森信雄の写真あれこれ

日々の生活や散歩、旅の写真を掲載しながら、あれこれ思いを語ります。

ルンルン写真館にて

2012-04-30 07:34:11 | ルンルン写真館
 妻の撮った写真はブログに日に一枚なので、残ってるのが多い。パソコンの保存の関係で私の外付けディスクに保存するので、ときどき見ている。自分の写った写真はたいていルンルン写真館である。ヘンなポーズも撮らされるのだが・・
 
コメント

宝塚にて 2010,4,30

2012-04-29 08:21:50 | 日々の写真
 バリに住んでいるUさんが来宅したときの写真である。2年前になる。いつもバリに誘われるのだが、なかなか行けない。金太郎がいるとますます無理になった‥
コメント

鳩が来た

2012-04-28 00:15:55 | 動物と花
 金太郎の巻き散らかした餌をスズメさんに上げていたら、今日は鳩が来ていてびっくりする。人を恐れていなようで、少しくらい近づいても動じない‥そのうちにカップルの相手もやってきた。源さんのお墓の上に鳩が止まっている・・
 人間はわからないが、動物は確実に寄ってくる?日々である。
コメント

木曜子ども入門コース

2012-04-27 06:21:30 | 将棋あれこれ


 ★森信雄七段の「将棋 子ども入門コース」
対象    初心者~初級者 (25級~10級)
日時    毎月第2・4木曜日 16時15分~17時45分 
場所    ピピアめふ 5F「会議室B」 シネピピア側です
      阪急宝塚線「売布神社」駅前ピピアめふ
受講料     月額 3000円
           入会金 2000円
講師    森 信雄七段(日本将棋連盟棋士)
       坪井祐二1級(奨励会) 
お申し込み・問い合わせ   0797-83-2577 森 信雄

この教室の特徴は?
☆大盤解説=毎回テキストで、テーマをもうけて解説。
☆指導対局=森信雄七段と坪井祐二1級による指導対局。
☆子ども同士の対局=チェスクロックを使っての本格的な対戦。
☆詰将棋のプリントは宿題(自由)
☆昇級規定あり、昇級すると将棋グッズをプレゼント!

★入門教室日程   5月10日 24日  6月14日28日
 見学は可(一般の方のみはご遠慮下さい)
 
コメント

ぽこの森、とりみカフェ

2012-04-26 05:43:23 | 日々の写真
 ぽこの森、とりみカフェに行く。阪急電車の王子動物園下車で徒歩3分だった。ガラス越しに鳥をみながら、お茶を飲んだり食事ができる喫茶店である。鳥が大好きな人にはたまらない‥
 この店の方に、以前、鳥の専門誌で金太郎の取材を受けた。そのときに鳥と親密な絆を持っておられるのが不思議だったが、店に入ってなぞが解けた・・
 
  
コメント

土曜特訓コースの準備2011,4,23

2012-04-25 05:41:08 | ルンルン写真館
昨年の今頃だが、「土曜特訓コース」の日の準備のようだ。四面指しで10時、13時、15時半からの3回する。初めに平手でそれから駒落ちをどんどんこなす。人数が増えるとこなせないが、少人数制の特訓指導のスタイルである。将棋教室は比較的大勢でもOKなのだが、特訓は人数に限界がある。でも私が一番好きな指導法である。土曜日が月に10日くらいあれば?いいのになあと思ったりする。
 
 金太郎も指導の手伝いをしている・・?
コメント

清荒神2009,4、23

2012-04-24 07:59:12 | 過去の写真
2009年の今日は何をしていたのだろと見ると、田舎から母が出てきていた。それで清荒神の参道を上ってお参りしている。母は私に似て、わりと本音をいうのでドキリとすることがある。グチは言っても弱音を吐いたことはほとんどない。
 子ども3人の母子家庭だったのだが、男に交じって仕事をしていた。最近ポツリと聞いたのだが、自転車で2時間くらいかけて現場にいったこともあるそうだ。貧乏なのだが、いつも歌いながら家事をしていて、めそめそはなかった。むしろ近所での博打は強かったし、好きだったようだ?
 「チヨさん(私の祖母)といっしょでな、自分がなくても他人にお金や物をあげる・・損な性分でイヤになる」以前に帰省したとき笑いながらこぼしていた。
 「悪い夢を見てなあ‥」朝方に電話がかかってくる。ドキリとするほどカンがいいので驚く。思い立つとしつこくて執念深くてせっかちなのも私と同じである。
 母が泣いたのを見たのは、子どもの頃に兄弟喧嘩をしたときだった。それ意外はけっこうきつくて、何度も兄などは家の外に放り出されていた。私は生まれてからほとんど手間がかからなかったそうだ。人に気を使われるのがイヤなのは三つ子の魂なのだろう。
 将棋に夢中になっていた私に、盤を投げ捨て、駒を捨てて「もうやめ!」と言ったとき、私が反抗しないで無言で黙々と駒を拾ったのを見て、母はあきらめたそうである。
 村山聖と似ているのだが、私も幼いころにはしかが長引いて高熱で死にかけたそうである。後遺症で片目が閉じなくなってしまった。それでからかわれたこともあったが、それで鍛えられた面もある。
 
 
 
コメント

金太郎のメガネ外し戦法

2012-04-23 08:24:54 | ヨウムの金太郎

 金太郎は最近、メガネ外しが得意になってしまった?素早く持っていかれるのである。取り戻そうとするのだが最後のところでしつこいのだ。とうとう飛んで持っていかれた。得意げに遊んでいる。この後はどこに落とされるのかわからない‥。
 金太郎が来てから」すっかり暮らしぶりが変わった。家にいることが多い。外に出ても気になって早く帰る。手こずることもあるのだが、金太郎との暮らしが平和である。
コメント

村山聖写真集

2012-04-21 22:06:10 | 村山聖
村山聖写真集

 このブログに掲載した村山聖写真集です。どれも懐かしい写真でそのときどきを思い出します。でもただ懐かしむだけでなくて、これからの生きる糧にしたい‥そう思います。「森先生、冴えなかったですね」そう言われないように残りの人生を踏ん張りたい・・・



コメント (4)

村山聖の写真

2012-04-21 00:51:14 | 村山聖
 村山聖の詩仙堂の写真はほとんど掲載したつもりだったが、この写真は初めてかもしれない。似たようなカットで撮っているのに、表情がまるで違う。この写真は割と余裕がある感じで、どちらかいうと機嫌は悪くない。
 今までもそうだったが、村山聖の写真を見たいときは、私があまりいい精神状態のときでないことが多いようだ・・もう一度自分をみつめなおす・・そんなときかもしれない。
 癒されたいというのではないが、やはりどこか心がくたびれているときなのだろう。
コメント

不思議な光景

2012-04-20 11:03:02 | 日々の写真
Xさんが来訪して、携帯電話が鳴ったときに金太郎が反応した。横にトビオがいる。不思議な光景だ?
コメント

2012-04-19 08:55:06 | トビオとクロ
 遅い花見をした。忙しかったので時間が取れなかったのだが、ようやくほどよい暖かさになった‥この春は天気も気まぐれすぎてついていけなかった。
 日射し差す 花びら静かに 散りにけり
コメント

坂本騎手 園田競馬

2012-04-18 08:43:01 | 競馬
 デジカメでレース中の騎手のアップの写真を撮るのは難しい。これは珍しくアップで撮れた。自分が騎手ならどういうレースをするだろうか?先行バテか?中段待機でジリ貧か・後方遅れでそのままズルズルか?勝ちのイメージトレーニングができないのが私の性分だろうか。
コメント (1)

京都2012,4,16

2012-04-17 08:59:13 | 日々の写真
 昨日(4月16日月曜)京都に行ったが、懐かしい下町の風景である。京都らしい、京都らしくない?風景である。
コメント

桜の季節 2008,4,14三田にて

2012-04-16 00:09:20 | トビオとクロ
 桜の風景はいつでも見られるようでいて、少ない。惜しみなく咲く‥惜しみなく散る・・
コメント