森信雄の写真あれこれ

日々の生活や散歩、旅の写真を掲載しながら、あれこれ思いを語ります。

木村健騎手

2011-03-31 18:00:38 | 競馬
 昨日の園田競馬(3月30日水曜)8Rに出場の10番ユキノトップガン木村健騎手である。勝負事は強いものが中心に動いていくのだが、木村騎手も椎間板ヘルニアでしばらく休場していたのだが、ようやく?本来の騎乗になってきたようだ。馬券の軸になるので組み立てやすくなる。
 足のところに「広げよう支援の輪」と書かれてある。こんな風にそれぞれがそれなりに支援していくのがいいのだろうと思う。
コメント

土筆

2011-03-30 08:36:52 | 日々の写真
 昨日は西谷から三田方面に土筆摘みに行った。まだ少し早いらしくて、土筆は仲間同士で顔をのぞかせたばかりだった。
 季節の移り変わりを忘れるような日々だが、もういちど自分の足元をみつめなおしていきたい。
コメント (2)

隕石落下の地

2011-03-29 00:24:00 | 日々の写真
 竹内隕石落下地で、隕石落下日本第1号の地とある。
 
 明治十三年(1880年)2月18日、この地に隕石が落下したそうだ。当時は遠くまで隕石が落下したのが見えたらしい。
コメント

一門祝賀会 自粛のお知らせ

2011-03-28 01:18:45 | 将棋あれこれ
 ☆一門祝賀会自粛について

今年の「森一門祝賀会」は5月1日の予定で進めていましたが、東日本大震災、原発のことを考慮して、迷った末に自粛することに決めました。

 楽しみにされていた方にはお詫び申し上げます。

 今日のNHK杯決勝戦が終るまで、(影響が出ないように)告知の時期を待っていました。弟子の成績如何に関わらず、世話人の方との相談で、最終的に私が決めました。多分、自分の心情で、耐え切れないのが大きな理由です。
コメント

金太郎 人形を噛む

2011-03-25 08:35:04 | ヨウムの金太郎
 この人形は中国に行ったときに買ってきた。確か桂林だったと思う。弟子が初めて泊まったときなどに、妻がこっそり寝床に入れておくこともある・・
 トイレの前に置いていたときは、子ども教室の子が怖がって通れなかったこともある。金太郎は人間も人形もお構いなしに噛むのだった。
コメント

小林佐兵衛翁木像

2011-03-24 08:51:54 | 日々の写真
宝塚聖天にある小林佐兵衛翁木像だ。この人物は明石屋万吉とも名乗り、司馬遼太郎の小説「俄 ・浪速遊侠伝」の主人公でもある。
 
 朝日日本歴史人物事典 小林佐兵衛 の用語解説 - 明治期の侠客。大坂生まれ。通称は北の赤万(明石屋万吉)。年少から侠気を発揮し,幕末には大坂の警備に当たった一柳 対馬守に請われて捕吏頭を務めながら,禁門の変(1864)で敗れた長州藩士の逃亡を助けたりする。維新後に大阪の消防が請負制度になる...

 浪速の慈侠、小林佐兵衛翁の嗣子、酒井栄蔵氏は日下大和尚の滅私奉公の精神に深く感銘されて、当山に慈侠窟を建立して、佐兵衛翁の木像を安置する。民間の消防団の創始と大阪天神祭りとは翁の文化遺産なり。

これがこの宝塚聖天に木像が置かれている理由らしい。
コメント

でんぐり返る金太郎

2011-03-23 00:27:43 | ヨウムの金太郎
 金太郎が将棋の駒箱を相手に遊んでいて、いつのまにかでんぐり返っている。こらこら金太郎、あんたは鳥やでー・・
 
コメント

金太郎 指を噛む

2011-03-22 08:56:23 | ヨウムの金太郎
 金太郎が子ども教室の終わりに「サヨウナラ」と言ったのは驚いた。タイミングもぴったりなのだ。
 久しぶりにセルフで金太郎と一緒に撮った。しかしこの後で金太郎がいたずらで私の指をかんだので電気を消して叱る。金太郎は部屋の桟にぶらさがって、じっと私を見ている。「金太郎、噛んだら痛いやろ」私は諭す。
 電気を付けると金太郎が、私の頭に乗ってきた。そこでわざと指を出す。金太郎は困ったように目を反らして、また別のいたずらを始めた。ちゃんとわかっているのだ。
 
コメント

門真子ども将棋教室

2011-03-21 01:07:10 | 日々の写真
 昨日は(3月20日日曜)午後から、門真子ども将棋教室の教室開講2周年記念イベントに行った。前日に私の教室の見学に来られたTさんの教室である。
 14時から18時までタップリ、イベントをこなした。
 少しでももっともっと将棋が好きになるように・・できただろうか?なかなか元気のいい子どもが揃っていて、楽しかった。
コメント

金太郎のいたずら

2011-03-19 07:58:50 | ヨウムの金太郎
 金太郎のいたずらは毎日のことである。こんな風にパソコンの回りにやってきて、何でもかんでも噛んでこじ開けるか、物なら落としてしまう。
 「ダメ!」という言葉に反応すると?わざとやるのだ。こうやって遊んでいる時間が、自分にとっては癒しのときかもしれない。
 持て余し気味だが、金太郎に感謝である。
コメント

宝塚神社の梅

2011-03-18 09:47:54 | 日々の写真
 昨日は宝塚の逆瀬川から平林寺と宝塚神社に行った。少し時雨れていたが、梅も満開だった。今年はどういう年なのだろう・・足元を固めて、日々悔いなく生きていかないといけないことを痛感する。
コメント (5)

太陽の塔

2011-03-17 10:11:53 | 日々の写真
 昨日仕事でモノレールに乗って、太陽の塔を見た。ちょうど岡本太郎生誕百年のポスターもあった。万博のシンボルは、人間の英知を信じて、明るい未来をあらわしている・・そのはずだったが、現実はどうだろうか。
 いろんな苦難があっても・・それでも人間の英知を信じたい・・少し悲しい眼差しだが、太陽の塔はそう語っているように見えた・・
コメント

清荒神参道の地域猫

2011-03-15 23:39:43 | 日々の写真
 清荒神参道にいた地域猫だが、仲がよい・・ほっとさせられる。住む環境によっては修羅のような表情の猫もいるが、ここの地域猫はおだやかである。
コメント

金太郎の日常

2011-03-14 22:58:59 | ヨウムの金太郎
 金太郎はこうやって、プリンターのところに来て蓋を開けようとする。私は布で金太郎を手のひらに乗せて止めさせる。こういった日常のありがたさを噛みしめる日々である。
 
 東日本大震災の被害は想像を絶する規模となっているようだ・・言葉もない・・社会の脆さを感じさせる。それでも災害との戦いはまだまだ続くので、被災地の方々には助け合って乗り切ってほしい・・そう祈るばかりです。
コメント

第54回アマ王将戦

2011-03-14 09:44:17 | 将棋あれこれ
 第54回京都アマ王将戦に行った。参加は減少気味だが、会場を見て回ったが、将棋の内容は充実していたと感じた。
 やはり最近の流行戦法が指されている。これもいつもそうだが、そのときの戦法みたいなものがある。
コメント