森信雄の写真あれこれ

日々の生活や散歩、旅の写真を掲載しながら、あれこれ思いを語ります。

竹人形館

2008-05-31 21:21:02 | 日々の写真
 若州一滴文庫にある「竹人形館」は、水上勉さんが主宰する「若州人形座」の竹人形が展示されてある。生々しくてリアルなので、ひとりでは(恐くて?)回れないだろう・・生活感のある人形で、思わず引き込まれていく世界だ・・。
 二階には著名な方の色紙などが飾られている。竹紙を使って書や絵を書くと、独特の味わいがにじみ出るそうだ。(字のヘタな私には都合がいい)
 
 注=館内は写真禁止です。特別に許可を得ました。
コメント (2)

若州一滴文庫

2008-05-31 00:48:12 | 日々の写真
 福井県大飯郡おおい町にある「若州一滴文庫」を訪ねる。ちょうど、平成20年度特別企画展 水上勉コレクション 「須田剋太・生沢朗」展を開催していた。
 一滴文庫の理事長であるIさんに案内をしていただいた。水上勉の想いである「子ども達が本を読むことで人生や夢を拾ってほしいことと、「曹源一滴水」の思想」が設立の趣旨である。
 宗教、文学、美術などを展示する施設として、今は特定非営利活動法人、一滴の里が運営に当たっているそうだ。ちょうど越前竹人形が5月31日と6月1日に上演されるが、その稽古場風景も見せていただいた。
 
コメント

福井県大飯郡おおい町

2008-05-30 08:18:03 | 日々の写真
 昨日は綾部に行く。その流れで福井県大飯郡おおい町にある「若州一滴文庫」に案内してもらった。水上勉さんの記念館である。そして画家の渡辺淳さん(棟方志功さんのような方だった)のアトリエ訪問近くのIさん(一滴文庫の理事長さん)のお寺にお邪魔して(将棋の指導対局をする1勝1敗)帰る頃にはすっかり夜になっていた。
  山のシルエットと田んぼが程よい風景をかもし出す。さわやかな気持ちで宝塚に帰ることができた。
 皆さんお世話になりました。
コメント

バラ3

2008-05-28 23:28:47 | 日々の写真
 バラの花には雨降りが似合う。あまり快晴のときは、真っ赤なバラだと色が飛んでしまうのだ。この微妙なオレンジ色も好きだ。
 色彩の世界は観念であり、モノトーンのような沈んだ感情には程遠い。むしろ押えたような、それでいて激しさがにじみ出るようなバラである。
 元気になる色彩だ。
 
コメント (4)

大阪府民牧場にて

2008-05-27 23:50:54 | 日々の写真
 大阪府民牧場にて
 
 ぽっかり浮いた
 雲の下に緑の山がある
 今日も地べたには牛たちがいる 
 何事もなかったかのように
 明日のことなぞ知らない素振りで
 草をついばむ
 薄っすらとした青空が広がっていた
 昨日のことを忘れて
 草をついばむ
 
コメント

大きな顔の子羊

2008-05-26 21:39:53 | 日々の写真
  能勢にある大阪府民牧場に行く。小学生がいっぱいいて、羊を追いかけたり、羊に追いかけられたり、騒がしい。そんな中に大きな顔の子羊がいて、真面目な表情なので余計に愛嬌たっぷりだった。
 羊たちは現金なもので、初めはそ知らぬ表情だが、ひとたび餌を持っているとわかると、たちまち人だかり、いや羊だかりになる。伸びをして餌をねだるのもいる。この羊はやや遅れがちで、他の図太い羊をかいくぐって、何とか餌をやれた。
 つらいこともいっぺんに吹き飛ぶような、羊君の存在だった。
コメント

稲葉陽四段祝賀会

2008-05-25 23:59:04 | 将棋あれこれ
 今日は夕方から加古川で「稲葉陽新四段昇級祝賀会」があり妻と一緒に出席した。自分が主催でない祝賀会は久し振りの参加で、いつものようにあれこれ心配事に悩まされなくてすむので、気分が楽だった。師匠の井上慶太八段にとっての初の棋士誕生はうれしいものだろう。
 こんなにのんびりと祝賀会で飲んで食べられたのは、記憶にない。これからは主催するのでなくて、参加したいものだ・・とてもいい祝賀会で、今後の参考にもなったし、稲葉四段!おめでとうございます!
コメント (2)

荒牧バラ園2

2008-05-24 22:24:53 | 日々の写真
 今日は一日雨だった。朝から子ども教室と、午後からは土曜教室と将棋三昧である。頭で考えて指すというよりも、体が反応して手を動かして指すような感触だ。
 こういうときは朦朧としつつも駒の動きだけは間違えない(当たり前だ)のだ。バラ園のバラの写真を撮っていると、きれいに撮ろうと思うよりも、何でバラは色彩豊かで生命力もあって、人をひきつけるのだろう・・そう思いながら構図を考えたり、バラの花に見入ってしまうのだ。
コメント (2)

荒牧バラ園

2008-05-23 22:34:03 | 日々の写真
 今日は東京で棋士総会だが、私は昨日までの仕事の疲れと、明日、明後日と教室があるので欠席した。午前中は子ども教室のテキストと会報の作成に追われる。
 お昼前に天気もいいのでようやく外に出る。気分転換で荒牧のバラ園に行く。
 バラはちょうど見頃で、そのせいか子どもの遠足やらも含めて人が多かった。途中で弁当を買って、バラを見ながらの昼食にした。
 今年のバラは生命力が強くて、色も鮮やかで圧倒されそうだった。平和そのものの光景である。
コメント (2)

四川大地震

2008-05-22 21:34:33 | 日々の写真
 この写真は数年前の中国で、桂林から昆明までの列車の旅の風景だ。四川省の成
都は昆明の北に位置している。被害が大きすぎて、言葉を失う・・これからひとつひとつ現実の直面した問題を解決していかないといけないのだろう。
 
 
 
  概要】四川省で5月12日午後2時半(日本時間同午後3時半)にM8.0の強い地震が発生。震源は成都より北西に約90km、震源の深さは約10km。被災者1000万人以上、死傷者は10万人を超え、多くの命を奪う大惨事になった。

強い揺れが発生した地域に山間部が多いことも影響し、各地で道路や通信網が寸断されたことで、被害状況の把握や救援活動に遅れが出ている。
 参照 
 四川大地震 - 中国情報局
 
 2008年5月22日、国務院新聞弁公室は四川省[シ文]川県を震源として発生した大地震の被災者の最新統計を発表した。中国新聞社が伝えた。

中国民政部の報告によると、現地時間22日午前10時現在、大地震の死者は5万1151人、負傷者は28万8431人に上り、2万9328人が行方不明となっている。


コメント (7)

バラ

2008-05-21 23:30:14 | 日々の写真
 日記を書いてアップしようとしたら、みんな消えてしまった。Gooブログではときどきあることだ。だから常にコピーしておかないとダメなのだ・・
 まあいいか、どうせフラフラした文章になっていたからなあ。仕事モードで何日目になるだろうか。目がショボショボ、腕は痛くて、頭がフラフラ、心はウツウツである。
 夕方、息抜きに散歩に出かけた。駅前のバラが乾いたタメ息のオアシスとなってくれたかな?
コメント

村山聖の言葉

2008-05-20 22:08:08 | 日々の写真
 これは村山聖が八段昇段の祝賀会のときの挨拶のシーンである。ちょうど、今日と明日で森内名人と挑戦者羽生二冠の名人戦第四局が行なわれている。
 村山君が亡くなって、今年の8月8日で10年になる。今でもその日のことは覚えているが、あれから自分は一体何をして生きてきたのだろう。
 歳月は人を待たず、流されるのみなのかもしれない。それでも自分の足跡は自分で作って自分で消していくものなのだろう。
 「この世に自分が生きた証は、何にも残したくないのです」村山聖の言葉、少しその気持ちが理解できるようになってきた・・
コメント (9)

トビオと源さん

2008-05-19 22:25:21 | 日々の写真
 今日は午前中は居眠りして過ごす。午後もまだ眠くて、仕事にならない。夕方にようやく目が覚めて、仕事の追い込みに入る。そうすると、今度は源さんとトビオが横にやってきて邪魔をし始める。ふたりに挟まれて、それでも何とか詰め将棋を作るのだった。考えて見ると、鳩の源さんとパグのトビオに挟まれて、寝転んで将棋盤で詰め将棋を作る光景は一体どうなっているのだろう?
 人間よりも動物たちに好かれているのは喜ばしいことだ・・そう思うしかないようだ。
コメント

増田五段結婚式

2008-05-18 22:27:14 | 日々の写真
 今日は弟子の増田裕司五段の結婚式があった。増田五段は私にとって村山聖九段の後の2番目の弟子だが、感慨深いものがある。
 私は弟子を誉めるのは苦手である。(師匠が弟子を誉め出すと生命力の衰えで危ない?)でも結婚式だからと目を瞑って?言い聞かせる・・
 そして歳月は弟子を成長させて、師匠を老いさせる、そういうものだ。そうあってほしいと願う。
 末永くお幸せに・・
コメント (2)

阪神vsヤクルト戦

2008-05-18 00:07:11 | 日々の写真
 今日は甲子園のデーゲームで、阪神vsヤクルト戦を観にいった。Kさんからいただいたチケットでありがとうございました。三塁側アルプス席での観戦だったが、真夏のような暑さで、ややバテテしまった。そして聞きしにまさる阪神の応援で、球場の9割が阪神ファンだろうか?
 結果も3-0で阪神の勝ちだった。帰りはバスで宝塚まで帰る。
 甲子園は高校野球以来だが、こんなに超満員の中でプレーできるのは幸せだろうなあ・・
コメント