森信雄の写真あれこれ

日々の生活や散歩、旅の写真を掲載しながら、あれこれ思いを語ります。

小野商店街そば

2009-08-31 23:56:22 | 日々の写真
 今日は8月最後の日で、昼前から昼過ぎまでは古郡君と将棋を指した。その後で名古屋まで普通電車を乗り継いで帰る古郡君を見届けてから、ドライブに出る。
 山陽道を通って三木小野ICで降りて、小野商店街に向かった。商店街へ来るのは二度目だが、今回は文房具屋さんのおばさんに目が合ったので挨拶して店の中に入った。懐かしい雰囲気の店内を回って、結局、手帳、筆ペン、トランプを買った。
 小野商店街を出て周囲をを散策していると、この子ども達がいた。怪しげな我々を観て?子犬を連れて走って去って行った。
コメント

民主政権奪取

2009-08-31 08:01:06 | 日々の写真
 昨日の衆議員総選挙で、民主党が308議席を獲得、自民党は119議席で惨敗となった。政権交代を目の当たりに見るのは初めてだが、それだけ鬱屈、閉塞感の打開を望む民意だったということだろう。これだけの大きなうねりがどこから生じたのか、前回の自民圧勝のときもそうだったが、怖ろしいものも感じる。また切羽詰ったものも感じる。
 ともあれ大きな打開を預けた新局面に大いに期待したい、それが民意だろう。
 昨日は朝、早めに投票に行った。この写真はその帰りの坂道である。
 
コメント

第12回森信雄杯 2007,9,17

2009-08-29 22:42:55 | ルンルン写真館
 第12回森信雄杯争奪将棋大会(2007年9月17日)の手伝いの弟子のメンバーである。毎年開いているイベントだが、今年は9月6日だ。こうやって2年前の写真を見ると、すでに歳月の流れを感じたりする。
 日々精進あるのみだが、何事も日々の積み重ねしかないのだろう。
コメント

首切り地蔵尊

2009-08-29 09:09:15 | ルンルン写真館
 丹波の首切り地蔵尊の茶屋に入って、わらび餅を食べているシーンだ。個性的なおばあさんに、食べ方も伝授されたのだった。
 わらびもちは大好きで目がない・・しかし伝授というよりも説教調だった。今は他人に対して物を言うのに気を使わされるなので、ざっくばらんなものが貴重に思える。ただし一歩間違えると無神経だが・・面倒な時代だ。
コメント (2)

丹波の秋 2007,9,3

2009-08-27 23:04:09 | ルンルン写真館
 三田から篠山方面に出て、ぬくもりの里に行く途中の丹波の風景だ。私はこういうところをドライブするのが好きだ。稲穂が実りの秋を感じさせる・・
 デジカメで写真を撮っているところだが、何だか石の灯篭みたいなのが、モデルのようでもある。
 
 物言わぬ 石のモデルに 話する
 
  
コメント

かやぶきの里

2009-08-26 22:39:39 | 日々の写真
 美山町で将棋の指導をした翌日は、南丹市教育委員会の倉内辰彦さんに案内してもらうことになった。倉内さんの子どもさんが将棋を習っているそうで、昨日私とも対局している。
 このかやぶきの里は日本の原風景を残す保存地区である。一年中観光客が訪ねるところだ。歩いているとカカシを見つけた。青空でなかったのが無念だが、カカシ君がかやぶきの里を演出してくれた。
コメント

美山町②あげ松

2009-08-25 21:49:19 | 日々の写真
 <高さ20メートルもある桧丸太の先端に茶せん形の「火受け」を付け、松の芯で作った松明に火を点け投げ入れると、燃え落ちる火が夜空に映える。毎年8月24日に五穀豊穣と無火災を祈願して行なう。>

 何箇所かで行なわれていて、この写真は美山町盛郷である。なかなか成功しなくて、何度も何度も投げ入れるが外れる。そのうちにふっと火受けに的中すると、中の松明が燃え初める。そしてしばらくすると桧丸太が火花を散らして倒れていくのだが、火が飛んでくるので焦って逃げる・・楽しかった。
コメント

美山町へ行く①

2009-08-25 21:33:06 | 日々の写真
 京都府南丹市の美山町に将棋の指導で行く。美山町は美しい茅葺の里で知られていて、私も何度か訪ね歩いた。よもや美山町の子ども達に将棋を教えることになるとは・・うれしい限りだ。こちらから通いたいくらいである。子ども18名全員一緒に初め平手、それから駒落ちで指導対局をした。午後1時から3時までだったので、二局目の駒落ちが途中になってしまったがのが残念だ。
 初めと終わりに子どもたちの代表で、ひとことお礼を言ってもらった。さわやかな美山の子どもたちだった。ありがとう。
コメント

ブエナビスタ敗れる

2009-08-23 22:36:42 | 日々の写真
 今日は午後から阪神競馬場に行った。場外馬券だが札幌記念もある。楽しみなブエナビスタの登場だったが、3番ヤマニンキングリーが一着で、ブエナは二着に沈んだ。直線の短い札幌競馬場の不安が当たったようだが、無念だった。
 私の馬券は4番サクラオリオン11番ブエナビスタ14番マツリダゴッホを軸に、1番シェーンバルト3番ヤマニンキングリー4番11番13番ミヤビランベリの馬単と、3連単で11番⇒4番14番⇒1番3番4番14番、それからボックス3連複の1番4番11番14番だった。軟弱な買い方だが結果的に3番と4番を入れ間違えたようだ。
 3番11番4番で入着した。ブエナビスタが負けて、ディープスカイも引退でG1がつまらなくなったかなあ?
コメント (2)

源さん2008年8月26日

2009-08-23 07:58:09 | 日々の写真
 昨年の8月26日の源さんで、卵を産んでしまって体調を崩したので病院に連れていったのだ。鳥を観てもらえる病院は少ない。
 「無精卵ですね。卵を産むのは体力を消耗するのでよくないですね。」卵は必ず2個産む。もともと源さんという名前もそうだが、雄として迎えたので、卵を産んだときはびっくりした。そして私をパートナーと思っているのもわかったが、人間以上にレディーらしい?行動を取る源さんが、なつかしい・・
コメント

チビ回復に

2009-08-22 07:57:29 | 日々の写真
 昨日は午前中、チビを病院に連れて行く。病気の方は回復のきざしで、めまいもなくなり今もやや右に傾いているが、薬もほとんど減らしていくようだ。高齢と薬のせいもあって腎臓が弱っているので注意しないといけないらしい。
 しかしまずはほっとひと息である。食欲も出てきて普段の8割くらい戻った気がする。
 今日は奨励会の例会で、奨励会受験2次試験でもあった。HD君が三局目に勝って合格した。こちらもほっと胸をなでおろす。
コメント

ダルマの風景

2009-08-21 00:35:40 | 日々の写真
 今日は奨励会試験の二日目だった。明日が奨励会の例会で、私の門下では1名のみ残った。(1次免除の弟子は9月らしい)
 全体では厳しい決着だが、それぞれがんばった結果なのでしょうがない。今後の糧にしてほしいと願う。師匠としては悔いもあるが、今年がすべての最後でなくて、これからも継続して取り組んでいくことなのである。
 口惜しさをバネにすること、ダルマさんの七転八起の根性である。
コメント

箕面の猿

2009-08-20 00:05:25 | 日々の写真
 今日から奨励会試験なのと、山崎七段の王座戦の健闘を祈って、箕面の勝尾寺に行った。こういうときは何でも祈願するのがいいのだ?
 途中でこの猿たちに出会った。なるべく目立たないようにそっと撮る。自然の中で生息している猿には素知らぬ振りをしないといけないらしい。
 歩いているときに出会うと「こんにちは」と挨拶するのは欠かせない。
コメント

骨董屋るんるんにて 2008,9,6

2009-08-18 22:43:01 | ルンルン写真館
2008年9月6日、丹波篠山の176号線沿いにある、骨董店「るんるん」である。そばに喫茶「デカンショ」もある。コノルートを車で走るのが好きだ。交通量も少なくて、やや田舎っぽい風景も飽きない、面白い店もある、真っ直ぐ走ると丹波篠山や柏原方面にも行ける。
 確か何かを買ったのだが忘れてしまった。妻は表にある巨大な彫刻が欲しそうだった・・私は小物を観て回るのがいい。
コメント

前田尋切り絵作品展 2008,9,5

2009-08-18 01:31:26 | ルンルン写真館
 前田尋(ひろし)さんの切り絵作品展に行ったときの写真である。2008年9月5日だ。切り絵は独特の世界である。前田さんとは数年前に桑原しんいちさんのコンサートに行ったときに同時に作品展を開いていて関係で紹介していただいた。
 前田さんの切り絵の、風景なのに真剣勝負の雰囲気?と、ダイナミックな色彩にひきつけられる。
 
コメント