森信雄の写真あれこれ

日々の生活や散歩、旅の写真を掲載しながら、あれこれ思いを語ります。

大晦日の昆陽池

2009-12-31 18:35:20 | 日々の写真
 大晦日の午前中に、新年用の写真を撮りに昆陽池に行った。10日前にはまだいなかったユリカモメが、元気いっぱい群れになって空中を舞っていた。
 動きが早すぎて、出たとこ勝負の撮影である。一枚くらいきれいに写っているだろう・・偶然に期待した撮影が終わる。
 白鳥のカップルがいて、珍しくおとなしくて好感がもてた。普通の白鳥は意外に意地悪なのである。そこで記念に妻と一緒にセルフタイマーで撮った。
 この一年もあっという間に過ぎた気もするが、流れに乗りながらも自分を見失わないで、日々悔いなく暮らしていきたい・・
 皆様、よいお年をお迎え下さい。
                      森 信雄
 
コメント

金太郎の遊び

2009-12-31 01:23:44 | 日々の写真
 嘘のような話だが、金太郎は毎日遊びを変えているようである。今朝は上でなくて下のほうを歩き回って、何かないかと探索していた。ものがあるととりあえず噛んで様子を見ている。我が家の部屋は金太郎のおかげで?次第に整理整頓をせざるを得ないのである。
 金太郎の好きなものは、どうやら木のような気がしてきた。木製のものがあるとガリガリ噛んでいる。甘く見ていると全部削ってしまう。
 遊びが一段落すると、ヒョイと私の肩に乗るが、うかうかしていると毛の少ない頭に堂々と乗られてしまう。
 今年も残りが一日となった。
コメント

勢ぞろい

2009-12-30 07:18:00 | 日々の写真
トビオ、チビ、クロ、金太郎の我が家の仲間が初めて勢ぞろいした。トビオは13歳、目が不自由で耳も遠い、チビはもっと高齢で肝臓がよくない、クロはトビオとほ1歳違いで、元気だがもともと虚弱体質である。金太郎だけは若くて元気いっぱいだ。
 勢ぞろいするのは初めてだ。昔、トビオとクロにラッキーもいて、ニワトリのハッチとポッチもいて、ウサコもいたが、争いが絶えなかった。血みどろの戦いになったこともある。いちばん強かったのは意外にもニワトリのハッチ、ポッチだった。
 みんな元気で新年を迎えよう!
コメント

忘年会

2009-12-29 04:58:04 | 日々の写真
昨日は(12月28日月曜)今年最後の忘年会だった。左から東和男七段、浦野真彦七段、脇謙二八段である。本来なら亡くなった観戦記者の池崎和記さんも一緒のメンバーだった。昼間に麻雀をして夕方から忘年会となる。手違いで結局昨年と同じこの店になったが、初めに池崎さんへの献杯をした。昨日、池崎さんとのスナップ写真を探していて、麻雀旅行や忘年会のことを思い出していた。
 2年前には池崎さんも一緒で、忘年会の後でまた麻雀をしたが、深夜にタクシーが捕まらなくて結局福島まで歩いて戻った・・もしもタクシーが捕まらなければ池崎邸で朝まで待つつもりだった。池崎さんは付き合いも何もかもセンスがよくて、一緒に居ると学生の気分になるような雰囲気を持っていた。2次会はもうひとり捕まえてカラオケより麻雀・・私と呼吸があっていた。
 池崎さんがいなくなって、2次会は私もカラオケーに行くことになった。
 
コメント

パドックにて

2009-12-28 09:51:54 | 競馬
私は2年前の阪神競馬場で初めて生のレースを見たように思う。その日が中山競馬場で「有馬記念」の開催の日でもあった。競馬よりも競輪、競艇が好きだったので(それも20年くらいほとんどやめていた)競馬の馬の名前を観ているだけで頭痛がしそうなのである。カタカナの字が苦手で(言葉での連想ができないせいである?)私の頭の構造はかなや漢字の日本語のみなのである?

 この写真は昨日の阪神競馬場でのパドックだ。どこも混雑していて通路にまで座っている人がいる。そしてパドックや観覧席では予想しを片手に馬の気配を見ているのだ。ギャンブルからレジャーになったのだろう。私も新聞は三紙持って予想をするのだが、なかなか当たらないのがいいのだろう・・
 
コメント

がんばれチビ!

2009-12-26 01:07:14 | チビ
 一昨日からチビが嘔吐して食べられなくなったので、病院に連れて行く。血液検査やレントゲン超音波検査の結果は、黄疸の症状が出ていて、肝臓辺りに何かデキモノがあるのか・・(もともと肝臓は良くないといわれていた)ともかく良くない状態とのことだった。結局夕方まで預けて点滴をしてもらった。
 皮肉なことに、ちょうど数日前にT動物病院からチビに「長寿の表彰状」の案内が届いていたのである。
 薬をもらって様子をみることになった。
 がんばれチビ!
コメント

アンカツさん

2009-12-24 23:28:02 | 日々の写真
 今日は園田競馬に行った。メインレースは「第9回兵庫ゴールドトロフィー」だったが、⑩トーセンブライトに騎乗の安藤勝巳騎手である。アンカツさんが園田に来たのを見るのは初めてだった。早めにパドックに行くと、スタスタと待合室に入るアンカツさんが歩いていた。歩くのが早い・・普通のおっちゃん風、気さくな表情、そんな印象だった。
 レースは3番手から差しが決まり⑩トーセンブライトが優勝した。ゴール前の伸びが素晴らしかった。さすがアンカツさんだった。
 
コメント

一門研究会、ディナーショー

2009-12-23 23:55:08 | 日々の写真
 今日は午前中「一門研究会」で、14時くらいからディナーショーを開いた。明後日が奨励会なので、まだゆったりした気分にはなれないが、それでも毎年継続のイベントである。子どもが多いので、昨年から夜でなくて昼間にした。
 安用寺六段と澤田四段が参加で、14名出席だった。
 今年は一門全体にやや低調気味な成績であるが、一喜一憂しないでしっかり足元を踏みしめて、ひとりひとりいい流れを作ってほしいと願う。
コメント

忘年会

2009-12-23 00:39:15 | 日々の写真
 今日は(12月22日火曜)児玉孝一七段と伊藤博文六段との忘年会だった。いつものように鶴橋の駅で待ち合わせて、昼間は麻雀をして夕方から焼肉である。
 今年は伊藤六段のひとり勝ちだった。パチンコの終了台のような見事な勝ちっぷりである。私は昨年に続いて負け。
 このメンバーは奈良グループ?で、私もかっては奈良に住んでいたのだ。焼肉の後で喫茶店に行き、甘いものを食べるのも恒例だ。私は抹茶パフェーとコーヒーである。いろんな話をしながらまた来年、元気に過ごすことを願うのだった。
コメント

昆陽池の渡り鳥

2009-12-21 23:21:57 | 日々の写真
 今日は昆陽池に立ち寄った。渡り鳥が来始めたので様子を見に行ったのだ。ユリカモメたちはまだだったが、白鳥と鴨がいた。手が冷たくなってしまう寒さだったが、渡り鳥がいるとうれしくなる。
 子ども達が遠足か課外授業か、寒さの中で走りまわっていた。ぬくぬくと家から出ないでいると、自然の中で暮らしている動物たちには頭が下がる想いである。
コメント

伊丹将棋センター忘年会

2009-12-21 07:38:33 | 日々の写真
 昨日は(12月20日日曜)子ども将棋日曜コースA、Bを終えた後で、伊丹将棋センターの忘年会に招かれた。毎年恒例のイベントを無事に迎えられるのはうれしいことだ。
 今年の自己紹介は、好きな駒と好きな歌と歌手だった。私は好きな駒は角、好きな歌は「老女優は去り行く」好きな歌手は美輪明宏と答える。龍や馬、桂、銀、王将、歩、香はいたが、金がいないのが意外だった?
 また一年、良い年を迎えて楽しい時間を過ごしたいものだ。
コメント

土曜特訓コース

2009-12-20 08:08:04 | 将棋あれこれ
 昨日は「土曜研究会」の横で「土曜特訓コース」を開いていた。初めの二局は平手で次からは駒落ちで(いつもの手合いから始める)一番手直りだ。
 この将棋は六枚落ちで、ほぼ下手の勝ちなのだが、きっちり勝ちきるのは意外に大変なのである。上手はゆくゆく9二歩から9一歩成をねらう。
 特訓コースを始めてから、みんな平手がうまくなってきた。駒落ちも攻めるコツはつかんでいるのだが、やはり終盤の寄せの感覚が難しい・・
コメント

冬の紅葉

2009-12-18 23:23:48 | 日々の写真
 今日の午後、大阪に出るときに観た近くの紅葉である。寒さも厳しくなったが、濃い青空がまぶしい。
 我が家の庭のざくろもほとんどの葉が落ちて、掃除をしてもしてもきれいにならない。落葉はあっという間で、見事なくらいに枝ばかりの樹になった。
 
 紅葉の 色鮮やかに 冬日差し
コメント

金太郎、尻尾を噛む

2009-12-17 23:51:35 | 日々の写真
 とうとう見てしまった。金太郎が「トビオ」と呼びながら、トビオの尻尾を噛んでいる。さすがにトビオも気づいたらしくてイヤそうな顔をした。
 その後でトビオの足も噛んだので、さすがにやめさせるが、これも金太郎のいたずら心なのである。昨晩はトビオをサークルに戻すのを忘れて、一晩中部屋にいたようである。クロはこたつ(トビオ)がなくて寒かったかもしれない。
 狭い世界だが私にとっては憩いの場である・・落ち着かないこともあるのだが。
コメント

歓迎!金太郎

2009-12-17 00:47:32 | ヨウムの金太郎
 金太郎が川崎三段を歓迎しているシーン?である。他の弟子は金太郎が頭をめがけて突進すると、手を出して逃げてしまうのだが、果敢な?川崎三段は金太郎の攻撃を受けきった。金太郎は他人が来ると①凍ってしまう②攻撃する③配下に置こうとする、この3段階のようである。
 しかし最後まで「ゲ、ゲ、ゲ、ゲゲゲのゲ」という得意なセリフは出なかった。川崎君が帰った直後にゲ、ゲ、ゲ、ゲゲゲのゲと言い出した。やはり自意識過剰の金太郎だった。「ポッポッポ」が新しい言葉である。
コメント