森信雄の写真あれこれ

日々の生活や散歩、旅の写真を掲載しながら、あれこれ思いを語ります。

園田競馬

2011-11-30 10:07:03 | 競馬
 園田競馬に行く。久しぶりであるが、こういう時間を持てるとほっとする。将棋もそうだが、勝負事には勝ち負けがつきものだ。勝ってばかりよりも負けてばかりの方が多いもの?である。
 勝ち負けの流れや運は自分がベストを尽くして天命を待つしかない面が多い‥
 自分ならしょうがないと諦めるのだが、弟子の成績には感情が入ってしまうことも多いので、あまり表に出せないものだ‥
 流れの傾きは残酷な面もあるし、勝負の掟としてしょうがないこともいっぱい味わう‥小さな勝負に秘められた、一念や思いを感じながら馬たちの疾走を見るのが好きだ。
コメント

伊予三島駅

2011-11-29 22:14:17 | 日々の写真
 伊予三島駅のスグの踏み切りだ。この界隈で兄の集団就職のときは専用の列車があった。その光景は今も目に焼き付いている。私が就職で大阪に出るときは友人3人くらいで見送ってもらった。駅は出会いと別れの象徴かもしれない。
コメント (2)

市山ハイツ跡

2011-11-28 22:06:16 | 村山聖
 村山聖と一緒に住んでいた「市山ハイツ」の跡地はすでに何代目かの?ビルが建っていた。この左手角にコンビニがあった。村山聖に5千円をわたして買い物を頼んだらおつりが間違っていた。「あれれ?なんで」「はあ、よくわかりません」私がコンビニに行って説明したが結局ウヤムヤになってしまった。大淀に移って山崎七段が内弟子のときも同じようなことがあった‥
 何も考えていない?アテにならない?のが共通点だろうか?今はどちらもいい思い出である。
コメント

怖いクリスマス?

2011-11-27 01:47:59 | 日々の写真
さあ怖いクリスマス?
コメント

将棋入門教室

2011-11-24 10:16:12 | 将棋あれこれ
 将棋子ども 入門教室

 日時=平成23年12月18日(日曜)13:30~15:30
 場所=エコール・なじお5F ナシオンルーム(会議室)JR西宮名塩駅前スグ
 定員=30名
参加費=2000円(参加賞将棋グッズ)
内容=①将棋入門お話コーナー
   ②体験コーナー
   ③ミニ大会
   ④お楽しみコーナー
講師=森 信雄七段 

対象=初心者対象 幼稚園、小学生

☆ピピアめふ以外では初めてのイベントです。どうぞお誘いあわせのうえでご参加ください。
 
コメント

金太郎のハンガー遊び

2011-11-23 01:20:38 | ヨウムの金太郎
ハンガーが落ちそうで「アブナイヨ」と自分で言いながらぶら下がっている金太郎。
コメント

金太郎 股旅スタイル

2011-11-22 10:21:59 | ヨウムの金太郎
 金太郎の股旅スタイル、あるいはペンギンスタイルだ。
コメント

金太郎と遊ぶ

2011-11-21 07:59:02 | ヨウムの金太郎
金太郎と遊ぶ。遊ばされる?・
コメント

赤木騎手引退セレモニー

2011-11-18 12:06:18 | 競馬
 園田競馬出身のJRAの赤木高太郎騎手の引退セレモニーがあった。
 同じく園田出身の小牧太騎手、岩田康成騎手が華を添える。いい光景だった‥
コメント

日向ぼっこ

2011-11-17 08:11:24 | 日々の写真
トビオとクロの日向ぼっこ
コメント

金太郎の日々

2011-11-12 08:41:56 | ヨウムの金太郎
 毎朝と夜に部屋に出すのだが、できるだけ時間を長くしている。
 「コンンコンコン、クシュン、チイサイチイサイ‥ダイジョウブヨ、オシマイ」
 歌や言葉の練習を聞いていると面白い。
コメント

金太郎が金を咥える

2011-11-10 08:28:35 | ヨウムの金太郎
 今度は金太郎が金を咥えて飛び去った。やれやれと思ったが、咥えた駒が金ならしょうがないなあ‥
コメント (2)

京都の夜

2011-11-07 08:26:18 | 日々の写真
 京都の夜に見かけた光景、何が走っているのかわからなかったが、この煌びやかさは半端でない。カッコいい!
コメント

京都プロアマ対抗特別棋戦

2011-11-05 09:44:03 | 将棋あれこれ
 京都新聞社主催の「京都プロアマ対抗新春特別棋戦」の前に中田四段と牧野四段による、指導対局二面指しが行なわれた。今回は小学生が対象だったようだ。
 この内の2局が紙面で掲載される。
コメント

香を咥えた金太郎

2011-11-03 10:17:12 | ヨウムの金太郎
 金太郎が咥えているのは香車だった。金を咥えるように特訓が必要かなあ?ガリガリと音がしてドキリとする。
 この駒は児玉龍児さんの作ではないもので、これもほっとする。
コメント