火星への道

有人火星探査の実現を夢見て!火星ミッションの情報を提供しています。

ロッキード・マーティンの火星

2017-10-01 14:55:04 | 火星への道

旧聞ですが。メモしておきます。

豪アデレード(Adelaide)で行われた専門家による国際会議の場において、ロッキード・マーチンは2017年9月29日、火星を周回する母船を拠点にして、水から水素を得て燃料とし、繰り返し使用できる有人の着陸機の開発プロジェクトを公表しました。

http://www.afpbb.com/articles/-/3144932

ロッキード・マーチン社の関連サイトは、下記のとおりです。

1.GATEWAYセンターは、下記です。

http://www.lockheedmartin.com/us/ssc.html

最も革新的な衛星や宇宙船の本部を紹介します。
当社の新しいゲートウェイセンターには、宇宙船の生産をより迅速に、よりスマートに、より手頃な価格で実現するための革新が詰め込まれています。この施設では、最前線の軍隊と通信し、他の惑星を探索し、独特の任務を支援する、マイクロからマクロへの衛星のスペクトルを構築します。  

「革新」 
3D印刷やデジタル設計などの生産性の向上から、今日のペイロードとサテライトを構築するためのコストとサイクル時間を削減するのに役立っています。当社のペイロード「Centers of Excellence」は、次世代ミッション対応ペイロード開発を推進しています。近代化されたA2100サテライトバスは、次の情報革命を推進し、顧客間のコンバージェンスを推進しています。しかし、イノベーションを超えて、我々は変化を推進するユニークな資産を持っています。当社の先端技術センターは、技術革新を支援するだけでなく、技術発明を支援する内部R&D組織です。私たちは、「次世代後の世代」のソリューションと機能につながるイネーブラーを創り出しています。

「近代化」
実証済みのプラットフォームの活性化
今日のデータドリブンの世界では、消費者は絶えず情報へのアクセスを増やすことを求めています。宇宙技術によって実現されるそのアクセスは、人をつなぎ、世界に関する情報を生み出し、世界中のその情報を共有します。
私たちは、弾力性、手頃な価格、柔軟性を備えたハードエンジニアリング衛星を開発しています。私たちは、より良い購買力の形で政府と商業顧客に価値を提供する革新を適用し、明日のアーキテクチャの道を開くための幅広いミッションの専門知識を適用しています。
宇宙のリーダーとして、私たちは衛星ばかりではありません。私たちの役割は、人々が必要とする情報にアクセスできるようにすることです。Satcom-1は1975年にメディア革命を起こして以来、私たちは100以上の商用衛星を打ち上げ、さまざまな使命を果たしてきました。
 
「ミッションソリューション」

ミッションソリューションズのビジネスラインは、多様なポートフォリオを持っています。
チームは、地球測位システム(GPS)や宇宙ベースの赤外線システム(SBIRS)などの多くの衛星プログラムにエンジニアリングおよびサステインメントサービスを導入し、インテリジェンス分析と分析処理も専門としています。ミッションソリューションは、米国国防総省と米国インテリジェンスコミュニティの顧客をサポートするために、タスク、収集、処理、開発、配布(TCPED)サイクル全体のエンタープライズ基盤ソリューションを開発するリーダーです。

2.MarsBaseCampの動画は、下記です。

https://youtu.be/RsOvixkzZ_E

3.Mars Base Campのサイトは、下記です。

http://www.lockheedmartin.com/us/ssc/mars-orion.html

*具体的な動きですね~

コメント