火星への道

有人火星探査の実現を夢見て!火星ミッションの情報を提供しています。

Pamelaさん、Kenさんも この笑顔!!!!

2016-03-19 21:24:12 | 火星食

またまた、Hirakiシェフが腕を振るいました。

 

 

朝食
上段左から:納豆、焼きなす、切り干し大根
中段左から:焼き鮭、卵焼き、野沢菜漬け、カルピス?
下段左から:春の炊き込みご飯、豆腐の味噌汁 

この焼き鮭、フリーズドライと思えない!

夕食
上段左から:海鮮皿うどん(麺)、(餡)、溶き卵、ごぼうの桜胡麻和え
真ん中:イカの塩辛、帆立貝の巾着と大根
下段左から:デザート、たこめし、茶漬け用ご飯、アサリの味噌汁、ビール?

どうです!プロ意識を感じます。

コメント

キタ~火星食~

2016-03-13 22:42:40 | 火星食

現在活動中のCrew165のHirakiシェフが腕を奮いました!
火星食として、日本のフリーズドライ技術の美味しい日本食を演出します。

朝食
上段左から:ポテトサラダ、しじみ汁、グリーンスムージー
下段左から:ご飯、ホタテ卵とじ

夕食
上段左から:にゅうめん、小松菜のごま和え、桜の甘酒 
下段左から:ご飯+たまごスープ、海鮮一人鍋


 
食卓風景:itadakimasu

真剣なHirakiシェフ

たいへん美味しくできたようですね!
これ全部がフリーズドライと言うから、驚きです!

Crew165応援よろしくお願いします。 

コメント

垂涎の・・・昆虫

2015-10-31 22:14:28 | 火星食

昆虫料理研究家の内山昭一さんと若くて可愛いアシスタントの女性にお会いしてきました。
そして、虫食いのお話をいろいろお聞きしました。
お二人から昆虫料理の話を伺っていると、自然に同じ世界へ無理なく入り込んでいけそうな気持ちになってきました。 
本当に美味しそうに調理方法や味そして食感・匂い・香りについて話しているお二人は、口の中に唾液が溢れて来ているのがハッキリ分かるようでした。

人類が初めて火星の地を踏む探査時代を経て、基地建設の時代には、植物工場と昆虫養殖場を併設していることが予想されます。
更に定住時代になれば、日本人としては、稲を育ててそこにドジョウや合鴨などが共棲する里山のような風景を火星でも実現したいものですね。
そして、いろいろな昆虫が飛び交っていて、それを見たマーズノートたちが唾を飲み込みながら「旨そうだ」と呟いているかも・・・ 

内山さんのサイトは、こちらです。
http://insectcuisine.jp/

内山さんの著書

人生が変わる!特選昆虫料理50
食べられる虫ハンドブック
昆虫食入門
楽しい昆虫料理」 

11月2日には、「昆虫を食べてわかったこと」が発売されます。

コメント