火星への道

有人火星探査の実現を夢見て!火星ミッションの情報を提供しています。

メタンを見つけたけど・・・

2019-04-26 11:04:19 | ESA

CuriosityがGaleクレーターで3火星年(約6地球年)に亘る「SAM」による大気測定でメタンを下図のとおり測定してました。
当ブログ「有機ある活動!」でも記載してます。

(C)NASA / JPL

そして、2019年4月1日にESAがMarsExpressによる火星大気中のメタン測定結果の再分析を行い、Curiosityが2013年6月15日に観測したメタンの強い信号を、その翌日Galeクレーター上空を通過したMarsExpressが惑星フーリエ分光計によって観測していたことが分かり、Curiosityの測定の裏付けがされました。
その記事がNatureにも載りました!

ESAの記事

http://www.esa.int/Our_Activities/Space_Science/Mars_Express/Mars_Express_matches_methane_spike_measured_by_Curiosity

Nature

https://www.natureasia.com/ja-jp/research/highlight/12903

でも、でも、4月25日のNatureには「火星にメタンは見つからなかった」という記事が載っています。

https://www.natureasia.com/ja-jp/nature/highlights/98545

主な趣旨は、以下の通りです。Curiosityが観測したGaleクレーター内のメタン濃度とMarsExpressが測定した火星大気上層のメタン濃度との整合性が取れないということです。
Nature記事の一部「火星では過渡的で局地的なメタン濃度の上昇と、大気中メタンの背景濃度の季節変動の検出が報告されているが、これらを、火星大気の化学と物理に関する現在の理解に基づいて予想されている均一なメタンの分布と容易に両立させることはできない。」

Curiosityが見つけたメタンは、どこへ行ったのか??

*ESAの最初の記事が4月1日だったので、、、


コメント   この記事についてブログを書く
« Victor氏もお薦め:3Dゲーム... | トップ | 今年度、最高の火星の家!! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ESA」カテゴリの最新記事