先住民族関連ニュース

先住民族関連のニュース

樺太アイヌの遺骨 初返還へ(動画)

2018-07-31 | アイヌ民族関連
NHK 07月30日 18時28分
戦前、北海道大学が樺太、今のサハリンから研究のため掘り出したアイヌの有力者の遺骨が返還されることになりました。
日本の大学が樺太で掘り起こしたアイヌの遺骨が遺族のもとに戻るのは初めてとなります。
遺骨が返還されるのは、樺太の東海岸にあったアイヌの集落、「アイコタン」をとりまとめていた有力者バフンケ、日本名、木村愛吉です。
北海道大学の医学部が昭和11年、研究資料として樺太のバフンケの墓を掘り起こし学内で保管していました。
北大ではアイヌの遺骨を返還する政府の方針を受け、おととしから遺骨の情報をインターネットなどで公開したところ、神奈川県の木村和保さんがバフンケの兄のひ孫にあたることがわかり、30日、返還に向けた話し合いを行いました。
話し合いは非公開で行われましたが、この中で大学側は遺骨が掘り起こされた経緯などについて詳細に説明したということで、木村さんは返還を受け入れることにしたということです。
今後木村さんは、遺骨の埋葬場所などを決めるなどした上で出来るだけ早く遺骨を受け取ることにしています。
木村さんは、「親族の遺骨が掘り出されたことを80年もたってから知ることになったが、遺骨は確実に葬れるようにしたい」と話しています。
返還が実現すれば日本の大学が樺太で掘り起こしたアイヌの遺骨が遺族のもとに戻るのは初めてとなります。
https://www3.nhk.or.jp/sapporo-news/20180730/0001915.html
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 丸木舟で縄文へタイムスリッ... | トップ | 流域面積世界一、魅惑のアマ... »
最近の画像もっと見る

アイヌ民族関連」カテゴリの最新記事