森信雄の写真あれこれ

日々の生活や散歩、旅の写真を掲載しながら、あれこれ思いを語ります。

竜王戦第二局 二日目

2014-10-31 09:57:48 | 日々の写真
 竜王戦の第二局が始まり、二日目に入った。糸谷七段の右玉の展開で早いペースで進んでいるが、これからヤマ場を迎えるようである。大阪の帝国ホテルでの対局なので余計に「応援に(観戦に)行かれないのですか」と何人にも訊かれたが「弟子が戦っているところに行くのはどうも‥」曖昧に答えている。村山聖九段のときもそうだった。

 金太郎も元気になって、おしゃべりも戻ってほっとしている。普段は苦戦続きの弟子の方ばかり気になっているが・・
 
 弟子が大きな舞台で戦ってくれているのがうれしい‥そして他の弟子も続いてほしいものだ‥一ファンで観戦するのがいいなあと思っている。私の場合はこういうスタンスがよさそうだ。
 
コメント

秋の荒牧バラ園

2014-10-30 00:15:23 | 日々の写真
 秋の日差しがまばゆい、荒牧のバラ園に行く。はがゆいくらいうまく撮れなくてもういいかと思ったときにこのばらに出会った。なんとなく幸せな気分になれてよかった。

 消えゆくも バラの行方を 追いにけり
コメント

村山聖の色紙

2014-10-29 08:58:51 | 村山聖
 昨日探し物をしているときに「村山聖の色紙、大局観」が出てきた。味わいがあって書家の書いた字のようである‥

 何かのお祝いのときに「色紙を書いてうまかったら扇子に使うから、頼むわなあ」と依頼した。出来上がったのを見て(師匠よりもはるかにうまい‥書いたことがないはずなのになあ)意表を衝かれて感心した記憶がある。

村山聖が亡くなってから、私も「大局観」と書くようになった。それが阿吽の呼吸だが?字のヘタさは呆れられているだろう。この色紙を大事にしまっていないのも師匠の粗相である。
コメント (1)

2013,9,24 三木商店街にて

2014-10-28 12:51:06 | ルンルン写真館
 ときどきマイピクチャーで妻の撮った写真を見直すと、懐かしい写真が出てくる。これは三木市の商店街を歩いているときの写真だと思う。
 たいてい無理やりやらされるのだが、次第に慣れていくのが怖い。
コメント

伊丹将棋センター 梶井さんを偲ぶ会 10、26

2014-10-27 07:26:31 | 日々の写真
 伊丹将棋センターの席主の梶井博さんを偲ぶ会が開かれて、大勢の方が集まってくれた。昼間は将棋大会で、夕方から偲ぶ会だった。私は夕方から駆けつけたが、初めに奥様の挨拶、そして献杯となった。今年で17年目の伊丹将棋センターは、奥様のご希望を含みに、来年も継続していただけることになった‥

 出席者にひとことずつコメントをいただいたが、梶井さんのお人柄でもある、アットホ-ムなお話が多かった。私にとっても将棋を通じて大切な人だったことをあらためて思う・・ありがとうございました。
コメント

金太郎 元気になる・・

2014-10-25 21:30:13 | ヨウムの金太郎
 金太郎が少し元気になってほっとした。それでもまだ大暴れする元気さはなくて(しおらしくてやりやすい面はあるが)こんな風に私の頭に乗ってゆっくりすることが増えた。
 おしゃべりも始まったが、まだおとなしいようである。それでも教室が終ると「ハイ、サヨナラー」と声をかける。
コメント

新刊「詰将棋1丁目3番地」

2014-10-24 00:03:55 | 将棋あれこれ
 新刊「詰将棋1丁目3番地」がもうすぐ発売です。入門向けの一手三手詰めに、上達アドバイスを加えました。子ども教室で使っているテキストを参照に新しい試みで取り組んでみました。
 
 入門から初級、そして中級への道のりはなかなか大変ですが、その上達法を探るのが私の大きなテーマのひとつと思っています。
 一手三手は二問で一組の姉妹作です。上達アドバイスは実戦篇で役立つ内容にしました。
コメント

金太郎、少し回復 

2014-10-23 08:48:17 | ヨウムの金太郎
 金太郎が少し回復した。少し歌うようになって、餌も少し食べる量が増えだして、動きも戻ってきた。やんちゃで悪さばかりで手をやいているのが、どれだけ平和なのか・・よくわかる。
 
 昨晩は寝付けなくて、リビングで寝転んで明け方まで詰将棋を作っていた。3時半くらいにようやく眠くなって戻る。金太郎にいかに癒されていたのか‥あらためて思った。
コメント

カフェココルームにて

2014-10-22 22:37:58 | 日々の写真
 西成の「ココルーム」の前で指導将棋をすることになった。珍しい光景で、通りがかりの人も遠慮なく指導を受ける雰囲気がとってもよかった。

 将棋盤駒はかき集めてきたようで、磁石盤や玉が別の駒、そして重いけど変わったデザインの将棋盤など多彩な内容だった。ここは「釜ヶ崎芸術大学」も兼ねていて、谷川俊太郎さんも来られるそうだ‥すごい講師陣に広いジャンルでの分野がある。
 芸術の宝庫のようである。そこで将棋が指せたのはとってもうれしい。
 
コメント

将棋愛好者の集い 10、21

2014-10-21 22:27:11 | 将棋あれこれ
 今日は西成労働福祉センター主催の「将棋愛好者の集い」のイベントがあった。
 ①A級とB級に分かれてトーバメント戦
 ②指導対局9面指し。
 ③懸賞次の1手解答
 ④詰将棋出題
 ⑤藤原三段vsファン代表
 ⑥森幸士vsファン代表
 ⑦藤原三段vsA級優勝者
 ⑧表彰式の内容だった。

 この写真は③詰将棋出題コーナーのときのものだ。今年も多くの人の参加で楽しくできてよかった。また来年が待ち遠しい。
コメント

2007,10,18 大阪府民牧場

2014-10-21 07:41:59 | 過去の写真
 大阪府民牧場が閉園してから、能勢の方に行くことが減ってしまった。動物に会いに行くことがどれだけ癒されていたか‥つくづく思う。

 平和な光景を探すのが私が写真を撮る大きな楽しみなのだとわかってきた‥

 失ってわかることがこれからも増えていくような気がする・・
コメント (1)

金太郎 頭に乗る

2014-10-19 21:59:33 | ヨウムの金太郎
 夕刊紙の競馬欄を見ている私の頭に乗っている金太郎。寒くなると動きが悪い?
 
 私の頭は居心地がいいのか、じっとしている。以前はこのまま生ぬるい〇〇〇を落とされたこともある・・

 
コメント

竜王戦第一局 糸谷七段勝ち

2014-10-18 23:29:32 | 将棋あれこれ
 ハワイでの竜王戦第一局は糸谷七段が勝ち、幸先のいいスタートを飾った。ここにきて弟子のタイトル戦登場はうれしい限りだ‥それを実感する。

 糸谷七段らしい戦いぶりで、森内竜王を負かしたのはすごいなあ(ファンの目線である)この後も糸谷七段らしい指しっぷりを見たいものだ。

 どことなく自分が心身共に元気になっているのを自覚する・・弟子の白星は何よりも師匠の寿命を延ばしてくれるもの?かもしれない。

 
コメント

秋祭り 10,17

2014-10-17 22:54:54 | 日々の写真
 秋祭りが始まった。ほぼ週末ごとに各地区のだんじりがやってくる。私のこどもの頃はだんじり(太鼓台)に車のないのもあって、それだとかつぐよりなくてけっこう荒っぽかった。
 私は祭りがあまり好きでなかった。祖母の家にいくのだが、親戚や近所の寄合はいいのだが、たいてい酒の席で喧嘩があったのである‥それがトラウマになったせいか、酒席で乱れる大人は大嫌いになった。そしてそういう修羅場に慣れてしまった?
 そもそも顔も知らない私の父が酒飲みでその主人公でもあったようだ。

 何はともあれ秋の祭りは季節感があって、華やかだなあ・・
コメント

将棋愛好者の集い 10,21

2014-10-17 09:38:30 | 将棋あれこれ
 西成労働福祉センター主催の「将棋愛好者の集い」が10月21日(火曜日)にある。毎年開いているが、数年前から将棋大会だけでなくてイベント風に変更した。
 将棋大会、指導対局、詰将棋コーナー、席上対局(A級かB級の決勝戦)である。今年は私と藤原三段と普及指導員の息子の三名で行く。
 終わってから界隈で将棋を指す場のあるところを訪ねて回るのも楽しみだ。
コメント