五里霧中

★ マンガなどの感想 ★

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

◆ まんがタイムスペシャル 感想

2018年04月05日 | ◆4コマ誌⑦ まんがタイムスペシャル

2018年5月号

 

 今月の『恋愛ラボ』感想はこちら
 表紙は、腰に手を当て、牛乳を飲むリコ!
 一気に飲み干さんとする勢いが、元気いっぱい感ありますね。
 他、めぐみさんも、渚さんも、倉木先輩も、朝のひとときといった趣。

 

 

 今月の「コミックス1巻、発売中で賞」は、『穂積くんは猫に勝てない』

 

 猫が苦手なのに、猫好き先輩とシェアハウス!

 穂積くんは猫が苦手な青年。
 色々あって、憧れの倉木先輩をはじめ、様々な人たちと共同生活することに
 なったものの、そこは猫だらけの家で・・・

 といった感じの4コマ作品で、倉木先輩が気になりつつも、
 彼女は猫好きなので、いつも猫に囲まれているため、近づくことも難しい。
 そんな様子が楽しい内容になっています。

 今回は、穂積くんのシャツについたキスマークについて、問いただされるお話。
 まあ、前回の先輩とのやりとりで出来たものですけど、それに気づいた先輩が
 慌てて洗おうとする所は、面白かった。

 それでも、大したときめき要素もないのは残念でしたが、
 先輩と思い出の共有はできたようで、よかったのかな・・・積み重ね大事。
 ということで、コミックス1巻がついに発売とのことで、今後も楽しみです!

 

 

【第一部完結!】

●ごにんばやし (水瀬るるう 先生)

  

 コミックス2巻は夏ごろ発売予定! ・・・ですが、第一部完結!?

 ついにライブを決行した「ごにんばやし」。
 と思いきや、まさかの夢オチ~!? と目覚めた亜子さん。

 あれは夢だったのかと、ライブのことを考えていますけど、朝食の席にて
 妹さんや母上がライブのことを話していて、どうも夢ではなかったらしいと自覚(^^;
 それだけ、夢中であったということでしょうか。

 他のメンバーの話だと、はじめは緊張していて可笑しかったものの、
 いざ演奏となると、他のメンバーの方が焦り出す状況になってしまい、
 そんな中で、ただ1人マイペースに演奏していたというから、驚きでありました。

 楽しそうに、いつも通りに、ゆえにいつも以上に、響く音が周囲を巻き込む。
 それだけの演奏ができたことが、きわめて爽快でしたね。

 評判も上々で、いざこれから・・・と思うのですけど、
 連載の方は「第一部完結」とのことで、これにて一区切り。

 次号からは、『大家さんは思春期!』が始まるらしいので、そちらにも期待です。
 そんなこんなで、楽しませていただきましたー!

 

 

【ゲスト作品】

●さめてる少女と夢見る叔父さん (小松清太郎 先生)

  

 タイトル通りな2人のお話。

 【主な登場人物】
 ・高野里莉 : スマホでネット見てる方が有意義とか言っちゃう中1少女。
 ・叔父さん : 33歳。 喫茶店の店主で、趣味でネット小説も書いたりしている。

 「頑張った所で将来たいして稼ぐわけもなし」「なら頑張るなんて無意味な事」と
 さめたことをおっしゃる中学生の里莉さん、学校にも行かずにスマホを見ていますが、
 母上から叔父さんのお店の手伝いをするように言われ・・・ と始まるお話。

 叔父さんは、喫茶店の2代目であるものの、小説家になりたい夢を持っていて、
 さめた里莉さんと夢見る叔父さん、2人のやりとりが面白おかしい作品になっています。

 お店で働く時はスマホ禁止と取り上げられ、恨み節を放つ里莉さんに笑!
 でも彼女、じつは人見知りで、お客さん相手にもじもじしちゃう所は可愛らしかった。

 そして、叔父さんの小説家への夢を聞いても、さめたことを言っていた彼女ですが、
 部屋にあった原稿用紙の山を見て、夢が本気であることを知り、叔父さんへの見方を
 変えていたのは面白かったですね。

 などなど、さめた少女と夢見る叔父さんのお話。
 さめていた里莉さんが、叔父さんに影響されて、少しだけ頑張ろうと踏み出す姿が
 よかったですし、2人の物語をもっと見てみたいものです。 つづき期待!

 

 

●となりにこしてきた妹です (金田ライ 先生)

  

 隣に引っ越してきたのは、中学生の妹さん!?

 【主な登場人物】
 ・お兄ちゃん : 妹想いのお兄さん。
 ・妹さん   : お兄さん大好き妹さん。

 唐突に、隣の部屋に引っ越してきた妹さん。
 驚くお兄さんでしたが、「うれしい?」と聞かれて「うれしい」と答えていて、
 まんざらでもない様子。 そんな2人のやりとりが楽しい4コマ作品です。

 しかし、嬉しくはあるものの、ひとりぐらしは大変だよと忠告する兄。
 妹さんは「私は自立した大人だよ?」と自信満々でしたけど、まだ中学生(^^;
 やはり引っ越しの荷物の整理にも苦労するありさまで、お兄さんがお手伝い。

 そして何だかんだで、お兄さんばかりが仕事して、妹さんは手伝おうとするも、
 空回りしているのが可愛かったり。

 そうした様子が面白い内容でしたが、テンポが軽快で無駄のない作風が魅力的。
 リズムよく流れるように4コマを読み進められる感覚が、心地よかったですね。

 などなど、兄と妹の隣ぐらしなお話。
 自立できていると胸を張る妹さんと、彼女を笑顔で支える兄のバランスが好感触。
 なので、つづきを期待したい所です!

 

 

【最終回!】

●2DKに弟嫁と (近衛桜月 先生)

  

 弟の嫁である女子高生と暮らす物語も・・・ 最終回!

 弟くんが一時帰国して、結衣さんも弟くんと一緒にいるのはよいものの、
 海外転勤になる弟くんについてゆくかどうかが問題で・・・といった感じの最終回。

 髪を切った雫さんに、過剰反応する阿宗先生が可笑しかったり、
 探りを入れようとするキリエさんを、紫さんと日野さんが阻止するのが愉快だったり、
 色々ありましたけど、やはり結衣さんの今後が気になる所でありました。

 彼女が弟くんと一緒に海外へ行けば、それはそれで安心できるものの、
 雫さんは、これまで結衣さんとの生活が楽しかったことから、寂しくもある様子。

 なんて感じの内容で、お別れで涙の最終回・・・になるかと思いきや、
 軽いどんでん返しのラストが、心地よい余韻になるシメでしたね。
 何だかんだで、結衣さんもまだ高校生ですし、この判断は適切でしょう。

 などなど、弟のお嫁さん、しかも生徒である少女との共同生活物語も、これにて完結。
 微妙な関係ながらも、2人の人柄が“友人”や“家族”を形成してゆく過程に面白味が
 ありましたね・・・ 楽しませていただきましたー!

 

 

●君のパンツに一目惚れ (喜耶麻アキ 先生)

  

 クマパン見られて尊敬されて・・・なドタバタ模様も、最終回!

 最後は、刺繍できないことを小桜さんに知られずに練習しようと、
 刺繍部に入った絹森くんでしたが、ついに・・・?

 小桜さんのいないうちに練習する絹森くんでしたけど、そこで佐藤さんから
 「楽しく刺繍しよ!」と言われて、自分が刺繍を楽しめていないことに気付いてます。
 嘘がバレる前に上手くなろうと必死なあまり、楽しむことを疎かにしていたと・・・

 このあたり、とても大事なことですよね。
 しかし、そこで小桜さんに刺繍している所を目撃されてしまい、万事休す!

 と思いきや、小桜さんは好意的に誤解してくれて、威厳を損なわずにすんだ模様。
 佐藤先輩のポカで、台無しになりそうだったのは笑いましたが(´▽`;)

 本作は、クマパンの誤解から始まった2人の交流物語でありましたけど、
 やがて刺繍について描かれる内容に、興味深さも感じられた作品でしたね。

 それだけに、刺繍の楽しさも伝わってくる印象でしたし・・・
 まあ、絹森くんは小桜さんの存在があって、ようやく楽しさに気付けたようですけど。

 などなど、クマパンをめぐるお話も、これにておしまい。
 刺繍部の活動はこれから始まるわけで、ここで終わりは残念ですが、
 楽しませていただきましたー!

 

 

●お役所忍務のススメ (青山六郎 先生)

  

 市役所の「忍者課」に入った忍者大好き新人さんのお話も・・・最終回!

 最後は、忍者が好きで仕方なかったしのぶさんの子供時代のお話。
 忍者好きな彼女の原点ともいうべき出来事が、描かれていました。

 子供の頃、将来の夢は「忍者の人になること」。
 そんなことを語るしのぶさんでしたが、おままごとにまで忍者を取り入れて、
 産業スパイで偽装結婚した設定にして、混乱させていたとか面白い(^^;

 でも、やがて子供たちに飽きられて、ちょっと肩身の狭くなった時、
 忍者フェスティバルで出会った忍者さんに、大事なことを教えられて、
 落ち着くことができたという話は、なかなかよかった・・・

 のですが、まさかその恩人である忍者さんが、身近にいた人だったとは!
 今まで気づいていなかったしのぶさんの慌てる様子が可愛かった。

 などなど、忍者好きな市役所の新人さんのお話でしたが、
 この忍者が好きという情熱が、前向きで、なおかつ楽しいものだと
 伝わってくる所に、大きな魅力のある作品でしたね。

 これからも、忍者課のお仕事は続いてゆくだろうことを思いつつ・・・
 楽しませていただきましたー!

 

 

●アテナの初恋 (縞はるひ 先生)

  

 女神アテナの恋活模様も・・・ 最終回!

 最後は、天界のためにアポロンと結ばれることを選んだアテナ様。
 ゼウス様が健康を損ね、天界に動揺が走る中、自分がしっかりせねばと選んだ道。
 しかし、そこにアポロンの合意はもちろん、アテナ様も恋心もなくて・・・

 と始まりましたけど、エロスの矢で自分とアポロンを貫くことで、
 両想いになろうとする計画を思いつくとは、アテナ様もなかなか思い切ってますね。

 愛を確かめ合わないまま、愛を作り出そうとするアテナ様の行動にハラハラでしたが、
 そこでヴィーナスさんがナイスフォロー! ここでの一言が響きましたね。

 「アテナちゃんには大好きなひとと結ばれてほしいよ」
 義務ではなく、恋心で結ばれてほしいと願う親友の言葉に、納得しきりでありました。
 まあ、お見合いとかで結婚してもよいとは思いますけどね(台無し)

 それでも、天界のためには自分とアポロンが結ばれるのがよいと考えるアテナ様
 でしたけど、ここでヘラ様が、ヘルメスの突き止めた真相を伝えに来たことで
 一件落着。 何だかんだで、丸く(?)収まっていたのはよかった。

 などなど、ゼウス様の不調から、アテナ様が思いつめた騒動も収まりましたが、
 彼女を中心とする神々の恋模様も、これにて完結。

 お固い性格の優等生的な女神アテナ様が、恋を求めて奮闘する内容はもちろん、
 様々な神々、時には人の物語も面白かった本作品・・・
 私は好き作品でしたので、終了は残念ですが、楽しませていただきましたー!

 

 

●メェ~探偵フワロ (ナントカ 先生)

  

 ヒツジの迷探偵の物語も・・・ 最終回!

 最後は、フワロ商会の危機が迫るお話。
 アーサーさんとレモンさんの新婚旅行中、行方不明なフワロ商会の調査員を
 捜すことになったフワロさんとラウールさんでしたが・・・

 じつは調査員さん、アーサーさんたちと偶然に出会っていて、一緒に行動中。
 さらに、ラウールさんが人さがしを手伝わせたマフィアに妙な動きがあり、
 かなり気になる展開になっていました。

 その後、合流したコバーン少年の持ってきた資料から、真相を知るフワロさん。
 しかし時すでに遅く、追い込まれた状況になってしまい、大ピンチに冷や冷やでした。

 今回の犯人には、フワロさんも怒り心頭。
 1度は苦汁をなめたかに思われましたが、先のことを見通して臥薪嘗胆していたと、
 判明する流れは見事でしたね・・・ 思い切ったことしましたけど(^^;

 犯人たちをこらしめるためとはいえ、おかげでフワロさんは大変なことになりましたが、
 その分「身軽」になったということでしょうか、アーサーさん曰く「晴れ晴れした顔」
 だったというのは、大きな救いでありました。

 などなど、フワロ商会最大に危機に立ち向かった最終回。
 最後にフワロさんが向かった場所が、彼にとって一番大事な所だったのも、
 「身軽」になったからこそ行けるようになった、ということでしょうかね・・・

 本作は、私の大好き作品でしたので、終了が寂しくて仕方ありませんが、
 ナントカ先生もツイッターを始められて、作品公開などを考えておらるようですし、
 今後のご活躍にも期待しながら・・・ 楽しませていただきましたー!!

 

 

【その他】

●可愛い上司を困らせたい (タチバナロク 先生)

 青木くんのお見舞いに来ためぐみさんでしたが、そこには花沢さんがいて・・・
 ということで、彼をめぐってシュラバ模様!? と思いきや、そうでもなさそう。
 青木くんの住所をゲットする花沢さんの執念が感じられたりもしましたが、
 そこへ詩織さんもやって来て、さらにこんがらがっていたのは笑゚(*゚´∀`゚)゚
 けれど、ここで彼女が来てくれたことは、めぐみさんにとって大助かりでしたね。
 詩織さんの立ち回りが見事過ぎて、「損な役回り」だからこそ、感服でしたよ!

 

●課長と私のおかず道 (梨尾 先生) 

 課長さんが保志さんに、「欲しい物」とか聞いていたのは驚き!
 じつは部長さんが奥さんへの贈り物で悩んでいるらしく、そのヒントが欲しい
 という話のようで、ちょっと残念でしたが、会話の中からアイデアをつかんだ様子。
 それが、料理だったものだから美味しそうだし、幸福感あるしで、よかったですね。
 部長さんと奥さんの仲睦まじさが羨ましいくらいでしたけど、ラストに現れた
 東條さんという女性は一体何者なのか? 次号お休みとのことで、気になり過ぎでしょ!

 

●ローカル女子の遠吠え (瀬戸口みづき 先生)

 静岡がサッカー王国になったのは、今川氏真が関係していた!?
 そんなうんちくを披露するママさんでしたけど、思いっきり嘘で笑!
 ということで、静岡サッカー事情で盛り上がる今回ですけど、伊豆はやはり無関係(^^;
 また、名々伏くんがサッカーを観ていたのは、サッカー好きな上司がいるためとか、
 出世のために頑張っている結果ですが、雲春くんは出世とか気にしない性質で面白い。
 こーゆー雲春くんの自然体でマイペースな所、イイですよねえ・・・

 

●ちんまり経理のヒメ先輩 (kera 先生)

 月末の忙しさが気になって、学校で気もそぞろなヒメさん。
 そんな彼女の手助けがしたいと、石田くんが頑張っている様子が、けなげでよかった。
 でも、若林くんを「頼りない人」と言ってしまったため、ヒメさんの不興を買ったのは
 お気の毒でした(´▽`;) その後、本の代金を回収に来た書店員さんのため、
 先生たちを捜す2人でしたが、石田くんが活躍するわ、ヒメさんが先輩にもひるまないわ、
 そんな様子が楽しかったですね~。
 最後のオチで、石田くん可哀想すぎでしたけど!

 

コメント   この記事についてブログを書く
« ◆ 今月の恋愛ラボ | トップ | ◆ まんがタイムオリジナル ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

◆4コマ誌⑦ まんがタイムスペシャル」カテゴリの最新記事