火星への道

有人火星探査の実現を夢見て!火星ミッションの情報を提供しています。

Victor氏もお薦め:3Dゲームによる未来への1歩!

2019-04-16 13:07:30 | MARS on EARTH

Gigazineさんの4月15日の記事によりますと、NASA/JPLのDr.Jeff Norrisさんがバンクーバーのゲーム開発会社Blackbird Interactiveに火星を舞台にしたシュミレーションゲームの開発を依頼し、「Project Eagle: A 3D Interactive Mars Base」が開発されたそうです。
*Dr.Jeff Norris:JPLのミッション運用改革部門の責任者
Project Eagleは、現在Curiosityが探査中のGaleクレーターを基地として作られていますね
そして、Project EagleはSteamで
無料でプレイが可能となっているようです!
Gigazineさんの記事は、こちら:https://gigazine.net/news/20190415-game-developers-help-nasa/

*いやはや、すごい時代になってきました!まだ、トライしてませんが、このシュミレーションをやってみたいと思います。
それにしても、アメリカ火星協会の火星模擬施設MDRSにCrew144として参加したVictor Luoさんの名前が出てきて、、、
Victorさんが作ってくれたMDRSの3D画像は、素晴らしかった!私は、MDRSに行ったことがなくて、いくら図面や写真を見ても理解不十分だった基地の様子がすんなりと呑み込めました!!
活躍してますね!


コメント   この記事についてブログを書く
« 3Dプリントで火星に家を! | トップ | メタンを見つけたけど・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

MARS on EARTH」カテゴリの最新記事