火星への道

有人火星探査の実現を夢見て!火星ミッションの情報を提供しています。

1,280万km先に、火星が!

2018-10-24 12:14:44 | InSight

(C)NASA / JPL-Caltech 

上図は、InSightと同伴しているCubeSatsのMarCOが10月3日に初めて火星を撮影したものです。
火星までの距離が1,280万kmです。はるばる3億9,900万kmを飛んできました。
InSightの着陸を見届けるために、
あと8,500万kmを飛行しなくてはなりません。

https://mars.nasa.gov/news/8377/nasas-first-image-of-mars-from-a-cubesat/?site=insight

MarCOは、InSight打上時に同じロケットで打上げられて、InSightと同伴して単独で火星を目指して飛行しています。
その、目的は、InSightの着陸後の情報を素早く地球に届けることです。
InSightが大気圏突入してEDL(突入、減速、着陸)の情報は、MRO(マーズ・リコネイサンス・オービター)が担当します。
その補助をMarCOが担うというわけです。

MarCOに関しては、下記サイトで
https://www.jpl.nasa.gov/cubesat/missions/marco.php

下図は、MarCO-Aと-Bの2機の勇姿です。
今回のデモンストレーションミッションが成功すれば、将来の火星ミッションでの大気突入とタッチダウンの間の大変重要な数分間を自前で通信することが可能になります。

(C)NASA / JPL-Caltech

基本的なCubeSatユニットは、約10センチメートル四方の箱です。
MarCOは、6ユニットのCubeSatです。
2つのMarCOは、約36.6センチメートル×24.3センチメートル×11.8センチメートルの収納サイズを有するとのことです。
こんな小さなCubeSatで4億8,400万kmも飛行して、火星で一仕事するなんて・・・凄い!と思います。

コメント

Bagnold砂丘の調査結果

2018-10-23 23:14:58 | MSL

(C)NASA/JPL-Caltech/MSSS
https://mars.jpl.nasa.gov/msl/mission/mars-rover-curiosity-mission-updates/?mu=recap-of-the-bagnold-dune-investigation

CuriosityがSharp山(Galeクレーターの中心にある)を登っていくにつれて、遭遇する岩石には変化する環境条件の証拠が含まれています。マレー地層の細粒泥岩は、湖が過去に存在していたことを私たちに示していますが、スティムソン層の砂岩は古代の砂丘地帯の証拠です。

2015年から2017年にかけて、Sharp山の北西側の長さ35 km、幅1〜2 kmのBagnold砂丘地を横断しました。
科学者が別の惑星で活動的な砂丘システムを調査したのはこれが初めてです。
火星の秋/冬に、2つのバルカン(Barchan)砂丘を調査しました。バルカン砂丘は三日月形で、一方向に吹く風によって、そして堆積物の供給が制限されているときに形成されます。
その後、火星の夏の間に、我々は線形(Linear)砂丘を調べた。線形砂丘は、より豊富な堆積物の供給を伴う、2方向に吹く風によって形成され、非常に長くなることがあります(地球上では、それらは長さ160マイルに達することがあります、例えば、Namib Sand Sea、Namibia)。


Curiosityは、この2つのキャンペーンで彼女の正式な名前 "火星科学研究所"に恥じない働きをしました。
そして、観測と測定のために工学カメラ(NavcamとHazcam)を加えました。最近発表された一連の論文(下記参照)の中で、私たちはこれらの結果を提示し、Bagnold砂丘のあらゆる面を見ています。

砂丘地帯を横断するたびに、また停止するたびに、MAHLIChemCamMARDIMastcamNavcam、およびREMSを使用して、砂丘の物理的な特性(粒径、粒子の移動速度、および全体的な地形形態など)を観察しました。 。夏と比べて秋から冬にかけては風が弱く砂の移動が少ないなど、風の活動レベルに違いが見られました。塵埃含有量(APXSで測定して硫黄、塩素、亜鉛のレベルで表示、濃度が高いほど塵埃の含有量が多いことを示します)は、観測された放射能レベルが夏季に調査された線形砂丘で高かったことを示します。秋/冬の間に調査されたバルカン砂丘の低い。

APXS、ChemCam、CheMinDAN、およびSAMを使用して、砂の化学組成、鉱物学および揮発性成分を測定しました。APXS運用チームの一員としての私の役割は、分析されたサンプルの組成の評価、barchanと線形砂丘の比較、および以前にOpportunity rover(Meridiani Planum)およびSpirit(Gusev Crater)によって分析された砂です。玄武岩質バニョルド砂は、バルカン砂丘と線形砂丘の間で、また砂丘内の場所によっても、鉱物学と化学の微妙な変化を示しています。例えば、波紋の山はより粗粒でマグネシウムとニッケルが多く含まれていましたが、線形砂丘内の山以外の砂はクロムが多く含まれていました。これらの変動は、選別プロセス、または地元の岩盤源からのわずかな濃縮を反映している可能性があります。

Bagnold Dunesの旅は、風がどのようにして現代の火星の景観を形作るか、そして吹き飛ばされた材料の性質を、アクティブなBagnold砂丘と古代火星砂丘の両方の形でStimsonのような単位の岩として保存する方法の理解を深めるのを助けました。

AGU Journals:
    - Investigations of the Bagnold Dune Field, Gale crater ›
    - Curiosity at the Bagnold Dunes, Gale Crater: Advances in Martian Eolian Processes ›

コメント

MMXにも「マスコット」を!!

2018-10-03 21:44:39 | 日本

MMX

JAXAは、MMX探査機に搭載する小型着陸機について、フランス国立宇宙研究センター(CNES)とドイツ航空宇宙センター(DLR)での共同開発に合意しました。
http://www.jaxa.jp/press/2018/10/20181003_mmx_j.html

共同声明発表者
・JAXA理事長山川 宏
・CNES総裁ジャン=イヴ・ル・ガル
・DLR長官パスカール・エーレンフロイント


なんと!今日、小惑星探査機「はやぶさ2」からリュウグウに投下された小型着陸機“MASCOT”は、DLRとCNESが共同開発したものなんですね!

(C)JAXA

コメント (2)