火星への道

有人火星探査の実現を夢見て!火星ミッションの情報を提供しています。

ルナ月探査機

2011-01-03 00:18:45 | 火星協会
みずもとさんが「宇宙の傑作機14 ルノホート」に続いて、宇宙の傑作機15「ルナ月探査機」を出されました。
発行は、前回同様 風虎通信さんです。

米ソがロケット開発を競っていた時代に、ソ連が先駆けて人類史上初めて月の裏側の撮影に成功した状況が描かれています。
今回もコロリョフが主役ではありますが、彼を取り巻く新しい人脈が分かって興味深かったです。

スペースサイトさんのサイトで紹介されています。

事務局は、31日単身コミケ会場へ行き、無事ゲットいたしました。
夏にも会場へ行きましたが、暑さと参加者の熱気に当てられ、寝込んでしまいましたので今回は大げさかもしれませんが、かなり気合を入れて乗り込みました。
大井町駅では、左程ではありませんでしたが・・
国際展示場駅に着くとホームに人が溢れていました。
更に東館を目指して進むと松本楼のレストランがある辺りから東館の下りエスカレーターのある辺りまでびっしりで川崎大師の初詣の混雑を思わせる混みようでした。
少しやばいな~と思い、なるべく列の左端を進むようにして逃げ道を確保しながら行きました。(右端は、帰り組みの通路で、左端は、動く歩道のところが進入禁止で空間が確保されていましたので)
入り口からは、人がバラケテ、スムースに進めましたので、一目散に風虎さんを目指し、買い物をしたらわき目も振らず帰ってきました。
帰りも結構混んでましたが、大井町方面の電車は空いており座ることが出来ました。やれやれです。
TWITTERに風虎通信の高橋さんが書き込みをされていたので、お話したかったのですが大晦日ということで諦めました。
とにかく、無事にみずもとさんの本を購入できてホッとしてます。
高橋さんのTWITTERによりますと今回もくだん書房さんで通信販売をするとのことです。

くだん書房さんのサイトに入って

科学技術をクリックして宇宙の傑作機15「ルナ月探査機」へたどり着くと思います。
くだん書房さんは、1月5日までお休みなのでそれ以降のアクセスが良いかと思います。

下記は、本文とは関係ない事務局の近所からの富士山です。


コメント   この記事についてブログを書く
« 明けましておめでとうござい... | トップ | 陰日なたなく »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

火星協会」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事