火星への道

有人火星探査の実現を夢見て!火星ミッションの情報を提供しています。

Insightは、巡航ステージです。

2018-05-07 21:09:05 | InSight

5月5日午前4時5分 PDT(5月5日20時5分 JST)にNASAの火星探査機「Insight」がアトラスVロケットで米・カリフォルニア州ヴァンデンバーグ空軍基地から打ち上げられました。
https://mars.nasa.gov/insight/news/8333/nasa-ula-launch-mission-to-study-how-mars-was-made

飛んでいく軌道は、下図のとおりです。Insightは、約483百万kmを飛行して、11月26日12時 PST(11月27日5時 JST)に火星に着陸する予定です。
https://www.jpl.nasa.gov/news/press_kits/insight/mission/

AstroArtさんの記事は、こちら
https://www.astroarts.co.jp/article/hl/a/9893_insight

コメント (1)

火星からのお持ち帰り・・・

2018-05-01 15:44:28 | サンプルリターン

NASA

NASAとESAは、2018年4月26日に火星サンプルリターンについて以下の声明を発表しました。

以下、簡約
ーーーーーーーーーーーー

火星の仲間たちへ、

   この1週間は、火星探査プログラムのエキサイティングで生産的な1週間でした。4月26日の木曜日、ベルリン航空ショーで、NASAとESAは、2019年末までにそれぞれの当局に提出される火星試料回収計画(サンプルリターン)を共同開発する目的で、Statement of Intent(SOI)に署名しました。米国議会大統領の予算申請とESA閣僚理事会の2019年12月の会議を経て、NASAとESAは、約18ヶ月後にこの要請に応じることが期待されます。皆さんの参考のためにSOIが添付されています。

   この署名は、あなた方が何十年も前から努力してきた、この感動的な使命を果たすために一緒に働くという欲求、準備、意欲の結果を伝える歴史的なものです。これは、パートナー間の1年以上の労力の産物です。私は、コミュニティとチームとして、この壮大な挑戦に取り組む準備ができていると確信しています。私たちは、適切なサンプルを特定するための科学的および運用上の成熟度を持ち、クリティカルな技術を適用する準備ができており、規律を持ってこのキャンペーンを手頃なコストで実行することができます。

   私はこのチャンスに興奮しています、誰もがこの取組みを成功させるために私とともに参加してくれることを期待してます。

Jim Watzin, NASA Mars Exploration Program Director

SOI:https://mepag.jpl.nasa.gov/announcements/2018-04-26%20NASA-ESA%20SOI%20(Signed).pdf

以上

ーーーーーーーーーーー

ネタ元:Planetary News
https://www.lpi.usra.edu/planetary_news/2018/05/01/nasa-esa-statement-of-intent-for-mars-sample-return/

参考
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%97%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3

コメント