森信雄の写真あれこれ

日々の生活や散歩、旅の写真を掲載しながら、あれこれ思いを語ります。

園田競馬 検量室前

2009-09-29 22:48:39 | 競馬
 今日は大スポのSTさんに園田競馬場の中を案内してもらった。初めに検量室があった。レースが終わって一着から五着までの馬が戻ってきて、決められた場所に入る。それから入着の馬は検尿するのだそうだ。それから初めと最後に検量するらしい。部屋の中にはパトロールビデオが流されていて、騎手が熱心に観ていた。
 馬の鞍の下に置く道具を洗っていた。
 こういった光景はまず見られないので、何だか別世界で面白かった。勝負をはさんでくつろぎながらも、緊張感のある場所だった。
 
コメント

金太郎の遊び

2009-09-28 21:38:51 | ヨウムの金太郎
 金太郎は遊びが好きだ。疲れるまでいつまでも遊んでいる。「フギャー、ッキンttッヤアン、フガーgg」といろんな声を出す。声が出ないときは逆に要注意で、よからぬことをしているのだ。何でも噛み付くので電気のコードは危ないから布団をかぶせている。それを見ると闘志がわくようで、突進していく。
 そのとき布団がひっくり返って金太郎も仰向けになる。こんな風に遊んでばかりいるので相手をしているとキリがないのだ。
コメント

京滋職域団体戦

2009-09-27 23:37:11 | 将棋あれこれ
今日は(9月27日)第44回京滋職域・団体戦の職域の部があった。今年から一日制で、予選リーグ(4チームで上位2チームが決勝トーナメントに進出)と決勝トーナメントが行なわれた。参加は26チームで3名一組だ。
 京都市役所が島津製作所(3年連続二位)を破り優勝した。一日制なので持ち時間が短縮だったが、熱戦を終えた。
 後日だが、優勝チームと私は恒例の大駒落ち相談将棋のイベントがある。対局を見て回ったが、みなさん粘り強くてレベルが上っていることを感じた。勝ち抜くのは大変である。
コメント

かかし

2009-09-26 21:09:29 | 日々の写真
 かかしの姿にはいろいろあって、人間の昔からの素朴な工夫が見られる。このかかしなどは、スズメ除けというよりも、少女漫画の主人公のような微笑ましい姿である。
 かかしには青空と白い雲が似あう。
 
コメント

オウム ヨーデルの森

2009-09-25 22:34:18 | 日々の写真
 動物との縁は不思議なものである。ドライブに出かけて昼食のときに入った店で「ヨーデルの森」を知って何気なく行ってみた。そこでバードショーがあって観た。それぞれのパフォーマンスは感動的だった。
 ノスリ、フクロウ、インコ、アヒル、オウムが空を飛んだりショーを見せてくれるのだ。大空高く飛んでいくのに、また戻って来る。逃げない?のが不思議だ。
 このインコもいろんなパフォーマンスを見せてくれた。
 金太郎もできるだろうか?
コメント (2)

蕎麦畑

2009-09-24 20:50:25 | 日々の写真
 三田市の郊外にドライブに出かけた。コスモスが咲き始めて、米の収穫もまじかで黄金色が美しい。そこに蕎麦畑があった。写真を撮っていると、道草をしながら下校している子ども達が通った。「何をしているのかな?」リーダーらしき男の子が妻に質問する。「写真を取っているのだけど、この花の名前は知っているかな?」
 「麦?」「蕎麦だよ」
 昨秋はこの近くで栗拾いをやった。今は実りの秋である。
 
コメント

一門研究会

2009-09-23 23:00:04 | ヨウムの金太郎
 今日は一門研究会の日で15名出席だった。今は一門でも研究会が多くて、土曜研究会、有段者研究会、そしてこの一門研究会とある。目的はひとつ「弟子に強くなって欲しい」ためである。成果を考えるよりも継続のなかで取り組んでいくしかない。
 ときどき虚しい思いを味わうこともあるが、そういうことは承知で弟子を取っているのである。無力感は、常につきまとうものだ。我慢してもしょうがない面もあるが、我慢してじっと待ちたいという気持ちは私のアホな一念みたいなものだ。

 開始してから金太郎をテーブルで遊ばせる。ここ数日、弟子の出入りが多くて金太郎のストレスが溜っていそうなのである。金太郎は無邪気だが、私の方は少々育児?疲れかなあ・・
コメント

第10回子ども将棋団体戦

2009-09-23 00:54:49 | 日々の写真
 今日は(9月22日祝火曜)第10回子ども将棋団体戦があった。会場は大阪市中央体育館(朝潮橋)で、私は審判長だった。
 S級(無差別)A級(級位者)B級(10級以下初心者)に分かれて300名を越す参加者で熱気あふれる大会だった。私の教室からも4チーム12名参加で、まずまずの結果だったようだ。
 五局指しなので、朝からの熱気が夕方まで持ち越されていたが?子ども将棋団体戦を堪能した一日だった。
 みなさんご苦労様でした。
コメント

祝日の阪神競馬場

2009-09-21 20:19:01 | 競馬
 祝日の阪神競馬場に行った。桜花賞以来の朝からの出動である。リキミすぎるとだいたいダメで、馬券は当たらない、当たっても配当が安い、負けパターンに入った。場内はどこにいても人が多くて、メインの10レースのときに第4コーナー付近に向かう。このあたりはギャンブル場というよりも、家族のレジャーの雰囲気である。芝でなくてダートだったので、馬はあまり見えなかった。
 祝日の平和な光景である。
コメント

レッドディザイア

2009-09-20 20:21:28 | 競馬
 阪神10レースGⅡのローズステークスに出走の本命馬11番「レッドディザイア」と四位騎手である。パドックでも大人気でシャッターを押す人が多かった。他の馬は撮りやすかったのだが、レッドディザイアは大外を回るので、なかなかうまく撮れなかった。
 結果は一着が4番ブロードストリートで二着に11番レッドディザイアだった。私は押えの馬連ボックスは取ったが、馬単は11-4だったのでダメだった。
 五着まで全部買っているのに、トリガミ(馬券は当てても金額では負けのこと)だった。馬券の買い方は難しい。
コメント

彼岸花

2009-09-19 20:20:00 | 日々の写真
 彼岸花はちょうど今の時期が盛りである。夏も終わり秋になって、季節の移ろいを感じさせる花でもある。彼岸花は人里に近いところに咲くそうだ。人間を観ているような素性なのだ。
 
 旅人の 青空かかし 彼岸花
コメント (2)

携帯ストラップ

2009-09-18 22:17:40 | 日々の写真
 今日は金太郎を病院に連れていった後で、願掛けに川西の満願寺に行った。境内では大学の映画部らしきグループがいて、ロケの準備をしていた。
 金時さんのお墓も参って、金太郎が元気で過ごしますように・・と絵馬も描いてお参りした。これで大丈夫だろう。そしてこの金時さんのストラップを買った。
 左の馬は大切にしているプレゼントで、ダイワスカーレットの肖像である。私は信心は薄いのだが、弟子や金太郎への幸運をいっぱい引き寄せたい。
コメント

秋の気配

2009-09-17 22:19:58 | 日々の写真
今日は昼前から久し振りのドライブに出かけた。西谷から三田に出て176号線を走る。途中で昼食にして、その後は乙原方面に向かった。
 季節は一年でもいちばんいい時期である。秋が深まる気配をみせる。金太郎が来てから10日経ったが、なかなか遠出が出来なくなった。近場のドライブしかなさそうだ。金太郎と遊ぶ時間が増えるのだった。
コメント

将棋を指す金太郎

2009-09-17 00:07:08 | ヨウムの金太郎

 将棋盤の上に居るのは源さんでなくて、金太郎である。源さんと同じ行動を取り始めた・・ふと見ると駒を口ばしに入れて遊んでいる。将棋を指すヨウムなら面白いのだが・・やめさそうとすると怒り出した。

 金太郎は幼くしてすでに知能犯で、何ごともなかったかのような素知らぬ顔をして、また別の駒を咥えるのだった。駒が欠けるのは仕方がないが、飲み込んだりしたら大変である。

 今日は王座戦の第二局目だったが、健闘むなし、山崎七段が敗れた。中盤はむしろ指せていたように思ったが、羽生王座の壁は厚いようだ。残念である。第三局もいい将棋を期待したい。

コメント

園田競馬 9R

2009-09-15 22:13:48 | 日々の写真
 9月15日、園田競馬の9R「近畿畜産特別」に出走の4番エグザルトである。パドックで順番通りでなくて、最後方で回っていた。言うことを聞かない馬にはよくあるケースだ。たいてい入着しないものだが、二着に入った。
 中穴の配当だった。
 パドックを見るのが好きだが、どの馬が勝つのかというよりも、やる気のある馬、気負いすぎの馬、無気力の馬、のんびり、おっとりの馬、様々である。私は気合が感じられる馬が好きだ。
コメント