森信雄の写真あれこれ

日々の生活や散歩、旅の写真を掲載しながら、あれこれ思いを語ります。

クラクフの散策 7,13

2012-07-31 22:57:53 | 旅の写真 外国篇
 初めての海外の旅は中国だった。ツアーだったが、やはり早朝にホテルの周りを散策した。こわごわながらも好奇心の方が先に立って、どんどん歩いていく。異国の空気を吸うのは、体全体に普段決して使わない感覚が引き出される気がする。何でもみてやろう精神と、私の場合の関心事は人の住んでいる匂いのする風景だ。
 人によって、異邦人に違いを感じるタイプと似ているものを感じ取るタイプがあると思うが、私の場合はその土地に暮らしてみたら・・が常に根底にあるので、人間あまり変わりない‥精神が沸いてくる。
 この風景が普段の暮らしの中なら・・どこに住んでどんな人生を過ごすだろうか・・そう考えながら散策する。
コメント

クラクフの散策 7,16

2012-07-30 07:33:49 | 旅の写真 外国篇

 クラクフの街の散策で鳩が多いのも驚いた。鳩は糞害で日本では公園でも避けられているが、鳩がいるとほっとする面もある。公園の芝生の上でくつろいでいた‥そっと避けて通る。
 こちらの鳩はやや太り気味なのが多かった気もする。なじんでいるのかたくましいのかどっちだろう?
コメント

クラクフ散策 7,16

2012-07-29 07:44:55 | 旅の写真 外国篇
 ちょうど日本に戻ってからテレビをつけたら、クラクフの観光案内をやっていたのでびっくりした。もっと前に勉強しておけばよかったのだが、私はいつも逆算?である。
 こういった街で暮らすと、また違った人生なのだろうなあ‥と思う。人間はけっこう与えられたものに左右される‥ヘタをすると支配される要素もある。今の子どもたちのいじめのビュースを見るにつけ、大人の社会の影響も大きい気がする。
 自分も含めてだが、まっとうな大人が少ない・・そう思ってしまう。
コメント

大淀散策 前田アパート 2012,7,27

2012-07-28 07:43:56 | 村山聖
 村山聖九段の住んでいた「前田アパート」を久しぶりに訪ねた。写真の三谷工業さんの2F真ん中の部屋だ。手前は昔、レンタルビデオ店でよく借りに来たものだ。
 この部屋を訪ねるときは、たいてい村山君が体調を崩したときが多かった。戸をたたいてもなかなか返事がない、でも何となく私の直感でいるかいないかはわかった。合いカギは預かっていたが無理に入ったことはない。しばらくして戸が開いた「大丈夫か?」「はあ」「何か買ってきてほしいものはあるか?」少し間をおいて「お寿司と水、水は南アルプス天然水です}思わず笑いそうになる。
 こうやってこの部屋でひとり病気と将棋に向き合っていたのだ‥でも私には村山聖の砦に思えた。
コメント (2)

ピピアめふ木曜入門コース

2012-07-27 23:30:45 | 将棋あれこれ
 ピピアめふで「木曜入門コース」を開いたのはほぼ2年前である。入門向けは指導が難しいのでずっと躊躇していたが、失敗してもともとの心境で開くことにした。予想通り苦戦で、毎回ああすればよかった、こんどはこうしようと考えるのだが、子ども達の反応はなかなか厳しいのである?
 ようやく授業のパターンを決めて継続しているが、今も常にぶっつけ本番である。子どものエネルギーに根負けしないようにと思うのだが・・テキストも自前で自宅教室用とは別に毎回作っている。役に立たないことも多いが、子ども達の反応をみるのも楽しみだ。
 今回は妻に助っ人に来てもらい、様子を見てもらったり、写真を撮ってもらったりした。7月31日には同じ教室で午前と午後に「夏休み入門教室」を開くのだが、24人の定員を超えて30人くらいまで受け付けているが、こちらも意を決してのイベントである?
 こうやって鍛えられているのは、むしろ自分の方かなとも思う。
コメント

眼鏡外し健在!

2012-07-26 08:49:18 | ヨウムの金太郎
 金太郎はメガネ外しがますますうまくなった。それはいいのだが、最近はすぐにメガネを下に落とす。私はメガネを外すとほとんど見えないので困る・・メガネをはずしてときどきこうやっておもちゃにする。鳥らしからぬ動きで、でんぐり返って遊んでいる。
コメント

シチニア食堂 大石四段

2012-07-25 07:39:39 | 日々の写真
 私の住んでいる清荒神の駅界隈は食堂やレストランが少なかったが、最近は居酒屋や鉄板焼き、串カツの店などができてきた。そしてこのシチニア食堂も四月にオープンしたらしい。車で行かないので飲めるのも大きい。
 大石直嗣四段が夏の挨拶に来たので、さっそく行ってみることにしたのだった。たまたまパンの出店もあったらしくて、主婦層の出入りが多かった。食事も健康食のおいしいランチだった。清荒神にいるというよりも、避暑地に来てレストランに入っているような雰囲気もよかった。
 大石四段は前期から好調である。竜王戦の負けは痛かったが、安定した実力を発揮している。不調のときにぐっと我慢できるのが大石四段のたくましさで、その分を一気に跳ね返す頼もしさを感じる。これからも大いに期待したい!
コメント

クラクフ 犬の散歩

2012-07-24 16:06:23 | 旅の写真 外国篇
 ポーランドは犬の飼育数がヨーロッパでいちばん多いらしい。そのせいか大きな犬を連れて散歩の人をよく見かけた。
コメント

聖ペテロ聖パウロ教会

2012-07-23 21:45:40 | 旅の写真 外国篇
 この教会の前は何度も通った。まだ早朝なのだが、明るいので人通りも少しあった。
コメント

ヨーロッパ選手権

2012-07-22 20:47:10 | 将棋あれこれ
 ヨーロッパ選手権の二日目の四回戦の模様だ。静寂の中で戦われる雰囲気はとってもいい印象だった。日本国内の将棋大会とは一味違うものを感じた。ネット将棋の発達で棋力もアップしているのと、じっくりと考えることが自然なのだろう。

 2012年クラクフ ヨーロッパ選手権


 Youtube ヨーロッパ選手権
コメント

忠犬の像

2012-07-21 06:19:18 | 旅の写真 外国篇
 散歩をしていて気になる像があった。悲しそうだが何かを訴える目をしていた。帰国して調べると、ポーランド版の「忠犬ハチ公」の話だった。
 ポーランドからの報告
コメント

聖マリア教会のラッパ

2012-07-20 08:42:28 | 旅の写真 外国篇
 ポーランドのクラクフのガイドブックに出ていたのだが、中央広場の聖マリア教会の塔の上から、毎時ラッパが鳴るという。その昔、モンゴル軍の敵襲を告げるラッパ兵が吹いているときに殺されたことを悼んで・・そのせいか途中で突如終わるらしい。
 妻に教えられて、広場でそれを聞きに走る。小雨だったが、もの悲しいメロディーが聞こえてきた。
コメント

クラクフ散策 7,13

2012-07-19 00:42:29 | 旅の写真 外国篇

 この日は早朝から朝日がまばゆい絶好の日和だったので、街が生き生きとして見えた。地図を片手に知らない方向に向かうと、大きな教会があって、犬を散歩させている人に出会った。それから普通のアパートを進むと大きな道にぶつかった。そろそろ帰らないといけない時間が近づいたのであわてて戻る。後で調べるとこのあたりはかってのユダヤ人街だったようだ。
コメント

クラクフの朝の街角

2012-07-18 14:46:06 | 旅の写真 外国篇
 クラクフに滞在中はほぼ毎日、早朝に散策した。初めは何度か迷子になって、市内地図を見せて道行く人に教えてもらった。みんな親切で指さしながら解説してくれた。右も左も南も北もわからないときはあせってしまうが、あわてるとたいてい反対に歩いてしまうのも不思議である。
コメント

ポーランド クラクフ

2012-07-17 12:34:49 | 旅の写真 外国篇
 ポーランドのクラクフで開催されたヨーロッパ選手権(7月12日~15日)に行った。初めてのヨーロッパだったが、クラクフはポーランドの古都で、世界遺産の街である。
 大会が始まるのが9時からで、食事が7時からなので、毎朝5時くらいに起きて2時間余りの散歩に出かけた。
コメント