森信雄の写真あれこれ

日々の生活や散歩、旅の写真を掲載しながら、あれこれ思いを語ります。

大阪、天満宮の猫

2010-09-30 08:42:10 | 動物と花
 大阪の天満宮にいた猫である。猫のいる風景はちょっと自由な空間で、ちょっとわがままさがあって、ちょっと人懐っこいものがある。
 
コメント

秋深し

2010-09-28 23:17:23 | 日々の写真
 今日は義父の通院日だった。暑かった夏も終わり、すっかり秋めいているが、初秋でなくて晩秋のような季節でもある。
 
コメント

籠坊温泉の猪

2010-09-28 08:40:47 | 日々の写真
 籠坊温泉で飼われている猪に久し振りに会った。人懐っこくて擦り寄ってくるのだが、力は強そうである。猪はいかにも猪突猛進そのものだろうか。
 帰り際に柵の端まで寄ってきて、さみしそうに鳴く。
コメント

森一門研究会

2010-09-27 00:50:42 | 将棋あれこれ
 昨日は(9月26日、日曜)森一門研究会の日だった。新入会の3名も初参加で、18名出席だった。前回は大石四段で今回は澤田四段も参加してくれた。
 このところ弟子の成績は全体にあまりよくない・・師匠としてはかなりな危機感を感じている。でもなすべきことはいつの場合でも日々の精進しかない・・
 
コメント

金太郎の大見得

2010-09-25 10:23:01 | ヨウムの金太郎
 金太郎の珍しい表情だ。「キンチャン、ジョウズヤナ」と誉めるとこういうポーズを取る。人見知りするが誉められるのは大好きなのだ。歌舞伎の大見得を切ったシーンだろうか。
コメント

第12回子ども将棋団体戦

2010-09-24 08:36:57 | 日々の写真
 昨日は第12回子ども将棋団体戦があった。教室からも4チーム出るので、私も出かけた。
 開会式が終って、大会が始まる。
コメント

棋歩支部訪問

2010-09-23 06:59:36 | 日々の写真
 名古屋の棋歩支部を訪問して「水曜会」に出席した。今年で4年目になる。厳しい指導?のつもりだったが、今年は苦戦の連続で、内容の濃い熱戦が多かった。
 遠方からのゲスト迎え、昔ながらの暖かい雰囲気の大会で、気持ちがなごむ。
 いい雰囲気で指導は厳しく暖かく?である。終って記念撮影をしてから、恒例の打ち上げに行く。気持ちのいい一日を過ごせた。
 みなさんお疲れさまでした。
コメント

ゴール前の競り合い

2010-09-22 07:19:44 | 競馬
 ゴール前の競り合いは迫力満点だ。鼻差数センチの勝負になることもあるので、体の動きも微妙なようである。
 馬の首の上げ下げも運があるのだ。
コメント (2)

第15回森信雄七段杯将棋大会

2010-09-20 23:10:14 | 将棋あれこれ
 今日は(9月20日祝月)第15回森信雄七段杯将棋大会だった。
 入賞者です。おめでとうございます
<A級>
 優勝吉村萌杏 準優勝野村益機 三位桑原雅知 四位大野進義

<B級>
 優勝久保田 峻 準優勝加藤亮汰 三位松本 威 四位中村征郷

<C級>
 優勝宮永文夫 準優勝西田伸行 三位中井紫朗 四位恩地喜清
コメント

子ども日曜コースA

2010-09-20 07:58:17 | 将棋あれこれ
 昨日は子ども日曜コースAだった。子どもにとって集中して将棋に向き合うのは難しいものだ。集中力は強いるものでなくて、自発的な気持ちの方が湧き出る・・
 しかしそこは指導の腕にかかっている?とはなかなかいいにくいのである。微妙なバランスだろうか。
 
コメント

金太郎、眼鏡をねらう

2010-09-19 08:53:42 | ヨウムの金太郎
 金太郎は最近、私の眼鏡に目をつけて困る。あっという間に外されるのだ。どうもこれとねらいを定めると実現するまで執念深い。
 しばらくすると、私の頭の上でじっとおとなしくしている。弟子よりも可愛くなってしまいそうで?困ったものだ。
コメント

金太郎の水浴び

2010-09-18 09:13:57 | ヨウムの金太郎
 久し振りに金太郎を水浴びさせた。霧吹きでシャワーするだけなのだが、初めはこわがってもその内に気持ちよさそうになった。
 それから日向ぼっこさせていくうちに、リラックスしてきた。
コメント

新刊あっという間の三手詰め

2010-09-17 00:57:12 | 日々の写真
 私の新刊が出た。将棋世界に連載の「あっという間の三手詰め」の中から180問を選んだのと、ミニエッセイが少しある。
 どうぞお買い求め下さい。
コメント

満濃池

2010-09-16 00:16:42 | 日々の写真
 弘法大師が作ったといわれる満濃池である。
コメント

金太郎 新しい言葉

2010-09-15 09:35:06 | ヨウムの金太郎
 「キンチャン、オルスバンヤナア」「キンチャン、ドドドドン、カイテー」金太郎の新しい言葉の吸収が早くなった。うかつに冴えない言葉を言えない。何を真似るかわからないからだ。教えようとする言葉よりも、自分が絶妙のタイミングで話す言葉の方を覚えるみたいだ。
 体をゆらせてリズムを取りながら話すのが可愛い・・でも決して人前でしないので、披露できないのが惜しい。
コメント