東整形外科・内科 院長 古東 司朗 氏
マルゼン薬局 三国駅前店      渡辺 泰史 氏

皆さん、見てみてみて!


コメント

もやし

2010-02-26 09:30:57 | 薬局
特売の目玉である「もやし」が値上がりそうだ。
何でも原料の緑豆が中国産で、中国北部の主産地である吉林省や内モンゴル自治区が干ばつで不作との事である。
なんてったって1袋19円は魅力だ。
もっと安いときは10円前後だ。
我が家もお世話になっている。
思わず3袋くらい買い物かごに入れていた。
ここで気がつかないことに気がついた。
知らないうちに中国野菜をたくさん食べていたと言うことだ。
そんなもんだ!

さて、今日の日経新聞の一面は「第一三共、国内で後発薬」とある。
いよいよ後発品市場も活況をあびてきた。
世界における医薬品市場規模において日本は10%を占めている。
国別ではアメリカについで2位である。
10年前は16%もあった。
人口が1億2,000万人ほどの国が健康志向なのか、長生きの秘訣なのか。
そして、いかに日本人の薬好き、いやいや飲まさせている、いやいや飲み残しが多いのか難しいところである。
保険制度が確りしていることも消費につながっていると思う。
何てったって大量消費者は1割負担でいただける。
そんな大市場に変化が起きつつある。
それが後発品使用促進である。
今回も調剤報酬で大盤振る舞いである。
ただし、はしごは取り外し自由なことも認識して欲しい。
欧米では50~60%に迫る後発品使用が日本では20%ほどである。
これはどう考えてもビジネスチャンスと見える。
第一三共はインドのランバクシー・ラボラトリーズを買収した。
ランバクシー社はすでに日本ケミファと婚約関係にあったのを、略奪婚で手中に納めた。
それほど魅力があったのか。
確かにインドのベリーダンスはセクシーだ。
すでに後発品を積極的に取り組むと宣言している企業もある。
世界のファイザーやエーザイも早くからエルメッドとして動いている。
最近では富士フイルムが後発品市場に参入してきた。
これに賛同したのは東邦薬品である。
東邦薬品はファーマクラスター㈱を中心とした薬局共創未来構想を掲げてグループ化を狙っている。
この戦略は面白い。
富士フイルムと共同で後発品を開発し、関連の薬局で使ってもらうのはグーである。
時代は常に非連続である。
新しいものを追い求めるものだけが新しい果実を手に入れることが出来る。
わたしもかつて卸しにいた時に、後発品を専門に販売する別会社を作りましょうと提案したことがある。
儚くもその提案は却下されたが、そんな時代が近づいていることを肌で感じる。


コメント

中国野菜はうまい!

2010-02-25 11:47:47 | 薬局
東京に戻る。
昨日は福祉住環境コーディネーターの講師を終えて、最終の便で東京に戻ってきた。
それほど忙しいわけではないが、どんなチャンスが舞い込んでくるか分からない。
と意気込んで戻ったと言うか帰ってきた。
足に出来た低温やけどの水ぶくれは、相変わらずその存在感を主張している。
水抜きを何度やってもどこからか水が溜まる。
考えてみたらまだ1週間ちょっとである。
しばらく放置することにする。
さてさて、住環コーディネーターはそれなりに終了することが出来た。
近いうちに参加者の反応が返ってくる。
正直言って怖いものがある。
いくら私でも出来ないことがある。
私の得意技は一を聞いて百を語るである。
今回の講師体験はまた知識に磨きがかかったと自負している。
ところで世の中はどうなったんであろうか。
診療報酬改定のうわさまでは皆さん騒いでいたが、ここに来て沈静化しているように感じる。
各薬局の後発品対策は進んでいるのだろうか。
30%対策は、なんと言っても社内教育から始めるべきだと思う。
売れっ子営業マンは自社製品に惚れ込んでいる。
だから売れる。
薬局も同じである。
商品に自信が持てないと説得力に欠ける。
後発品の話でいつも私は中国野菜を例に出す。
中国の餃子事件以来、中国野菜を買わない人が増えた。
もちろん我が家もそうであった。
でも、ここにきてまた売れ出している。
不景気は財布の中身を直撃している。
東京に移り住んで、何を節約するかと言うとやっぱり食費である。
安い食堂や牛丼などのチェーンを渡り歩いているが、どう考えてもこの価格で出せる内容ではない。
そうなるとやっぱり中国かぁ~と納得する。
表立って中国野菜100%と言われるとちょっと勇気がいるが、何気なく出されるとまったく気にならない。
美味しい、美味しいとバクバク食べている。
東京の水は美味しくないと聞いていた。
ところが飲んでみると意外にも違和感が無い。
これもいける。
その内に、財布の中身をみながら「後発品でお願いします」と聞こえてきそうだ。

ところで、中国料理屋の野菜は中国産か?
コメント

やるしかない

2010-02-23 07:57:34 | 薬局
福祉住環境コーディネーターと言う資格を知っていますか。
どういう訳か東京商工会議所が認定している資格制度です。
高齢者や障害者のADL(日常生活動作)を改善する環境を整備することにより、QOL(生活の質)を高める提案を行います。
研修会社の方と話しているうちに、私がその資格を持っていることと、介護支援専門員(ケアマネジャー)の試験に受かっていることから、その講師を引く受けることになっちゃいました。
いつものように軽い返事とともに、何とかなるだろうと簡単に考えていました。
それからしばらくして2月に6時間で4日間の依頼が来てしまいました。
7月には必勝合格講座もあります。
さて、どうする!
先ずはテキストです。
研修会社に生徒さんが使うテキストを送ってもらい、尚且つインターネットによるe-ラーニングもあるとの事です。
テキストを見たのですが、私が住環コーディネーターを取ったのは平成14年、介護支援専門員は平成12年です。
テキストはかなり進化しています。
やばいと思い、e-ラーニングを見ると、1コマ30分が何と20コマ近くあるではないですか。
そんな時間などありません。
時間は容赦なく迫ってきます。
取りあえずテキストを見るのですが、制度の説明ばかりで飽きてしまいます。
嫌だ、嫌だと思いながら思いながら、札幌への飛行機の中で半分睡眠学習です。
そうは言っても生徒は30人、皆さん真剣です。
事前に買っておいた問題集を眺めながら、過去の知識を寄せ集めた講義は始まった。

ここで思ったのは、薬局にもこんなサービスがあるといいである。
超高齢社会は地域の高齢者の療養環境への提案です。
薬もその一環でしかありません。
前職では事務職に資格取得を奨励していました。
何人かの職員が取得しましたが、私の裁量不足でサービスとして育成できませんでした。
機会があれば再度挑戦したいメニューです。

今日も、これから後半の講義に行ってきます。
勉強になりますがかなりのストレスを感じています。
コメント

水抜き

2010-02-22 19:56:02 | 薬局
2箇所あった低温やけどの小さい方は水が溜まらなくなってきた。
大きい方は相変わらずパンパンに水が溜まっている。
皮膚科にはあれから行っていない。
水ぶくれに注射針を刺して水を抜いただけである。
それなら自分で出来ると思っている。
しかし、水を抜きながら先生が言ったのは「くれぐれも注意しておきますが、自分で水を抜かないで下さい」であった。
実は、翌日から自分で水抜きをやってしまった。
縫い針で刺して水を抜いている。
もちろんそれなりに消毒はしている。
多少の知識は頭にある。
ところが場所が悪いのか、歩き回っていると靴にすれるらしい。
朝抜いても夜にはパンパン状態だ。
それに毎晩のアルコールも治療を遅らせているようだ。
「分かっちゃいるけどやめられない」これ知っていますか。
スーダラ節の一節である。
治るには早くて1ヶ月と言われているので、ひたすら待つしかない。
分かっちゃいるが、今夜も飲んでいる。
コメント

3000円会費

2010-02-21 17:27:52 | 薬局
第2回HSEセミナーが終了した。
お蔭様で、今回も20名を越える参加者があった。
内容が少し難しかったかなと反省している。
と言うのは、日頃馴染みがない高齢者住宅と、介護報酬と診療報酬から見た在宅についてである。
どちらも大きな課題ではあるが、知識としては整理されていない部分である。
大事なところは、翌日私が45分で解説した。
どうしても専門家は細かく話をする傾向がある。
それによって何が大事なのか分からなくなる。
私は大雑把な知識なので、聞いている方にとっては分かりやすい。
さらにサポートしてくれる参加者もいる。
今回も資料が山のようにあった。
一人分のコピーが約90枚にも及ぶ。
持って帰るのも大変である。
金曜日の講義が終了した後は懇親会となる。
会場の近くには安い居酒屋がたくさんある。
飲み放題で3,000円である。
今回も18名の参加があった。
実は、ここでの会話が意外に参考になる。
特に若手は先輩たちから何でも盗もうと積極的だ。
後半の講師も参加してくれて多いに盛り上がる。
お約束の2時間があっという間にお開きとなる。
その後、私を含めた中年組は場所を変えて延長戦に臨む。
若手は六本木へと移動したようだ。
何とか第2回目が終了し、新たな気持ちで次の企画に頭を悩ます。
コメント

この時期は多い

2010-02-18 08:11:22 | 薬局
何だか朝から足が痛い。
左足のくるぶしの辺りだ。
年とともに訳の分からない故障が出るものである。
それほど気にもせず、夕方になってふと気がつくと、水脹れになっているではないか。
それも2箇所も。
あれれ、これって…。
実は、一人寝が寒くて(札幌でも一人だった)湯たんぽを布団の中に忍ばせていた。
これのお陰で低温やけどをしたようだ。
直径1.5cmほどのやけどである。
そのまま放っておこうかと思ったが、何やらネットで調べると奥が深いらしい。
仕方が無いので皮膚科へと向かう。
5時ころ、皮膚科の門をくぐると、狭い待合室は患者でいっぱいである。
思わず「失礼しました!」と心で言いながらドアを閉める。
ここは7時半まで診察をやっている。
あんなに患者がいたんじゃ、かなり待たされそうだ。
近くを徘徊しながら患者がいなくなることを期待する。
6時になって、再度挑戦する。
まだ患者は満杯状態である。
ここで諦めて受付に保険証を差し出す。
待合室で待つこと1時間半、やっと私の番がやってきた。
看護師さんが「どうしました。」
「低温やけどです。」と答える。
「湯たんぽですか」と返される。
何でも最近は湯たんぽによる低温やけどが多いそうだ。
「患部を出してお待ちください。」
しばらくして医師がやってきた。
やはり同じように湯たんぽによる低温やけどが多いことと、湯たんぽの使い方を丁寧に説明してくれる。
2箇所の水脹れに注射針で穴を開け、溜まっている水を抜いてくれた。
後は自分で消毒しながら、治るのを待つことになる。
早くても1ヶ月、2ヶ月はかかるらしい。
恐るべし低温やけどである。
会計を済ませて、久々に処方せんをいただく。
ここはマンツーマンの薬局は無いようで、事務の方が周辺の地図をくれて、この中のどこの薬局でも薬がもらえる旨を説明していた。
でも、私の場合は8時を過ぎていたため、開いている薬局を教えてくれる。
少し離れたところに薬局があった。
薬剤師らしい白衣を着た人が4人もいた。
それなりに患者も待っている。
受付をすると保険証の提示を求められた。
そして、待っている間にアンケート(問診票)に記載するように言われる。
そのアンケートと別にジェネリックについて、希望の有無が書かれた用紙も渡される。
アンケートを書き終えて、待っていると「駒形さん、駒形さん」と呼ばれた。
「はい」と椅子から立ち上がろうとしたら「駒形ケイコさん」、俺じゃない。
さすが東京である。
いるんだ。
そう言えば、浅草には駒形神社も駒形橋も、どじょう屋にも駒形がある。
それから少したって、「駒形和哉さん」と呼ばれた。
今度こそ私の番である。
先ず聞かれたのがジェネリックについてである。
次回以降ジェネリックを希望するかどうかを聞かれた。
厚生労働省が医療費の削減で…と説明入りである。
「モノによって考えます」答える。
そこで、余計なことを「4月から17点も付くしね」。
薬剤師さんは、始めは何を言っているのかと怪訝そうな表情であったが、「そうなんです」と笑顔で答えてくれた。
そこで、感じたのはアンケートの段階でジェネリックの希望を確認する。
服薬指導の時に再度ジェネリックについて説明する。
久々の薬局体験はいい勉強になった。
今日から低温やけどの治療が始まる。



コメント

小額支出増

2010-02-17 09:59:35 | 薬局
消費支出が低迷している中、唯一プラスになっているのが高齢者らしい。
総務省の「家計調査報告書」によると、1ヶ月あたり平均消費支出は、前年比2.9%減の25万3,720円だったそうだ。
物価の変動を除いた実質でも1.4%減とのことである。
この中で実質でも1.2%の伸びをしているのが60歳以上の高齢者となっている。
これは年金による安定収入が効をなしているらしい。
きっと医療費が多いのかもしれない。
意外に健康志向と聞いている。
ただし、伸びているといっても額的には少ないらしい。
超高齢社会の到来は近い。
ここ掘れワンワン!

さらに日経新聞をめくっていくと、「異業種から参入 徐々に収益源」とある。
「介護保険制度開始から10年」そして「ワタミは利益の3割」が目に入る。
介護保険制度が導入されて10年が経過した。
その間に、異業種が新しい市場として参入した結果が出始めている。
すべてがいいわけではないようだが、やり方しだいである。
そして、なぜ異業種なのか、疑問を持つ必要がある。
私の率直な感想は、医療機関で介護を手がけているところは概ね経営が安定しているような気がする。
これからは医療・介護・住居(地域)の視点が大切だと、話しているのはこんなところからである。
因みに、HSEセミナーの中心課題にしている。
私が知る限り、医薬品卸も薬局にも参入するチャンスがあった。
でも、しかし、参入しなかったのはなぜか。
今更ながらに「ゆで蛙」を思い出す。
蛙を水からゆっくりゆっくり暖めていくと、蛙は熱くなったのに気がつかず、茹で上がってしまうというのである。
本当かといわれると実験したことは無い。
ところが、そんな蛙でも初めから熱いお湯に入れると「熱い!」と飛び出てしまう。
「熱い!」と言うかどうかは分からないが、きわめて当たり前の話である。
昭和49年が分業元年とすると、早くも35年の歳月が流れた。
企業の寿命は30年と言われている。
そろそろ熱さを感じるころではないのであろうか。
そして、気がつくとお金を使う高齢者がいることも知る必要がある。

額は小さいが私も単身生活で消費支出が増えている。
やばい!

コメント

こだわり

2010-02-16 09:22:04 | 薬局
「調剤薬局」って言葉は無い。
確かにそうかもしれない。
日薬のとある方に、一括されたそうだ。
誰とはいえないが、数人でインタビューに出かけてのことらしい。
その怒った方は「この中に薬剤師はいるか」と怒鳴ったそうだ。
みんな薬剤師らしかったが誰一人として手を上げられなかったとか。
では何だ?
「保険薬局」と言うのが本当らしい。
懇々と説教されて、ではと思い、当の本人の薬局はどんなのか見に行ったそうだ。
するとOTCらしきものは気持ちだけ、明らかに調剤専門だったとか。
定義に拘るなら、ドラッグストアも漢方薬局もおかしいことになる。
一般人は保険薬局で分かるのだろうか。
調剤薬局の方が通りがいいように思う。
言葉が無いなら作ればいい、定義が無いなら作ればいい。
薬局も医療提供施設になって久しい。
そろそろ医療提供施設とは何かの定義が必要なのではないのか。
保険薬局がすべて医療提供施設であるなら、それでもいいと思うが、店舗の奥に置いてある納豆、豆腐、漬物は何なんだ。
これも変じゃない。
肝心なことはきちんと決めないで、人の揚げ足を取るようなことはしたくないと思う。
私のセミナーにも調剤薬局と使っている。
これでいいのだ。
コメント