森信雄の写真あれこれ

日々の生活や散歩、旅の写真を掲載しながら、あれこれ思いを語ります。

2007,5,4 源さん、さくらんぼ

2013-04-29 20:08:36 | 源さん
 6年前の祝賀会の翌日、ほっと一息くつろいでいる。源さんが懐かしいが、こうやって色彩豊かな風景がとっても似会う。
 この時の私からの抽選のプレゼントがこれに似た花瓶だったかな?毎回、工夫しているのかしていないのか‥今年もそろそろ決めないといけない‥
コメント

ホクセツサンデー

2013-04-27 20:17:04 | 競馬

 ホクセツサンデーと会ったのは久しぶりだった。ちょうど食事の時間だったが、相変わらずのやんちゃぶり?厩務員の人でも餌以外の時間はもてあましているそうだ?
 半年ぶりの出走で勝利を収めて、いよいよ来週が本番、レースになると無類の強さを発揮するぞ!
コメント

ドンクール

2013-04-27 00:24:03 | 弟子
 ☆園田でドンクールが7年ぶり勝利
 
 ドンクール


 竹之上次男アナウンサーのブログ


 ホクセツサンデーの前に、厩舎のドンクールに会わせてもらった‥大きな壁を乗り越えての勝利は感動的だ‥とってもおとなしくて、やさしい目をしていた。やんちゃなサンデーと好対照かなあ?
 次の出走も近いそうで楽しみだ!
コメント

更級食堂

2013-04-26 07:28:19 | 村山聖
 昨日はホテル阪神で打ち合わせがあったので、妻と一緒に出掛けた。昼食は久しぶりに更級食堂に入った。野菜炒め定食を食べた。村山聖は焼き魚定食が多くて、そのときの魚の食べ方をみて目が点になった‥魚の標本のようにきれいに食べていたからだ。
 食べ物を大切にというジャンルでなくて、いつくしむような食べ方の気がした。生きることをいつくしむ‥そういう日々だったのかなあと思ったりする。
コメント

大石直嗣新五段!

2013-04-25 08:47:47 | 弟子
 大石直嗣四段が五段に昇段した。祝賀会に間に合うかどうか微妙だったが、きちんと仕事をしてくれた?
 おめでとう!

 最近は底力をつけてきて、まだまだ目立たないが着実に大きく成長している印象で頼もしい。人間も将棋もおとなしそうに見えて?バランスが取れている中に、実は激しいものを秘めているタイプである。
 これからの躍進に期待したい。
コメント

千田四段のお祝い

2013-04-23 20:40:17 | 弟子
 今日は千田翔太新四段とお母さんと一緒に、宝塚ホテルでティータイムだった。家で金太郎と少し遊んでから、車で出かける。
 箕面のサルの話から、〇〇〇のコンサート(何度聞いても覚えられない?)勉強法などなどネタは尽きなくて面白かった。どちらかいうと古風な将棋だが?勝負に賭ける思いや、将棋への真摯な姿勢は頼もしい限りである‥
 千田翔太の世界を大切に、色彩豊かな魅力あふれる棋士に育ってほしいと思う。
コメント

天神川の風景

2013-04-22 19:32:34 | 村山聖
 最近は風景の写真を撮るのが減ってしまった。忙しかったのと膝の痛みが慢性化してしまったので、憂鬱な気分の時が多いせいのようだ。いろんな作業もはかどらない。
 もともと気持ちだけは元気で?いろんなことを抱え過ぎていた気もするので、そろそろ手を放した方がいいのだろう。そういうメッセージと勝手に思っている‥

  
 「ネフローゼという事を短所と思うよりも長所と思い、人と違った人生、変わったおもしろい人生が歩める位の気持ちが大切だと思います。私自身も修行時代、もし健康だったらと思うことはありましたが、ない物ねだりをしてもしかたがありません。もしも健康のままだったら健全な体を感謝することなく終わっていたでしょう。私にとってこの病気は体の一部になりました。もう何十年も走っていません。もう走ることはないでしょう。しかしいっぱい走る体験よりも、もっともっとたくさんの体験をこの病気はくれたように思います。」

 村山聖九段が寄稿した文章の抜粋です。当時も読みながら切なくなりましたが、今読み返すと、また別の思いがこみ上げてきます‥
コメント (2)

ルンルンピアノ「春の連弾発表会」

2013-04-21 20:46:38 | ルンルン写真館
 今日はルンルンピアノ「春の連弾発表会」2013年だった。私はビデオ係だが、三脚で固定してからはそのまま撮影なのですんなり行った。全体の雰囲気の写真を撮ってみた。こういったレストランでの発表会もこれから増えるような気がする。
 少し早く終わってティータイムとなる。無事終了してほっとする。とっても楽しい時間を過ごせた‥

 明日から今度は将棋の5月3日の一門祝賀会の準備である。
コメント

免状授与式

2013-04-20 08:18:56 | 弟子

 免状授与式に出席して、後の祝宴のとき竹内四段と千田四段とのスリーショット?をSさんに撮ってもらった。ふたりとも背が高いのだが、助さん格さんのようで、実際に私は杖が必要なところだけ黄門さんに似ている?
 免状をもらっていい門出だが、これからが大きなスタートである。
コメント

金太郎の新しいおもちゃ

2013-04-19 08:11:16 | ヨウムの金太郎
 金太郎は慎重だ。初めてのものは恐がって近寄らない。いつもおもちゃはあっという間に壊してしまうので、大きいのを買って来た。
 このおもちゃはさすがに怖がった。でもようやく数日経って興味を持ち始めたようだ。そのシーンである。
 ヨウムは知能が高いので、遊ぶものがないとノイローゼになってしまうらしい。脳は小さいが脳のシワが多いようだ。金太郎を見ていると、人間よりも人間らしいと思うことがある。喜怒哀楽の生身の感情が伝わってくるせいだろう‥
 「ハイ、コーヒー」「コンニチハ」自信を持ち出すと、大きな声ではっきり言うのが面白い。
コメント

2008,4,11源さんとお掃除

2013-04-18 07:33:30 | 源さん
 大掃除をしていたら、源さんが手伝いに来た? 
 今もやっていることは変わらない‥
 片づけしながら、いろいろ立ち止まって手にするので遅くなるはずだ。
コメント

20008,4,16 古い橋

2013-04-17 06:19:49 | ルンルン写真館
 籠坊温泉からドライブしているので、場所は丹波篠山だろうか。今にも壊れそうな古い橋があった。古さには歴史の面影が残されているものだ‥
 合理的なもの、打算的なもの、その世界では埋められないものが、人の息吹だろうか‥そういうことを言いながら橋から落ちてしまうのが、私の人生かなあ‥それでもいいのである。古い橋にからだが向かう。
コメント

一門の広島勢

2013-04-16 09:11:37 | 弟子
 竹内新四段の祝賀会が広島で開かれて、広島出身の弟子が勢ぞろいした。山崎隆之七段、片上大輔六段、糸谷哲郎六段である。ここに広島将棋センターの本多富治さんや村山聖九段もいたらなあ‥そう思いながら眺めていた。
 少しほっとして観ていてくれているかなあ‥
 残っている自分のやることは減ってきて、後は弟子の活躍を期待するばかりである。まだまだ活躍が足りないので、竹内四段も加わって、広島勢の真価を発揮して、大きな結果を残してほしいと思う!
コメント (2)

竹内四段祝賀会 4,14 広島

2013-04-15 09:03:02 | 弟子
 竹内雄悟新四段の祝賀会が広島で開かれ、私も招かれ駆けつける。お祝い事で行くのはとってもうれしい。
 山崎七段、片上六段、糸谷六段も花を添えて、新しい広島勢が勢ぞろいである。
 竹内四段は終始冷静で?素直なスピーチでよかった。新しい門出を祝ってもらって、これ以上ない幸せな舞台だったろうなあ‥
 関係者の皆さん、ありがとうございます。
コメント

ホクセツサンデー

2013-04-14 07:13:50 | 競馬
ホクセツサンデーは半年ぶりの出走だった。この引き馬の人のアルドラゴンのジャンパー、この日は妻も着て行っての応援だった。ホクセツサンデーはやんちゃな馬だが、レースになると騎手に従って堂々と仕事をこなす‥
コメント